看護師の職場は「残業するのが当たり前」という職場環境のところが多く、終業時間になってもすぐに帰れないのが一般的です。看護師の過重労働は社会的に非常に深刻な問題であり、毎年、数名の看護師が過労死認定を受けているのが現状ですが、それでも人手不足のため労働環境の改善はなかなか見込めません。

そのため「残業なし」や「定時退社可能」の求人を選んで転職活動を行うことは、プライベートを大切にするだけでなく、自分自身の身を守るための重要な選択だといえるのです。

そこで今回は、求人票に記載されている「残業なし求人の正確な読み方」や「残業の少ない科や多い科」、「定時退社可能な看護師求人」など、転職のときに知っておきたい残業の考え方について解説していきます。

求人票の「残業なし」「定時退社」の正しい読み方

では、求人票に以下のように「残業なし」や「残業少なめ」などの記載があれば、言葉通り、本当に定時で帰れるのでしょうか。以下に挙げた神戸の総合病院の求人例を見てみましょう。

残業欄に記載してある「ほとんどありません」とは、いったいどのくらいの残業時間なのでしょうか。

「残業なし」などとの記載のある求人には、もちろん言葉通りの優良な求人もあります。しかし実際に入職してみると、求人票に記載のある内容とは全く異なっている場合も少なくないのです。

特に看護師求人の場合、「残業なし」「定時上がり可能」の言葉をそのまま受け取ってしまうと、転職に失敗する恐れがあります。

例えば、私が以前勤めていた眼科クリニックでは、求人票に「毎月の平均残業時間20時間前後」と掲載がありました。しかし、実際に入職して働いてみると、「20時間前後の残業時間しか認めていない」だけでした。

つまり、「20時間を超えるような残業はサービス残業となり、給与は支払われない」ということだったのです。このように悪質な職場になると「残業なし」ということは、ただ単に残業をカウントしない職場である可能性を秘めているのです。

以下のグラフを参照してください。

引用:2013年度看護職員労働実態調査

このグラフを参照すると、「賃金不払いの労働なし」とする看護の職場の割合は全体の31.1%となっています。つまり、残りの約3分の2の職場では賃金不払いの労働(サービス残業)が発生しているという実態を表しているのです。

あなたが希望する求人は、本当に「サービス残業を強いていない」と言い切れるでしょうか。

看護師求人で「残業なし」「定時退社」「定時上がり」が真実か見分ける方法

では「残業なし」「定時退社」「定時上がり」の看護師求人は、どのように見分けるとよいのでしょうか。

それには、「希望する病院の配属予定の科の看護師に直接話を聞く」または「看護師専用の転職サイトを利用する」かの2つの選択肢があります。働いている看護師から「いまの現場の声」を聞けば、「残業の有無」や「サービス残業の実態」などが確実に分かります。

もしあなたに、そのような看護師のつてがなく、希望する病院の看護師から直接話を聞く機会をもてないようであれば、看護師専用の転職サイトに気軽に頼ってみるとよいでしょう。

転職コンサルタント(転職エージェント)は、以前に自分が就職を成功させた看護師から生の情報を手に入れることができます。私は転職サイトで、いまの職場に巡り合うことができました。

そのため私のところにも、6ケ月に1度くらい、以前お世話になった転職コンサルタントから、「いまの現場の声を聞かせてほしい」と電話がかかってくることがあります。そのときは親しくなった間柄ということもあり、現状の職場のいい面も悪い面もすべて伝えるようにしています。

特に私の勤める職場は、やりがいはあるのですが、とにかく忙しいのが特徴です。そのため新人看護師にとって、「合う合わない」の相性が分かれる職場です。合う看護師は定年まで、合わない看護師は半年から1年で退職してしまいます。

そのため、残業の有無だけでなく、人間関係や季節的な忙しさの変動などまで伝えて、職場に合った新人看護師を迎えられるようにできるだけの情報提供を行っています。

もちろん、転職サイトの利用は無料です。

しかも、転職活動前から転職後までサポートしてくれます。そのため、残業以外転職の際に巻き込まれやすいトラブル全般でも、プロの手によって回避することが可能です。

なかには「看護のお仕事」のように情報収集の利用だけでも構わないとする転職サイトもあるので、このような転職サイトを利用しない手はありません。

私自身、サービス残業の多い眼科クリニックはハローワークからの転職でした。ハローワークの職員は内部情報を知らずに、求人票に記載されている残業時間をそのまま私に伝えました。

私はそれを信じてしまい、結果的にサービス残業だらけの仕事となり、半年で退職するという失敗を犯しました。その後、同じような失敗を繰り返さないために、転職サイトに登録をし、非公開求人のいまの職場を紹介してもらいました。

私の担当コンサルタントは30代くらいの女性でした。担当コンサルタントは、私が不安に感じていた残業時間の有無や、人間関係、有給消化率など内部情報について真実を教えてくれただけでなく、さらに面接前に直接会って、モスバーガーで事前の面接練習まで行ってくれました。

そのため、不安を抱えることなく面接を受けられ、自分のイメージ通りの職場で働き始めることができました。

ちなみに、信頼できる転職コンサルタントに出会うためには、複数の転職サイトに登録して比較してみることをお勧めします。そうすれば、「どの転職サイトのコンサルタントがあなたの転職成功を本気で考えてくれているか」が一目瞭然で分かります。

このように残業なしの求人を選び、満足する転職を実現するには、プロの力を借り、効率よく活動するに越したことはありません。

残業の少ない科と多い科

では次に、どのような科を選べば、残業の少ない科となるのでしょうか。残業の少ない科と多い科を分けてみます。

・残業の少ない科・定時で帰れる可能性の高い病棟

まずは残業の少ない科について述べていきます。残業の少ない科というのは、緊急入院や急変の少ない慢性期病棟ということになります。例えば、以下のような科です。

  • 精神科・心療内科
  • 泌尿器科
  • 耳鼻科
  • 慢性期病棟
  • 透析科
  • リハビリテーション科
  • 健診・検診センター
  • 訪問看護ステーション
  • デイサービスなどの高齢者施設
  • 特養(特別養護老人ホーム)
  • 産業保健師・産業看護師
  • 美容外科・美容皮膚科・美容整形
  • 保育園・幼稚園看護師 など

上記の科であれば、急変の心配をすることは少なくて済みます。病棟勤務であっても、看護記録は毎日ほとんど変わらない内容となるので、看護ケア以外の仕事を行う負担は少なくて済むのが特徴です。

また、完全予約制の美容クリニックや健診・検診センター、訪問看護ステーション、透析科などであれば、突発的な仕事はあまり入ってきませんので、残業は少ない傾向にあります。

・残業の多い科・定時で帰れない可能性の高い病棟

では反対に残業の多い科についてお話しします。それは、以下のようなところです。

  • 救急外来
  • ICU・CCU・NICU
  • 手術室
  • 脳神経外科
  • 循環器科
  • 小児科
  • そのほかの急性期病棟 など

残業の多い科というのは、やはり急性期で急変や緊急入院などの多い科だとされています。総合病院や大学病院などであると、3次救急を行っており、24時間体制で急変の受け入れを行っているため、常に忙しいことが予測されます。

また、忙しい病棟のほうが、学ばなければならない知識や身につけておきたい看護技術が多いため、勉強会や研修会が頻繁に行われ、サービス残業が増える傾向にあります。

「残業なし」「定時退社」可能の看護師求人とは

一般的に、「残業なし」「定時退社」といえば、クリニックの正社員やパート(病棟・外来含む)といった求人を思い浮かべる人がいます。しかし、本当にこれらの求人は、定時で帰ることは可能なのでしょうか。

クリニックは残業が少ない?

クリニックの残業状況はどうでしょうか。急性期病棟ほど急患がいるわけではなく、残業時間を少ないように感じる人がいるかもしれません。求人票にもクリニックの場合、「残業少なめ」「定時退社可能」「定時上がり」などの記載のあることが多いです。

しかし求人票で残業が少なめをアピールしていても、言葉通りとは限りません。私が以前勤めていた眼科クリニックでは、患者数が多く、午前中だけでも120人くらい来院することがありました。

以下がそのクリニックの診療時間です。

近隣では有名な眼科クリニックで、9時から診察開始し、平日は18時に受付を終了しますが、診察終了時刻18時半になっても、待合室で待っている患者さんで埋め尽くされている日がほとんどです。

また水曜日の午後には40名前後(5~15分/人)の白内障手術を行い、木曜日には5~7名程度(45~60分/人)の緑内障や硝子体手術をこなします。水曜日や木曜日は当然のように残業でした。

クリニックであれば、患者さんの情報収集などの必要がなく、就業開始時刻が8時半であれば、一般的に「開始時刻15分くらい前に来て、ナース服に着替えて準備すればいいのだろう」と考えます。

しかし、その眼科クリニックでは診療時間後の残業だけでなく、診察時間前もサービス勤務の掃除がありました。

特に新人看護師である私は「誰よりも早く行って、掃除をしなければならない」と考え、他のスタッフが来る15分前の毎朝7時30分くらいには掃除を開始していました。床、階段、トイレなど院内全てを雑巾がけするだけでなく、ゴミ袋をもって院外の落ち葉や空き缶拾いなどの清掃もスタッフの日課でした。

そして掃除を一通り終わらせると8時半くらいになります。その時点で出勤のタイムカードを押すのです。始業前だけでほぼ1時間のサービス勤務でした。

さらに終業時刻は、毎日何時になるのか分かりませんでした。

この眼科クリニックの求人票には「残業が月20時間程度あり」との掲載があったので、私は当初、「看護師数名が交替で残業するのだろう」と考えていました。

しかし私の考えは外れ、最後の患者さんの診察や手術が終わるまで、スタッフ全員が残って仕事をしていました。人数が充足しているからといって手が空くことは無く、看護師は翌々日の手術の物品準備をしたり、掃除やオペ室の消毒をしたりと常に動き回っていました。

毎日4時間くらい残業があり、帰宅するのは22時過ぎでした。

それなのに、どうして「月20時間程度の残業」と求人票には記載されていたのでしょうか。それは、「オペに就くのは、手術介助で看護師の仕事に当たるけれど、一般の診療日に残業になるのは掃除や後片付けだから仕事とはいえない」という院長側の解釈によるものでした。

このようなことから平日の残業は看護師の手際の悪さが原因とされ、ほぼサービス残業とみなされていました。ほとんど毎日、帰宅が夜の10時を過ぎていました。

この眼科クリニックでの私の残業時間をざっと計算すると、「(始業時間前の掃除1時間 + 終業時間後の残業3.5時間)× 出勤日15日(火曜と土曜の午後半休8日分/月を除く)間= 67.5時間」です。

しかし、毎月の給与明細に記載される残業時間は毎月20時間程度でした。以下が実際に私がもらっていた眼科クリニックの給与明細の一部です。

また、この眼科クリニックでは残業時間として加算され始めるのは、終業時間終了後、きっかり1時間経ってからでした。例えば、極端な話、終業時間が18時半ですので、19時29分の時点でタイムカードを押すと「残業ではない」とみなされるのです。

結果的に私は心身ともに疲弊して、この眼科クリニックをわずか6ケ月で退職することになりました。退職後、この眼科クリニックを勧めたハローワークの職員に「サービス残業が多すぎるなど、求人票の内容と実際の仕事に異なることが多い」と伝えに行きました。

私は「ハローワークは公的機関なので、しかもこのような職場を紹介したから、何か法的な措置をしてくれるのではないか」と内心期待していました。

しかし、ハローワークの職員から返ってきた言葉は「患者さんが多いし、近所でも評判が良かったから、紹介したのだけれど、この眼科、なぜかいつも求人がでるからおかしいとは思っていた。次に応募者がいても、ここは絶対紹介しないほうがいいね」というだけでした。

ハローワークの職員は求人票の記載とは異なる労働環境であっても、責任を取ってくれることはありません。

このようにクリニックでは、院長の采配によってサービス残業を強いられるところがあり、病棟以上に過酷な一面があるので、求人票の文面だけを見て職場選びをしてはいけません。必ず、現在の職場の内部情報を手に入れて転職活動に活かすことが大切です。

・休憩時間・診察終了時刻は重要なチェック項目

さらに、私が声を大にして伝えたいことは、クリニックにおける職員の休憩時間の長さです。残業のあるなしとは別に、この休憩時間の長さによって、仕事の拘束時間がかなり異なってきます。先ほどの眼科クリニックの診療時間を再度見てください。

12時半で午前の診療は一旦終わり、午後の診療開始時刻は15時となっています。この職場では12時半頃になると、交替で看護師は休憩に上がり、14時半頃まで2時間の休憩時間がありました。

このような場合、一般的には「休憩時間内であれば外出OK」とするところが多いのですが、この眼科クリニックでは、毎回、院長の許可が必要でした。いちいち休憩室で仮眠中の院長のもとを訪れて外出許可を取り、服を着替え、クリニックから離れた駐車場まで向かうというのは、大変面倒くさいことでした。

そのため、ほとんどのスタッフは院内で、テレビや雑誌をみて時間を潰していました。

始業前と終業後にサービス勤務があり、休憩を2時間とる必要があるとなると、実際の拘束時間は、朝7時半から夜22時までで、なんと毎日14時間半、その眼科クリニックで仕事と仕事以外の時間を過ごしていました。

もし、クリニックに転職希望であるなら、休憩時間や診察終了時刻も確認すべき重要なポイントです。もし外出可能だとしても、毎日のように職場を出たり入ったりして時間を潰すとなると、休んだ気にはなれません。

私の場合、この眼科クリニックには6ケ月しか勤めていませんが、「昼休憩を2時間も興味のないテレビ番組や雑誌をだらだら見て時間を潰すというのは、大変勿体なかった」と悔やまれます。

一方、いまの職場では、休憩時間は1時間です。また、診察受付が17:30までで診察終了時刻は18:00となっています。残業のときには、パート看護師が担当してくれることになっているので、すぐに帰れます。今の職場のほうが拘束時間は少なく、働きやすさが全く異なります。

このように残業にこだわる働き方をする場合、休憩時間や診察終了時刻は重要なチェック項目のひとつといえます。

・クリニックの優良な求人の見分け方

ではクリニックの場合、どのような求人を選べば残業なしでの満足する働き方を実現できるのでしょうか。それは先ほども述べましたが、転職サイトの利用になります。求人先の詳細な情報を手に入れることができるため効率的です。

また、同じ看護師求人でも、ハローワークや希望する病院のホームページに記載されている内容と、転職サイトに記載されている内容では、明らかに情報量が異なります。

一例を挙げてみます。こちらは大阪にある看護師求人で、転職サイトからの紹介文になります。

時間外の研修に関しては任意参加としているため、終業時間後の半強制的な研修への参加はありません。

時間外手当や勤務調整を選択できるため、気持ちよく研修に参加できます。残業に関してこのような配慮があれば、従業員にとって働きやすい環境が整っているといえます。

一方、次に紹介するのは病院のホームページからの看護師求人案内です。

給与を比べてもらうと分かるのですが、同じ求人案件だということが分かります。ただ、応募者が手にできる情報量が上と下の求人では明らかに異なります。

病院のサイトからの求人案内をみるだけでは、残業などに関しての情報がまるでなく、他の求人との比較は給与面や交代制度だけになります。

せっかく働きやすい環境を整えているのであれば、このような情報を積極的に流せばいいのですが、病院サイトにはそのような情報は一切掲載せず、転職サイトのコンサルタントまかせにしているところが非常に多いのです。

転職サイトではたくさんの求人を扱っているため、その求人同士で比較検討されることから、自院のメリットを詳細に伝えなければ応募者は集まらないのが一つの理由になります

このようなことから転職時には、転職サイトを利用するほうが、できるだけ多くの詳細な内部情報を集めることができるため、満足する転職につなげることが可能になるのです。

パートは残業が少ない?

パートという雇用方法を選べば、「残業が少ない」もしくは「残業をせずに、すぐに帰れる」と考える人がいます。私が総合病院の病棟で働いていた時は、パート看護師は終業時刻になれば、すぐに帰っていました。

しかし、職場によっては、パートの働きかたの見解が異なりますので注意が必要です。

私が以前働いていた眼科クリニックでは、正社員(常勤)もパートも朝の始業開始前のサービス勤務の掃除には参加しなければいけませんでした。さらに終業後も最初の1時間は必ずといっていいほど残業がありました。色々な片付けを終えた後であれば、「パートは帰っていい」という決まりになっていました。

また、いまの職場では、正職員はできるだけ残業せずに帰り、パートが最後の患者さんの診察が終わるまで残ることになっています。

以前は正職員しかいなかったので残業することがあったのですが、看護師側から院長に訴えて数ケ月前からパート看護師を雇用するようになりました。

ちなみに、パートの看護師は年配の方で、「お小遣い稼ぎで仕事をしている」といっていました。そのため「残業が多ければ多いほど、その分時給が発生するから喜んで残業をしたい」といってくれています。

パート看護師が雇用されてからは、正社員の残業時間が無くなり、定時で帰宅できることが多くなりました。

このようにパートという雇用形態だからといって、「残業なし」や「定時で帰れる」とは限りません。例えば、以下のような看護師求人です。こちらは名古屋市にあるクリニックのパート看護師求人です。

「残業は少ない」としながらも、パートの働き方であれば、「診療最後までできる方」を歓迎しています。

その職場に応じてパートに求める仕事内容が異なるため、転職時に自分の家庭状況などを説明し、「残業の有無」などを事前に確認することが大切です。

派遣看護師という雇用形態なら残業は少ない

では、派遣看護師という雇用形態であればどうでしょうか。以下のとおり、派遣看護師の雇用主は、病院ではなく派遣会社です。

引用:看護のお仕事

派遣看護師であれば、派遣会社と労働契約を結ぶことになり、賃金は派遣会社から支払われます。派遣時には、労働契約を締結します。そのときに、派遣料金額や就業条件などが説明されます。

もし、この時点で「残業なし」との説明を受けているにもかかわらず、派遣先から残業を強いられた場合は、すぐに派遣会社に伝えて労働改善を行ってもらうことができます。

また、派遣看護師の場合、時間外勤務に参加する義務はありません。時間外の会議や勉強会に参加するのであれば、派遣看護師は残業代が発生します。そのため、病院側は派遣看護師に残業をさせるのを嫌がる傾向にあります。

このようなことから、残業なしの働き方を実現したいのであれば、派遣看護師という選択肢も存在します。

以下は東京にある保育園の派遣求人の一例です。

保育園求人は人気でなかなか出回ることがないのですが、派遣看護師であれば、期間限定ということもあり、採用のハードルが下がります。

また派遣看護師という雇用形態のほうが、パート勤務よりも時給が高いことが多いです。一般的に保育園看護師といえば、常勤でも給与は20万円に満たないことが多いのですが、上記の求人では時給2,900円と高めに設定されていることが分かります。

派遣看護師の給与を高めに設定しているのは「ボーナスが出ない」「期間限定」「すぐに人手が必要」などの理由があります。

期間は限定となっていますが上記の条件で、週4日で8時間働いたとしたら、「16日(週4日) × 8時間 × 2,900円 = 371,200円」と保育園看護師の平均月収を余裕で越します。

さらに派遣看護師のメリットは、派遣会社が間に入って、給与や勤務時間の交渉などを行ってくれるため、働きやすい職場に巡り合う可能性が高いという点です。

もし、なかなか自分に合った仕事を正職員で見つけられない場合は、派遣看護師という働き方があることを知っておくと安心です。

「残業できない」「定時に帰りたい」場合の上手な伝え方

「残業ができない」「定時に帰りたい」となると、いくら残業なしの掲載をしている求人でも、一部の雇用先からは敬遠されるかもしれません。しかし、残業ができない理由を求人先に述べておかなければ、働き始めてから困る事態に陥るのはあなたです。

では、残業ができない正当な理由がある場合、履歴書や面接ではどのように伝えるとよいでしょうか。その場合には履歴書の備考欄を使用するようにしましょう。

この欄には、「残業なしという条件が満たされなければ、働き始めるのは難しい」というあなたの都合を書きます。

ただし、それは「子どもが小さい」「親の介護」など、誰もが納得する正当な理由が必要です。「子どもの塾の送り迎え」なども、育児に協力的な職場であれば、認めてもらえるところがあります。

しかし、20~30代の独身看護師で、子どもがいないにも関わらず、「定時に帰りたい」との希望を漠然と伝えると、「仕事に対して意欲が感じられない」など、真意を疑われることがあります。その場合は、事前に正当な理由を考えておくことが大切です。

例えば、「資格取得のために学校に通っている」などです。

また、あなたの事情を伝えると同時に、「なぜ残業なしで扱ってほしいのか」などの詳細な理由についても書き加えておくとよいでしょう。そうすれば、採用側はあなたの家庭状況を把握できるため、働き方を考慮してくれる可能性が高まります。

例えば、備考欄に以下のように書くとよいでしょう。

私はシングルマザーで、子どもが小さい(4歳と5歳)ため、保育園に17時半には迎えに行かなければなりません。近隣に頼る両親がおらず、延長保育が17時半までとなっています。

ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、下の子どもが小学生になるまでは17時で帰宅させていただければと思います。また子どもが病気になった場合は、近隣の病児保育施設に預けることができるため、仕事を急に休んで職場に迷惑をかけたことは一度もありません。

できる限り皆さまのご迷惑にならないよう配慮の上、仕事を行っていきたいと考えております。

「残業ができない」などの事情を書くと、採用時に不利になる場合があります。しかし、現実的に条件が合わないと仕事ができないようでしたら、あらかじめ書いておくのがマナーです。

ただ、上記のように自分でも職場に迷惑をかけないための対策を考えている旨を伝えておくと、文面が好印象になるのでお勧めです。

残業なし・定時退社可能の求人に転職を成功させるコツ

残業がない職場とある職場では、労働環境が全く異なるため、働きやすさだけでなく、プライベートにも大きな影響を与えることになります。

「求人票に掲載されている内容と実際の職場環境では、異なることが多い」ということは先述しました。またハローワークの職員は、あなたが求人票の「残業なし」をそのまま受け取り、転職に失敗したとしても責任を取ってくれるわけではないこともお伝えしました。

転職を成功に導く秘訣はまさに、あなた自身の行動力にかかっているのです。残業なしの求人への転職を成功させるには、事前に希望する求人の詳しい情報収集が重要になります。

これらの情報を集める事前行動を自ら起こさず、転職後でないと職場環境の現状が分からないようでは、求人探しはただの運試しになってしまいます。

転職後に「このようなはずではなかった」と後悔して、「再度、転職をする」など損失を受けるのはあなたです。

求人票に「残業なし」や「定時退社可能」「残業はほとんどなし」と記載されている場合、「本当に残業はないのか」「残業があるとしたら、トータルすると週に何時間くらいになるのか」「終業時刻から何分経過すれば、残業手当対象としてカウントされるのか」「いまも残業はないのか」など具体的な残業に関する情報を集めましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く