保健師は人気求人であるため「30代で保健師に転職できるのだろうか」と思うことがあります。もともと保健師として働いてきた人はもちろん、保健師免許をもっていても保健師として働いた経験のない人は就職を不安に覚えます。

保健師の求人は看護師求人よりもはるかに案件が少なく、30代で保健師に転職するとなると「苦戦するのではないか」と考えてしまうかもしれません。

しかし、「30代で、保健師転職希望だとしても採用先はない」と諦めるのはまだ早いです。条件によっては、年齢を重ねていても保健師に転職できる可能性は十分に残っています。

そこで30代で保健師に転職する場合の就職事情や、満足いく求人の探し方について解説していきたいと思います。

30代でも保健師の就職をあきらめなくていい

30代で保健師へ転職希望だとしても、就職をあきらめる必要はありません。求人を探せば、30代から保健師として就業可能とする案件はあります。

保健師の就業先としては、主に以下のような職場があります。

  • 都道府県・市区町村の保健師
  • 産業保健師
  • 学校保健師
  • 社会福祉協議会の保健師
  • 病院の保健師

就職先によって、求められる年齢や保健師経験の重要性は異なります。それぞれの就業事情について述べていきます。

都道府県・市区町村保健師で30歳までの年齢制限は古い

まずは就業保健師人数が一番多い、都道府県と市区町村の保健師の就業事情について解説します。就業保健師の約8割は、都道府県の保健所や市区町村の保健センターなどの公務員として地方自治体で勤務しています。

都道府県や市区町村の保健師は公務員であるので、一見、応募年齢は「30歳まで」と年齢制限を設けている場合が多いと考えている人が多いかもしれません。確かに、そのような市区町村は存在します。例えば、以下は広島にある大竹市の保健師受験資格です。

保健師職の受験年齢は、「30歳までの人」となっています。このように自治体が対象年齢を絞っている場合、保健師としての経験や実績があったとしても、30歳以降の人が応募しても書類選考の段階において年齢だけで落とされてしまいます。

ただ、都道府県・市区町村のすべての自治体が保健師の応募年齢を30歳までと絞っているわけではありません。自治体によっては40歳程度まで応募可能なところや、ごく少数ですが60歳近くまで応募資格がある市区町村も多数存在します。

例えば、以下は横浜市の保健師の受験資格年齢です。

横浜市の場合は、36歳まで応募することが可能です。

また、熊本県の職員では保健師の受験資格年齢は以下のように40歳までとなっています。

さらに北海道であれば以下のように、保健師免許をもっていて59歳未満であれば受験資格が与えられています。

受験資格年齢が59歳未満であれば、30代の保健師は経験者でも未経験者であっても、十分に採用される可能性があります。また以前であれば、保健師の受験資格年齢を「30歳まで」「新卒のみ」などとしていた自治体も、時代の流れを受けて「40歳まで」「50歳まで」と、雇用の枠を広げる方針に転換していることがあります。

このように都道府県・市区町村の保健師を希望する場合、受験資格年齢を「30歳まで」と限定する自治体は徐々に少なくなっています。

そのため、あなたの希望する都道府県や市区町村の応募年齢の上限が30歳までとなっているのであれば、もう少し視野を広げて、他の自治体の求人まで探してみると良いです。近隣の市区町村であれば、30代なら問題なしとすることがあるのです。

30代で保健師へ転職希望であるなら、ある程度広い範囲の自治体を視野に入れて検討することで、採用される可能性が大いに広がるのです。

・公務員採用試験は最大のデメリット

ただし、都道府県や市区町村の保健師試験を受ける場合、大学を出たばかりの新卒でも、経験のある中途保健師でも同じ採用試験が課されます。

この採用試験では、一般教養や専門知識を問われるのはもちろん、小論文や集団面接まで行われるところが多いです。例えば、以下東京都の保健師の試験問題の例です。

引用:特別区職員採用試験 試験問題

このような試験問題は独特な解き方があるため、事前に勉強しなければなりません。このとき、保健師志望の学生が保健師採用試験を受ける場合、試験勉強の時間を十分に確保することができます。

ただ30代で保健師希望となると、仕事や家事をこなしながらの人が多く、十分な試験対策を行うことが難しいです。したがって、早めに試験対策を始めるに越したことはありません。

自治体の保健師試験は4~8月くらいに申し込みがあり、8~9月に一次試験(一般教養などの筆記試験や専門知識の試験、小論文など)が行われます。春くらいから希望する自治体の公務員採用試験の問題を解いてみて、難しいと感じたのであれば早めの対策を講じましょう。

一次試験に通過したら、9~10月に面接などの二次試験(口述試験)となります。

自治体の保健師採用試験は年に1回です。ちなみに都道府県や市区町村の保健師採用試験に一度「不採用になったから」といって諦める必要はありません。翌年以降に再チャレンジして合格を勝ち取った方も多いです。

・臨時募集も存在する

また稀にですが、臨時募集や通年採用を行う自治体もあります。例えば、以下は広島県三原市の保健師臨時職員の応募要項の一部です。

臨時職員であれば、年齢を問われることはほとんどありません。ただし臨時職員の場合、求人によって半年から3年程度の任用期間が決まっているため、正社員のような長期雇用は見込めません。たとえ6ヵ月以上勤めたとしても、賞与のない場合がほとんどです。

しかし、このような臨時職員としてでも保健師の経験を積んでおけば、30代で保健師希望の人はもちろん、保健師の経験のない人も保健師としての働き方が掴めます。またこの経験を活かしたアピールを採用面接で披露できるため、臨時職員としての経験は無駄にはなりません。

もし興味があれば、求人数が多く採用されやすい臨時職員にチャレンジして、保健師経験を積んでいくのも一つの方法です。

産業保健師は経験者優遇のところが多い

次に、産業保健師の就業事情についてお話します。産業保健師であれば、看護師のような夜勤が無く、給料が比較的高めの求人が多いです。例えば、以下のような東京にあるエンターテイメント企業の保健師求人です。

土日祝日休み等、様々な休日を取得できるうえ年間休日数も多めで、しかも年収は450万円からとなっています。産業保健師の場合、看護師よりも雇用賃金が上がりやすいため、数年の経験を積めば、40代50代の看護師よりも年収が高くなる傾向にあります。

産業保健師は30代、40代でも応募可能のところが多いです。ただ、応募要項欄には、「産業保健師経験(3年あれば尚可)」の記載があります。結論からいえば産業保健師の場合、保健師未経験者より経験者のほうが優遇される傾向にあるのです。

他にも産業保健師の求人を探すと、以下のような「経験者のみ」を募集する求人が多いです。こちらは東京にある企業の求人になります。

30代で産業保健師を希望するのであれば、「経験者のみ」や「経験者優遇」との記載がある求人が非常に多いです。保健師経験者のほうが教育期間が短くて済み、即戦力としてスムーズに仕事に取り掛かれるからです。

ちなみに中小企業の保健師求人のほうが、経験者のみを優遇する傾向にあります。このような中小企業は、もともと先輩保健師が1~2名しか在籍しておらず、教育体制が整っていないことが多いからです。

当然ですが、保健師求人に「経験者のみ」の掲載があると、未経験の人は応募書類の段階で落とされてしまいます。30代でも保健師経験者であれば、このような経験者のみの求人に応募すると良いでしょう。

ただ、なかには30代で保健師未経験の方でも就職可能な求人があります。例えば、以下のような静岡県にある大手企業の保健師求人案件になります。

給与は23万円からと、保健師経験者の給料よりは低くなるところが多いです。ただ、このような求人内容あれば、30代でも就職後は先輩保健師に教えてもらいながら仕事を覚えておくことが可能です。こうした保健師の在籍人数が多い企業は主に大手企業になります。

30代で保健師未経験や保健師としての経験が浅い方は、教育体制の整った大手企業の保健師求人を探しましょう。大手企業であれば、先輩保健師の数が多いので、「転職後に仕事を教えてもらえなくて困った」というような事態は少なくて済みます。

学校保健師(養護教諭)は公立・私立で年齢制限が異なる

次に学校保健師の就業事情についてお話します。30代から学校の保健室の先生になるには、注意すべき点があります。それは公立学校か私立学校かで年齢制限がまったく異なる点です。

公立学校であれば、採用するのは都道府県や市区町村になります。こちらも行政保健師と同様に採用の年齢制限にはばらつきがみられます。35歳までのところもあれば、年齢不問のところもあります。以下は、国公立の教員採用時の年齢制限をまとめたグラフになります。

引用:文部科学省「教員採用等の改善に係る取組事例」

30~35歳までが1県、36~40歳までが32県です。35歳までの年齢制限があるのは秋田県だけです。

以前では、教職員の採用年齢を30歳までとする都道府県が多かったのですが、いまでは多くの都道府県で採用年齢の枠が広がりました。すでに年齢制限を設けていない自治体が増えており、30代であれば、いくらでも挑戦できる可能性があります。

例えば、大阪市教育委員会が実施している常勤講師(幼稚園・小学校・中学校・高等学校の先生)の応募年齢は以下のようになっています。

教育改革に積極的な自治体であれば、応募資格年齢を制限していないところがほとんどです。都道府県・市区町村の保健師求人と同様に、各自治体に問い合わせて受験可能年齢の確認をしておくようにしましょう。

ちなみに公立学校の養護教諭の場合、3年程度で転勤となることが多く、採用された都道府県・市区町村の公立学校を転々とします。中には、同じ学校で何年も勤め続けている人もいますが、基本的には養護教諭も転勤があります。

30代ともなると、20代のときのように職場を転々とできない状況であることが多いため、慎重に検討する必要があります。

・私立学校は年齢不問のところが多い

一方で私立学校の養護教諭は多くの場合、転職サイトからの募集が多くなります。年齢制限ですが、その学校独自のやり方があり募集年齢はまちまちです。ただ、私立学校の養護教諭求人は年齢不問のことが多いです。公立学校のような転勤はありません。

例えば、以下は栃木県にある認定こども園での養護教員求人です。

年齢不問で、前職に看護経験があれば問題ないとする求人です。このように、公立学校よりも私立学校のほうが年齢での融通がききやすく、30代の方にとっては転職しやすい求人といえます。

ただし、私立学校の養護教諭は人件費削減のため、非正規雇用での求人が多く出回っています。

正職員での養護教諭の求人募集があった場合、公立学校よりも私立学校の求人のほうが雇用条件は整っていることが多く、倍率は高くなることが予想されます。

「気づいたときには、採用自体終わっていた」ことが無いようにいち早く情報を仕入れて、学校の校風に合わせた試験や面接の対策をとるようにしましょう。

社会福祉協議会の保健師は年齢制限なく、未経験でも問題ない

保健師の求人には、社会福祉協議会があります。社会福祉協議会は市区町村などの自治体が運営していると思われがちですが、公益性を保った民間法人になります。

社会福祉協議会の保健師求人は年齢制限のあるところは少なく、30代なら採用されやすい求人であるといえます。また産業保健師のように経験を重視する求人も少ないため、未経験でも応募可能のところが大半です。

例えば、以下は大阪にある社会福祉協議会の保健師求人になります。

「50代・60代も、未経験でも応募可能の求人」となっているため、30代であればなおのこと歓迎される求人であることが分かります。

ちなみに、社会福祉協議会は地域福祉の推進を図る民間慈善団体であるため、職場環境が整っているところが多いです。そのため、正社員として採用されれば以下のように福利厚生やボーナスなどの待遇面が整っています

週休2日で、さらに期末勤勉手当や経験手当、超過勤務手当、産休・育休、時短勤務などの制度が充実しています。

ただし社会福祉協議会に応募する際に、注意しておきたいことがあります。社会福祉協議会の保健師求人はどれも待遇が良いわけでなく、求人先の社会福祉協議会によって給与や待遇に差があるのです

例えば、以下は愛知県にある名古屋市社会福祉協議会の保健師求人になります。

月給は250,600円で、賞与は4.5ヵ月分です。このような求人であれば、一般的な保健師求人と比較しても良い待遇だといえます。

一方、以下は同じ愛知県の大府市の社会福祉協議会の保健師求人です。

正社員でありながら、諸手当込で給与が月18万円からとなっています。もちろん完全週休2日制で年間休日も120日ありますが、名古屋市と比較すると月に7万円も差があります。

社会福祉協議会の場合は、年齢制限を設けていない求人が多いですので、転職の際に引け目を感じることはありません。あなたの条件に沿った求人を選び、満足する働き方を手に入れるよう、求人のアンテナを張り巡らせておくことが大切です。

病院・クリニック保健師求人は30代なら採用の可能性大

病院などの医療機関でも保健師を募集しています。例えば、以下の写真のような「健康診断」「人間ドック」を実施しているような病院であれば、保健指導をするために保健師の求人があります。

病棟看護師と異なり、病院やクリニックに勤める保健師は日勤のみの働き方が実現できます。このときは院内にある健診センターでの健診業務や保健指導が主な仕事内容です。具体的には、採血業務、ドック受診者のフォローアップなどで看護師としての経験を活かすことが可能です。

病院看護師と同様に、年齢制限を設けていない求人が多く30代であれば、採用される可能性は多いにあります。また、クリニックの保健師求人であれば、そのクリニックの顔として捉えられていることが多く、20代・30代の採用に積極的です。

例えば以下は、東京にあるクリニックの保健師求人になります。

「20代・30代が多く活躍中」と掲載のある求人は、「20代・30代を中心に積極採用する」という意味です。30歳や35歳であれば、採用の可能性は十分にあるので、このような保健師求人を探すと採用されやすいです。

また病院やクリニックの保健師求人であれば、未経験でもOKとしている案件が多いです。前職に看護師経験があれば、それを活かして病院やクリニックで優遇されることも多いです。

例えば、以下は京都にある病院の保健師求人になります。

病院やクリニックで保健師として働きたいのであれば、看護経験は十分なアピールポイントになります。履歴書作成や面接で、健診のときに看護経験をどのように活かしていけるかを述べると良いでしょう。

夜勤がない分、病棟看護師と比べて給与は低くなります。しかし、賞与や手当などで差はなく、日勤のみで保健指導などの座ってできる仕事が主な業務になるため、体力的には楽になります。

30歳や35歳で転職希望なら、転職サイトの利用が必須!

30歳や35歳で保健師に転職希望であるなら、転職サイトの利用が重要になります。

行政保健師や学校保健師(公立)のように公務員を目指すのであれば、年に1度しか就職する機会に恵まれていません。また、一般教養や保健師の専門科目の試験や集団面接を実施するところが多いです。

しかし、産業保健師や私立の学校、社会福祉協議会、病院・クリニックの保健師であれば、採用試験(公務員試験)を課されることなく応募できます。また良い求人に巡り合えたら、すぐにでも転職可能であるため、1年も待つ必要がありません。

ただ保健師求人はどれも人気のある求人です。求人条件が整っていることが多く、幅広い年齢層の応募者が殺到して、その日のうちに締め切ってしまったり、すぐに条件に合った求人に巡り合えなかったりすることがあります。

そのため、3社以上の看護師転職サイトに登録して充分に転職サイトを活用するようにしましょう。

転職サイトを通せば、専任のコンサルタント(転職エージェントの担当者)が付いてくれるため、企業の情報や面接での質問内容などを教えてくれます。個人的に転職活動を進めるより有利に働くので、30代で保健師希望であれば転職サイトの利用は必須です。

保健師求人は人気が高く、希少案件です。1人の採用枠しかないことが多く、なかなか保健師の求人自体、表に出ることが少ないです。そのため条件に合う求人があれば、就職に有利に働くよう、いち早く履歴書や面接の準備に取り掛かりましょう。

30代なら保健師求人は多く、転職は可能!

このように30代の保健師転職では多くの求人があり、転職の可能性は多いにあります。保健師としての再出発をしたいのであれば、自ら第一歩を踏み出してみましょう。

ただ、先ほども述べましたが、保健師は非常に人気の高い求人です。すぐには条件に合う求人が見つかりにくいだけでなく、見つかってもすでに埋まっていたり、より経験のある人材を採用する傾向があったりします。

そのため保健師への転職はある程度の長期戦になる覚悟が必要です。長い目でみて確実に満足する採用を手にできるよう、「転職のプロと二人三脚で有益な情報をしっかり集めて、計画的に動いていく」ことが、30代の保健師転職希望の人にとって大切になります。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く