看護師は労働の割に給与が安く、職場環境が厳しい状況にあるため、病棟やクリニックでの看護師にやりがいを感じず、「違う職業へ転職したい」と考える人が多くいます。

ただ、看護師免許をもっているのにも関わらず、看護とは全く別の職種に転職するのは時期尚早です。今回の記事では、看護師免許を活かした違う職業や珍しい仕事の紹介を行っています。

もしかすると、あなたにふさわしい看護師としての働き方が見つかるかもしれません。

看護師免許を必要とする違う職業や珍しい仕事

看護師として満足した働き方を実現できているでしょうか。多くの看護師はハードな労働環境に不満をもちつつ働いているのが現状です。

確かに看護師の職場環境は4K(きつい・汚い・危険・給料が安い)といわれて久しいです。環境改善へ向けた動きは昔からあるものの、現在の日本の医療システムでは、看護師が満足できるような職場環境は依然として実現できていません。そのため、看護の仕事のあり方に息苦しさを感じている人が非常に多いのです。

そして、看護の職場環境の現状を変えるには、あまりにも膨大な労力と時間を必要とするのは周知のとおりです。だからといって、看護師から全く別の職種に転職したとしても、ほとんどの方は年収が下がり、看護師よりもはるかに悪い雇用条件で働いているのが現状です。

そこで、私たち個人ができるのは、少し先にある「未来の看護のあり方」に目を向けてみることなのです。

いま、看護のあり方は大きく変わってきています。病棟や施設以外にも看護師には、別の働き方が創出されています。

せっかく取得した看護師免許です。看護師免許を活かした従来(病棟など)とは違う仕事や珍しい働き方があることを知ってもらいたいと思います。

病棟以外での別の働き方を知ることで、看護師として新しい目標を設定でき「いま自分には何が足りていないのか」「経験として積むべきことは何なのか」などの発見に役立てることができます。

看護師として違う職業や珍しい働き方に興味をもつことができれば、その目標を実現するための行動をすぐにでも起こし始めると良いのです。

では、今後、需要が高まる看護師の働き方として、どのようなものが存在するのでしょうか。以下に、需要が増えると予測される従来とは違う看護師としての職業や珍しい仕事について述べていきます。

  • トラベルナース(リゾートナース)
  • ツアーナース
  • エスコートナース(搬送看護師)
  • メディカルツーリズム
  • コールセンター
  • 医療コーディネーター
  • 独立開業ナース
  • その他 看護師の資格でできる仕事

それぞれの職業について、次にそれぞれ説明していきます。

トラベルナース(リゾートナース)

トラベルナースとは直訳すれば「旅する看護師」です。別名は「応援ナース」といわれており、「人手が不足している離島やへき地に赴き、3ケ月から1年程度の一定期間、応援を行う看護師のこと」です。

トラベルナースは雇用期間が決まっているため、基本的に派遣看護師となります。看護師以外の仕事ではありませんが、病棟勤務の看護師とは異なり、期間限定で自分の希望する地域で看護師をすることができます。

ちなみに、トラベルナースという働き方が一般的なアメリカでは、看護師約10人に対し1人がトラベルナースとして働いています。

日本でもへき地や離島では、医療従事者の不足問題が深刻化しており、徐々にトラベルナースの需要が増えてきています。それに伴い、トラベルナースの求人が増加してきました。

就労に関しては、まず看護師専用の人材派遣会社に登録して、自分の希望する勤務地と看護分野を伝えます。その情報をもとに、人材派遣会社は看護師の希望する医療機関をマッチングします。医療機関と看護師、双方の条件が合えば、その地域で一定期間働きます。

このシステムにおいて、医療機関側は看護師を常時雇用する必要がなく、人件費を削減できるメリットがあります。一方看護師側は、常勤の看護師よりも高給与・高待遇で、新しい経験を積み、視野を広げることができます。

トラベルナースのメリットとして、期間限定ということがあげられます。期間限定の雇用は不安定のようにみえますが、煩わしく感じる看護師独特の人間関係に悩まされることがありません。これは働くうえで、精神的ストレスの軽減につながります。

他にもトラベルナースは、給与が高く、待遇が良いことでも知られています。

独身看護師やいまの環境から離れたい看護師、まったく違う環境に身を置いて自分を鍛えていきたい看護師などにはもってこいの職場です。

また自分で職場や雇用期間を決めることができるので、住んでみたかった憧れの地域を選んだり、キャリアアップできそうな職場を選択したりすることで、自分のライフスタイルに合わせた働き方が可能となります。

さらに、仕事だけでなくプライベートも充実させたライフスタイルを実現させる面で、トラベルナースは理想的な働き方です。スキューバダイビングやサーフィン、スノーボードなどの趣味をもつ人であれば、離島での勤務は最高の環境といえるでしょう。

ちなみに将来的には、トラベルナースで培った経験や人脈を活かして、起業を行う看護師もいます。

ただ、トラベルナースのデメリットとしては、新しい職場を転々と渡り歩くことが挙げられます。しかし、トラベルナースの求人は数多くあるため、無職の期間ができることはなく、安定して働くことが可能です。

またもう一つのデメリットとして、「土地勘のない場所で、何等かのトラブル時に自分一人で問題解決しなければならない」ことが挙げられます。優良な紹介派遣会社を通して求人を紹介してもらわなければ、大変面倒な事態に陥ります。

利用者満足度が高い、昔から看護師派遣紹介を行っているなど、信頼できる派遣業者に2社は登録し、雇用条件や対応などを比較すると失敗は少なくなります。

トラベルナースの求人の一例を下記に挙げます。

トラベルナースは高給与で住宅費無料という求人が多く、生活面で苦労しません。そのため、常勤よりも派遣看護師として働くほうが年収アップを期待できます。

上記の時給ですと、夜勤なしで週に5日、8時間働いたとして512,000円(3,200円×8時間×20日)の月収となります。自分で年金や市区民税を支払わなければなりませんが、食費以外に必要となる生活費がかからないため、月収のほとんどを貯金にまわせます。

なかには「6ヶ月間トラベルナースとして働いて貯金し、1ケ月は海外で自由に過ごす」など、オンオフの使い分けを上手に行っているトラベルナースもおり、働き方の見直しができるのも魅力的です。

ツアーナース

看護師の資格でできる仕事に、ツアーナースがあります。ツアーナースとは、ツアーコンダクターとナースの両方を併せもつ職業です。

ツアーナースは、旅行に引率して、参加者の体調管理、ケガや病気の応急処置や救急搬送の対処などを行うのが主な仕事です。主に小中学校で開催される修学旅行や林間学校、日帰りバス旅行などに引率します。まれに海外ツアーのツアーナース求人もあります。

国内や海外の各地へ仕事として出かけることができるので、旅行好きな人にとっては大変魅力的な仕事だといえるでしょう。

ただ、ツアーナースは常に求人が出ていません。多くの求人は、合宿やサマーキャンプの多い夏休み、気候の良い旅行シーズンとなります。

ツアーナースに興味をもった場合、まず紹介派遣会社に登録して派遣看護師になります。そして、担当コンサルタントに自分の希望を伝えます。すると、あなたの希望に近い求人を紹介してもらい、事前の打ち合わせで詳細な説明を受け、実際の仕事へと赴くことになります。

未経験であっても、他に引率の先生や添乗員がついているため、必要以上に不安に思うことはありません。

すぐには希望する求人がなくても、紹介派遣会社に2社程度、登録しておけば、ツアーナースの求人が出やすい旅行シーズンには、良い求人に巡り合える可能性が高くなります。

時給制ではなく日給制で1日10,000~15,000円が相場となっています。ツアーでの宿泊費や交通費、食費はもちろんかかりません。

ただ、高待遇や好条件のツアーナース求人の場合、非公開求人にしていることが多いため、すべての求人を閲覧できないことがあります。

またツアーナースとして実績を積んで、あなたの評判が高くなっていけば、紹介派遣会社はさらにあなたに好条件のツアーナース求人を紹介してくれる可能性が高くなります。

ツアーナースを行ったことのある複数の看護師から話を聞いたところ、病棟とは異なった看護師のやりがいや魅力を感じる人が多いです。少しでも興味があれば、まずは休日などを利用してツアーナースを行ってみるとよいでしょう。

ツアーナースの求人の一例を挙げます。

エスコートナース(搬送看護師)

移動するのが嫌いでなく、看護能力を発揮したい人であれば、トラベルナースやツアーナース以外に、エスコートナースという職業があります。エスコートナースは、アシスタントナースや搬送看護師ともいわれています。

エスコートナースは、患者さんの送迎が主な仕事です。対象となる患者さんは、病気やケガのため独力では移動や帰国ができない人、旅行中や移動中に容体が急変した医学的処置を必要とする人です。

国内であれば、救急車などでの搬送となります。しかし、日本の医療機関への受診を希望する場合は、海外からエスコートしなければなりません。

そのため、患者さんがいる海外のホテルや現地医療機関までエスコートナースが迎えに行きます。その後、現地の移動手段の手配をし、出国手続き、帰国後の指定医療機関までの移動介助をサポートします。

また移動中は、患者さんの観察を絶えず行います。バイタルサインのチェック、移動中の容態変化の確認、入院に至る経緯まで事細かに記録を行います。

基本的にエスコートナースは看護師一人で仕事を行います。そのため、患者さんの容態を素早く判断できるアセスメント能力が重要です。また、多様な疾患を抱える患者さんを看ることのできる広い範囲の看護知識や技術を必要とします。

ただし、患者さんが重篤な場合は、医師が同乗したり、医師とこまめな連絡をとったりするので、必要以上に不安になることはありません。

もちろん健康な旅行者の急なケガや病気に対応するツアーナースよりは、ケガや病気を抱えた旅行者の看護を行うエスコートナースのほうが仕事面でハードであるといえます。

また搬送が海外にまで及ぶ場合があります。これはもちろん、勤める会社によって異なります。

海外まで事業を展開している場合は、日常会話以上の英会話力が必要となります。TOEICであれば、800点は必要とされています。一人で現地まで赴き、看護師としてはもちろん、添乗員の仕事をこなす任務を全うしなければなりません。

さらに、患者さんを無事に目的地の医療機関まで送り届けるという責任感国際感覚が重要となります。もちろん活躍の場が、国内だけであれば、英語力も国際感覚もあまり必要ではありません。

エスコートナースは、もともと旅行中のトラブルに対応するサービスとしてフランスを中心に発展してきました。日本でも、年々海外渡航者が増加しているため、今後このエスコートナースの需要が増えてくることが予測できます。

すでに日本でエスコートナースのサービスを提供している企業があります。エスコートナースになるには、アシスタントサービス会社へ就職するか、アシスタントサービス会社へスタッフ登録する方法があります。

エスコートナースの求人の一例を挙げます。

登録制であるということは、常に仕事があるとは限りません。そのため、収入が不安定になってしまう可能性があります。他の派遣看護師の仕事をしつつ、エスコートナースの要請があれば、すぐに仕事に向かえるよう体制を整えておくとよいでしょう。

メディカルツーリズム看護師

メディカルツーリズムとは医療観光のことで、居住国ではない国で医療サービスを受けることを指します。その医療サービスを行っている医療機関で働く看護師のことをメディカルツーリズム看護師といいます。

医療は国境を越えて、国際化が進んでいます。専門的で高度な医療を受けることを目的として、海外渡航を行う日本人・外国人が増えてきました。

医療といっても、がん治療や心臓疾患治療、臓器移植といった高度な手術から、美容整形手術やレーシックといった日帰り手術、人間ドックまでさまざまです。日本では女性が安価で手軽に施術できるということで、韓国で美容整形を受けに行くツアーなどがありますが、それもメディカルツーリズムにあたります。

メディカルツーリズムは年々増加傾向にあり、主に欧米諸国や中国、ロシアから日本での医療を受ける外国人が増えています。

実際、日本の医療は技術的にレベルが高く、アメリカの自由診療と比較すると、はるかに安価です。渡航費や滞在費がかかっても、日本で受診するほうが安く、満足した医療を受けることができます。

一方で日本の医療は厳しい経営状態が続いており、多くの医療機関が経営破たんを起こしています。経営の苦しい日本の医療機関からすれば、外国人の自由診療による収益の増大は大変魅力的です。

この状況の中2009年には、経済産業省が「サービスツーリズム(高度健診医療分野)研究会」を設置して、国を挙げてメディカルツーリズムの推進を行うようになりました。

この影響を受けて、外国人渡航者の受け入れに関心のある医療機関への支援や「国際医療サービス支援センター」などの設立を行い、国境を越えて日本の医療情報を世界中に発信するようになりました。

ただ、日本の一般的な病院では、外国人患者さんを想定して医療を提供していないため、サービスという点であまりよい評価を得られていません。その一つとして、看護師の英語力不足という点が挙げられます。

接遇は優れていても、やはりコミュニケーションがとれなければ、無言で検査介助などを実施することになります。「次にどのような検査をするのか」「痛みなどは伴わないのか」「時間はどのくらいかかるか」など検査の説明がなければ、患者さんの不安の元となります。

このようなときに、英語でしっかり説明できる看護師のほうが信頼され、サービス面で高い評価を得ることができます。

メディカルツーリズムとして看護師が行う仕事内容は、「簡単な英語での患者さんの誘導や対応、採血、データ入力、各種検査の説明」が主となります。基本的には、医療に精通した通訳が同行するのですが、実際の検査介助時の説明は看護師の役割となります。

看護だけでなく英語にも興味をもっている人であれば、このように国際的な働き方が広がっていきます。

メディカルツーリズムの看護師求人の一例を挙げておきます。

英語能力を活かして看護師として働ける職場が増えてきています。英語力を伸ばしていきたい人、国際的に働きたい人の第一歩として、このような求人選びをすることが大切です。

コールセンター

看護師資格でできる仕事としては、コールセンターでの健康相談業務があります。従業員や健康保険組合員などの健康相談を電話で受ける仕事になります。

電話での受け答えが主な仕事になるため、座って行えます。体力的に自信のない方や腰痛、ひざ痛などを抱える方にとっては、働きやすい仕事内容になっています。

またコールセンター業務の嬉しい点は、さまざまな雇用形態をもつ会社が多いことです。「日勤のみ」「夜勤あり」「時短勤務可」など都合に合わせた働き方を実現できるため、プライベートを充実させたい方や育児中の方でもあまり不安なく仕事を行うことができます。

さらに未経験の方でもマニュアル完備されている職場がほとんどなので、心配なく働くことができます。

コールセンターに勤めたいのであれば、簡単なPCスキルをもっていたほうが良いです。記録はPC入力が多いからです。看護師資格でできる仕事としては、体力的にも技術的にも長く勤めやすい職場であるといえます。

コールセンターの看護師求人の一例を挙げておきます。

医療コーディネーター

医療コーディネーターとは、患者さんが希望する医療を受けるサポートを行う人で、別名「主治看護師」といいます。

医療を受ける立場からすると、以前は医師中心であった医療から、今では患者中心の医療に改善されてきました。インフォームドコンセントが浸透しているなど、かなり患者寄りの医療になってきました。

しかし患者さんは医療知識に乏しく、「自分がこれから受ける治療が本当に正しいのか」「より良い治療は無かったのか」などを治療の評価を行うのはとても難しいです。

そのようなときに、医療者と患者さんとの隙間を埋めてくれる医療に詳しい第三者が医療コーディネーターです。

日本医療コーディネーター協会によると、同協会が認定する医療コーディネーターは、医師や看護師などの国家資格を所持している人か、介護支援専門員(ケアマネージャー)などの医療福祉系の資格保持者で、その多くを看護師が占めています。

医療提供者と患者さんの間に立ち、患者さんがより良い治療を選択し、満足したサービスを享受できるようアドバイスを行う仕事になります。

医療コーディネーターの求人の一例を挙げます。

また、在宅医療コーディネーターという仕事もあります。医師に同行して在宅療養を行っている患者さんの家に訪問し、医師の診療介助、患者さんとそのご家族の在宅療養の相談に乗ります。

資格不問という求人はありますが、同行する医師や患者さんにすると、在宅医療コーディネーター兼看護師のほうが心強く、頼れる存在になります。

在宅医療に興味のある方は、在宅医療コーディネーターにまで視野を広げた働き方を目標とすると、あなたにしかできない看護師以外の仕事を実現していくことができます。

独立開業ナース

独立開業ナースといえば、すぐに思い浮かぶのが訪問看護ステーションの所長などです。ただ他にも、看護師として独立して開業できる事業があります。

例えば、予防医療の分野です。日本では生活習慣病を抱える人が増えており、それらの医療費が年々増加傾向にあります。国費を削減するためにも、予防医療に注目が集まっています。予防医療とは、予防医学に基づいて行われる医療行為のことです。

病気になってから医療を受けるのではなく、病気にならないように予防するのが予防医療です。しかし広義においては、疾患の早期発見を行い適切な治療を受けることや、治療後の再発防止、リハビリを通じた社会復帰なども含まれています。

いまの医療システムでは、医療機関から一歩外に出ると、このような予防医療を手軽に受けられるサービスが少ないのが難点といえます。

このような社会問題に目をつけ、健康チェックサービスを提供する会社などが設立されてきました。一例を挙げると、ケアプロ株式会社です。代表取締役社長は、保健師と看護師免許をもつ方です。

この会社では駅構内や商業施設に店舗を構え、利用者さんに自分で採血してもらい、ワンコインで生活習慣病に関する血液検査を行うサービスを提供しています。

医療機関にかかる際に必要となる保険証の提出が必要ないため、気軽に自分のいまの健康状態を把握できるなど、従来の医療システムとは異なった医療サービスを提供しています。

このように社会に必要とされる医療や健康の問題点を発見して、解決していく可能性を秘めているのが独立開業ナースともいえます。

すぐに独立開業は難しくても将来的に開業を志している人は、いま自分に必要な経験を積むことのできる適切な職場へ転職するようにしましょう。

その他の看護師の珍しい仕事

その他にも、求人は少ないですが看護師の資格でできる仕事があります。次に看護師の珍しい仕事を述べていきます。

空港・港湾の検疫官

空港・港湾の検疫官の仕事は、主に感染の疑われる入国者のチェックや、出入国者の健康相談、予防接種業務などです。全国の空港・港湾の検疫所に勤めることになります。厚生労働省管轄の公務員となり、応募には看護師免許と3年以上の臨床経験が必要となります。

厚生労働省のサイトに掲載のある検疫官の応募要項について載せておきます。

ホテル専属看護師

ホテルでは、ホスピタリティ精神に基づき、お客様の体調変化にいち早く対応するためにホテル専属看護師を配置しているところがあります。大きなホテルや一流ホテルでの求人となります。

サービス業やホスピタリティなどに興味を持っている人であれば、ホテルでの専属看護師に向いているといえます。

求人数は極めて少なく、すぐに転職することは難しい場合が多いですが、転職サイトに登録しておいて、ホテルの看護師求人が出れば、すぐに教えてもらうようにしておきましょう。

次に紹介するのは都内の一流ホテルでの看護師アルバイト求人になります。

刑務所看護師

刑務所看護師は、収容者の健康管理を行うことが主な仕事です。基本的には健康な収容者を看ることが多いですが、高齢の収容者や薬物中毒者、ターミナル期にある収容者なども多数いるため、専門治療を必要とするかどうかの見極めが難しいとされています。

私の住む地域には女子刑務所があり、ハローワークに刑務所看護師のパート求人が出ています。時給2,000円と私の住む地域では看護師の時給として高めに設定されているのですが、あまり人気のある求人ではありません。求人が無くなっても、また数ケ月経つと同じ求人が出ています。

その理由は、やはりストレスを抱えやすい仕事内容にあるといえます。私は実際に、女子刑務所看護師のパートとして働いていた人に話を聞いたことがあります。

その人が言うには、健康そのものに見えるのに体調不良を訴える収容者が多かったり、痛み止めなどの頓服を必要以上に要求する収容者がいたりと、一般的な看護とは異なる実態が多いようです。

また看護師は、収容者とのコミュニケーションを禁止されているため、看護師でありながら毅然とした態度で仕事をしなければならないそうです。

事務的に看護をこなせる人には向いている珍しい仕事だといえます。刑務所看護師は、看護師でありながら看護師以外の仕事に分類できる一面があります。

次に、刑務所看護師の求人の一例を挙げておきます。

目標を設定し、いまできることを行う

看護師免許を活かした「看護師以外の仕事、別の仕事や珍しい仕事」は、さまざまに存在します。すぐに実現するのは難しいとしても、目標を設定して、いまできることを一つずつこなしていけば、着実に夢は現実に近づいていきます。

病棟や施設といった働き方以外で、看護師として求められている仕事は多いのです。

せっかく取得した看護師免許です。看護とは全く別の職種に転職するのではなく、看護師免許や経験を活かして、自分の興味のある分野と結び付いた新しい仕事を模索してみてはいかがでしょうか。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く