「高齢者のお世話が好きだから、転職するなら介護施設で働きたい」「病院で勤務するよりも、高齢者ケア施設のほうがプライベートを大事にできそう」などと考え、有料老人ホームや特養、老健などの介護施設へ転職を考える人がいます。

しかし、「高齢者が好き」「プライベートを大事にできそう」といったイメージだけで高齢者介護施設に転職してしまっては、入職したあとで「このような職場ではなかった」と後悔するケースが出てきます。

自分が描いていた理想と現実のギャップが大きければ大きいほど、その職場での不満が高まり、再転職を考えてしまうことにもなりかねません。転職に失敗しないためには、転職前に高齢者ケア施設の現状を知ることが大切です。

ここでは有料老人ホーム・特養・老健などの介護施設へ転職希望の看護師に向けて、仕事内容や給料、メリット・デメリットなどについて解説していきます。

介護施設とはどういった職場?

高齢者介護施設には、介護付き有料老人ホーム・グループホーム・特別養護老人ホーム・介護老人保健施設など、以下のように多くの形態があります。

高齢者介護施設の種類
民間運営 有料老人ホーム 介護付き有料老人ホーム
住宅型有料老人ホーム
健康型有料老人ホーム
その他 サービス付高齢者向け住宅
グループホーム
軽費老人ホーム(ケアハウス)
公的運営 介護保険施設 特別養護老人ホーム(特養)
介護老人保健施設(老健)
介護療養型医療施設
福祉施設 養護老人ホーム

こうした高齢者介護施設のなかでも、特に看護師求人の多いのが有料老人ホーム・特養・老健です。そのため、どうしてもこれらの施設に着目するのが基本となります。

有料老人ホームには様々なサービス形態がある

高齢者介護施設の中でも特に看護師求人数の多いのは、民間が運営している介護付き有料老人ホームです。

入居者さんの介護度は各老人ホームによって異なります。自立した方を対象とした施設から、全介助が必要な介護度の高い方ばかりを対象とした施設まで介護レベルは様々です。

一般的に、自立した高齢者の多い介護付き有料老人ホームの規模は大きくなります。反対に、サポートが必要な高齢者向けの介護付き有料老人ホームであれば50室未満の小規模な施設であるケースが多いです。

介護付き有料老人ホームのサービス内容も、温泉やシアタールームのついているような高級老人ホームから、安さが売りの老人ホームまで多種多様です。

例えば以下は、東京都内にある高級有料老人ホームの看護師求人になります。

高級を売りにしている老人ホームでは、ホテルのような綺麗な職場環境で働くことが可能です。

このように介護付き有料老人ホームの気になる看護師求人があれば、「どのようなサービスに重点を置いて入居者を募っているのか」を事前に確認しておきましょう。そうすれば、そこで勤めるスタッフが求められる能力(接遇や技術、会話力など)を知ることができます。

また介護付き有料老人ホームでは、医師の配置は義務付けられていません。そのため医療従事責任者は看護師となります。

ただ医師不在となると、中には「利用者さんの緊急時に、看護師だけでは対応がとれない」と不安になる人がいるかもしれません。ただ老人ホームで緊急事態が発生した場合、看護師を通して協力医に指示を仰ぐシステムが構築されているので心配いりません。

その他にも、介護付き有料老人ホームでの看護職員や介護職員の配置基準には、細かい規定があります。

例えば、介護付き有料老人ホームでは、要支援1の入居者であれば「10名に対して、看護職員もしくは介護職員1名以上の配置」が必要です。要支援2以上の入居者であれば「3名に対して、1名以上の看護師か介護職員の配置」が義務付けられています、

ただ、要支援2以上の入居者が30名いるからといって、職員が常時10名いるわけではありません。入居者3名に対して1名の常勤職員を雇用しているだけであり、職場で毎時いる人員配置数ではありません。実際に入職してみると、思っていたより職員の人数は少ないケースが多いです。

・看護経験の少ない人は病院併設の施設が最適

なお、看護経験や知識が足りないため緊急時対応に不安な人は、クリニックや病院に併設された以下のような老人ホームを就職先に選ぶと良いでしょう。こちらは福岡にある病院の上階に位置する老人ホーム求人になります。

このような老人ホームであれば、常に医師や他の看護師が近くにいて迅速な対応をとってもらえるので安心です。特に臨床経験が少なく、緊急時対応に不安の残る人は、面接時などに緊急時の対応方法について聞いておくようにしましょう。

特養とは、要介護者のための介護施設

それに対して、特別養護老人ホームも主な中途採用での転職先になります。特別養護老人ホームとは、介護老人福祉施設とも呼ばれており、要介護(3~5)認定を受けた高齢者のための介護施設です。

特別養護老人ホームは介護付き有料老人ホームのような民間運営ではなく、社会福祉法人や地方自治体が運営しています。身体上や精神上に著しい障害をもち、介護レベルが高く、自宅での介護が困難な方からの入居なので先着順ではありません

特養への入居待ちの高齢者は全国に40万人いるとされています。早くて数ケ月、長ければ10年以上待たないと、特養への入居は難しいのが現状です。常に満床であるため、特養の看護師求人は常時出ています。

参考までに以下は、神奈川県にある特別養護老人ホームの看護師求人です。

多くの特養では、一人ひとりの利用者さんと向き合う時間があるため、アットホームでゆったりとした雰囲気の中で働ける傾向にあります。病棟勤務のように時間に追われて仕事が山積みになることが少ないので、丁寧な仕事をしたい看護師に向いています。

また、特養では医師の配置が義務付けられていますが、医師は非常勤でも可なので常時いるとは限りません。また看護職員か介護職員の人数は、有料老人ホームと同様に入居者3名に対して常勤換算で1名の配置基準が設けられています。

特別養護老人ホームでは、ケアプラン(施設サービス計画)に基づき、食事・入浴・排泄などの日常生活の介護や援助、機能訓練などが行われます。

また、特別養護老人ホームの傾向としては、個室単位での介護サービスが行われているケースが多くなってきました。そういう意味では、民間の介護付き有料老人ホームとサービス面での違いが少なくなってきています。

老健とはリハビリテーション中心の介護施設

一方で老健とは、介護老人保健施設の略で在宅への復帰を目的としたリハビリテーションが中心となる介護施設です。医療機関と自宅の中間的な存在として位置づけられています。

「もう入院の必要は無いけれど、自宅に帰って生活するには不安が残る」といった高齢者のための、リハビリを通じて在宅復帰の支援を行う施設となります。老健に入居できる対象者の条件は、「65歳以上で要介護1以上の認定を受けている」ことです。

老健が提供している主なサービスは、「入所」「ショートステイ」「通所リハビリ」の3つです。

老健では医師・看護師・介護士・リハビリ専門のスタッフの常駐が義務付けられています。同じ公的高齢者施設である特養との違い(入所者100名あたりの最低スタッフ数)について以下の表にまとめました。

老健 特養
医師 常勤1名 1名

(非常勤可)

看護師 9名 3名
介護士 25名 31名
リハビリ専門スタッフ 1名

(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のいずれか)

先ほど紹介した有料老人ホームや特養と比べると、老健は在宅復帰を目的としているため、特養と比べると看護師の人数は多く、医師やリハビリ専門スタッフが常勤で在籍しています。

他の介護施設よりも医療体制が整っており、入所者は医療ケアや専門的で多様なリハビリを受けることが可能です。他職種が関わる仕事が多くなり、看護師としての専門性を活かせるのが老健の特徴です。

参考まで以下に、横浜にある老健の看護師求人を紹介します。

老健では他職種が働いているため、活躍の場が多いことが分かります。

入居者さんの入居期間は原則3ケ月~1年程度となっており、3ケ月ごとに「退所か、もしくは入所継続か」の話し合いがあります。特養よりも入居期間が短く、入居者さんを看取ることはありません。

医療を提供する場が医療機関から自宅へシフトしているため、要介護高齢者にとって安全・安心な療養生活を続けるための「在宅への架け橋」として老健の需要は高まっています。そのため、今後も老健の看護師求人は多くなっていくことが予想されます。

介護施設の看護師の仕事内容・役割とは

介護施設での看護師の主な役割は、入居者さんの健康管理です。健康管理の具体的な業務内容は、以下の通りです。

  • 服薬管理
  • バイタル測定
  • 経管栄養
  • 血糖値チェック
  • ストーマ管理 など

これらの仕事は協力医の指示のもとで行います。

ちなみに有料老人ホームは医療施設ではないので、看護師が行える医療行為には制限があります。医師の指示による看護師の医療行為は以下になります。

  • インシュリン注射
  • 褥瘡の処置
  • 痰の吸引
  • 中心静脈栄養
  • 経管栄養
  • 在宅酸素
  • 人工呼吸器の管理

採血や点滴といった医療行為は、老人ホームによって対応可能な施設とそうでない施設があります。老人ホームの経営母体が病院などの医療機関であれば、採血や点滴などの業務を担当する可能性があります。

介護施設で働く看護師のやりがい

介護施設で働く看護師のやりがいは、なんといっても「職種を超えたスタッフ同士が協力しあって、利用者さんを笑顔にした瞬間」だといえます。

「人生の終末期を迎えた方に少しでも穏やかな生活を送ってもらいたい」と考え、介護施設での看護に携わっている看護師が多いです。

なかには自分の殻に閉じこもり、介護施設の入居に嫌々だった利用者さんもいます。そのような方に諦めることなく笑顔で接し続けていたら、いつしか利用者さんは生活の場として、介護施設に居心地の良さを感じ始めることがあります。あなたを人生の最期に関わる重要人物としてみなしてくれるのです。

そのような利用者さんから散歩などの際になにげなく「ありがとう」といわれたときには、「この仕事をしていて良かった」と心から思えます。

他にも、利用者さんと一緒に生活自体を楽しめるようなレクレーションを考えだして喜ばれるなど、人生の大先輩からの笑顔を引き出すことで、仕事へのやりがいを感じる人が多いです。

介護施設へ転職する看護師のメリット・デメリット

次に、介護施設へ転職する看護師のメリット・デメリットについて挙げます。介護施設へ転職するメリットは、以下のとおりです。

  • 体力的・精神的に楽
  • 募集年齢が幅広い
  • 残業が少ない
  • 記録が少ない
  • 給料・年収が高め など

介護施設の場合は、体力仕事は基本的に介護士の仕事であり、看護師は健康管理が主な仕事となります。そのため、腰痛やひざ痛の人でも体力仕事が少なく、無理せず働くことができます。以下のようにベッドへの移乗やオムツ交換は介護士の仕事となります。

募集年齢は幅広く、「新卒から50代60代まで問題なし」とする求人が多いです。

また緊急時は病院搬送となるため、病棟勤務よりも看取りは少なくて済みます。身近な人物の死は慣れているとしても、悲しく精神的な負担を抱えやすいです。実際に目の前で看取る機会は減るので、病棟看護よりは楽です。

その他にも、病棟勤務のように患者さんの体調が急変することはないため、張り詰めた空気の中で仕事をする必要はありません。利用者さんの状態は慢性的なので、急患や急病が発生しやすい病棟よりもはるかに残業は少なくて済みます。またそれに伴って、看護記録も少なめになります。

さらに介護施設の看護師の給料は、仕事内容の割には高めであることが多いです。後ほど詳しく述べますが、体力仕事や看護技術などをあまり必要としなくても、ある程度の年収をキープすることが可能です。

・有料老人ホーム・特養・老健といった介護施設への転職は比較的楽

看護師が介護施設へ転職する場合、採用へのハードルはそれほど高くありません。

高齢化社会により介護施設が日々新設されているため、看護師の需要は増えています。また介護施設の場合、高齢者の日常生活援助が主な仕事になるため、特別な看護技術や知識を必要としません。

そのため介護施設の看護師求人は経験のあるベテランだけでなく、未経験はもちろん病棟看護に挫折した20代、定年間近の60代、ブランクのある人、子育て中で勤務時間に制約のある人など、事情を抱える看護師であっても積極的な中途採用をしてもらえます。

例えば、以下は東京にある有料老人ホームの看護師求人になります。

介護施設であれば、いままでの看護経験などを優遇してくれ、50代・60代でも働ける環境が整っているケースが多いです。

さらに介護施設の看護師求人は、日勤のみで残業も少なく、働きやすいのが特徴です。病棟のように一刻一秒を争うような命の危機に瀕した場面や看護師一人でいくつもの仕事を抱えるような場面に遭遇することは少なく、ゆとりをもって仕事をすることができます。

しかも職場によっては、介護士が移乗や入浴介助などの肉体労働の担当となっているので、看護師の仕事内容は比較的楽なものが多いのも介護施設での働きやすさのひとつです。

・介護施設では働くデメリット

反対に、介護施設で働くデメリットは以下になります。

  • 看護スキルが身に付かない
  • 看護師と介護士の職域を分けていない施設がある

点滴や採血などをする機会が少ないため、看護師としてのスキルが落ちるのが介護施設で勤務する看護師の悩みです。新卒でも介護施設での看護師募集が出ているのは、看護経験や知識はあまりなくても困らないことを意味しています。

また聞きたいことがあっても「看護師は自分一人だけ」というケースがあるため、スキル向上が見込めません。介護施設に何年か勤めたあと一般病棟へ転職したいと思っても、看護経験や知識が少ないので歓迎されにくいのが現状です。

さらに、本来であれば入浴介助や移乗などの体力仕事は介護士の仕事であるにもかかわらず、職域を明確に分けていない施設があります。

要は看護師で雇用されたにもかかわらず、看護師と介護士の両方の仕事をしなければならないケースがあるのです。こうなると、仕事は山のように多くなり、体力的にも精神的にもつらくなってしまいます。転職の求人選びのとき、介護職と看護職の職域を明確に分けているかどうかを確認しておきましょう。

介護施設の看護師の給料・退職金

介護施設の看護師の給料や退職金ですが、病棟勤務の看護師よりも高めに設定されている求人が多く、求人の選び方によっては高収入を実現できます。参考までに、兵庫県にある有料老人ホームの看護師求人です。

9時から18時までの勤務で夜勤がないにも関わらず、月給33万円です。これは、日勤だけの病棟看護師の給与と比較して同等かそれ以上といえます。このように高給を設定している介護施設があるので、条件のよい求人を選ぶようにしましょう。

退職金は病棟勤務の看護師と同様に、民間の老人ホームでも公的運営の特養や老健でも、3~5年以上働いた場合に支払われるケースが多いです。

介護施設の看護師求人で、ボーナスや月給を高めに設定して、年収を多めにしているのは「高い給料を払ってでも、看護師の人手不足を補いたい」という求人側の考えがあります。看護師が充足されなければ、施設の運営自体が困難となってしまう可能性が高くなってしまうからです。

ただ介護施設の看護師求人は数が多いので給料や年収だけにとらわれず、あなたの条件に合ったものの中から比較検討して応募先を決めるようにしましょう。

介護施設の看護師中途求人で重要な履歴書・面接での志望動機

あなたが興味をもった介護施設求人の内容が良ければ、それだけ多くの応募者が予測できます。そこで履歴書や面接では、他の応募者よりも優れた志望動機を述べなければいけません。

介護施設へ履歴書・志望動機書を書く際に、押さえておきたいポイントがあります。それは「応募先の特徴を把握しているか」「自分の強みが『応募先の施設が欲しがっている人物像』に合致しているか」という2点です。

あなたの希望する応募先の介護施設の特徴はどのようなものでしょうか。

例えば、「ホスピタリティを重んじている」などと介護施設のサイトに書いてあれば、「接遇が得意であり、接遇を活かした看護を実践したい」といった志望動機を書くようにしましょう。

以下では、実際の志望動機の例文を挙げたいと思います。

私は5年間、消化器内科病棟で勤務していました。もともと高齢者看護に興味があったので、今回の人事異動を機に転職を希望いたしました。

御施設は、「利用者様へのおもてなしの心を大切にする」と聞いています。私は病棟勤務のときも、患者様に対しての接遇を重視し常に丁寧な看護を心がけておりました。尊敬の念をもって患者様と接し、肩を張らない温かい交流を築いていくことを仕事のやりがいとしていました。

ぜひ私も御施設の一員となって、利用者様の人生の一ページを有意義で価値のあるものにしていきたいと考えています。

どの介護施設にも通じる志望動機を書いては、採用側の印象には残りません。希望する介護施設の特徴と自分の得意分野がマッチしているという自己アピールを志望動機の中で行うことが大切です。

また、志望動機欄は意外と小さいので、履歴書では簡潔に200字以内でまとめるようにします。

中には、小さな字でびっしり書き込む人がいますが、それでは何を伝えたいのかが分かりにくくなります。簡潔に、自分の伝えたいことをすっきりまとめるように心がけましょう。

また、こうした志望動機・自己PR内容は面接でも聞かれるため、事前に自分の言葉でまとめておくと安心です。一貫性のある考えをアピールして、他の応募者との差をつけましょう。

介護施設へ転職するときの注意点

なお、介護施設へ転職するときの注意点ですが、「あなたはどのような看護師として将来的に活躍していきたいのか」に重点を置いて求人先を探すことが重要です。

「体力的に楽」「残業が少ない」などといった理由だけで求人先を選んでは、仕事へのやりがいを感じられず、むなしさを感じてしまうことが出てくるかもしれません。

実際に特養から私の勤めるクリニックへ転職した人は、「特養では看護師は座っているだけで特に仕事が無かった。もっと看護師として活躍したいので、クリニックへ転職した」と話していました。

もし看護師としての専門性を発揮していきたいのであれば、有料老人ホームや特養ではなく、医師やリハビリ専門のスタッフ、介護士が常駐している老健をおすすめします。そこでは看護師に対して仕事が割り振られており、頼りにされる機会が多くなります。

一方で、高齢者と密なコミュニケ―ションをとって人間関係を構築していきたい人であれば有料老人ホームや特養が向いています。

自分はどのような仕事にやりがいを感じ、将来的に活躍していきたいのかを考えておくようにしましょう。目標がずれてしまうと、後悔する原因になってしまいます。

「夜勤・当直なし、オンコールのみ」は辞めたい原因になる

ちなみに、日勤のみの働き方を希望するのであれば、オンコール(夜間や休日などの勤務時間外に待機し、職場からの呼出に応じられるようにすること)対応のある介護施設求人には注意が必要です。

「夜勤がなく、オンコールのみなら問題ないだろう」と安易に考え、求人応募する人がいます。しかし、このオンコールが新しい転職先を辞めたい大きな原因となってしまうことがあります。

例えば、新しい職場に看護師のいない時間帯があるとします。すると何か些細なことであっても、介護士では対応できないケースであれば、すぐにオンコール対応の看護師に電話がかかって呼び出されます。そうなると、すぐに職場に向かわなければなりません。

オンコール待機中はいつでも職場へ行けるように、遠出をしたり、お酒を飲んだりすることは控えなければなりません。家にいても「いつ電話があるか分からない」という緊張状態にあり、リラックスできません。そのストレスが溜まり、介護施設を辞めたいと考える看護師が非常に多いのです。

そこで、できればオンコール対応なしの介護施設への転職を行うほうが良いでしょう。例えば、以下は大阪にある有料老人ホームで、オンコールなし・夜勤なしの看護師求人になります。

オンコールがないほうが、プライベートと仕事を分けることができるため精神的に楽といえます。

ちなみに、もし希望する求人先が「オンコールあり」となっていても、しっかりしたマニュアルを整備した介護施設であれば問題ありません。例えば、「38度以上の熱が出た場合」「安静状態を15分以上保っても、血圧が180-90から下がらない場合」のみ看護師に電話するといったマニュアルです。

こうしたオンコールの規定がないと一時的な興奮状態による血圧上昇でも、すぐに電話で呼び出されることがあるのです。看護師としては問題なしとするケースでも、介護士からすると問題として浮上することがあるのです。

このようなことが続くと、ストレスを溜める原因になってしまいます。「オンコール規定はどのようになっているのか」を事前に確認しておきましょう。

口コミで評判の高い転職サイトを利用するべき

ただ、介護施設への転職を失敗しないためには「オンコールの規定の詳細」だけでは足りません。

「介護職と看護師職の仕事の線引きは明確にされているか」「利用者さんの介護度」などの仕事内容に限らず、「職場内の人間関係」「給料・退職金」「具体的な残業時間」などの内部情報まで事前に入手しなければなりません。

これらの情報を集めようと思っても、介護施設の公式サイトや看護師同士の噂話では限界があります。

そのようなときに頼りになるのが看護師専用の転職サイトです。転職サイトのエージェントが、あなたの希望する介護施設で働く看護師から直接話を聞いて、貴重な内部情報をあなたに流してくれます。そのときのタイムリーな情報を知ることができるため、転職に役立てることが可能です。

このときに、口コミで評判の良い転職サイトへ3社以上は登録しましょう。担当者とも相性があるため、複数登録しておけばあなたの転職に熱心な担当コンサルタントを見分けることができます。

それだけでなく、他社ではもっていない求人を紹介してもらえる可能性が高くなり、効率よく転職活動を行えるというメリットもあります。

看護師が介護施設に転職を成功させる

看護師が介護施設への転職を成功させるには、仕事内容やメリット・デメリットだけではなく、多くの情報を手に入れることがポイントとなります。

介護施設の場合、有料老人ホームや特養、老健の3つを取り上げてみても、それぞれ特徴が異なることが分かります。ただ単に「高齢者のお世話が好きだから」「仕事が楽そうな割には給料が高いから」といった理由だけで応募先を選んではいけないのです。

あなたが新しい職場で「何を実現したくて、何をやりがいとしていきたいのか」など、求めるものは応募先によって異なります。看護師としての詳しい仕事内容やオンコールの有無など、応募前に知っておくべき情報は多いです。

このとき転職サイトを利用しながら、「どのような介護施設であれば自分に合っているのか」をじっくり考えるといいです。転職エージェントが客観的な立場から、あなたに合った転職アドバイスをしてくれるので、自分では見えていなかった一面に気づかされることがあります。

こうした気づきが多いと、転職は失敗しにくくなります。介護施設の看護師求人は数が多いだけに、比較検討するための情報をできるだけ多く手に入れ、あなたのイメージ通りの働き方を実現させましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く