日々、新聞やテレビなど多くのメディアで「看護師の医療事故やミス」の報道をよく目にします。自分と同じ看護師が訴えられるニュースを見て、果たして「自分は絶対に訴えられない。大丈夫」と言い切ることができるでしょうか。

誰しも意図的に医療事故やミスを犯すわけではありません。ただ、ヒヤリハットやインシデントが起こったあとで「何度も確認しなければならなかった」と反省することは多々あります。

しかし高度化・複雑化する医療現場において看護師が行なう業務は拡大し、医療事故を起こしてしまうリスクも増大しつつあります。そのため、どんなに確認や注意を行なっていても偶然に偶然が重なり、その結果起こるべくして起こってしまうヒヤリハットやインシデント、さらには医療事故も発生する傾向にあります

万が一、医療事故が起こった場合、一昔前だと医師や病院が患者に訴えられることが多かったのですが、近年では看護師自身が賠償責任を問われることが増えてきました。

その場合、正職員だとしても、病院がすべての賠償責任をサポートしてくれるとは限りません。ましてや派遣看護師ともなると、病院と直接雇用契約を結んでいるわけではないので、さらに自己責任が問われる状況に陥ってしまう可能性が高いです。

そこで今回は、転職し派遣される前に加入しておきたい「看護職賠償責任保険」について詳しくお話したいと思います。

看護職賠償責任保険とは

看護職賠償責任保険とは看護師、准看護師、保健師または助産師が医療事故等を起こし、他者に損害を与えてしまい訴えられた場合、賠償責任を負担してくれる保険のことをいいます。

派遣看護師は看護職賠償責任保険に加入していない

派遣看護師の場合、「人材派遣会社や派遣先の病院や施設などが、看護職賠償責任保険に加入してくれているのだろう」と考える人がいます。しかし、一般的に派遣看護師は看護職賠償責任保険に加入していません。

もし看護職賠償責任保険の加入をしたいのであれば、任意加入となり自分で契約する必要があります。

看護職賠償責任保険の加入を勧められる時期は、「契約した人材派遣会社から派遣先に派遣されると決まったとき」が多いです。このときに「派遣看護師の場合、看護職賠償責任保険は自費である」ことから、加入を断る派遣看護師もいます。

もしあなたが正職員という立場であれば、大半の病院や施設で加入している「医療法人保険」に自分が知らない間に入っていることがあります。また、入職したときに日本看護協会会員であれば加入できる「看護職賠償責任保険制度」と契約していて、いつの間にかこの制度の保険料が給与天引きされていることもあります。

しかし、派遣看護師の場合は病院や施設のスタッフではなく、人材派遣会社のスタッフであるため、これらの保険には加入していないことが多いです。

また、正職員だからといって「医療法人保険」や「看護職賠償責任保険制度」に加入するだけでは多額の賠償金をカバーできないことがあります。さらに、患者ではなくて派遣先の病院側から訴えられ賠償金を請求されるケースも考えられます。

そのため正職員で「医療法人保険」や「看護職賠償責任保険制度」に加入していても、さらに個人的に賠償責任保険に加入する看護師が増えています。ましてや派遣看護師の場合、「医療法人保険」などに加入していないことから、個人的に「看護職賠償責任保険」に加入しておくことが重要となります。

派遣看護師という立場上、正職員と比較して自己防衛は自分で行なう比重が高くなります。「万が一、何か起こってしまったときの安心材料」として看護職賠償責任保険の重要性は増していくといえます。

看護職賠償責任保険の種類とは

看護職賠償責任保険の種類は下記のとおりです。これはすべて過失によるものです。万が一、故意に行った場合は賠償金の支払いは行われず、行政処分の対象となります。

・医師の指示した薬剤とは異なる薬剤を患者に誤って投与し、患者に身体的疾患が起こってしまい、患者から多額の賠償金を請求された。(対人賠償

・訪問看護で入浴介助を行なった際、誤って患者を転倒、骨折させてしまい、患者の家族から賠償金を請求された。(対人賠償

・高齢男性がリハビリ入院中、誤嚥性肺炎で死亡した。食事を介助していた看護師が患者の家族に賠償金を請求された。(対人賠償

・患者をベッドに移乗中、テーブルに置いてあった患者の高額な時計を落として破損してしまった。患者から直接賠償するよう求められた。(対物賠償

・病院の備品を誤って破損させてしまい、病院から賠償金を請求された。(対物賠償

・オペ前の患者への説明の中で、不適切な用語を使用してしまった。そのことで患者は名誉を傷つけられたとして、賠償金を請求された。(人格権侵害

・面会に来た患者の友人と名乗る人物に病室番号を教えた。患者がそのことを苦痛に感じたため、賠償金を請求された。(人格権侵害

このように、賠償には「対人賠償」「対物賠償」「人格権侵害」といった種類があります。これらすべて看護師にも賠償責任が発生するとなると、とても他人事とはいえません。いつ、何どき、賠償金を請求されるか分からないのです。

一見すると「病院の責任が追及されそうな内容」も中にはあるのですが、医療事故が発生した場合、安全な医療・看護を行なわなかったことに対し、まず医師や看護師など個人が「行為者本人の責任」として追及されるのです。そしてその次に、病院や院長、看護部長が「使用者責任」を問われるのです。

「誰がこの医療事故の張本人であり責任者か」ということは、訴える被害者が決めます。それゆえ医師でなく、患者さんの近くにいる看護師が訴えられる可能性は大なのです。特に最近では看護師業務の拡大とともに、看護師個人が訴えられることも多くなりました。

各看護職賠償責任保険の比較

現在、看護職賠償責任保険を取り扱っているのは「日本看護協会」と「東京海上日動火災保険」の二つになります。日本看護協会と東京海上日動火災保険では、掛け金や補償金額、補償内容が異なります。以下に違いを示します。(2017年4月現在)

日本看護協会 東京海上日動火災保険
対人補償(賠償) 5000万円(保険期間中は1億5000万円まで) 1億円(保険期間中は3億円)
対物補償(賠償) 50万円 100万円
人格権侵害 50万円(保険期間中は100万円まで) 1億円(保険期間中は3億円)
初期対応費用 250万円(見舞い費用は10万円) 500万円(見舞い費用は10万円)
掛け金 17ケ月で3,700円(補償開始日により異なる) 12ケ月で4,780円(団体保険だと3,340円)

日本看護協会のほうが年間掛け金が安いため、こちらを希望される方もいます。しかし、日本看護協会に入会するには、5,000円の年会費の他にも、所属する都道府県看護協会の両方に年会費を支払う必要があります。

看護協会に入会するメリットとしては、相談窓口を利用できたり、各種研修や日本看護学会学術集会に参加できたりといったことがあるため、こちらを利用する予定のある方は日本看護協会と看護職賠償責任保険の両方に加入されるとよいです。

ただ看護職賠償責任保険だけを考えると、日本看護協会よりは東京海上日動火災保険のほうが年間掛け金は高いですが、補償面で充実しているといえるでしょう。

医療事故を起こしてしまったら

万が一、医療事故が発生し、患者から訴えられてしまった場合についてお話をしておきます。

医療事故発生から賠償金の支払いまでのプロセス

契約を行なった代理店や保険会社によって多少の違いはありますが、「看護職賠償責任保険制度」における「医療事故発生から賠償金の支払いまで」の大まかな流れについて説明します。

① 医療事故の疑いがある 医療の専門知識と経験をもつ看護職が相談に乗る
② 医療過誤と確定 解決までのプロセスにおいて対応・支援する
③ 被害者が賠償請求を起こした 個別の相談事案では顧問弁護士と連携し支援する
④ 事故審査委員会開催 弁護士・有識者・日本看護協会の代表・保険会社などで開催する
⑤ 賠償請求の内容や金額が妥当かをチェック 被害者の損害の程度を審査する
⑥ 賠償金の支払い 損害賠償責任を補償する

保険会社は看護職賠償責任保険だけでなく、自動車保険や傷害保険なども扱っており、医療業界の保険だけに特化しているわけではありません。そのため、④の事故審査委員会が開催され、場合によっては日本看護協会の代表まで出席した会議が行われ、看護師の責任について審査が行われます。

上司に速やかに相談する

もし看護業務を行なっている際に発生した医療事故である場合は、看護師一人の責任ということはなく、その看護師の上司や使用者(院長)も責任を問われることが多いです。

それゆえ患者さんに対してなんらかの医療事故を起こしてしまったら、速やかに上司に相談をすることが何よりも大切です。そして、もし必要であれば記憶が新しいうちに必要書類を作成し、上司に提出しましょう。

上司に相談するのは勇気の必要なことですが、もし早めに報告しなかったことで、後になって第三者や患者さんから医療事故の件が上司の耳に入った場合、あなたはさらに信頼を失うことになります。医療事故を起こし自己嫌悪に陥って辛いときに、さらに精神的な苦痛が拡大する恐れが出てきてしまうことになるのです。

派遣看護師は看護職賠償責任保険が大切

近年、訴訟大国アメリカに見習うように、日本でも「看護師個人を訴える」ことが多くなってきました。派遣看護師は正職員でないため、今後看護職賠償責任保険は必須ともいえる世の中になっていくでしょう。

故意で行なったわけでなくても、「ある日突然訴えられて看護職を辞めなければならない」といった事態も出てくるかもしれません。モンスターペアレントならぬ、モンスターペイシェントがどこで息を潜めているか、またどんなことで訴えられるか分からない昨今です。

自分自身の身を守るためにも、あなたの大切な家族の笑顔を守るためにも、派遣看護師を行なうのであれば、これを機に看護職賠償責任保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く