あなたは看護師として働き始めて、毎月どのくらいの残業を行っているでしょうか。

看護師の場合、給与明細に記載された残業時間とは別に、研修会や委員会への参加、看護研究などで莫大な自分時間をサービス残業に費やしている可能性が高く、働き方に満足できていない人が多いのが現状です。

仕事に関する業務での残業だと、残業代は支給されるのが当然です。ただ、研修会や勉強会などは建前上、任意(実は半強制)としている職場が多く、そうなれば残業代は支払われず、職場環境に不満を抱きやすくなってしまいます。

そこで今回の記事では、多くの看護師の悩みの種である残業時間や残業代の問題について解説していきます。

看護師が抱える深刻な残業時間の実態

大手企業に勤める新入社員の相次ぐ過労自殺などが社会問題となり、国は残業時間についての見直しを行うようになってきました。このとき、一般的には月60時間の残業時間が過労死ラインとみなされています。

ただ、一般企業の労働者と看護師の働き方には大きな違いがあります。

それは「病棟勤務などの場合であれば、看護師は夜勤など24時間体制で働く必要がある」ということです。一般企業に勤める場合は基本的に日勤ですが、病棟看護師は日勤に加えて夜勤という変則的な働き方があります。

特に夜勤は看護スタッフの人数が少なく、患者40人に対し看護師2人で対応することが多いため、日中よりも責任感が増え、さらに緊張感をもって仕事に臨まなければなりません。

そのため看護師の夜勤は、心身ともに非常な負担がかかり、睡眠障害や循環器疾患などの原因のひとつとされています。中には「長期的にみると、夜勤はがんを引き起こす可能性が高くなる」と指摘する医師もいるくらいです。

このようなことから看護師の場合、夜勤などの交代制勤務の精神的・肉体的負担などが考慮され、一般の労働者と比較して少なめの残業時間となる月50~60時間の時間外労働で過労死認定を受けていいます(大阪高裁 2008・公務災害)。

このような高裁での判決の判決を受けて、日本看護協会が看護師の時間外労働の実態を調査したところ、以下のような結果が出ました。

引用:時間外勤務・夜勤・交代制勤務実態調査 – 日本看護協会

看護師の平均残業時間については正確なデータがありません。ただ、このグラフを見るとわかるとおり、交代制勤務で働いている看護師の場合、月に10時間以上残業をしている看護師は6割以上存在することになります。

さらに月の残業が50時間を超える割合が7.7%、実に13人に1人の看護師が過労死認定ラインを超えた残業を行っているのです。

しかし、これは残業時間をカウントした場合の調査結果です。サービス残業や就業時間外の研修会参加、看護研究に費やす時間などの残業は含まれていません。これらを含めると、もっと多くの看護師が時間外勤務を強いられているのです。

・時間外労働の上限は月45時間

まずは、時間外労働の上限は月に何時間と定められているか確認しておきます。

労働基準法においては、時間外労働(残業)の上限は過労死ラインを下回る、月45時間、年間にすると360時間と定められています。以下の表を参考にしてください。

期間 残業時間数
1週間 15時間
2週間 27時間
4週間 43時間
1ケ月 45時間
2ケ月 81時間
3ケ月 120時間
1年 360時間

これは月に20日間勤務するとして、一日あたり2.25時間の残業時間が上限になることを意味します。

もしこの法定ラインである月45時間の残業時間を超えた場合、違法となる可能性があります。ただし、一時的に忙しい時期がある場合だと、45時間の残業時間を超えて労働したとしても法律上認められています。

あなたの残業時間を数ケ月分みて、毎月の残業時間が45時間を超えるようであれば、上司か労働基準監督署に相談をして、職場環境の改善を図ってもらう必要があります。

・看護師の残業代は平均すると2万5,342円

では次に、看護師の平均残業代について確認します。日本看護協会の「看護師の賃金水準データ(2013年度版)」によると、看護師の一ケ月の平均残業代は、2万5,342円です。こちらは、残業時間をカウントした場合の結果です。

残業代の計算方法について、次に紹介します。

残業代=基礎時給 × 割増率 × 残業時間

労働基準法では、残業の割増賃金率は通常賃金の25%以上との規定があります。ちなみに、夜勤明けからの残業の場合であれば、通常賃金の50%以上など様々な設定がされています。次に示すのが割増率の表になります。

残業の種類 割増率 注意点
法定時間外労働 25%
1ケ月60時間以上の法定時間外労働 50% 代替休暇取得の場合は25%
深夜労働 25% 午後10時から午前5時までに労働した場合
休日労働 35% 休日労働では、8時間を超えても25%割増は加算されない
法定時間外労働 + 深夜労働 50%
法定時間外労働(60時間/月以上) + 深夜労働 75%
休日労働 + 深夜労働 60%

あなたが貰っている残業代は、規定に合っているかどうか確認してみましょう。例えば、以下に示すのは、以前、私が実際に眼科クリニックで働いていた時にもらっていた給与明細の一部です。これを使って、簡単な計算をしてみます。

月の残業時間が22.00と記されています。また、この残業時間に対して残業手当が38,742円となっています。これを時給に換算すれば、38,742円 ÷ 22時間ですので、1,761円ということになります。

この月の実働時間は152.0時間で基本給は200,000円ですので、就労時間内の時給は1,315円です。

「残業賃金1,761円 ÷ 通常の賃金1,315円 = 約1.34」となるため、通常賃金よりも残業の割増賃金率は1.25以上になっており、労働基準法の規定を満たしていることが分かります。

ただ、この眼科クリニックでは残業としてカウントされていない過労死ラインの月60時間を超えるサービス残業がありました。サービス残業については後述します。

看護師のサービス残業の実態

そこで、次に看護師のサービス残業の実態についてお話ししていきます。以下のグラフを参照してください。

引用:2013年度看護職員労働実態調査

オレンジの〇で囲んだ部分が「前月に賃金不払いの労働があった」とする部分です。5時間から50時間と幅はありますが、実に「看護師の7割は賃金不払い労働がある」という結果となっています。

例えば、先ほどの眼科クリニックの場合、就業規則上の勤務開始時刻より1時間前に院内外の清掃作業がありました。また、ほぼ毎日4時間程度の残業がありました。水曜と木曜は手術日で、その曜日の残業代は支払われるのですが、それ以外の日の残業と始業時間前の清掃はすべてサービス残業で、サービス残業時間は毎月60時間を超えていました。

私は眼科クリニックに勤める前は病棟勤務を行っていました。夜勤後の先輩の指導、終業時間後の研修や勉強会への半強制参加、その他にも看護研究の話し合い、委員会出席など、すべてがサービス残業でした。

眼科クリニックの残業時間は、病棟勤務のころの残業時間と比べれば「夜勤や看護研究、委員会がない分、ましなほうだ」と思っていました。そして「看護業界ではこのようなサービス残業は当たり前」と考えていました。

しかし、いまの職場に転職して気づいたのですが、看護師だとしてもサービス残業は当たり前ではありませんでした。いまの職場では「院内研修は時間内に」、そして「残業を行った分だけ残業手当がつく」ことになっています。

7割の賃金不払い労働を強いられている看護師がいる一方、3割の看護師は賃金不払い労働のない環境で働くことができているのです。

・サービス残業の仕事内容

ちなみに、サービス残業の主な業務内容としては、次の通りです。

  • 看護記録 60.9%
  • 患者さんの情報収集 47.7%
  • 患者さんへの対応 43.9%
  • 研修 15.2%
  • 各種委員会 13.9% など

どれも自主的に行っている仕事ではなくて、すべて看護業務に関わる仕事であるのにサービス残業としてみなされていることが多いです。

「患者さんの情報収集は、本来であれば職務時間内に行えばいい」とありますが、1年目の新人看護師など慣れていない場合、どうしても1時間程度早めに情報収集のため職場に出勤して、仕事を開始しなければなりません。

他にも看護研究などを行う場合は、休日にも出勤してきて、5~6時間に及ぶ話し合いをしなければなりませんでした。もちろん、看護研究に費やす時間に対して残業代は支払われません。

1年目の新人看護師が「これらのサービス残業はおかしいのではないか」と職場の不満を口にしても、長年そのやり方でやってきた先輩看護師に「私も新人のときは、同じ職場環境だった」と言われると、改善の余地はないと諦めてしまわざるを得ません。

看護師の不払い賃金の総額は、年間3億円以上になるといわれています。さらにサービス残業は改善されるどころか、前回の調査よりも悪化傾向にあるとされています。

・20代看護師の残業時間は多い

残業時間数を年代別にみると、20代の看護師のほうが他の年代の看護師と比べて、圧倒的に長い傾向にあります。20代看護師の4分の1は、月の残業時間が35時間を超えるというデータがあります。

1年目の新人看護師であると、患者さんの情報収集や看護記録に慣れておらず手間取るため、サービス残業が増えてしまいます。また、仕事に慣れてきた3~4年目となると、今度は新人の教育係や委員会などを任されることが多くなります。

20代といえば、まだ独身の看護師が多く、家庭に時間を取られる必要がないことから、仕事を振り分けられ、残業時間が増えてしまいます。

また20代といえば、他の優良な病院で働いた経験がないため、「看護師であれば、このような職場環境は当たり前」と思い込み、頑張ってしまう人が多いです。

心身ともに疲弊しきってしまう前に、自分の勤める職場以外に「働きやすい職場とはどういうところか」の情報を収集してみましょう。「自分の勤める職場環境に問題はないか」と、視野を広げ、気づける目をもつことが大切です。

・管理職は残業時間が長いが、残業手当がない

では反対に、管理職(病棟師長や主任など)の地位にいる人は、どうでしょうか。管理者とは、一般の企業の管理職であれば「労働条件の決定その他の労務管理について経営者と一体的な立場にある者」とされています。

一方で、看護師の管理職は、実際の仕事内容として、現場で部下のマネジメントや教育を行いつつ、時には患者さんへの看護ケアなどにも携わっています。それにも関わらず、看護管理職者は、一般の看護師のように残業手当や休日手当が支払われません。

看護管理職の場合、実質的には管理者とはいえず、本来なら残業手当の支給が必要だとされています。以下は東京労働局のパンフレットの一部です。

引用:労働基準法「管理監督者編」

これは、看護師長と役職名がついていても、実質的な労働内容が他の看護師と変わらないようであれば、残業手当などを受ける権利があるを示しています。しかも、これらの看護の仕事のほかに、多くの看護師長は勤務表作成など家に持ち帰る仕事が多く、休日出勤などの負担も大きいといわれています。

日本看護協会の調査によると、管理職の残業時間は平均28.2時間で一般の看護師よりは長いにもかかわらず、残業として申請した時間は8.0時間となっています。

このように看護師は管理職となっても、不遇な労働条件で働いている場合が多いといえます。

総合病院・中規模病院の残業時間はどうか

では、総合病院や中規模病院での残業時間はどのくらいでしょうか。医労連のアンケート調査によると、看護師の過労死ライン60時間以上の時間外労働が行われている医療機関は、次に示す通りです。

  • 公立大学 1.9%
  • 厚生連 1.7%
  • 社会保険病院 1.6%
  • 私立大学 1.4%
  • 日赤 0.3%
  • 労災病院 0.4%
  • 国立・独法 0.6%
  • 民医連・医療生協 0.6%

さらに、70時間以上の時間外労働を行っている主な医療機関は以下の通りです。

  • 公立大学 1.2%
  • 厚生連 1.1%

大学病院や総合病院の場合、地域の基幹病院として救急受け入れ態勢を整えています。そのため終業時間になったからといって、緊急入院でバタバタしている現場をほったらかしにして帰るわけにはいかず、時間外労働が多い職場といえます。

また、大学病院や総合病院は、「研究」「臨床」「教育」を目的としているため、サービス残業とみなされる勉強会や研究会、委員会も頻繁に開かれます。

このように大学病院などでは、来院患者や緊急入院患者が多いだけでなく、他にも多くの研修会などが開かれているため、残業が多くなってしまう傾向にあります。

ただ、上記で挙げた時間外労働が少ないとされている病院でも時間外労働は行われている可能性はあります。勉強会や委員会に参加しても、残業時間にカウントされていない場合です。

私が以前、独法(独立行政法人国立病院機構)で看護師をしていたときの残業の扱いですが、勉強会や委員会参加はサービス残業でした。

週に3~4回行われる勉強会や委員会に半強制的に参加しなければなりませんでした。その上、看護研究で休日出勤や終業時間後の集まりなどで、休まる暇がありませんでした。もちろん、看護研究の実施に莫大な時間が費やされるとしても、残業手当や休日出勤手当は付きません。

このように大学病院や総合病院に勤務する場合は、残業にカウントされない勉強会や研究会、委員会への出席が半強制的に行われているため、注意が必要です。

・時間内研修と記載があれば、残業は少ない?

よく大学病院や総合病院の求人票や病院サイトの求人紹介には、「時間内に研修を行っている」との文を掲載しアピールしている場合があります。例えば、以下のような内容です。こちらは大阪にある総合病院の求人内容になっています。

「院内研修は、勤務時間内実施を基本」としていますが、安易に「院内研修は勤務時間にあるから安心して働ける」と考えてはいけません。

なぜなら、これは「各科に配属された新卒看護師を集めて集団で行われる看護の基礎技術の習得に限る」場合が多いからです。例えば、点滴や採血、血糖測定などの基礎技術であれば、1年目の新人看護師は勤務時間内に声がかかります。

しかし、それ以外の専門的な研修となると、勤務時間外に行うところがほとんどです。

むしろ、時間外研修のほうが圧倒的に多いにも関わらず、新卒看護師に行われている一部の時間内研修だけを大々的に取り上げて、「時間内研修を行い、プライベートを大切にする医療機関です」とアピールしている医療機関もあります。

このようなことから求人票に書かれてある時間外勤務の内容をそのまま受け止めてはいけません。

その医療機関に勤めている看護師に直接話を聞くか、転職サイトのコンサルタントに生の情報を流してもらうようにしなければ、本当のことはわかりません。

必ず、実際の残業時間の確認を行い、転職時の職場選びの参考にするよう心がけましょう。

急性期より慢性期のほうが残業が多く、給与が高い?

一般的に、総合病院では急性期病棟に勤める看護師のほうが、慢性期病棟に勤める看護師よりも給与が高いと考えられています。しかし以前私の勤めていた総合病院の医療機関では、急性期病棟よりも慢性期病棟のほうが、給与は高かったです。

実際に同期で給与明細を比べてみると、明らかに急性期病棟が忙しく、残業も多いにも関わらず、急性期病棟で働く看護師のほうの手取りが少ないのです。

その理由は、手当にありました。慢性期病棟では呼吸器を扱っており、それが特殊業務としてみなされ、手当が別に出ていました。次に示すのが慢性期病棟で働く私がもらっていた実際の給与明細です。

急性期病棟のほうが、残業時間や時間外研修などがはるかに多いにも関わらず、慢性期病棟の看護師にはこの特殊業務手当25,000円がつくことで、トータルすると慢性期病棟の看護師の給与のほうが高い傾向にありました。

私の勤めていた病院では、時間外研修は残業には含まれず、残業時間は看護師長の厳しいチェックが入っていました。そのため、1年目の新人看護師の時間外勤務時間は急性期で10時間、慢性期で8時間程度でした。残業代が付いたとしても、急性期でも慢性期でも月10,000円前後です。

このようなことから急性期病棟の看護師の仕事のほうが仕事はハードで、残業が多いにもかかわらず、実は呼吸器などを取り扱う慢性期病棟の看護師のほうが給与が高い総合病院があるということを知っておきましょう。

看護師の残業に関する疑問点

では次に看護師の残業に関する様々な疑問点について述べていきます。

・時間外労働は残業代を請求できる?

時間外労働を行った場合、給与請求はできるのでしょうか。結論からいえば、時間外研修や勉強会、掃除などが強制参加であるのなら、その時間の給与を請求できます。

強制参加とは、「上司や職場の命令に従わなければならない仕事か」もしくは「勉強会や研修などに参加しなかったため、懲戒処分や不当な罰則が科せられたか」です。

反対にいえば、「この研修に参加してみたらいいよ」と誘われる程度の研修であれば、労働時間に当たらないということです。もし参加しなくて、「仕事の意欲が劣る」と陰で言われたとしても、「不当な罰則を受けた」とまではいえないのです。

例えば、看護記録が終業時刻までに終わらず、時間外に仕上げなければならない場合であると、上司や職場の命令に従わなければならない仕事になります。そのため記録関係については、労働時間に該当する可能性が高いです。

他にも、始業時間前に行う掃除も「早めに来て掃除をしなさい」と明示されているのであれば、労働時間に該当するでしょう。

反対に、情報収集などであれば、時間が足りないからと自らが早めに出勤して行うのであれば、たとえ仕事に必要だとしても自主的に行っている行動とみなされるので、労働時間には当てはまりません。

また勤務時間外に行われる看護研究の話し合いなども、上司から「絶対に参加しなさい」といわれたのでなければ、強制参加とはいえません。

ただ、私が以前勤めていた眼科クリニックでの始業時間前の1時間の掃除は、院長から「みんな早く来て掃除しているみたい」といわれただけでした。このような場合、明示されているわけではなく、職員が朝、自主的に掃除をしているとみなされる可能性があります。

そうなると残業代は発生しませんので、注意が必要です。

・残業代の請求の仕方は?

では「この仕事がサービス残業になっているのは明らかに違法」と感じた場合、どのような具体的な行動に出るとよいのでしょうか。残業代の請求方法には次のとおり4つあります。

  • 病院側に直接交渉を行う
  • 労働基準監督署に相談を行う
  • 労働審判を行う
  • 裁判所に訴え、訴訟を起こす

まずは、証拠として、残業で看護記録を行った日時の履歴、タクシーの領収書、日記などを集めます。そして次に、残業に関する不満を上司に相談してみましょう。上司が相談に応じてくれれば、残業代について交渉をするとよいでしょう。

しかし、上司が相談に応じてくれなかった場合は、外部機関を利用する必要があります。

ただ外部機関を利用する場合は、たとえ労働基準監督署であっても、「残業代のことで、職場内で問題を起こした」とみなされ、職場にいづらくなる可能性が高くなります。一人で主張するのではなく、職場全体で同意見をもつ人を集めるなどし、慎重に行う必要があります。

・残業手当は何分から計算される?

では残業代は、終業時間後、何分から計算されるのが一般的なのでしょうか。

労働局の通達によると、1日の労働時間は1分単位で請求できるとされています。ただし、1ケ月の総労働時間を合算したときに、30分未満の端数が出たときは、30分を切り捨てます。そして30分以上の端数であれば、1時間に切り上げることが認められています。

ただし、こちらはただの通達となっており、法律で定められた義務ではありません。

残業時間については就業規則の規定が優先されます。就業規則を見直し、それでも「これは不当な労働で、残業手当が全く貰えない」と判断される場合には、まずは労働基準監督署に相談してみましょう。

ただ、労働基準監督署に相談した場合、相談内容や相談した職員の名前など、すべて上司に筒抜けになる危険が非常に高いということを覚えておきましょう。

看護師が満足する残業代を手にする方法

では、看護師が満足する残業代を手にするにはどうすればいいのでしょうか。主な選択肢は次の3つです。「現状の労働環境の問題点を洗い出して、上司に直接交渉する」もしくは「証拠を集めて労働基準監督署にもっていく」か、そして「転職する」かです。

今後、気持ちよく長く働いていきたいのであれば、転職して、「働き始めから労働環境が整った職場に勤める」のが一番簡単で効率のよい方法です。他の方法によって現状を変えることができたとしても、莫大な労力を必要とする割に、見返りが少ないためです。

転職を成功させるには、以下のような条件をしっかり守ってくれる職場に巡り合えることが重要になります。

  • 残業時間を考慮している
  • サービス残業がない
  • 残業時間は1分単位でつけてくれる
  • 研修や勉強会、委員会に参加する場合は、就業時間内か勤務調整が行われる

ただ、このような具体的な条件をつけて、求人を探しても見つからないことがほとんどです。万が一、見つかったとしても、上から目線に感じられ、あまりいい印象をもたれることはありません。

残業などがあっても働きやすい労働環境を整えている求人を見つけるには、転職サイトに登録する方法が一番です。転職サイトでは、ハローワークよりも数多く求人を抱えているばかりか、あなたの細かい条件にあった求人を的確に探して紹介してくれます。

ハローワークと転職サイトの異なる点は、求人紹介のアピール文がある点です。以下の例は、転職サイトに掲載されている東京にある小規模の急性期病院の求人になります。

満足する残業代を支払ってくれる求人は、勉強会や研修会の多い急性期病院よりは、慢性期病院や小規模病院のほうが多い傾向にあります。

ただ急性期病院の中にも、できるだけ残業を強いらない工夫をしている上記のような病院があるので、転職コンサルタント(転職エージェント)に相談してみるとよいでしょう。

また、サービス残業を不満に思う人には、以下のような分単位で残業を認めてくれる職場がお勧めです。こちらは東京にある不妊外来クリニックです。

求人内容に「残業代を1分単位で支給する」と記載があれば、サービス残業を強いられる心配がないため、安心して働くことが可能です。

転職サイトを利用するほうが、より詳細な求人情報を収集できるため、入職して初めて職場について知る「一か八かの賭けの転職」をしなくて済みます。

他にも残業に関して優良な求人としては、以下のような記載がされているものもお勧めです。こちらは、大阪にある病院の求人です。

時間外研修は「任意参加だとしても時間外手当が支払われる」もしくは「勤務調整を行ってくれる」としています。このような求人であれば、看護師の負担を考えた優良な職場環境が整えられているといえます。

転職コンサルタントは、希望する病院で働いている看護師から生の職場環境を聞き出し、さらに詳細な内部情報を教えてくれるので、入職後のギャップを少なくし、満足する働き方を実現することができます。

転職サイトの利用は無料で、一切の負担はありません。このことを知っている看護師であれば転職サイトを有効利用し、優良な求人からどんどん埋まっていきます。

提供される情報の少ないハローワークよりも、教えてくれる情報の多い転職サイトのほうが、スムーズに転職を進めることができ、イメージ通りの職場で満足して働けている看護師が多いです。

満足する残業代を手に入れ、快適な労働環境で働く

「看護師だからサービス残業を行うのは当たり前」ではありません。残業は職業上仕方のないことであるなら、その環境でも満足して働くことのできる工夫や手当を考えてくれる職場選びが重要になります。

少し目線を変えれば、働きやすい環境が整っている職場はいくつもあります。看護師だからこそ過剰な残業に目を向け、あなたにとって満足いく働き方を手に入れることが大切です。それが患者さんの安全だけでなく、看護の向上につながっていくのです。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く