髪を少し染めるだけで、人が受け取る印象は大きく異なってきます。看護師という職業上、髪はまとめておかなければならないので、せめて髪色くらい自分の好みの色に変えたいものです。

転職前に希望する病院の看護師を見渡して「この職場なら髪色を変えてもよさそう」ととりあえず確認しておけば、髪色に悩むことは少なくなるでしょう。

しかし、髪色を変えてもいい職場に転職する際に新人看護師として注意しておきたいことがあります。そこで、今回は転職する場合の髪色について述べていきたいと思います。

転職面接の髪色は黒かナチュラルブラウン

まずは、転職時に面接でどのような髪色にすればいいのかお話ししていきます。面接での髪色は黒かナチュラルブラウンがお勧めです。

ナチュラルブラウンというのは、「髪色を染めた」という印象ではなく、あくまでも自然な髪色にみえるくらいの色のことをいいます。美容院などにおいてヘアカラーチャートでいうとレベル6くらい(1に近づくに従って暗めの色になる)までだと考えておくとよいでしょう。

レベル6とは大体、次の写真くらいの色です。参考にしてください。

黒かナチュラルブラウンにする理由は、「看護師の職業上、新人看護師に求められるのは可愛さやカッコよさ、個性ではなく、清潔さ誠実さ」だからです。看護師として転職する以上、なんといっても清潔で誠実にみえるかどうかが一番大切です。

もしナチュラルブラウンでもレベル6以上の明るさの髪色になると、不潔にみえたり、不誠実にみえたりします。

中には院内規則で、例えば「看護師の髪色はレベル7まで」との規定がある職場があるくらいです。この場合にも、転職時にはレベルを一つ抑えたレベル6くらいまでだと「髪色を抑えている」として好印象を与えやすいです。

もちろん髪色をまったく気にしない自由な職場が存在します。ただ、人生を左右する転職面接です。最善を尽くして損はありません。立派なキャリアや資格を保有していたとしても、明るすぎる髪色は不潔で、不誠実にみえてしまいます。たかが髪色で不採用となってはもったいない話です。

ただ、完全に黒色である必要はありません。中には「ナチュラルブラウンではなく、黒のほうがいい」という人がいます。しかし、あなたは中学生や高校生ではなく、社会人です。面接では髪色は絶対黒でなければならないことはありません。

しかし最初の見た目で好印象を与えるには、節度ある髪色にしておくほうが無難といえます。あくまで自然にみえることが大切です。

反対に、なかには「黒だと重すぎて暗い印象を与えるのではないか」と考える人もいます。「黒すぎる髪色は重くて、暗い」などと気になる人の場合は、ナチュラルブラウンくらいの髪の明るさに留めておくとよいでしょう。

転職後の髪色も黒かナチュラルブラウン

転職後の髪色についても、入職して間もないころは、黒かナチュラルブラウンがお勧めです。新しい勤め先で、先輩看護師たちは明るめの髪色にしていても、新人看護師が最初から明るめの髪色で職場に来ると受け入れてもらえないことがあるからです。

髪色については、タイミングを考えるといいです。

転職後の髪色の染め直しはタイミングが大切

転職後に髪色を明るめに染め直したいのであれば、タイミングが大切です。私が髪色で、実際に職場で体験した話をします。

私の勤める職場の看護師長は、明るめのブラウンの髪色です。他の看護師の髪色も真っ黒という人はおらず、少しは明るい髪色に染めている人が多い職場です。それを見習って、働き始めて3日目に、師長と同じような明るめのブラウンに髪色を染め直してきた新人看護師がいました。

すると一部の看護師から「新人看護師で、いきなりそのような明るい髪色はない」と指摘されることが起きました。

新人看護師からすると「先輩看護師が明るくしていたのだから、新人看護師の私も明るい髪色にしても構わない」と思いがちです。しかし、先輩看護師にとって、「初対面の新人看護師がどのような人物か」を読み取る手段は、まずは見た目しかありません。

先輩看護師たちは、新人看護師の見た目から人物像を無意識に判断してしまうのです。そのため「髪色を明るく染めて働き始める」ことで得なことはありません。

働き始めて間もないうちから「髪色を明るくしていい」と自分で勝手に判断してしまうとします。すると仕事を教える前から、「いろいろ自分勝手に行ってしまう自己中心的な人物なのではないか」といった憶測を先輩看護師にもたれてしまうことになりかねないのです。

初めの見た目の印象が悪いと、入職してしばらくの間は人間関係を築いていくのに無駄に苦労してしまいます。できれば入職してしばらくの間は、教えてもらった仕事を集中して覚えたい時期であるので、変な憶測をされるのは控えめにしたいところです。

一方、私は新人看護師のときに、いきなり髪色を明るめに染めて仕事に行ったことはありませんでした。入職当時は、面接時と同様、黒に近いダークブラウンでした。それは髪色をわざわざ変えるのが面倒くさかったのと、「新人だし、もう少しこのままダークブラウンのほうが無難だ」と感じたからです。

すると入職して半年くらい経ったある日、休憩中に髪色の話題になったことがありました。そのときに「あなたの髪色は黒だけれど、それはちょっと重くみえる。もう少し明るくしたほうが似合うのではないか」という先輩看護師からのアドバイスをもらいました。看護師長もその意見に同意していました。

髪色を変えるのは先輩看護師からのアドバイスのあと

このようなアドバイスがでたときこそ、髪色を変えるチャンスの到来です。

そこで私は入職して初めて、本来自分の好みであった明るめのナチュラルブラウンに髪色を染め直しました。明るめのナチュラルブラウンにしていくと、「軽く見えるから、その髪色のほうが似合っているよ」と先輩看護師たちから好評をいただくことができました。

先ほどお話しした新人看護師と私は、結果的に同じ明るめのナチュラルブラウンに染めることになったのですが、タイミングが異なりました。

自分で勝手に明るめの髪色に染めてしまうのと、先輩たちのアドバイスをもらって髪色を明るめに染め直すのとでは、周囲の受け入れ方に違いが出てきてしまうのです。

先輩看護師は自分のアドバイスに従って新人看護師が明るい髪色に染めたのであれば、いとも簡単に受け入れてくれます。周囲と良好な関係を築いていきたいのであれば、髪色を染めるタイミングを見極めたほうが得策といえます。

仕事ができるようになったときも染め時

もう一つ、染め直しに良いタイミングがあります。それは仕事を覚えて、「あの人には仕事をいろいろ任せられるようになった」と周囲があなたのことを認めてくれるようになったときです。

私の勤める職場では、院長自身が「仕事ができるなら、どのような髪色でも自由よ」といっています。それを聞いて私は、「仕事ができる看護師長だからこそ、明るめのブラウンに染めることができるのだ」と感じました。

院内に髪色に関する規定がない場合、髪色を染めても周囲からとやかく言われないくらい仕事ができるようになれば、自由な髪色に染め直すことができるのです。

それまでは髪色などはあまり気にせず、まずは仕事を覚えることが大切なのです。

目の前にある課題は何か考える

看護師の髪型は規定されていることが多く、せめて髪色を明るくして、おしゃれをしたい気持ちはわかります。しかし、あなたは転職前後の立場にあります。ナチュラルで清潔、誠実な印象を周囲に与えることが今は一番大切なのです。

髪を明るく染め直し、おしゃれができるのは周囲に認められたときだと考え、まずは目の前にある自分の課題に目を向けることが重要です。目の前の課題に集中して、まずは一つずつ解決していけば、髪色で悩むことも少なくなるはずです。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く