子育てがひと段落したところで看護師に復職したいと考える人や、出産によって子どもを預けられる職場へ転職したいと考える人は多いです。そのときの選択肢の一つとして、保育園を考えるかもしれません。

しかし保育園に入園させたくても、子どもの数に対して保育園が少ない都市部などでは、保育所に入園希望を出している子どもが定員をはるかに上回っており、簡単には復職できないのが現状です。

一方で託児所ありの病院やクリニックなどの医療施設であれば、職場近くに子どもを預けて働くことができるため、一つの選択肢として候補に挙がります。

ただ、託児所の仕組みとして「利用料金や保育園との違い、メリット・デメリット」について十分に理解していない場合が多く、不安になる方もいるでしょう。ここでは復職したいママさん看護師のために、病院やクリニックの託児所について述べていきたいと思います。

託児所ありの病院やクリニック・施設とは

託児所付きの病院やクリニックとは一体どのようなところでしょうか。

託児所を併設している医療機関とは、総合病院やグループ経営をしているような「雇用しているスタッフ数の多い職場」です。訪問看護ステーション、美容外科クリニックなどでもグループ経営を展開していれば、託児所完備の求人があります。また、中規模病院でも託児所を備えていることがあります。

またグループ経営ではない規模の小さいクリニックの場合は、近所の託児所と提携しているケースがあります。例えば以下のような、大阪にある美容外科クリニックの看護師求人です。

「託児所あり」「院内保育完備」といったキーワードで探せば、託児所のある中途採用求人が見つかります。では院内の託児所とは、どのような機能があるのでしょうか。

夜勤のとき託児所の利用は可能?

まず、夜勤のある求人を選ぶ場合、子どもを夜間に預ける必要があります。

このとき「夜勤ありの病院にある託児所であれば夜間でも子どもをみてくれるだろう」と考えがちです。しかし、中には「20時まで」と夜間は子どもを預かってもらえない託児所もあるので注意が必要です。例えば以下のような託児所です。

20時までなど夜間の託児をしていない場合、求人先に申し出て夜勤免除の働き方を選ぶ必要があります。

他にも以下のように、保育施設や託児所が完備されているものの、夕方以降のみ託児をしており、昼間は別の保育園に入っていることが前提の託児所もあります。

この場合、夜勤のときは保育園と託児所の2施設を利用しなければなりません。勤務時間が昼から夕方、夜間をまたぐ状況であれば、お子さんを保育園などに迎えにいって、再度、院内の託児所に連れていく必要があるので、親の負担が増えます。

夜勤希望である場合は、以下のように365日24時間、子どもを預かってくれる託児所を完備した病院を選ぶことが大切です。

「夜勤があれば、どこの託児所も365日24時間体制だろう」と考えていると、実際は「日曜・祝日は休み、夕方以降に預けられる」といった制限・条件を設けている院内託児所があるため注意が必要です。夜勤勤務を希望であれば、転職前に院内保育の託児時間や休所日を事前に確認しておきましょう。

非常勤、パート・アルバイト、派遣求人でも託児所の利用は可能?

ちなみに、派遣、非常勤・パート・アルバイト、派遣での託児所の利用は可能なのでしょうか。

「非常勤やパート・バイトの場合であっても、託児所を利用可能」という求人がほとんどです。例えば以下は、滋賀県の急性期病院でのパート求人になります。

日勤のみのパートの働き方ですが、24時間託児所を利用することが可能です。これについては、派遣も同様です。

派遣や非常勤・パート・バイト、派遣の場合、託児所の利用ができないとなれば就業できない可能性が高くなるので、病院側も「託児所を利用可能」としているところが多いです。ただ、中には正職員や正社員の託児所利用を優先している場合があるので、その点には注意が必要です。

小学校など進学したとき託児所の利用は可能?

多くの託児所は、小学校入学前の未就学児を対象としています。ただ中には、小学校6年生(学童)まで託児所を利用できる場合があります。例えば以下は、埼玉県にある総合病院の看護師中途採用求人になります。

多くの託児所が未就学児を対象としている中で、小学生の託児が可能であれば、大変助かります。小学校に入学したからといって1~2年生といった低学年であれば、夜間ひとり、家で留守番させるには限界があります。

小学校5~6年生になってまで預けないにしても、学童保育でお子さんを預かってくれる施設があると安心です。

病院やクリニックなどの託児所の料金

では、託児所の利用料金はいくらくらいになるのでしょうか。

院内託児所や提携している託児所を利用する場合の料金は月15,000~30,000円程度となっています。中には無料という病院もあります。これは、病院やクリニック側が4分の1から半額、または全額負担してくれるため、個人的に私設の託児所を探して申し込むよりも安価に利用できます。

参考までに先ほどの求人内容を確認してみましょう。すると、以下のように院内保育所は月16,500円、学童保育は月7,000円となっています。

他の求人をみると、以下のように無料で利用可能の託児所もあります。同じような条件の求人であれば、保育料なども考慮してみるとよいでしょう。

24時間対応で無料の託児所が完備されていると、子育て中の看護師にとっては大変助かります。

母子寮・寮付きのある病院へ転職する方法もある

シングルマザーや家族で引っ越しを検討している人であれば、母子寮・寮付きのある病院を選べば、さらに便利で経済的です。参考までに以下は、東京の母子寮のある看護師求人になります。

東京で、しかもテレビや洗濯機、冷蔵庫、電子レンジなどが備え付けてある2LDKの住居という条件で、月42,000円となると破格の値段です。さらに徒歩で通うことができるうえ、託児所や学童保育まであるので、子どもを預けて安心して働くことができます。

また母子寮・職員寮となると、協力して助け合える隣人がいれば、お互い仕事をしているときも助かります。反対に、プライベートまで仕事上のつきあいを強いられるケースもあります。

例えば、自分は休日に子どもと一緒に映画やショッピングに行こうと準備していたとします。しかし、急きょ隣人にオンコールの呼び出しがあって隣人の子どもの面倒見ることになったため、家族のイベントを中止せざるをえなくなったなどです。

このような他人と密な関係を苦手と思わない方であれば、母子寮のある求人を探してみるのも一つの方法です。

保育園と病院付属の託児所はどちらがいい?

それでは、保育園と医療施設に付属している託児所のどちらに子どもを預けるほうがいいのでしょうか。保育園・託児所のどちらにもメリット・デメリットが存在します。メリット・デメリットの両方を理解して、選択するように心がけましょう。

以下では、院内託児所を利用するメリット・デメリットについて挙げていきます。

院内託児所を利用するメリット

病院内託児所のメリットとは以下のとおりです。

  • 時間外や延長保育に寛容
  • 24時間体制
  • 急な病気やケガがあれば、すぐに対応が取れる
  • 仕事終わりにすぐに迎えに行ける
  • 保活をしなくても空きがある など

それぞれについて説明していきます。

院内託児所は、病院で働くスタッフのために作られた施設であるため、職場事情をいちいち説明しなくても保育士が理解してくれています。そのため、残業などでお迎え時間が遅くなっても、電話一本で保育時間の延長に融通が利くなどの裁量があります。

また夜勤があっても、24時間体制で子どもを預かってくれるため、安心して働くことができます。

さらに職場と託児所が近いと、さまざまな面で安心です。

例えば子どもが急な病気になっても、保育士が職場に内線で連絡してくれるだけでなく、必要とあればすぐに院内受診も受けさせてくれるため、早急な対応をとることができます。

また職場の隣に併設されていることが多く、昼休憩中に子どもの状態を見に行くことも可能です。仕事が終われば、すぐに迎えに行けます。

その他にも多くの院内託児所は、職員専用の少人数制であるため、他の保育園のように待機児童を多く抱えていることがありません。そのため、入所を決めたらすぐに利用できるのもメリットです。

院内託児所を利用するデメリット

反対に院内託児所を利用するデメリットは以下になります。

  • 職場でも託児所でも苦手な人とのつきあいが必要
  • 個人情報が流出しやすい
  • 保育士が同じ病院のスタッフであるため、気を遣う
  • 託児所は狭く、運動場が少ないところが多い
  • 教育現場ではない

院内託児所は、職場だけでなく子どもを通じた人間関係も必要になります。

例えば、職場内で苦手としている先輩看護師の子どもが院内託児所を利用していれば、お迎えのときや託児所の行事などで顔を合わせなければなりません。子ども同士のちょっとした喧嘩があった場合や家庭環境が変わった場合なども、すぐに職場で噂話になり、プライバシーが守られないと感じるケースが多々あります。

また、保育士は同じ病院のスタッフになります。そのため、保育の要望を伝えたいことがあっても噂話になりやすいため、言い出しにくいといった一面があります。

さらに、多くの託児所は病院に併設された一つの部屋というところが多いです。保育所のように子供たちが走り回れる園庭や教室に恵まれていません。

実際に、私の友人で院内託児所を利用していた人がいうには、病院の最上階にある8畳くらいの部屋に保育士が2人いて、5人の子どもたちを好きに遊ばせて、ただ預かっていただけに感じたそうです。もちろん園庭はありません。

保育園や幼稚園であれば、保育や教育という一面で「子どもを元気に遊ばせる」「絵本の読み聞かせをする」など、子どもへの働きかけがあります。

しかし、友人が利用していた託児所ではそのような働きかけがありませんでした。そのため子どもも託児所では物足りなくなったようで、3歳になると空きの出た他の保育園に転園したそうです。

なかには環境の良くない院内託児所が存在するため、いくつかの病院の託児所を回ってみて、どのような育児環境で子どもを預かってくれるのかをチェックしましょう。

託児所付きの口コミ・評判の高い中途採用求人へ転職するなら

託児所付き求人の口コミや評判の高い中途採用求人へ転職するのであれば、看護師転職サイトを利用すると良いでしょう。以下のように託児所ありの求人を選別してくれるため、院内託児所のある求人を探す手間を省けます

今回の転職エージェントであれば、託児所ありの医療機関は全国で4250件あります。しかし、条件の合う求人はどうしても少なくなります。

例えば、東京にある病院で「外来希望、託児所付きの求人」を探すとします。すると、以下のような24件の求人が出てきます。

このように条件を絞ると募集が少なく、その中からさらに条件にあった求人を選ばなければいけません。

そのため満足する求人を見つけるには、3社以上の転職サイトへ登録しましょう。そのほうが、あなたと相性のよい担当エージェント(コンサルタント)と出会える可能性が高くなるだけでなく、他社には存在しない求人を紹介してもらえる可能性も高まります。転職サイトによって、提携している病院が異なるからです。

また託児所には、保育園のように環境が整った施設とそうでない施設があります。実際に2~3件ほどの託児所の見学をして比較すると「どちらがよりよい施設であるか」を見抜く能力を養うことができます。自分の目で確かめ、保育士からの話を聞いて託児環境を見極めるようにしましょう。

また転職サイトのコンサルタントにお願いすれば、託児所に預けている同じ立場の看護師から話を聞いてくれて、良い情報も悪い情報も教えてくれます。実際の現場の声を聞くことで、安心して転職することが初めて可能となります。

託児所も求人も、より多くの選択肢の中から比較検討して、より広く深い視野で求人選びをするよう心がけましょう。そのほうが、転職に失敗しにくくなります。

託児所付きの病院・クリニックへ転職を成功させる

「託児所あり」の病院への転職を成功させたいのであれば、自分一人の転職だけでなく、子どもの将来まで考えた求人先を選びましょう。

託児所も職場もできるだけ多くの選択肢の中から比較検討しなければ、あとで「別の病院のほうが良かった」と後悔する羽目になりかねません。このとき病院選びや託児所選びを間違えてしまうと、自分だけでなく子どもにも嫌な思いをさせてしまうのです。

十分な情報を集めて、慎重に求人先を選ぶことが大切です。そのためには転職のプロの目を借りながら、あなたとあなたのお子さんにとって最適な就職先を見つけましょう。

求人先の託児所の良い点・悪い点などを見極めて、満足する転職を手に入れられるよう最善の努力を心がけるといいです。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く