看護師は労働の割に給与が安くて職場環境が厳しい状況にあります。そのため、病棟やクリニックでの看護師にやりがいを感じられず、「違う職種や別の職業へ転職したい」と考える人が多くいます。

ただ、看護師免許をもっているのにも関わらず、看護とは全く異なる、医療以外の職種に転職するのは時期尚早です。

やはり看護師免許を活かした働き方を選択するほうが、求人数が多く、待遇の良い求人も多く存在します。たくさんの選択肢があるのに、それを活かさない手はありません。ここでは「看護師免許を活かした、病院以外の違う職業や珍しい仕事」を紹介していきます。

病棟看護師を辞める人が選ぶ病院以外の違う職業や珍しい仕事

病棟の看護師を辞めるにせよ、看護師免許があれば、病院以外の別の仕事を選択することが可能です。看護師としての、従来とは違う他の仕事や別の職業については以下のようなものがあります。

  • コールセンター
  • 企業内医務室の産業看護師・産業保健師
  • 治験コーディネーター(CRC)
  • 臨床開発モニター(CRA)
  • ツアーナース
  • トラベルナース(リゾートナース)

それぞれの職業について説明していきます。

コールセンターは医療以外の企業勤めになる

まず始めに看護師資格でできる仕事として、コールセンターがあります。コールセンターでは、従業員や健康保険組合員などからの健康相談を、電話やテレビ電話などを通じて受ける仕事になります。健康相談が主な仕事になるため、看護師免許を保有していることが応募条件になります。病院以外の企業勤めとなり、会社員になります。

コールセンターに勤めるメリットは、座って行える仕事という点です。体力的に自信のない方やヘルニアなどの腰痛、ひざ痛など持病を抱える方にとっては、働きやすい職場で長く勤めることが可能になります。

またコールセンターでは、さまざまな雇用形態があります。「日勤のみ」「夜勤あり」「時短勤務可」など都合に合わせた働き方を実現できます。そのため、プライベートを充実させたい方や育児中の方でも不安なく仕事を開始することができます。

さらに未経験の方でもマニュアル完備されている職場がほとんどなので、心配なく働くことができます。

例えば以下は、福岡県にある大手企業のコールセンター求人になります。

コールセンター求人では年齢制限などを設けていない案件が多く、男性看護師や退職後の看護師でも勤務可能です。

ただし、コールセンターに転職希望であれば、多くの求人で医療機関での5年程度の臨床経験と簡単なPCスキルが必要になります。健康相談を行う際には、命に係わるような怪我や病気の応急処置対応などが求められるからです。

また、相談された内容をPC入力する必要があるため、ある程度パソコンの扱いにも慣れておくことが大切です。

企業の産業看護師・産業保健師は結婚後、子持ちの看護師に人気

看護師免許を活かした異業種・他職種の働き方で、体力的にも精神的にも仕事での悩みを感じにくいのが、産業看護師・産業保健師です。

看護師自体を辞めたい人でも、別の働き方として選択できるため人気があります。日勤のみで残業が少なく、結婚や子育て中の看護師でも十分に勤めることが可能です。

産業看護師・産業保健師とは、企業に雇用されているスタッフの健康管理や精神的サポートを、企業内の医務室で実施するのが主な仕事です。特に最近ではうつ病で苦しむ従業員が多く、カウンセリング業務などもあります。

産業看護師・産業保健師の年収は、企業の規模によって異なりますが、300~1000万円と幅広いのが特徴です。例えば以下は、仙台にある中途採用の産業保健師求人になります。

夜勤や体力仕事がなく、年収400万円からスタートできるので好待遇といえます。さらに病棟看護師よりも昇給率がいいため、仕事へのやりがいを感じられる仕事であるといえます。

ただ「産業保健師の求人はあっても、産業看護師の求人はない」と疑問をもつ人がいるかもしれません。もちろん、求人票の募集要項に「産業保健師募集」と明記されていれば、保健師免許が必要となります。しかし明記がなければ、看護師免許だけでも問題ありません。例えば以下のような神奈川県にある企業の産業看護師求人です。

保健師免許を保有していない場合は、看護師経験を重視してくれる企業を探すと良いでしょう。

産業保健師・産業看護師は人気求人になりますので、すぐには希望する求人が見つからないケースがあります。転職サイトに3社以上は登録し、条件に合う求人が出れば、すぐに紹介してもらえるように体制を整えておくことが転職成功の近道となります。

治験コーディネーター(CRC)は働き方次第で給料アップ期待大

治験コーディネーターは、治験施設支援機関(SMO)や総合病院・大学病院などの医療機関が主な勤め先となります。病院へ常駐し、医師と製薬会社、治験被験者(治験を試す患者さん)の仲介役として、新たに開発された薬の調整やサポートを行います。

具体的には、治験被験者への対応やそれに伴う資料作成、医師や医療従事者への説明会の開催などが主な仕事です。治験コーディネーターは新薬の開発に携わる仕事であるため、病棟看護師よりも治験被験者と親密な関係を構築していく必要があります。

企業や大病院に勤めることになりますが、病棟看護師とは異なり土日祝日は基本的に休みです。病棟看護師と比較すると、有給消化率も高いです。また、出張などが無いため、決まった地域で仕事をすることが可能です。

ただ、治験コーディネーターは残業が多く、治験被験者の体調不良による対応や資料作成などがあります。平均すると1日1時間くらいは残業で時間外の勤務をしなければなりません。

企業規模や都市部など勤務地にも関係がありますが、治験コーディネーターの年収は未経験者であれば300~400万円程度、経験者であれば400~500万円くらいからスタートします。

例えば以下は、京都にある治験コーディネーター未経験の求人になります。

月収は27万円からとなっていますが、諸手当(固定残業代)が含まれた金額です。そのくらい治験コーディネーターは残業の多い仕事といえます。未経験からのスタートとなると、基本給は少ないと感じるかもしれません。

しかし仕事の達成次第では、病棟看護師と比べると昇給率が良く、年収700万円以上の高収入も可能です。以下は広島にある企業での治験コーディネーターの経験者求人です。

経験者として仕事をこなしていけば、看護師時代では考えられない年収を実現できるのが治験コーディネーターという看護師とは別職種の仕事になります。

臨床開発モニター(CRA)はCRCより高給料の異業種

また治験コーディネーターと同様の治験分野にはなりますが、臨床開発モニターは製薬メーカー(医薬品会社)などが雇い主となります。

このとき、正しく臨床試験が行われているかを病院側からサポートするのが治験コーディネーターです。それに対して、製薬会社側を補助するのが臨床開発モニターになります。

臨床開発モニター未経験でも採用の枠があり、看護師から臨床開発モニターに転職して活躍の場を広げている人は多いです。例えば、以下は大阪にある企業の求人から出されたCRAの中途採用募集です。

一見、臨床開発モニターと聞くと「難しそうな仕事で自分に勤まらないかもしれない」と思う方もいると思いますが、就職先はどこも大企業なので研修制度が充実しています。

ただ、看護師免許を活かして臨床開発モニターに転職するのであれば、看護師としての臨床経験は2年以上あったほうが有利になります。先ほどの求人の応募条件は未経験でも問題ないとしながらも、看護師としての臨床経験は必要となっています。例えば以下のようなものです。

看護師や保健師の資格をもっていて、2年以上の経験のある大卒以上の人を応募条件としています。

さらに臨床開発モニターは同じ治験の仕事でありながら、治験コーディーネーターよりも、初任給の時点から高い給料が設定されているケースが多いです。さらに昇給率もよく、仕事次第で高い年収を実現することができるのです。

参考までに以下は、東京にある会社のCRAの年収例となります。

日勤のみで、年収は440万円からと設定されています。さらに、仕事で成果を上げていけば看護師として働いていたときとは比べものにならないほど、年収は上昇することが可能です。

例えば以下は、臨床開発モニターの中途採用(ただし臨床開発経験が1年以上ある方)のスタート年収になります。こちらは東京に本社があり、大阪に支社を構える一般企業になります。

この例では、臨床開発モニターは臨床開発経験が1年以上あるだけで、年収は600万円から考慮されるのです。

臨床開発モニターは仕事内容や能力に応じて満足いく給料を得られるため、仕事への意欲を感じられる職業であるといえます。

ツアーナースは病棟以外の外に飛び出した働き方

看護師の資格でできる仕事に、ツアーナースがあります。ツアーナースとは、ツアーコンダクターとナースの両方を併せもつ職業で、病院以外の異なる場所での働き方になります。

ツアーナースは旅行に引率して、参加者の体調管理、ケガや病気の応急処置や救急搬送の対処などを行うのが主な仕事です。主に小中学校で開催される修学旅行や林間学校、日帰りバス旅行などに引率します。まれに海外ツアーのツアーナース求人もあります。

国内や海外の各地へ仕事として出かけることができるので、旅行好きな人にとっては大変魅力的な仕事だといえるでしょう。

ただ、ツアーナースは常時の求人が出ていません。合宿やサマーキャンプなどの多い夏休み、気候の良い修学旅行シーズンに求人が多く出回ります。

ツアーナースを希望する場合、まずは紹介派遣会社に登録します。常に仕事があるわけではないので派遣看護師になります。担当者へあなたの条件を伝え、希望に近い求人を紹介してもらいましょう。

実際に求人先を決めたら、事前に一度、打ち合わせを行ってもらいます。そうして仕事内容の具体的な説明を受け、実際の仕事へと赴くことになります。

ツアーナース未経験であっても引率の先生や添乗員がいるので、必要以上に不安に思うことはありません。参考までに、以下は東京にある高校の「沖縄への修学旅行(3泊4日)に同行するツアーナース求人」です。

ツアーナース求人は小児科やツアーナースの経験があれば有利に働きますが、未経験でも問題ありません。

ちなみにツアーナースは時給制ではなく日給制です。1日10,000~15,000円が相場となっています。ツアーで必要となる宿泊費や交通費、食費はもちろんかかりません。

すぐには希望する求人がなくても、看護師専用の人材派遣会社に3社以上の登録しておけば、ツアーナースの求人が出やすい旅行シーズンには、良い求人案件に巡り合える可能性が高くなります。

またツアーナースとして実績を積んでいけば、紹介派遣会社はさらにあなたに好条件のツアーナース求人を紹介してくれる可能性が高くなります。

トラベルナース(リゾートナース)は高収入の働き方が実現可能

ツアーナースとよく似た響きの看護師資格を活かした他業種に、トラベルナースがあります。

トラベルナースとは直訳すれば「旅する看護師」です。別名は「応援ナース」ともいわれており、「人手が不足している離島やへき地に赴き、3ケ月から1年程度の一定期間、人員不足の病院で応援を行う看護師のこと」を指します。

トラベルナースという働き方が一般的なアメリカでは、看護師約10人に対し1人がトラベルナースとして働いています。日本でもへき地や離島では看護師の人手不足が深刻化な問題となっており、徐々にトラベルナースの需要が増えてきています。今後は看護師の一般的な働き方になる可能性が高いです。

トラベルナースは雇用期間が決まっているため、ツアーナースと同様、基本的に派遣看護師としての雇用となります。

病院以外の別の職業にはなりませんが、看護師として自分の希望する地域へ期間限定で働くことが可能です。例えば以下は、北海道へ派遣となるトラベルナース求人になります。

6ケ月以下の紹介予定派遣で、時給は2,750円となっています。このようにトラベルナースは給料が高く、待遇が良いことで知られています。時給2,500~3,000円の求人が多くあります。

また「生活費はすべて病院もちで住宅費無料」という求人がほとんどで、生活面での苦労はありません。そのため、常勤よりも派遣看護師として働くほうが年収アップを期待できます。

夜勤なし時給2,500円の条件で、週に5日、7時間働いたとして35万円(2,500円×7時間×20日)の月収となります。年金や市区民税などを引かれたとしても、食費以外に必要な費用がかかりません。

なかには「6ヶ月間トラベルナースとして働いて貯金し、1ケ月は海外で自由に過ごす」など、オンオフの使い分けを上手に行っているトラベルナースもおり、働き方の見直しができるのも魅力的です。

トラベルナースになるには、まず看護師専門の人材派遣会社に登録して、トラベルナース希望であることを伝え、自分の希望する勤務地を告げます。医療機関とあなたの双方の条件が合えば、求人を紹介してもらえて希望する地域で一定期間働きます。

期間限定と聞くと雇用が不安定のように思えますが、煩わしく感じる看護師独特の人間関係の悩みから解放されます。結婚や子育てをしていない看護師やいまの環境から離れたい看護師などには、働き方と生活を見直すことのできる求人です。

また自分で職場や雇用期間を決定できるので、住んでみたかった憧れの地域を選んだり、キャリアアップできそうな職場を選択したりすることで、自分のライフスタイルに合わせた働き方が可能となります。

ただ、トラベルナースのデメリットとして、「土地勘のない場所でトラブルに遭遇したとき、自分一人で問題解決しなければならない」ことが挙げられます。そのため、優良な紹介派遣会社を選ぶことが大切です。

利用者満足度の高く口コミ評判のよい人材派遣業者に2社以上は登録し、雇用条件や対応などを比較すると失敗は少なくなります。

医療以外の別業種へ転職をするときの注意点

病院以外の別業種へ転職するときの注意点について述べます。これについては、年収面(初任給)と年齢制限があります。

給料については、一般企業だと昇給率が高く病棟看護師時代よりも将来的には高年収になる可能性が高いです。ただ、病棟で勤務していた看護師のような夜勤はなくなり夜勤手当がつかないため、初任給は下がる可能性が高くなります。

また、慢性的に人手不足の病院看護師求人とは違って、一般企業に未経験で勤める場合、35歳前後の年齢制限を設けている中途採用求人が多いです。薬剤師や獣医師などの資格者に限らず、一般人も含めてライバルとなるからです。

そのため、病棟看護師として転職する場合のように就職活動を進めていてもスムーズな流れで進まなかったり、思うような待遇を得られなかったりすることがあります。

転職市場では、年齢が若いほど有利です。そのため、将来の昇給率や転職での成功のしやすさを考えると、できるだけ早めに転職活動を開始しなければいけません。

別の職種へ転職するなら口コミ・評判の良い転職サイトへ登録

そこで病院以外の別の職業へ転職したいのであれば、転職のプロである看護師転職サイトへの登録をしましょう。

病院から他病院へ看護師として転職する場合であれば、具体的な仕事内容を経験のある看護師仲間から聞くことが可能です。しかし看護師を辞めて別職種へ転職するとなると、その業種について詳しい情報をもっている人は周囲に存在しないことが多いです。

異業種となると、「履歴書や面接ではどのような受け答えをすれば高評価を得られるのか」「具体的な仕事内容はどのようなものか」「異業種で働くメリットやデメリットは何か」などを掘り下げて、事前に調べておくことが転職成功の秘訣となります。

ただ単に憧れなどだけで転職してしまっては、転職後に「このようなイメージではなかった」と後悔する人が出てきます。そのようにならないために転職サイトへ登録して、転職のプロに相談しならが活動を行うことが一番効率の良い方法です。

特にコールセンターや産業看護師、治験コーディネーターなどの一般企業へ就職するには、転職サイト経由でなければ中途採用の募集を見つけられません。自ら求人を探すのは現実的ではないのです。

あなたの提示する希望給料額や未経験可とする中途採用求人など、あなたにマッチした求人を異業種業界に詳しい転職のプロが探してくれます。その求人に興味をもてば、さらに具体的な仕事内容や人間関係などの貴重な情報を教えてくれるので、転職で失敗する可能性が低くなります。

また別の職種へ転職するのであれば、口コミや評判のよい転職サイトに3社以上の登録が必要となります。そのほうが相性の良いコンサルタントと会える可能性が高まるだけでなく、より多くの条件の良い非公開求人などを紹介してもらえるようになるのです。

病院以外・病棟以外にも看護師の働き方はある

看護師免許さえあれば、他職種への転職はそれほど難しいことではありません。看護師を辞めて違う仕事に転職する方法はたくさん存在します。

このとき他業種としては一般企業の求人から、ツアーナース・トラベルナースなどの募集まであります。夜勤などがないのは当然として、土日休みや定時退社を実現できる求人でもあります。

ただ、いますぐには条件に合った病院以外・病棟以外の転職を実現するのは難しいかもしれません。しかし3社以上の看護師転職サイトを利用して、明確な条件を設定して焦らず転職活動を進めれば、優良な求人を見つけ出せる可能性が高くなります。

せっかく取得した看護師免許です。看護師免許を活かさずに別の職種に転職するのではなく、看護師資格や看護師経験を活かして、自分の興味のある分野と結び付いた別職種・異業種を選択して満足いく待遇や働き方を手に入れましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く