いくら売り手市場の看護師でも、40代ともなると転職や復職は難しいと考え、転職自体を諦めたり就職先に妥協してしまったりするケースが多いです。「もう40代だから転職は難しい。たとえ転職できたとしても、条件は悪くなる」「40代では、いまの職場で定年まで我慢するしかない」と考えるのです。

結論からいえば、40代でも看護師として転職成功のチャンスは存分にあります。

むしろ40代看護師が一番使いやすいとして、積極的に雇用する病院が多くあるのです。これは40代で看護学校を卒業した看護師未経験の新人についてもいえます。

40歳や45歳では、定年まで残り20年弱です。40代という転換期に納得いく就職先と出会い、今後の看護師人生を充実したものに変えていくことが大切です。そこで今回は「40代の看護師が転職・復職を成功させ、満足いく求人に出会う方法」について話していきたいと思います。

40歳や45歳の看護師が就職先に苦戦する最大の理由

40代看護師といえば、キャリアを積み重ねた転職希望の人から、子育てがひと段落して落ち着き復職を願う人まで幅広くさまざまです。

幅広いキャリアをもつ看護師たちの中には、転職や復職がスムーズに進み、自分の納得する働き方を実現できている人がいます。一方でなかなか転職先が決まらず苦戦していたり、採用が決まっても自分がイメージしていたのとは異なった職場で困っていたりする人もいます。

このように転職・再就職で苦戦する40代看護師の共通点として、自分の市場価値を理解していないことが挙げられます。

特にキャリア形成を重ねてきた人は、「私は大学病院に勤めていたのだから、すぐに転職できるだろう」「前の病院では年収600万円だった。次の勤務先でも同じくらいもらえるはずだ」などと、高をくくって転職活動に挑む傾向が強いです。

反対に、子育てなどで一旦看護職から離れたブランクのある40代看護師は、キャリアがないことを卑下しすぎる傾向にあります。

これらはどちらも、満足する転職を実現しようとしたときに不利に働きます。次に詳しく説明していきます。

・キャリア形成を重ねてきた40代看護師の転職・復職時の注意点

20代の新卒から40代になるまで看護師として働き続けてきた人に注意してもらいたいことがあります。それは、「看護師としての自分の実力を過剰に評価しすぎていないか」ということです。

とくにキャリアやスキルのある40代看護師はプライドが高く、条件に譲歩せず、決まるものも決まらないケースが多いです。前職の勤め先での年収は、あくまで前職でのみ通用するのです。転職後、以前と全く違う領域の科に配属されれば、以前の看護スキルや知識は役立たないことがあります。

このようなことから、あなたが考えているより自分の市場価値はそれほど高くない可能性があります。もし、あなたの市場価値が高いようであれば、在職中からヘッドハンティングの声がかかったり、転職サイトに登録すれば立て続けに求人票が送られてきたりする可能性が高いはずです。

しかしそうでないのであれば、前職での経験などを鼻にかけることなく、自分の市場価値を冷静に見極め、客観的に把握しておくことが大切です。

転職後、最初は収入が下がってしまう可能性がありますが、本当に仕事のできる看護師であるのなら、転職後に実力を発揮していけばいいです。仕事ぶりを周囲に認めてもらうことで、理想の職場に変えていくことができます。

・未経験や看護師経験の少ない40代看護師の注意点

一方、長いブランクがあったり看護師未経験であったりする転職希望の40歳や45歳の看護師の場合、注意してもらいたいのは「自分の価値を必要以上に下げている」ことです。

40代で看護師未経験や新卒の人に多いのは、「私は仕事ができない」などの口ぐせです。自分より年下の看護師たちがきびきび働く姿をみて、「自分はこのような看護は行えない」と自信を失うことが多いのでしょう。

しかし、実際にはそのようなことはありません。40代でも、これから「新人看護師として働いていこう」と思い立ったこと自体が、素晴らしいことなのです。

一般的に、40代の社会人が「未経験や新卒で仕事をやっていこう」とは中々思わないはずです。もちろん「生活のために働きに出なければならない」などの理由はあるかもしれませんが、それでもあなたには看護に対する意欲があるからこそ挑戦するのです。これは素晴らしいことです。そのことを忘れてはいけません。

実は当サイトの管理人である私自身、社会人経験の後に資格取得して看護師として働き始めました。しかし、眼科クリニックへの転職した際、自分を卑下しすぎて失敗しました。

採用はされたのですが、満足いく働き方を実現できませんでした。私の看護師資格取得は30代後半でした。面接では看護師経験が少なく、看護に自信が無いことをアピールしてしまいました。

そのため院長に足元を見られてしまい、求人票に記載されている基本給から1万円も下げられてしまいました。また、いじめのターゲットにもなってしまいました。以下が、ハローワークを通して、私が転職した眼科クリニックの実際の求人票です。

そしてこちらが実際に1万円低い基本給です。

入職後、求人票に記載されている基本給から1万円下げられるというのは納得がいきませんでした。ただ、私は看護師としての自分に自信がなかったので、言われるがまま同意してしまいました。結局、この眼科クリニックはサービス残業が多く、人間関係、給与も満足できず、精根尽き果てて6ケ月で退職してしまいました。

もしあなたが看護に自信がないとしても、そのことを周囲に言い続ける必要はありません。「できないものはできない」と認めつつも、「今後はできるようにしていけばいい」だけなのです。

このように40代だからといって、キャリアがある場合でも看護師未経験の場合でも、必要以上に自分を誇張して見せたり、卑下して謙遜したりすると、転職に失敗する可能性が高くなるので注意が必要です。

40代看護師の平均年収・給料などの収入

それでは、実際に40歳や45歳の看護師が転職・就職することを考えるとき、収入はどのようになるのでしょうか。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」(2011年統計)によると、40代前半(40~44歳)看護師の正社員の平均年収は505万5,100円、40代後半(45~49歳)看護師の平均年収は527万200円となっています。

40代看護師で正社員の場合、20代の看護師と比較すると、看護師として従事している人数は激減して半分強になります。粘り強く働いてきた看護師であれば、役職手当などがついて、このくらいの年収になるのが一般的と考えておいて良いでしょう。

もちろん、都会のほうが地方より給与が高い傾向にあったり、地域によって看護師の収入の格差があったりするため、一概にはいえません。あなたが住んでいる地域と他の地域の正社員看護師給料を比較してみると良いでしょう。

ただ、同じ地域で同じ規模の医療機関であるにも関わらず、飛びぬけて給与が高い求人には、それだけの給与を支給しなければならない理由が隠れている場合があります。例えば、「慢性的に人員不足である」「新人看護師が定着しない何らかの理由がある」などです。

一例を挙げると、以下の求人は私の住む地域にある中規模病院の看護師求人です。求人内容を見ていただくと分かるのですが、日勤だけの勤務であるにも関わらず、給与設定額がやや高め担っています(私の住む地域では正看護師で日勤だけの勤務であれば、月収20~21万円が相場となっています)。

ただ、求人はずっと掲載されています。こうした求人の場合、職場内で何か問題を抱えていることがあります。ちなみにこの病院は看護師の間では有名なブラック病院であり、給与から保養所積立金として月3万円が引かれるシステムがあります(保養所を使えるのは一部の役員のみ)。

また、求人票に掲載されている年収や月収などの給与額以外に、昇給率や福利厚生などの実態を知っておくと、応募先医療機関の人材への考え方を把握できます。

転職・再就職の際に40代看護師が知っておくべき自分の強み

次に、中途採用の際にアピールしたい「40代看護師に期待される強み」とは、どのようなものを指すのでしょうか。もちろん、経験のある40代看護師の場合、即戦力を期待されています。

しかし厳密にいえば、40代看護師となると「即戦力」だけでは足りず、他にも求められる要素があります。それは「コミュニケーション能力」です。

20代30代の看護師がもっていない40代看護師の強みは、看護師経験だけでなく人生経験です。40代看護師であれば社会的な常識を兼ね備えており、周囲に対する年齢相応の配慮ができるはずです。これが、コミュニケーション能力に繋がるのです。

一例を挙げてみましょう。糖尿病の患者さんが「なかなか生活習慣を変えることはできない」と悩みを漏らしたとします。例えば、以下のような感じです。

患者さん:今月も数値が悪かったよ。どうしたら生活習慣を変えられるんだろうね。頭では分かっているんだけど、目の前にお菓子があれば、どうしても食べてしまうんだよね。

このような何気ない場面でも、20代と40代看護師のコミュニケーション能力の差は歴然と出ることがあります。

20代看護師がすべて次のような返答をするとはかぎりませんが、私の勤めている職場の20代看護師は以下のように言葉を返しました。

20代看護師:医師に食べていけないって言われたのだから、我慢が大切です。食べたら食べた分だけ、血糖値が上がり、薬が増えていきますよ。家族の方にお菓子を買ってきてもらうのを止めてもらえば良いのではないですか。

患者さん:そうなんだけれどねぇ……

これでは、何の解決にもなっていません。患者さんは「甘いものを控えるように」というのは言われなくても分かっているのです。そのとき40代看護師も会話に加わりました。

40代看護師私も甘いもの大好きですので、その気持ちは十分に分かります。ただ「ダメだ」と禁止されればされるほど、ついつい手が出ちゃいますよね。

私の場合、甘いものを禁止するのは辛いので、本当に食べたい高価なものだけをお取り寄せして、自分へのご褒美で少しずつ味わって食べるようにしています。

患者さん:そうねえ。欲しくもないお菓子をつい食べちゃって罪悪感をもつより、自分が本当に欲しいものだけを少し食べるのであれば、私にもできそう。高価なお菓子なら、いっぱいは食べないで味わって頂くしね。ついでに今からお店まで歩いて行ったら運動もできて、達成感が倍になるわね。

40代看護師:それはすごくいい考えですね。運動もされるので、さらに素晴らしいです。本当に欲しいものだけを口にすれば、満足感が味わえ、他の甘いものに興味が向かなくなるかもしれません。次回の数値は期待できますね。

患者さん:うん、見ていてよ。ストレスなく、数値を下げて見せるからね!

患者さんの生活習慣を変えるヒントを与え、様々な方向からアプローチできるのが人生経験者である40代看護師なのです。このように20代の看護師と比べて40歳や45歳の看護師のほうが、患者さんの話に耳を傾け、共感し、相手の考えを尊重しつつ、生活習慣を変える方向にもっていける能力に優れている傾向があります。

20代の経験不足の看護師では教科書で習った通りの返答しかできず、融通の利かないことが多いです。患者さんへの教育や指導も自分の言い分を通して、患者さんを従わせる「押し付け型」になりやすいのです。

これは一時的には多少の効果はあるかもしれませんが、患者さんは自分から習慣を変えようと思ったのではないため、長期的にみると生活習慣に変化は見られないでしょう。

その点、40代看護師であれば、「患者さんの考えが間違っていてもそれを真っ向から否定するのではなく、視野を広げるアドバイスを投げかけ、患者さんが自立できるまで見守る」という人が多いです。患者さんは「自分で気づいて習慣を変えよう」と自覚するので、生活習慣の変化がみられるのです。

これは、人生経験から「相手を無理やり変えることはできないので、相手に気づかせるためのヒントを与えるほうが生活習慣を変化させるのに効果がある」ということを40代看護師のほうが知っているのです。

私が指導している新人看護師のなかでも40代看護師はコミュニケーション能力の高い人が多いです。たとえブランクがあってもPTA活動や幼稚園などの活動に参加するなどで、自然とコミュニケーション能力が鍛えられているからと推測できます。

実は40代看護師であれば、転職の際にコミュニケーション能力をアピールすることができるのです。

40代看護師におすすめの中途採用求人

40代ともなると、体力的な衰えや記憶力の低下を実感したりし、看護職を続けることに不安を抱く人が増えてきます。ただ、まだまだ看護師としての人生は長く続きます。

したがって、40代を歓迎してくれるような求人を選び、できるだけ無理のないように日勤だけの職場や離職者の少ない職場を選ぶと、満足できる働き方を実現できます。

夜勤なしで人気な「クリニック」は院長の人柄を見定める

クリニックの場合、急性期病棟や大学病院などと比べると夜勤や看護研究、委員会出席などがありません。歩いて来院する患者さんが主なので、精神的にも余裕をもって比較的楽に働くことが可能です。

年齢を気にするのであれば、以下に紹介する同年代の多い職場を選ぶと良いでしょう。こちらは東京にある整形外科・内科クリニックになります。

あなたと同僚の年齢が近いに越したことはありません。独身でも子育て世代でも、お互いの立場を理解し合えるからです。また、今回の求人は未経験の新人でも可能であり、新卒やブランクありの再就職でも問題なく応募できます。

ちなみにクリニック看護師求人を選ぶ際に注意してもらいたい点は、院長の人柄です。クリニックへの転職が成功するかどうかは、院長の人柄で決まります。職場内でトップである院長が威張り、性格に問題のある人だと、職員の人間関係にも影響が及びます。

患者さんには優しいけれど、職員には冷たい態度をとる医師もいます。応募先の内情については、転職サイトのコンサルタントから聞き出すに越したことはありません。

また、「クリニックは即戦力を求める傾向にある」と多くの転職サイトで述べられているため、クリニック求人を選ぶ際に尻込みする人がいます。しかし実情では、経験よりは仕事への意欲を買ってくれるクリニックが多いです。いくら立派な経験があっても、仕事への意欲が無ければ職場全体の雰囲気が悪くなるからです。

しかし、それでも看護経験に自信のない人であれば、「資格取得を支援してくれる求人」を探すと良いです。例えば、大阪にある以下のようなクリニック求人です。

あなたは「もう40代」と思っているかもしれませんが、まだ40代です。定年まで20数年も残っていることを考えると、いま資格取得しておけば今後、看護師を続ける際の自信や給与アップにつながります。

ちなみに、私がいま勤めている職場は内科クリニックであり、院長は認定看護師や専門看護師の資格取得を支援してくれています。私はここに入職後、勉強会では積極的に講義の座長を務めるなどし、皆に追いつくために必死で頑張りました。

そのおかげもあって私は30代後半で看護師免許を取得したにも関わらず、わずか3年で看護副師長にまでキャリアアップできました。いまでは私より後に転職してきた中途採用の看護師に仕事を教える立場となっています。

大きい病院にはいろいろな規定があってキャリアアップするには時間が必要となりますが、規模の小さいクリニックでは院長次第で短期間でのキャリアアップが可能です。

私自身、社会人からの看護師資格取得だったので、看護経験は短いです。そのため、教える内容に自信のないこともあります。しかし、認定看護師の資格取得の勉強をしているため、特定の分野の専門性は看護師キャリアの長い人よりも長けていると自負しています。

このように40代で経験が少ないと思っている看護師でも、自分の専門性を極めていけば、看護の道は広がってきます。40代でキャリアに自信のない看護師は「将来的なキャリアアップを見据えて転職を行う」ようにしましょう。

専門性の高い「透析看護」で資格取得を目指す

透析看護は40代の看護師が専門性を身につけるにはもってこいの領域です。最初のうちは透析器械の扱いを覚えたり、ゲージの太い針で穿刺したりと、慣れない業務に手こずることがありますが慣れてしまえば、問題はありません。

予約で来院する患者さんばかりですので、残業はほとんどありません。また他の領域と異なり、夜勤のない勤務でも年収が高めに設定されているところが多いです。また、ベッドや車いすへの移乗といった介助作業が少なく、体力面の心配も少なくて済みます。

例えば以下は、神奈川県にある透析専門クリニックの中途採用での看護師求人です。こちらの求人では、病棟看護師と透析看護師を募集していますが、透析だと夜勤がないものの、病棟であると夜勤は免れません。

患者さんの仕事の都合などで就業時間が遅く設定している職場があるので、早番や遅番を含め透析看護を目指す場合は、あなたのライフプランに合わせた求人を選ぶと良いでしょう。

40歳や45歳の看護師ともなれば、さまざまな科を経験するよりも、ひとつの領域を極めていくほうが、ブランクを埋めやすくキャリアアップが早い傾向にあります。

また透析看護を極めていくと「透析看護認定看護師」という資格取得を目標にもつことができます。この資格取得を行った後であれば、50代になっても転職に有利に働くので、余力のある人は試してみると良いでしょう。

「訪問看護」で急性期・大学病院のキャリアを活かす

もしあなたが急性期病棟や大学病院などで働いた経験をもっているのであれば、訪問看護ステーションという求人をお勧めします。例えば、以下は大阪にある訪問看護ステーションの求人であり、30代や40代の女性看護師が活躍しています。

訪問看護ステーションであれば、急性期病棟での経験を積んだ看護師のほうが採用に有利です。利用者さんの急変にすぐに対応できる知識や技術をもっているからです。

ただ訪問ステーションの中には、未経験OKとする求人もあります。訪問看護に興味がある新卒・未経験やブランクありの看護師の場合、人員増強目的で求人募集をかけているステーションを選ぶと、教育制度・研修制度が整っていることが多いです。

欠員での求人募集の場合は、看護師人数がギリギリで仕事を行っている事業所が多いです。一方で、事業拡大で看護師を増員している場合は、しっかりとした教育システムを構築しているからこそ、新しい看護師を迎え入れることができるのです。

例えば、以下の求人では増員目的で、看護師募集を行っています。こちらは東京にある訪問看護ステーションで、看護師の訪問する地域の拡大を図っています。

このようなことから、未経験や新人看護師、ブランクありで訪問看護に興味のある人は、欠員ではなく、増員を行っている訪問看護ステーションを選ぶように心がけましょう。

「精神科」は男性看護師や新卒・ブランク明けに向いている

もしあなたが40代の男性看護師だったり、社会人になってから看護師資格を取得して看護経験が少なかったりするのであれば、精神科をおすすめします。精神科は医療行為が少なく、ブランク明けの看護師が多いのが特徴です。

特に男性の場合、精神科看護は力仕事が多いからだけでなく、男性看護師の存在に安心する患者さんが多いため、大変重宝されます。例えば、女性看護師が対応すれば暴言を吐く患者さんでも、男性看護師には従ってくれる場面が多々あります。男性看護師は精神科病棟内で歓迎されやすいのです。

以下は横浜にある精神科病院の看護師求人ですが、男性看護師を歓迎しています。

また、この中途採用の求人ではアピールポイントのひとつに「50代・60代応援」とあるため、40代看護師であっても歓迎されます。さらに、未経験の新人やブランクありの人を含めて、広く受け入れてくれます。

もちろん精神科でなくても、メンタルクリニックや心療内科外来でも40歳や45歳の看護師は活躍できます。

新人でも「保育園看護師」なら育児経験が活かせる

保育園看護師であれば、子育てがひと段落した人であると、子どもの扱いに慣れており、40代看護師を積極採用する求人があります。一例を挙げると、以下は横浜にある保育園看護師求人です。

保育園看護師であれば、土日祝日は休みで、残業も少な目です。さらに子育て経験者であれば保護者である母親や父親の相談に乗りやすいでしょう。保育園看護師未経験であっても、育児経験などを活かして仕事を行えます。

ただ、保育園看護師の場合、月収はやや安い傾向にあるので注意が必要です。具体的には、保育園看護師の平均月収は20~25万円程度となっており、ボーナスもあまり期待できないところが多いです。

保育園看護師の給与が低めに設定されている背景としては、保育士の給与基準から保育園看護師の給与を決めているためです。メインで働いている保育士よりも、看護師の給与を高めに設定するというのは難しいのが現状です。

「美容外科・美容整形クリニック」は同年代の悩み相談に乗れる

「40代で美容外科・美容整形クリニックに転職?」と思われる方もいるかもしれません。もちろん、求人数は少ないですが、無いわけではありません。例えば、以下は大阪にある美容外科クリニックの看護師求人になります。

美容外科に来院するお客様は、20代や30代だけではありません。40代・50代といった年齢の女性も多いです。シミやしわを含め、アンチエイジングのために美容クリニックを活用するのです。ただ、年齢を重ねたお客様に20代の看護師が美容について説明しても、納得しない人が多いのが現状です。

そのようなとき、40代の同年代看護師が接客することで悩みに対して共感してもらえ、「ここで施術を受けたら、問題なく自分の悩みを解決できる」と思ってくれるのです。

美容外科や美容整形クリニックは、高給与で高待遇の求人が多く、人気の求人です。転職サイトではほとんどが非公開求人となっているため、詳しい内容を転職コンサルタント(転職エージェント)に尋ねてみると良いでしょう。

効率のよいパート・アルバイト・派遣求人の探し方

自分のライフスタイルに合わせたパートやアルバイト、派遣での仕事を考えている場合も、転職サイトを利用したほうが満足した働き方を実現できます。

自分でパート求人に直接応募してしまうと、何かトラブルが発生した際、我慢するか自分で交渉しなければいけません。ただ、転職コンサルタントを利用すれば、あなたの代わりに交渉してくれるので、大きな問題にはなりにくく仕事を続けやすいメリットがあります。

40代でパート・アルバイトとして転職することを考えたとき、できるだけトラブルは避けて、長く安定した働き方を実現していきたいものです。

例えば、以下の求人は北海道にある有料老人ホームです。

このような求人であれば、パートや非常勤といった勤務でも、離職率が低く安定して働き続けることが可能です。

また、派遣はパートやアルバイトと比較すると、時給が高めに設定されていることが多いです。さらに「いますぐには常勤や正社員は無理でも、いずれは正社員になりたい」と考えている人でいれば紹介予定派遣といった働き方もあります。

紹介予定派遣は派遣看護師を3ケ月程度行い、雇用者(病院側)とあなたの合意があれば、正社員雇用に変更できるという派遣形態です。次に紹介するのは、東京にある紹介予定派遣の有料老人ホームの求人案件です。

もちろん、通常の派遣看護師の求人も存在します。派遣の場合、派遣専門の転職サイトを活用する必要があります。

このとき、「パートやアルバイト、派遣だから、家の近くの病院にでも採用されればよい」などと安易な選択をしてはいけません。パートやアルバイトだからといって何度も職場を変えていては、あなたの信用問題に関わってくるからです。

パートやアルバイト、派遣看護師をする際も、求人選びは慎重に行うに越したことはありません。

40代の看護師は転職サイトを利用するべき

このように40代看護師には、転職して成功できる可能性が多く残されています。特に40代の転職となると、看護師転職サイトを活用するほうが、転職に成功する確率が高くなります

ただ単に転職したいだけなら、一人で転職活動しても採用には至るでしょう。しかし、「成功する転職」を考えているのであれば、転職エージェントを利用する方が適切です。

40歳や45歳で転職をするとしても、新卒未経験や急性期・大学病院でのベテランを含め、以下のようにそれぞれ悩みが異なります。

  • 週休二日と定時退社を徹底することで、プライベートも大切にして過ごしていきたい
  • 資格取得に積極的な病院で、精神看護認定看護師資格を取得するという目標を達成していきたい
  • 同年代の看護師が大多数を占める職場で働きたい

看護師転職サイトに登録すると、転職のプロであるエージェント(コンサルタント)があなたのことをサポートしてくれます。転職エージェントは、あなたの希望や条件に合った職場を探す手助けを担ってくれるため、あなたにとって満足いく転職となる可能性が高まります。

さらに転職サイトでは、応募者が殺到するため巷に出ていない非公開求人も紹介してもらいやすくなります。

その他にも「新しい施設が開設される」「施設長が退任する予定になっているため、新しい施設長を募集している」などのような、あなたが欲しい最新の非公開求人情報を提供してくれることがあります。

3社以上の転職サイトに登録し、あなたの転職に真摯に向き合ってくれるコンサルタントを見つけることが大切です。

40歳や45歳で注意すべき志望動機や面接対策・服装

40歳や45歳ともなると、志望動機で自分の希望ばかりを述べてはいけません。「自分はこのような強みをもっているから、私を雇うとこのようなメリットを得られる」という相手へのメリットをアピールするようにしましょう。

特に履歴書では、必ず志望動機を記載しなければいけません。

このとき、例えば以下のような志望動機(自己PR)にするといいです。

御院は「患者様とスタッフとの間のコミュニケーションを大切にし、気持ちに寄り添う医療を提供できるよう最善を尽くしている」と聞きました。

私は入院して看護職から離れていましたが、その経験から不安を抱える患者様の立場になって考えられる力を身につけることができました。患者様の言葉だけではなく、態度や表情からも気持ちを読み取り、安心して治療を受けられるよう、丁寧な看護を心がけていきます。

また、面接では、40代ならではの落ち着いた雰囲気を醸し出すことが大切です。緊張して目が泳いだり、早口でしゃべったりすることの無いよう、普段よりもゆっくり話すことを意識するだけでも面接官に与える印象は大変異なってきます。

服装も華美なものを選ぶのではなく、清潔でシンプルにまとめることが大切です。心配なときは、年配の方に外見や話し方をチェックしてもらい、好印象を与えられているか確認してもらいましょう。

40代看護師の転職・復職を成功へ導くには

40代の看護師では、転職を成功裏に導くのが重要になります。もし40代で軽率に転職活動を行って失敗し短期間で退職してしまうと、いくら人材不足の看護業界だからといって、次の転職は難しいものになります。転職を繰り返せば繰り返すほど、条件は悪くなっていくことが多いです。

転職時に「実力以上に自分自身を過剰評価・過小評価していないか」「自分に合っている職場はどのようなところなのか」など、第三者である転職コンサルタントにあなたの価値を客観的に評価してもらい、40代のあなたが満足でき、長く働ける転職先・就職先に巡り合えるように留意しましょう。

このとき、「クリニックでは院長の人柄を見極める」「ブランク明け看護師が病院を考える場合、精神科を検討する」など、40代での転職ポイントをいくつか述べました。これらを認識したうえで長く働ける転職先・就職歳の求人を探すようにしましょう。

これが40代の多くは最後の転職活動です。万全の準備体制を整えて臨むように心掛けるといいです。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く