最近の看護師の転職では、採用試験のひとつとして小論文を書かせる医療機関が増えてきました。「中途採用試験で小論文を書かせるなんて、どのような対策を練って良いか分からない」と苦慮する人が多いのが現状です。

たしかに小論文をいきなり書くのは難しいですが、テクニックさえ知っていれば、案外スラスラと書けるのが小論文です。つまり、小論文とは「準備して臨んだ者のみが差をつけることのできる選考基準」ともいえます。

そこで採用試験で小論文が課された際に役に立つ「簡単に行える小論文の書き方テクニック」についてお話ししていきたいと思います。テクニックをマスターして、他の応募者と小論文で差をつけてしまいましょう。

なぜ小論文を選考の基準にするのか

「中途採用の即戦力」としての採用では、「看護技術やテクニックなどで経験豊かな人」が選ばれそうなものです。それなら、採用試験は小論文ではなくて、「実技テストや専門知識を問う問題」を課すはずです。

しかし、実際の採用試験では「実技や専門知識などの選考基準」を設けている医療機関はほとんどありません。多くのところで「書類選考」「面接」、そして中には「小論文」などを選考基準としている医療機関があります。

なぜ看護師の採用試験でわざわざ評価しにくそうな「小論文」が課されるのでしょうか。そこで採用する立場になって考えてみましょう。

小論文で「応募者の人間性や内面」をみる

看護師採用試験で小論文が出される目的はひとつです。

「看護師としての看護観や人間性、内面をみるため」に小論文を書かせ、あなたの「人となり」を見ているのです。

面接では手八丁口八丁に良いことばかりを述べ、実際に働き始めたら確固たる看護観を持ち合わせていないばかりか、社会的なマナーさえ守れない人が多くいます。

例えば、同僚との間でトラブルばかり起こしたり、失礼な言動などで患者さんを傷つけたりするような看護師です。中には「施設の利用者の骨を受持ちの看護師が職場のストレスから故意に折った」などという心痛いニュースも耳にしたりします。

一方で、しっかり自分の看護観をもって看護を行っている人であれば、看護スキルや医療知識などが多少劣っていたとしても、同僚からは頼られ、患者さんからは好かれる存在として将来活躍が期待できます。

また小論文を書かせることで、日頃から自分の仕事と関わりの深い「医療」や「看護」にどのくらい興味をもっているのかも分かります。「仕事に対して熱心になれる人」というのは、医療や看護に関する様々なニュースをみて、無意識のうちに「自分だったらこうしていた」など考えることができる人です。

採用側は医療や看護に関する「あなたの考え」を知りたいのです。

文章から「物事の考え方」が感じ取れる

口では良いことを並べていても、いざ小論文となると「この人物は看護師として、ちょっと危険な思想をもっている」「日頃から患者さんの立場になって考えていない」などということが、書かれた文章から感じ取れることが多いのです。

そのため、看護師採用試験の小論文で、誤字脱字や「て、に、を、は」などの間違い、原稿用紙の使用方法などを多少間違えていたとしても、大きな減点とはなりません。

また、ナイチンゲールが行ったような大きなスケールで現代の医療界の問題点を述べたり、奇想天外なアイデアを絞ったりする必要もありません。

常識の範囲内で、自分の考えや具体的なエピソードを加え、採用側に「この応募者は常識があり、しっかりとした看護観をもって仕事をしてくれそうだ」と思われれば、それでOKなのが看護師採用試験の小論文なのです。

小論文の選考ポイント

次に小論文の選考ポイントについて述べていきます。

小論文と作文の違い

小論文を作文と考えてはいけません。以下に小論文と作文の違いを大まかにまとめました。

小論文と作文の違い

小論文…「説明的文章」で、課題に対して自分の意見を述べ、根拠や理由を用い論理的な展開を必要とする文章。「序論・本論・結論」で構成される。

作文…「自己PR文」で、自分の思いや体験、感想を綴る文章。内容によって段落が分けられる。

このように小論文では論理的に文章を展開していくことが評価基準となります。

小論文で好評価を得るための3ポイント

採用側から高い評価を得るには、以下の3点を念頭に置いておく必要があります。

① 文章の内容が課題に合っているか

小論文の課題の意味を把握しておらず、自分の得意な話にもっていき脱線してしまう人がいます。「出された課題に対する内容を記述すること」、これが小論文の鉄則です。


② 論理的な説明が行えているか

作文では体験したことから、自分が思ったこと、感じたことを書き綴れば大丈夫です。

一方で、小論文の場合は、「あなたの小論文を読んだ人を説得できるような文章」にしなければなりません。

自分の出した結論に対して、「なぜそう考えたのか」を論じる必要があるのです。それをさらに根拠を与えるため、具体的な実体験やデータを出して、読み手を説得させます。

これが小論文における論理的な説明となります。


③ 文章の構成は崩れていないか

小論文を書く際、「序論・本論・結論」で構成すると読みやすい文章となります。他にもいろいろな構成の仕方がありますが、看護師転職の小論文では王道以外の構成方法で小論文を書くことは、あまりおススメしていません。

大学で提出する論文のように、何十ページ、何百ページも論文を書く必要はなく、看護師採用試験の小論文は800~1200字程度です。一番、分かりやすい構成方法で論じていくほうが、読み手にも伝わりやすい文章となります。

あなたの書いた小論文は上記の3点から外れていないか、確認してみてください。もし外れている場合は、次の項の具体的な書き方を参考して、書き直してみましょう。

すぐに行える小論文の具体的な書き方

それでは次に上記のポイントを念頭に置き、「すぐに実践できる小論文の具体的な書き方」について述べていきます。

小論文の簡単な構成

では小論文を書くにあたって、「序論・本論・結論」という簡単な構成を覚えておきましょう。「序論」「本論」「結論」を一段落ずつ、全体では三段落で書きます。

第一段落 序論(問題提起) 与えられた課題に対して問題提起を行い、それに対して自分の考えを述べる(字数割合:10%)

「~だろうか」問題提起

第二段落 本論(理由の説明) 自分の考えに対する根拠を、事実や調査をもとに説明し、自分の考えの正しさを証明する(字数割合:80%)

「たしかに~である」反対意見

「しかし~である」自分の考え

「なぜなら~だ」事実や調査による裏付け

第三段落 結論(まとめ) 再度、第二段落で行った理由付けを行い、自分の考えを明確に述べる(字数割合:10%)

「このようなことから~だ」結論

まずは、序論の部分で、問題提起を行います。課題に対して「~だろうか」と述べます。

次に、本論の部分で、「たしかに~である」と反対意見に対してそれを受け入れ、「しかし~である」と自分の考えを述べます。そして自分の述べた考えに対して、「なぜなら~だ」と事実や調査、実体験をもとに証明し裏付けをします。

そして最後に結論で、「このようなことから~だ」と結び、結論とします。

小論文の書き方:具体例

では、上記を基に具体例を紹介します。

「『認知症患者の終末期ケア』について、あなたの考えを述べなさい」というテーマについて書いていきます。

まずは序論(問題提起)を書いていきます。800字程度の小論文であれば、80字程度(3~4行)を目安にまとめます。

序論(問題提起)

現代の日本社会では、認知症患者の終末期は病院や施設で過ごすケースが80%を占めている。ただ、多くの認知症患者の希望として在宅での看取りを希望される方が多く、出来る限り本人の意思を尊重することはできないのであろうか

このように、課題の内容を「常識の範囲内で」問題提起を行うようにしましょう。

極端な例ですが、もし「認知症患者は家族の手を煩わせ、看護の手も必要であるため、絶対に病院で終末期を迎えたほうが良い」などと書いてしまうと、あなたの倫理観を疑われ、この時点で採用には程遠くなってしまいます。

次に自分の考えに対して、理由説明を行います。この部分が全体の8割を占めると考えてください。

本論(理由の説明)

たしかに近年の認知症患者の増大とともに、在宅での看護や看取りは家族にとって負担が大きい。深夜の徘徊や体位変換、急な症状悪化などに、家族だけでは充分な対応をとることは難しいだろう。

しかし患者側から考えてみると、いままで過ごしてきた家で家族に囲まれ「最期を迎えたい」とする気持ちをなおざりにしてしまうのは、看護の怠慢ではないかと考える。

なぜなら、患者に近い存在である看護師が医療チームの中心となり、地域と医療機関を連携することができれば、家族だけに介護負担を強いらず、疼痛ケアなどの手助けを行えるからである。

私が以前受け持った終末期の認知症患者は常に在宅での看取りを希望していた。家族もまた可能な限り在宅療養を引き受けていたが自信がないようであった。そこで私は医師やケアマネージャーと相談し、訪問看護・介護のサポートを受けられる体制を整えてもらい、患者を在宅に戻すことを実現した。

その患者は在宅療養となって3週間目に息をひきとった。しかし、家族からは在宅介護の間、母親らしい笑顔に戻り、後悔せず最期を送り出せたことを感謝された。

上記のように自分が実際に行った具体的なエピソードなどを加えると説得力を増すことができます。

そして最後に、結論でまとめます。こちらも序章と同じで、全体の1割程度にしましょう。

結論(まとめ)

このようなことから私は患者の家族に介護の余力と意思が確認できれば、認知症患者であっても在宅での看取りの可能性を最初から否定したくない。チーム医療で患者家族を支えながら、患者の意思を最期のときまで尊重できる看護を行っていきたいと考える。

このように、課題に対する「問題提起」を行います。そして「たしかに」と反対意見をいい、「しかし」で自分の主張を行い、「なぜなら」で具体例を出し説得力のある文章に肉付けします。さらに、最後に結論でまとめれば、小論文が完成します。

出題されやすい小論文課題

次に看護師採用試験で出題されやすい小論文の課題についてお話していきます。

看護師採用試験でよく出る小論文の課題ですが、「看護・医療」がほとんどです。もし、下記の具体例の中で苦手だと思われる課題があれば、実際に一度、小論文を書いてみることをおススメします。

看護や医療の課題とは

では看護や医療の課題とは具体的にはどのようなものなのか、下記に一例を挙げます。

看護】

・あなたの看護観について教えてください

・あなたの求める看護師像とはどのようなものですか

・医療スタッフとして求められていることはどのようなものがありますか

・看護師として医療ミスを無くすためにすべきことはどのようなことですか

・看護師として今までで一番感動したことは何ですか

・看護を実践していく上で大切なことは何ですか

・看護師になって一番苦労したこと、辛かったことをひとつ挙げてください

・問題行動を起こす患者へはどのような対処方法をとるのが最善でしょうか


【医療】

・終末期医療についてどのような考えをもっていますか

・在宅医療についてどのように実現していくことが良いと考えますか

・再生医療についてどのように考えていますか

・地域医療はいまどのような問題を抱えているのでしょうか

・臓器移植がもたらすメリット・デメリットとはどのようなものでしょうか

・チーム医療のメリット・デメリットについて述べてください

・少子高齢化について、あなたが医療従事者としてできることは何ですか

・精神疾患を抱える患者が在宅で安心して暮らせるためには何が必要か、述べてください

難しい専門的な医療知識を求められることはありません。上記のような内容が多いので、もしこの中で「分かりにくい」と思ったキーワードがあれば、事前に「どのような意味であるか」を調べておくとよいでしょう。

他にも医療や看護と関係のない課題が出される場合もあります。下記を参考にしてください。

医療や看護と関係のない課題例

・あなたの尊敬する人物と理由について述べてください

・ストレス解消法はどのようなものでしょうか。具体例を挙げてください

・自分の性格で良い面と悪い面の両方を教えてください

・あなたにとって友情とはどのようなものでしょうか

・人生の困難に出くわしたとき、どのような対処をしますか

小論文の基本的なルール

あとは簡単に確認してもらえたらよいのですが、覚えておきたい小論文の基本的なルールについてまとめておきます。採用側も医療関係者であって、小論文の専門家ではないので、厳密に「ここの書き方が違うから大幅に減点!」ということはまずありません。

看護師採用試験の小論文はあくまでも内容重視、あなたの考え方重視です。あまりルールに縛られず、内容を充実させるよう、参考程度に留めておくとよいでしょう。

・全体で9割以上になるようまとめる

「小論文を800字でまとめる」という指示があれば、原稿用紙の9割は埋めるようにしましょう。800字といえば原稿用紙2枚なので、720字以上は書き上げ、空白で良いのは80字程度と言うことになります。1200字であれば原稿用紙3枚ですので、1080字以上は書き、空白は120字程度に留めましょう。

しかしこれはあくまでも目安です。できれば空白はできるだけ少なくすることが望ましいです。

逆に1文字でも字数をオーバーしてしまっては、減点の対象になってしまいます。決められた字数の範囲で、書き上げるよう心がけてください。

・小論文は「である」「だ」を使用する

小論文のときは、「です・ます調」にはしません。小論文といっても立派な論文です。「である・だ調」に統一しましょう。

・回りくどい言い方をしない

さらに「である・だ調」で言い切りの形にするほうが、自分の考えを明確に述べることにつながります。日本人が論文でよくしてしまう間違いが、回りくどい言い方です。

例えば、「~でなければならないだろう」「たぶん(おおよそ)~でなければならないと考える」「~でなければならないそうだ」「~であってほしい」「~であるべきかもしれない」といった回りくどい言い方を小論文で使用するのです。

ときに出された課題が難しかったことから、「私には自信はないが~だろう」「断定はできないが~と思われる」といった書き方も禁止です。

このような書き方をしていては、読み手に自分の考えを伝えにくく、意図が見えない文章と化してしまうので注意が必要です。

・「思う」「だそうだ」は使用禁止

「思う」「だそうだ」という言い回しを使用すると、自信のなさそうな文章になってしまうばかりか、作文になってしまいます。「思う」だけなら、論文にする必要はないのです。

小論文は、あくまでも自分の考えを論ずる場ですので、「と考える」というふうに断定した言い方にしましょう。

・一文を短くする

一文が長くなってしまうと、読み手も「この人は何が言いたいのがよく分からない」と思ってしまう可能性が高くなります。

できるだけ、一文は短くするよう心がけましょう。下記に例を挙げました。

「地域医療はいまどのような問題を抱えているのでしょうか」

NG例:地域医療が抱えている問題は、都市部に医師が集中し、地方では医師不足により医療格差が生じ、地方の高齢者は十分な医療が受けられず、地域医療が崩壊寸前状態になっていることである。

OK例:地域医療が抱えている問題は、まさに医療格差である。このことにより都市部に医師が集中することで、地方では医師が不足し、地方の病院では夜間や救急が閉鎖に追い込まれている。

・呼称の使い方に注意

呼称の使い方にも注意が必要です。一人称は「私」です。「自分」「僕」などは使用しません。

下記の人物を例に挙げるときも同様です。

・おじいちゃん、おばあちゃん→「祖父」、「祖母」、他人であれば「高齢者」

・おじさん、おばさん→「伯父(父母の兄)」、「叔父(父母の弟)」、「伯母(父母の姉)」、「叔母、(父母の妹)」、他人であれば「知人」

他にも、敬称は不要です。

患者さんのことも「患者」とします。患者さんのご家族も「患者の家族」とします。

・話し言葉は禁止

小論文では書き言葉のみ使用します。

話し言葉にはどのようなものがあるのか、下記を参考にしてください。

【間違えやすい話し言葉NG例】

・「私が思うに」→「不要」

・(文頭で)「なので」「だから」→「したがって」「つまり」

・「あと」→「また」「さらに」

・「いろんな」→「様々な」

・「しんどい」「きつい」→「辛い」「過酷だ」

・「ずっと」→「し続ける」

・「見れる」→「見られる」

・「重要と考える」→「重要だと考える」

・省略語も禁止

看護師の間では当たり前のように言葉を略して使っていますが、小論文ではそのような略語は禁止です。

省略後のNG例

・「アル綿」→「アルコール綿」

・「リハビリ」→「リハビリテーション」

・「アッペ」→「盲腸」

・「オペ」→「手術」

・「ネット」→「インターネット」

・「eメール」→「電子メール」

・「I.C.」→「インフォームド・コンセント」

・「HIV」→「ヒト免疫不全ウイルス」

・「エイズ」「AIDS」→「後天性免疫不全症候群」

・カタカナは日本語表現がない場合のみ使用可

もし使用するカタカナに日本語表現がある場合、カタカナ表現を使用しないよう気をつけましょう。

下記にNG例を挙げたので参考にしてください。

カタカナNG例

・「ナース」→「看護師」

・「ドクター」→「医師」

・「イジメ」→「いじめ」

・「ケンカ」→「けんか」

・「スペシャリスト」→「専門家」

・「プロ」→「達人」「専門家」

・「ショック」→「動揺する」

・「テキパキと」→「迅速に」

・「コツコツと」→「着実に」

・「ダラダラと」→「延々と」「漫然と」「惰性で」

転職サイトの利用も視野に

小論文の書き方のポイントを押さえてきましたが、いかがでしたでしょうか。一見難しそうにみえる小論文ですが、「コツ」さえ掴んでしまえば、案外「分かりやすく説得力のある文章」に仕上がります。

しかし「コツを掴む」には、ある程度の訓練が必要になります。「小論文を書いたのはいいものの、これが本当に高評価を得られるものかどうか確信がもてない」と不安に思う方は、看護師転職サイトの担当コンサルタント(エージェント)にチェックしてもらう方法があります。

自分では見えていなかった間違いや考えに気づかせてくれる

転職サイトを利用する良い点として、「あなたにマッチした転職の求人探しから、履歴書や職務経歴書などの応募書類、面接の回答の仕方や小論文の書き方まで」、転職の一連の流れを無料で教えてもらえることが挙げられます。

練習で小論文をある程度自分で書いてみて自信がないようであれば、転職サイトの担当コンサルタントに確認してもらうと良いでしょう。

担当コンサルタントは何百人、何千人もの看護師を転職へと導いた転職のプロ集団です。あなたの書く小論文にはどのようなクセがあるのか、すぐに見極めてくれます。その他にも、どのような医療機関があなたに合っていて、どこで勤務すれば「あなたらしく働くことができるのか」、じっくり考えてくれます。

私が自信をもって紹介している転職サイトは、大手企業で信頼のおけるところばかりです。

中にはコンサルタントとの相性が合わないことがあったり、他社だともっていない「人気のある非公開求人」を抱えているサイトもあったりします。そのため、できれば2~3社登録しておくと転職活動が有利に進んでいきます。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く