病棟ばかりの勤務であると「外来勤務のほうが楽そう」「あまり重症ではない患者さんとのコミュニケーションが楽しそう」「外来は、実際にはどのような勤務実態なのだろう」と外来看護に興味をもつ方は多いです。

ただ外来での看護業務の話は聞くものの、「具体的にはどのような役割を果たしているのか」「どのような仕事内容か」など知らないことが多いのではないでしょうか。

そこで今回は、転職する前に知っておきたい「外来についての具体的内容」について詳しくお話ししていきたいと思います。

外来に転職したい看護師が知っておきたい事柄

外来に転職希望の看護師として、知っておきたい事柄について述べていきます。まず外来看護師の役割とは、医師の診療の補助業務が中心となります。

具体的には、問診・バイタル測定(検温や血圧測定など)・採血・注射・カルテ記入、患者さんへの検査説明や指導などがあります。また、待ち時間が長い患者さんに対しての気配りやクレーム対応などのコミュニケーション能力も必要となります。

その他にも、入院施設がある医療機関の外来看護師であれば、入院して加療が必要と診断された患者さんに対しては、病棟への申し送りなどを行います。

では、私の勤めるクリニック(内科)での外来看護の具体例を次に挙げます。

看護師は交替で主に3つの役割を担っています。「リーダー」「外回り」「検査係」の3役に分かれます。

リーダーの役割

リーダーは1人です。医師の診察の介助に入ります。ただ、ずっと診察室にいて医師の介助をするのではありません。

まず診察前に、受付から回ってきた患者さんのカルテ内容を確認し、主訴をざっと確認します。次に、待合室にいる患者さんを見渡して、具合の悪そうな患者さんや感染症が疑われる患者さんに声かけを行い、症状に応じて静養室や隔離室へ案内します。

重症度がひどい患者さんの場合は、リーダーが直接問診を行い、バイタルチェックをします。バイタル確認後、緊急度が高いようであれば医師に伝え、順番を前後して診察してもらうようにします。

診察が始まると、胸部聴診の必要のある患者さんの衣服を持ち上げたり、聴診時の呼吸を促したりします。熱傷や擦過傷の処置などは診察室でそのまま行うため、必要な器具を出して医師に渡します。

また医師から採血や注射、検査の指示がでたら、それを外回りの看護師に伝えます。

外回り看護師の役割

次に、外回りの看護師(2~3名)の役割について説明します。外回りの看護師は、カルテを見ながらリーダーの看護師から受けた指示を再確認します。そして指示に従い、採血や注射、点滴の実施、検査の説明・指導などを行います。

具体的な検査内容とは心電図検査やCT検査、胸部レントゲン検査、超音波検査の介助、長谷川式検査、肺機能検査など様々です。また特定健診や高齢者健診、各種検査の予約も取ります。

検査を行う看護師の役割

また、検査を行う看護師(胃内視鏡検査であれば看護師1名、大腸内視鏡検査であれば2名)は内視鏡検査の準備を行い、予約順に従って、検査処置から検査介助、内視鏡洗浄までを行います。一日に胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査合わせて4~5件実施します。

実際の仕事内容は、「どのような科に勤めるか」「どのような検査機器があるか」「医師がどこまで診療を行うか」などによっても異なります。また来院する患者数によっても、看護師の仕事量や忙しさが違ってきます。

私の勤めるクリニックは一日に150人以上の患者さんが来院します。その間をぬって、4~5件の胃内視鏡検査や大腸検査、5名程度の精密検査や市区町村が行う健康診断を実施しています。レントゲン検査だけでなく、CT検査や動脈硬化検査、骨密度検査なども行います。

また毎週木曜の午後は、その日リーダーになった看護師が医師に同行して、移動困難な患者さんのもとへ往診に向かいます。

狭い院内ですが、次を予測してテキパキと動き患者さんを回さなければ、業務が終わらず、患者さんを必要以上に待たせてしまうことになります。

忙しい中でも、仕事に優先順位をつけスムーズに遂行していくことにやりがいを感じられます。しかし、複数の業務を抱えて仕事を行うのが苦手な人には向いていないでしょう。仕事の忙しさについていけず、数名の新人看護師が短期間で退職しています。

リーダーとなる看護師は、医師の秘書のような存在であるといえます。「医師にどの順番で仕事をしてもらうのが一番効率的か」「手短にポイントを押さえて問診内容を医師に伝えるにはどうしたらいいのか」などを考えながら仕事を行っています。

外回り看護師や検査看護師は、ミスのないよう一つ一つの行動を確認しながら行っていきます。

もし希望する外来看護師の求人で気になるものがあれば、自分に向いているかどうかを確認するためにも、看護師転職サイトに登録をしましょう。担当コンサルタント(転職エージェント)に、希望する外来の仕事内容や忙しさなど、詳しい情報を聞いてみることが大切です。

・外来看護師に必要なこととは

外来看護師に必要なのは、患者さんの立場になって物事を考えることです。

待ち時間にしても、検査にしても「自分が患者さんだったらどのような声掛けやケアをしてもらうと安心するのだろう」と常に考えて行動するのです。

新人看護師であると、あまりの仕事量の多さに戸惑って、自分が先に済ませたい仕事を優先してしまうことがあります。それであれば患者さんに合わせる必要がなく、手っ取り早く終えることができるからです。

ただ私はそのような場面に遭遇すると、新人看護師には患者さんを優先するよう伝えています。私自身、新人看護師時代は、目の前にある仕事に気を取られて周囲のことが見えず、患者さんに迷惑をかけてしまうことが多かったからです。

新しい職場の仕事を覚えるのは大変だと思いますが、できれば新人看護師のときから、患者さんのことを最優先で考えられる看護師を目指してもらいたいと思います。

仕事量の多い職場であると、つい見失ってしまいがちですが、いつでも患者さんのことを第一に考えて行動していきたいものです。

病院の外来看護師とクリニックの外来看護師の違い

病院の外来看護師とクリニックの外来看護師の違いは、病院の外来看護師の場合、入院となれば病棟への申し送りがある点です。

外来看護師によって伝える情報が異なると、申し送りをうけた病棟看護師は戸惑ってしまいます。勤め先によってはマニュアルがあるかもしれませんが、とりあえず病棟看護師に伝えるべき基本事項について、次にまとめておきます。

  • 救急搬送かどうか
  • 入院に至るまでの経過
  • 来院時のバイタル(血圧・酸素飽和度など)
  • 外来で実施した処置(採血・注射など)
  • 内服している薬・持参薬の有無
  • 既往歴の有無
  • キーパーソン
  • (必要であれば)最終排便・最終排尿
  • 入院時の検査の有無
  • オペ日・IC(インフォームドコンセント:説明と同意)日時の確認
  • 栄養課への食事連絡の有無 など

私の勤めるクリニックでは、月に2~3度、院長が総合病院へ当直に行くので、それに看護師1名が同行します。入院加療の必要な患者さんがいると申し送りの情報収集を行いながら、診察の補助にも入らなければならず、大変忙しいです。

またクリニックの外来看護師であっても、救急搬送となった場合は、救急隊員に「上記の情報をさらに簡略化した申し送り」を短時間で行う必要があります。

外来看護師は楽?

外来看護師は楽だと思われることが多いのですが、私の勤めるクリニックのように来院する患者数が多ければ、楽ではありません。さまざまな症状の患者さんが来院するため、短時間の間に重症度や緊急度を判断し、行動することが看護師に求められます。

とくに高齢患者さんであると、本人には自覚症状がなく健康そうにみえるのですが、レントゲンを撮ってみると実は重度の肺炎になっており、救急搬送が必要だったことが過去にあります。

また、何となく胸が痛いと訴える若い男性の患者さんが来院されて、レントゲンを撮ってみると重度の気胸を発症しており、こちらもすぐに救急搬送となりました。

さらに糖尿病の患者さんで低血糖症状が起き、待合室で待っているときに意識をいきなり失った人もいました。特に救急処置が必要な患者さんの対応をしているときに限って、なぜか待合室で待っていた他の患者さんの容態も悪くなるなど、緊急事態に陥ることが多いのも特徴です。

何時間も待たされることにイライラする患者さんをなだめるのも看護師の仕事です。そのようなとき、私はこまめに「いま大腸内視鏡検査を行っているので、呼ぶまでにあと1時間くらいかかる」「前に患者さんが5人いるので急患が入らなければ、あと30分くらいで呼べる」など具体的な大体の時間を患者さんに伝えるようにしています。

顔なじみの患者さんであれば、「ここは患者さんが多いから、待つのは仕方ない。あなたたちが元気に働く仕事ぶりをみながら、ゆっくり待つことにする」と言ってくれます。

また予約をしている患者さんであるのに急患が入ったせいで、予約時刻を大幅に遅れそうなときは、必ず患者さんに一言謝りにいきます。これらひとつひとつの行動から、私の勤めるクリニックの口コミ評判は☆5つを保っています。これは私たちスタッフの誇りです。

待合室に座っている患者さんの観察は常に欠かさず、具合の悪い患者さんが遠慮して重症にならないよう配慮しています。看護師には患者さんの安全を守る義務があり、外来だからといって決してこの業務を軽視してはいけないと考えています。

このようなことから、私は外来看護を決して楽な職場だとは思いません。

ただ一方で、友人の勤める内科クリニックの外来は、とても楽だといっていました。患者数が1日30名以下で、内視鏡検査なども行っていないため、あまり動き回ることはないそうです。診察の介助も検査も必要なく、ほとんど休憩室で時間を潰しているといっていました。

そして驚くことに、友人と私の給料はあまり変わりません。

私は社会人になってから看護師になったため、看護経験が少ないことをネックに考えていました。そのため患者さんの多い職場で働き、少しでも看護経験を積みたかったので、いまの職場を選びました。しかし友人の給料を聞くと「友人の勤める職場と比べると、膨大な仕事量なのに給料が同じくらいとは割が合わない」と思うことがあります。

外来看護師へ転職を希望するのであれば、来院患者数や看護師の仕事内容を事前に確かめて、自分に合ったところを見つけることが非常に重要です。

外来看護師の給料はいくらか

外来看護師の給料は、月収にすると20~25万円です。病棟で勤務している人なら、夜勤手当を引いた分のお金が月収になると考えるとよいでしょう。

なかには、外来で夜勤がないにもかかわらず、月収30万円を超えるクリニックがあります。

それは主に美容外科や美容皮膚科クリニックです。美容外科や美容皮膚科クリニックであれば、一般の看護業務に加え、カウンセリングを行ったり、レーザー介助など外科的な処置をしたりもします。また、看護師にノルマが課せられているところがありますが、それを達成すれば、さらにより多くの報酬を得ることができます。

以下にノルマ無しで、高給与を得られる美容外科クリニックの求人を掲載します。

ほかにも、月収が高めに設定している外来といえば、透析看護です。基本給は他の科とあまり変わりませんが、手当などがついて多めに支給されることが多いです。

下は、透析看護の求人の一例です。

夜勤を行うくらいと同じ程度の手当が付くため、外来看護師でも給料を下げたくない人であれば、これらの科を選ぶとよいでしょう。

また大規模病院の外来ではなく、クリニックの外来であれば給料や待遇は院長の裁量が大きく左右します。以前勤めていた眼科クリニックでは、院長の財布のひもが固く、「年に1回の昇給」は「なし」か、あっても300円程度でした。

このような院長とは異なり、スタッフに感謝の気持ちのある院長であれば、それが給与や待遇に表れます。

例えば、以下のような内科・心療内科クリニックの外来看護の求人であれば、外来看護師の平均給与からすると高水準にあるといえます。

クリニックの医師は近隣にある同規模の医療機関と比較して、看護師の給与を決めていることが多いです。市区町村によって看護師の基本給は大体同程度となっています。

しかし中には、基本給を近隣クリニックと同程度としながらも各種手当をつけて、スタッフをねぎらってくれるクリニックもあります。そのようなクリニックは、大体院長の人柄が良く働きやすい職場であることが多いので、ねらい目だといえるでしょう。

反対に、基本給は高めに設定しているものの、昇給額などが少なく長い目でみると、割の合わない求人もあります。やはり、外来看護師の場合、転職前の情報収集が非常に重要といえるのです。

外来看護師のやりがいとは

外来看護師のやりがいを感じるのは、やはり患者さんに笑顔になってもらったときや「ありがとう」と感謝されたときです。

顔なじみの患者さんが多く、「今日はあなたがいてくれて良かった。あなたの笑顔をみていると、本当に安心できる」といってもらえたときには、外来看護の仕事へのやりがいを感じることができます。

例えば、糖尿病の患者さんに食事指導を行って、ヘモグロビンA1Cの値が大幅に改善して、喜んでいる患者さんの顔をみていると、何ともいえない感慨深い気持ちになります。

値が悪い患者さんには何が原因かを自分で探り当ててもらい、「来月こそ改善を期待している」ことを伝えると、次の月には多くの患者さんの数値に改善がみられます。食事や運動に少し注意を払うことで、良い結果となって返ってくる体験をしてもらえれば、次回はさらに自主的に実行してくれます。

また初めて来られた患者さんでも「この医院だと安心して診察を受けることができます。ありがとうございました」などと伝えられると、うれしくなります。

少しでも患者さんにとって健康の手助けになれることで、外来看護師としてのやりがいを感じることができます。

外来看護師の目標とは

外来看護師の目標としては、近隣のクリニックや医療機関の看護師に引けを取らないように、専門の科に応じた勉強をしたり、資格を取得したりすることが挙げられます。

ちなみに私の勤めているクリニックでは、院長が認定看護師などの資格取得を勧めてくれるため、有志の看護師が自主的に集まって勉強会を開いています。

大規模医療機関であれば、病棟看護師と同様にクリニカルラダーといわれるキャリア開発プランを導入し、外来看護師個々に目標設定を行わせる職場があります。

病院や看護部の理念などから、具体的に取り組んで実施していきたい内容を目標として設定します。クリニカルラダーの目標は、第三者から客観的に評価・判断される内容に設定しなければなりません。

例えば、「積極的に勉強会に参加する」「待っている患者さんの安全・安楽に気を付ける」など抽象的な内容では、評価のしようがありません。

「月に2回、勉強会に参加し、外来看護に役立てる」「患者さんの観察を行い、感染症が疑われる方の早期発見・対応を行う」「新人看護師が1ケ月で〇〇の業務を一人で行えるように教える」など具体性をもたせるほうが、目標実現での改善点を発見しやすくなります。

このような目標を設定する過程で、自分に足りない看護技術や知識が明確になるため、具体的に取り組んでいくことができます。

外来看護師のメリット・デメリット

次に外来看護師のメリット・デメリットについてお話しします。

外来看護師のメリット

外来看護師のメリットは、以下の通りです。

  • 医師の近くにいるため、医療が身近で学べる
  • 夜勤がない
  • 重症患者が少ない
  • クリニックによっては手厚い福利厚生が受けられる など

外来看護師のメリットについて具体的に述べていきます。

・医師の近くにいるため、医療が身近で学べる

外来看護師は、診察内容を医師の間近で確認できるため、最新の医療情報を知ることができます。そのことを自分の私生活や家族の健康に役立てられます。

また同じような症状の方がいると、外来看護の体験から緊急性が分かってくるため、ある程度の判断を行うことができます。

私自身、外来看護の経験を活かして、近所で脳梗塞になった方の救急搬送を行ったり、道で熱中症になって倒れていた高齢女性の応急処置をしたりしたことがあります。どちらも迅速に行動できたため、救急隊員に「重症に至らずに済んだ」と感謝されました。

これはすべて外来看護の経験のおかげです。

・夜勤がない

外来看護師は夜勤がなく日勤だけとなるので、子育て世代の方などにとって大変働きやすいといえます。ただ外来看護師の場合、夜勤まではしないとしても、当直に同行しなければならないことがあります。

私の勤めるクリニックでは、院長が近隣の総合病院の当直対応を引き受けているため、看護師もいったん仕事を終えて一息ついた後、19時から23時まで当直勤務に一緒に付き添わないといけません。1時間あたりの時給は2,300円です。

当直は、何もなければ座って過ごすことができます。しかしインフルエンザが流行る時期などですと、ずっと動き回っていることが多いです。時給は高額なのですが、次の日は疲れが取れないため、当直に同行したい看護師はいません。

ちなみに、以前勤めていた眼科クリニックでは、月に1度程、休日外来が回ってくることがありました。日曜日の9時から17時まで働くことになります。こちらも看護師1名が休日出勤しなければなりません。これについては患者さんが来院しなければ、座って待っているだけなので平日よりは楽な業務となります。

休日出勤の唯一のメリットは、休日勤務手当が1日18,000円と高額だったことです。ただ、せっかくの休日を潰してまで、仕事をしたい人はいないので、スタッフはみな嫌がっていました。

・重症患者が少ない

三次救急があるような総合病院と比較すると、クリニックに来られる患者さんは重症者が少ないので、ある程度余裕をもって仕事を行うことができます。また顔なじみの患者さんが多く、看護師としての成長ぶりを褒めていただけることがあります。

・クリニックによっては手厚い福利厚生が受けられる

さらにクリニックによっては、忘年会や慰安旅行などを院長もちで行ってくれます。私の勤めるクリニックでは、忘年会でビンゴ大会があり、さまざまな賞品が当たりました。

 

ただ、クリニック内の人間関係が悪いと、このような会が苦痛で仕方ないときがあります。職場の人間関係が悪いと、せっかく開催してもらえる会をまったく楽しむことができないため、外来看護の人間関係は非常に重要といえるのです。

外来看護師のデメリット

次に外来看護師のデメリットは下の通りです。

  • クレーム対応の仕事が多い
  • 複数の診療科があれば持ち回りとなり、幅広い知識が必要
  • 人間関係が悪化すると修復が大変
  • クリニックによっては有給休暇がとりにくい
  • 働きやすさは院長次第 など

それぞれについてお話ししていきます。

・クレーム対応の仕事が多い

外来では待ち時間が長く、患者さんからのクレームを受けやすいのが特徴です。私はもともとクレーム対応を行った経験が以前なかったので、看護師として働き始めのころは、クレームを付ける患者さんの対応に戸惑っていました。

ただ外来看護師を経験し何年かクレーム対応をしているうちに、徐々に対応法が分かるようになりました。クレームを付けるほとんどの患者さんは、冷静に理由を説明すれば納得してくれます。

またクレームをいう患者さんのほうが、丁寧な対応をすれば、最後は笑顔で帰ってくれることが多く、親しくなります。そのため、クレーム対応についてあまり心配する必要はありません。

・複数の診療科があれば持ち回りとなり、幅広い知識が必要

総合病院の外来ですと、看護師は複数の科を回ることがあります。

そうなれば、外科や内科だけでなく、さまざまな知識が必要となります。例えば、外科ではその場で処置をすることがあるため、処置に必要な物品の場所や物品を渡す手順などを身につけておかなければなりません。

待合室の患者さんの容態は変化していないか、どのくらいの緊急性を要するのかなども科によって異なります。

慣れないうちは大変かもしれませんが、そのうち分かってきます。最初は焦らずに、一つ一つのことを丁寧に覚えておくよう心がけましょう。

・人間関係が悪化すると修復が大変

外来で働く場合、人間関係が悪くなると同じメンバーでずっと勤務しなければならないため、非常に厄介です。私は言葉の言い方ひとつにしても、相手がマイナスに感じないように、細心の注意を払って仕事を進めるようにしています。

私が実際に仕事で行っている例を出してみます。

点滴の準備や採血でたくさん仕事を抱えているときに、さらに仕事を頼まれた場面に遭遇したと仮定します。

そのようなとき、私は「すみません。いま他に仕事を抱えているので、緊急でなければ、あとから実施するのでカルテを置いておいてもらってもいいですか」と伝えるようにしています。

そして優先順位の高い仕事を終わらせてから、頼まれた仕事を実施します。また、他にも緊急性の高い仕事があって、どうしても出来そうになければ、ほかの人に詳細を伝えて頼みます。

ただ、人間関係に問題を抱えやすい人は、何か仕事を頼まれたときの態度が異なります。

ある同僚が先輩看護師から頼まれた仕事を、最初は返事をせず、二回目には「無理です。できません」と言い切ってしまったことがありました。

「いま行っている仕事で手一杯だった」というのがその同僚の言い訳なのですが、あとで先輩看護師から「あんな言い方はおかしい」と注意を受けていました。

注意されて、その看護師は反省し、言い方を直すようにしたのですが、しばらくは職場で浮いた存在となってしまいました。

返事一つにとっても、「仕事を頼んだ人だけでなく、周囲が聞いていても気持ちの良い態度」を心がけたいものです。

外来は狭くて小さな職場です。誰がどこで聞いているかわかりません。

また人間関係で一度こじれてしまうと、修復・挽回していくのがとても大変です。スタッフ同士の私語などはもちろん、言動に細心の注意を払い、患者さんやスタッフに対して笑顔で接するようにしましょう。

・クリニックによっては有給休暇がとりにくい

外来看護師のデメリットは、ぎりぎりの看護師人数で仕事を回していることが多いため、有給休暇を取りにくいのが難点です。私の勤めるクリニックでも、率先して有給休暇を取ることができません。

もし私が有給を取得してしまうと、他の看護師の負担が2人分となってしまうことが分かっているからです。

もちろん外来看護師の求人でも、有給消化率の高い職場があります。しっかり有給休暇を消化したいのであれば、有給消化率を事前に情報収集しておくことが望ましいです。

例えば、以下のようなアピールを行っている求人です。

・働きやすさは院長次第

また院長の人柄も働きやすさに非常に左右します。院長がいつもイライラして、スタッフを下にみているような人物であれば、働きにくいのはいうまでもありません。

反対に、人間的にも医療人としても尊敬できる医師のもとで働くことができれば、それはほぼ「外来看護師として満足いく働き方を手に入れることができた」といっても過言ではありません。

このように外来看護師へと転職する際は、求人票に載っていないレベルの細かい情報を事前に収集するべきです。そして、自分に合った職場を見つけ出すことができれば、転職は成功したといえます。

個人の力で情報収集に限界を感じるようであれば、以下の「看護のお仕事」のように情報収集として利用するだけでも構わないとする転職サイトがあります。

無料で利用できるので、これらのサイトを利用しない手はありません。ぜひ、登録するようにしましょう。

外来看護師への転職を成功させるために

スタッフや院長との人間関係が良好で、仕事のスピードなどが自分に合えば、外来看護師は夜勤がなく家族との時間を合わせやすい働きやすい職場といえます。

私自身、看護師転職サイトの非公開求人でいまの職場に巡り合うことができました。看護師として成長できている自分を実感しつつ、満足いく働きかたを実現できています。

できるだけ多くの情報を入手して、転職を行うことで「自分は看護師としてどうありたいのか」「何を実現していきたいのか」を見つめ直し、外来看護師転職を成功させるように心がけましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く