看護師をしていると、「保健師の仕事のほうが安定した給料で、時間内に勤務が終わり、夜勤や体力仕事も無い」と考えることがあります。そのため運よく求人があれば、看護師から保健師へ転職したいと考える人は多いです。

ただ保健師は人気求人ですので、募集があっても採用までのハードルが高いだけでなく、準備している間にすぐに求人募集が終わってしまう可能性があります。すぐに行動に移して、チャンスをものにしなければいけません。

看護師から保健師になるには、転職前に就職に有利な情報を集めておいて、条件の合った求人募集があれば、すぐに準備を整えて応募できるようにしておくことが採用につながります

そこで、看護師から保健師へ転職を希望する場合の就職方法から、履歴書の志望動機の書き方、採用面接までの転職のステップについて重要なポイントを解説していきたいと思います。

看護師から保健師に転職する場合の就職方法

看護師から保健師に転職する場合の就職方法について述べていきます。

看護師が転職を考える場合は、病院やクリニックなどの選択肢があります。一方、保健師の就職先としては以下のように様々です。

  • 都道府県や市区町村の保健師
  • 産業保健師
  • 学校の保健室の先生
  • 社会福祉協議会の保健師
  • 病院の保健師 など

看護師よりは保健師のほうが働く場はさまざまなことが分かります。もちろんそれぞれ求人の応募先によって、就職方法にも違いがあります。そこで、一つずつ解説していきたいと思います。

都道府県・市区町村の保健師求人は広報で確認

看護師が都道府県や市区町村の保健師を希望するのであれば、年に1回開催される採用試験を受ける必要があります。これは公務員として地方自治体の職員になることが前提となっているからです。

当然、大学を出たばかりの新卒や中途採用を含め同じ試験となっています。看護師としての経験があっても就職試験で優遇されることはありません。採用後は、新卒と同様の給与体系から始まります。

例えば、以下は東京都の保健師募集要項(東京都職員1類B)です。

受験申込書などの書類を出すのが6~8月となっています。

都道府県や市区町村の保健師に応募する場合、注意する点があります。それは公務員試験であるため、一般教養や専門知識の試験があることです。そのため、専門の試験対策をするために勉強を頑張らなければいけません。

例えば以下は、東京都の保健師の試験問題の一例です。

引用:特別区職員採用試験 試験問題

このような試験問題の対策をするために、事前に勉強する必要があります。

一次試験(一般教養などの筆記試験や専門知識の試験、小論文など)に通過したら、面接などの二次試験(口述試験)を受けることができます。これらすべてが終わるのが、11月の終わりくらいになります。以下のように、試験日は公式サイトで発表されます。

そして勤め始めるのは新卒も中途採用も同じ翌年の4月1日からとなります。こちらは都道府県や各市区町村のホームページに保健師募集要項の記載があります。

また公務員試験の受験資格として、「30歳まで」など年齢制限を設けている自治体が多いです。希望する自治体があれば、各市区町村のホームページや広報誌をこまめにチェックし、日時や年齢を確認しておきましょう。

産業保健師の求人は転職サイトの利用が必須

保健師のなかでも人気の高いのが産業保健師です。都道府県や市区町村の保健師は年齢や経験に応じて一定の昇給となりますが、産業保健師は能力に応じて給料が上がっていくことが多く、やりがいを感じられる環境になっています。

しかも先ほどの行政保健師と異なり、30代や40代の年齢で保健師未経験でも看護師としての経験を優遇してくれる求人先があり、看護師から保健師になるには、一番働きやすい環境にあるといえます。例えば、以下は大阪にある産業保健師の求人案内です。

必須条件に看護師資格はもちろん、看護師としての臨床経験1年以上としています。中には臨床経験が3年以上の産業保健師求人もあり、行政保健師より産業保健師のほうが看護師としての経験を重視する傾向にあります。

産業保健師の求人の探し方ですが、転職サイトの利用なしには、あなたが求める「待遇がよく優良な労働条件の整った求人」に巡り合えることはほぼありません。

なかにはハローワークに産業保健師の求人が稀に出ていることがあります。それらの求人は非常勤やパートタイムでの雇用が多く、正社員以外で応募がほとんどです。

例えば、以下はハローワークから抜粋した静岡県の産業保健師の求人になります。

また以下は別の案件で、岩手県のハローワークでの産業保健師の求人です。こちらも正社員以外となっています。

ハローワークの求人サイトでは、保健師であるのに給料が低く設定されているだけでなく、正社員以外の雇用求人が非常に多いです。このようなことから、産業保健師求人をハローワークで探すのはかなり非効率です

そこで次に、転職サイトからの保健師求人を確認していきたいと思います。転職サイトから出ている産業保健師の求人は、例えば以下のようなものが挙げられます。こちらは神戸にある企業の求人です。

常勤での募集です。日勤のみの働き方であるのに年収は400~500万円と高めの設定となっています。このような高い年収を掲載している保健師求人はハローワークにはまずありません。ハローワークよりも転職サイトを利用したほうが常勤で条件の整った求人が多いのが特徴となります。

また看護経験を優遇してくれる産業保健師求人であれば、転職サイトによる交渉次第でスタート時の年収を高めに設定できることがあります。面接時での個人的な給料交渉は難しいため、転職のプロである転職サイトのコンサルタントに希望給与額を相談してみるとよいでしょう。

ただ、産業保健師は大変人気の高い求人です。転職サイトに登録してもすぐに思うような求人が無いことが多いです。産業保健師へ転職希望であれば、3社以上の転職サイトに登録し、有益な情報をできるだけ多く入手できるようにしておくことが大切です。

看護師から学校保健室の先生になる

保健師の場合、学校の先生(養護教諭)という選択肢もあります。看護師から保健室の先生になる方法には注意すべきポイントがあります。それは、私立学校か公立学校かによって応募方法が異なるという点です。

公立学校であれば、主体は都道府県か市区町村になるため、保健室の先生となる場合は公務員になります。行政保健師と同様に、募集要項の確認は市区町村のサイトか広報誌などからになります。看護師としての経験は優遇されず、また年齢制限があることも確認しておきましょう。

一方で、私立の保健師求人は、転職サイトや学校のサイトに募集が出ます。また、年齢制限を設けていないことが多いです。養護教諭の資格が無くても、看護師資格さえあれば応募が可能な求人もあります。例えば、以下は栃木県にある私立の認定こども園での保健室求人です。

養護教諭か看護師の資格のどちらかで応募可能となっています。このような保健室の求人があるので、養護教諭の資格をもっていない人も保健室の先生の求人を探してみるとよいでしょう。

ただ、学校サイトから保健師求人の有無を確認するのは大変な作業です。また求人が出ても、すぐに埋まってしまいタイミングを逃してしまう可能性もあります。このような理由から、看護師から保健室の先生になるには転職サイトを利用し、効率的に就職活動を行うようにしましょう

例えば以下は横浜にある、幼稚園から小学校、中学校、高等学校、大学までを一貫してもつ私立学校の学校保健師の求人です。転職サイトからの求人募集となっています。

もともと学校の保健室の先生に関する求人は、ほぼ出回ることがありません。かなりのレア求人になるため、情報網を張り巡らせておくことが大切です。

社会福祉協議会の保健師求人も転職サイトに多い

他にも保健師の求人はあります。例えば、社会福祉協議会です。一見、社会福祉協議会と聞くと「公務員扱いになる」と考える方がいるかもしれません。しかし、社会福祉協議会は営利企業ではなく、高い公益性を保った民間法人に位置付けられています。

そのため、社会福祉協議会の保健師求人は、転職サイトに掲載されることが多いです。例えば、以下はマイナビ看護師から抜粋した、名古屋の社会福祉協議会の保健師求人になります。

社会福祉協議会の保健師は主に、地域包括支援センターでの勤務となります。そこでは、高齢者虐待の相談など健康・福祉・介護といった総合的な面から高齢者をサポートする仕事となります。

社会福祉協議会の保健師は、基本的に土日が休みで、保健師資格ではなくて、看護師の資格だけでも構わないとするところが多いです。社会福祉協議会だけに、職場環境が整っているところが多く、以下のように福利厚生などの手当が整っているのが特徴です。

一般的に退職金支給は勤続年数3~5年以上とするところが多いのですが、多くの社会福祉協議会は1年以上の勤務で退職金が出るところがほとんどです。産休や育休、子育て中の時短勤務なども取得しやすく、働きやすい職場が整えられています。

病棟で看護師をしていると、どうしても子育て中は仕事と家庭の両立を難しいと感じる場面に遭遇することが多いです。しかし、社会福祉協議会の保健師求人のように労働環境が整えられている職場であれば、働きやすく、長く続けやすい職場であるといえます。

ただ、このような求人は他の人も探しています。そのため、社会福祉協議会の保健師に興味をもったのであれば、転職サイトの担当者に求人が出たらすぐに教えてほしい旨を伝えておくと良いでしょう。

病院の保健師求人は看護師よりも待遇が良い

さらに、病院でも保健師の求人を出していることがあります。病院といえば、「夜勤や残業が多く看護師と同じような働き方になる」と考えて、敬遠する人が多いです。ただ、保健師での応募となれば労働環境は全く異なります。

例えば、以下のような千葉県にある病院の保健師求人です。

病棟勤務とはなっていますが、日曜日や祝日は休日であり日勤のみの働き方ができるため、子育て中の家庭をもっている方も勤務できます。

病院での保健師業務といえば、各種健康診断に対応したり、特定健診や特定保健指導を行ったりするのが主な仕事です。元気な方を対象としているため、車いすへの移乗や入浴介助、オムツ交換などの体力仕事がありません。

また病院で行われる健康診断や人間ドックは、以下のように予約制になっていることがほとんどです。

そのため、看護師のときのように「緊急で入院が入って、急遽残業になった」「患者さんの容態が急変して、帰れなくなった」ということが起こりません。病院内での保健師業務であれば、定時で帰れるケースがほとんどです。

また、看護師から保健師へ転職希望の人であると、看護師としての経験を活かすことができるので採用時に優遇されることが多いです。

こちらも主に転職サイトでの求人掲載が多いです。このような条件の整った求人は人気があって応募者が殺到することから、病院側も転職サイトを通じて、条件に合った人材のみ面接するケースがほとんどです。

病院での保健師業務に興味をもったのであれば、良い求人が出次第、すぐに応募できる状況を整えておくことが大切です。

履歴書の志望動機や自己PRは看護師経験を活かす

看護師から保健師へ転職する場合、まずは書類選考となるため、履歴書を提出しなければなりません。その際に重要なのは、履歴書の中でも特に志望動機や自己PRになります。

志望動機の書き方ですが、「自分はどのような保健師になりたいか」といった目標だけでなく、「いままでの看護師の経験をどのように保健師に活かせるのか」といった内容まで加えておくと、あなたならではのアピールをすることができます。

例えば、以下のような志望動機に仕上げるとよいでしょう。看護師から産業保健師への転職のケースになります。

私は、K病院の内科で5年間看護師として勤務してまいりました。働き盛り世代のうつ病や生活習慣病の改善に関わり、行動変容を促す看護を実践してきました。PDCAモデルを駆使し、患者様により効果的な方法を提案することを得意としています。

今後はより専門的に保健活動を担いたいと考え、御社に応募させていただきました。御社ではがん治療を続けながら働く人やうつ病からの職場復帰を果たした人などが多く在籍していると聞き、感銘を受けました。

これまで内科で培った専門看護を活かし、これからは御社での保健活動に従事し、どのような事情を抱えている人にとっても働きやすい労働環境を形成していく一助になっていきたいと考えています。

志望動機には、その会社で「どのように保健活動を実践しているのか」の具体例などを織り込みつつ、看護師経験をもつ自分を採用することで得られるメリットについてもアピールしています。

志望動機を作成するにあたって、「希望する企業では保健師はどのように活躍していて、どのような成果を出しているのか」をしっかり下調べしておくといいです。そのための情報は、応募企業の公式サイトや担当コンサルタントから詳しい内容を把握するようにしましょう。

志望動機を完成させたら、何度も読み直して、「求人先ならではの転職理由になっているかどうか」を確認しましょう。どこの求人先にでも通用する志望動機・自己PRでは、採用側の心に残らないので注意しましょう。

採用面接では保健師の素質をアピールする

なお、保健師の採用面接では「看護師から保健師へ転職するものの、保健師としての素質をもっている」ことを面接でしっかりアピールしましょう。

素質があるということは、「保健師としての伸びしろが感じられる」ことを意味します。採用側は、「保健師としての知識や技術よりも、伸びしろがある人」を採用したいと考えています。

その保健師としての素質とは以下の4つです。

人と関わることが好き

どの業種に就いたとしても、保健師の仕事は人と深く関わる仕事になります。相手の立場に立って、健康や生活に不安を抱える人たちの話を親身になって聞くことで解決の糸口がみえてくるのです。どの年代の人にも温かく接し、コミュニケーションがとりづらい方の話も親身に聞くことができる人が保健師には向いています。

人の役に立ちたいと常に思っている

悩みを抱えている人の支援をするのが保健師の仕事です。誰かの役に立ちたいという気持ちがあってこそ、困難な状況にも立ち向かえます。

・ 人の話を聞くことを苦に思わない

年齢・性別・生活習慣・文化などの千差万別な人と接して、相談に乗ったり、健康指導を行ったりするのは保健師の重要な役割です。どのような話でも聞く耳をもつことが大切になります。

・観察力がある

保健師は「対象者に対して、どのような提案をすれば生活習慣を改善できるのか」「社員同士のコミュニケーションはうまくいっているか」など、ときには目にみえない問題を探っていく必要があります。

小さな気づきでも見逃さない観察力をもっていることが大切になります。相手のちょっとした表情の変化やしぐさに敏感に気付こうとする姿勢を日ごろからもっておきましょう。

面接の時点で「人と関わることが苦手」「人の役に立ちたいと思っていない人」「人の話を聞くのが苦痛と考えている人」と採用側に思われては、保健師として素質がないと判断されてしまいます。面接では、仕事を通して上記の能力を身に付けていきたいという姿勢をみせることが大切です。

そこで、面接で採用官からあなたの長所やアピールポイントを尋ねられたら、看護師時代のエピソードの中でも「聞き上手である」「観察力がある話」など、上に挙げた4つの素質を意識するとよいでしょう。

例えば、「あなたの長所は何か」という質問を受けたとします。その答え方としては以下の通りです。

私の長所は人の話をよく聞くことで、その人に合ったアドバイスを考えられる点です。以前の職場では糖尿病の教育入院を行っていました。

例えば、食生活を変えるのに抵抗をもっていると感じる患者様には、生活上の様々な話を聞いて、無理のない程度に他の食品に置き換えるといったアドバイスをしていました。また、患者様が改善できたことに対しては、どのような小さなことでも見逃さず、褒めるように心がけていました。

その結果、私の受け持った患者様の多くは糖尿病を前向きに捉え、生活習慣を改善させることができていたと自負しております。

この答え方であれば、保健師に必要な4つの素質をアピールできています。これらの素質を履歴書や面接での質疑応答の場で適宜、面接官にアピールすると好印象を与えることにつながります。

看護師の経験を活かすことを考えるべき

なお保健師求人の中には、はっきりと「医療機関での看護師経験のある人を歓迎する」といった求人があります。例えば、以下のような求人です。こちらは静岡県にある大手自動車部品メーカーの産業保健師求人です。

医療機関等での看護師の業務経験を有しているほうが、新卒の保健師で就職希望の人よりも歓迎されます。では、なぜ採用側は保健師求人であるのに、看護師経験を重視しているのでしょうか。

それは、採用側は「保健師は未経験であっても、いままで看護師としての経験や修得した知識により、保健師としても主体的に仕事をこなしていける」と見込んでいるからです。主体的とは、誰かにいわれる前に仕事を見つけ出し、自分の判断に基づいて行動を起こしていくことです。

看護師は患者さんを観察して、異常を早期発見したり、予防的にアドバイスを行ったりします。人手不足の職場の中で、これらの業務を的確にこなしてきた看護師だからこそ、保健師となったときに力を発揮していけるのです。

自信をもって、看護師から保健師への採用に向けて動き出してください。

保健師希望なら転職サイト利用は必須

これまでも話してきた通り、看護師から保健師へ転職希望であるなら、転職サイトの利用は必須です。一般企業へ転職する際は、基本的にハローワーク経由ではなく、転職エージェント経由で応募するのが当たり前となっています。

とくに産業保健師など大企業の求人は、ハローワークには出回らないことが多く、転職サイト経由が一般的となっています。

ただ、転職サイトはどこでもいいわけではありません。全国規模で展開している口コミ・評判のよい転職サイトでなければ、保健師自体の求人がありません。大手でも保健師求人は案件が少ないので、3社以上には登録をするようにしましょう。

転職サイトを利用すれば、仕事内容や新人研修の有無、離職率など、内部の詳細についても担当コンサルタントが教えてくれます。登録しておけば、いち早く優良で、あなたの条件に合った求人を紹介してくれます。転職サイトを利用して、満足いく転職ができるよう、最善を尽くしましょう。

看護師から保健師になるには情報収集を大切にする

看護師から保健師になるには、なによりも情報収集が大切です。保健師の求人数は、看護師と比べると数が少ないです。そのため、できるだけ多くの求人情報を集め、あなたの条件に沿った転職先を選択しなければなりません。

また、「希望する就職先の保健師の仕事内容や企業理念なども把握してから履歴書や面接に臨む」というように、少しでも多くの情報収集が求められています。

保健師は看護師と比較して離職率が低く、多くの保健師にとって長く勤められる職場が多いです。あなたは今回の転職が最後になる可能性が高いのです。

悔いのないように、あなたにできるベストを尽くして転職に挑み、保健師として充実した働き方を実現しましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く