整形外科やスポーツ整形への転職は男性・女性看護師どちらにも人気の求人のひとつです。

整形外科は命に直結するような重大な疾患を抱えている患者さんが少ないため、精神的に楽なだけではありません。日々、回復していく患者さんのサポートを行え、看護にやりがいや魅力を感じる場面に多く出会えるため、仕事を好きだと思える看護師が多くなるのです。

ただ、「整形外科やスポーツ整形は理想的な職場なのだろう」と考えて入職してしまうと、イメージと現実とのギャップに悩んでしまう場面が出てくるようになります。

まずは整形外科での仕事内容やメリット・デメリット、給料や履歴書の書き方など、整形外科やスポーツ整形ならではの看護や転職事情について理解しておくことが大切です。

そこで今回は、転職前に知るべき整形外科・スポーツ看護に関する仕事内容や成功するためのポイントなどについて述べていきたいと思います。

整形外科・スポーツ整形の看護の役割・仕事内容

まずは、整形外科・スポーツ整形の看護の役割についてお話ししていきます。

整形外科はもともと、子どもの体の変形予防・矯正・治療を対象とした領域の科でした。その後、骨・関節・筋肉・神経など運動器疾患の治療を行うようになり、扱う領域を広げていきました。

そして現在では「股関節外科」「脊椎外科」「肩関節外科」「膝関節外科」「手の外科」「災害外科」「スポーツ外科」、また「低身長に対する脚延長の治療」など、各専門分野に分かれて治療を行っている医療機関が多くなりました。

また整形外科医療の場は高齢化に伴い、クリニックや病院といった医療現場から在宅へとシフトしています。整形外科看護は医療施設の整った医療機関だけではなく、介護領域や在宅医療、リハビリテーションなどの領域へ看護業務の拡大がみられているのです。

そのため、整形外科に携わる看護師は、ただ単に整形外科看護の知識だけでなく、内科看護や老年看護、在宅看護、リハビリテーション看護など様々な領域の知識が必要とされています。

つまり、整形外科に転職希望の看護師は、異分野の経験を持ち合わせている人であっても、その力を充分に整形外科で発揮できるということです。

今では整形外科での治療はより専門的で、そして患者さんの生活に密接な関わりをもち、患者さんの満足いく生き方を実現するための重要な位置づけを占めるようになってきました。

そのため、整形外科の看護師は「医療機関で疾患の治療を行ったあとは、看護の必要性はない」という考え方では足りません。

今後は「治療後まで見据えて、在宅で患者さんが安心して生活ができるように調整する」という俯瞰的な視野と幅広い看護知識をもって仕事にあたることが整形外科看護師の役割となるのです。

整形外科での看護師の仕事内容

整形外科での看護師の仕事内容は、病棟とクリニックでは異なります。まずは整形外科病棟での看護師の仕事内容についてお話しします。

病棟では、看護対象が手術を必要とする患者さんであるため、手術前後の看護や固定・整復の介助を行うことが多いです。具体的には、手術後の硬膜外麻酔のドレーン管理や、早期離床の手伝い、ギブス固定やコルセット、弾包固定などのサポートを実施します。

例えば、以下は広島にある尾道総合病院の整形外科での手術件数です。

引用:尾道総合病院 整形外科

年間手術件数が900件以上と大体1日に3件の手術を行っていることが分かります。しかも手術から退院の日数は短く、仕事の早さも求められます。

例えば、脊椎の内視鏡下手術の場合、ほとんどの病院が入院期間を4日と設定しています。そのため、入院時から退院指導を行うなど、看護師はかなりのスピードを求められて仕事を進める必要があります。

一方、整形外科外来やクリニックなどでは、保存治療や腰痛・膝関節痛などの慢性的な痛みを抱えて来院する患者さんが多いです。そのため、主な仕事は注射となります。例えば、看護師は膝に貯留した関節液を抜く介助を行ったり、ブロック注射(膝や肩などの痛みを取る注射)を打ったりする仕事を行います。

例えば以下は、東京にある整形外科クリニック求人の仕事内容です。

こちらの求人では採血や注射がメインと掲載があります。「整形外科の処置やレントゲンポジショニングはない」となっています。ただ、多くの整形外科求人では、看護師業務としか書かれていない求人票が多いため、応募前に仕事内容を確認する必要があります。

例えば以下のような東京にある整形外科クリニックの求人です。

このように、仕事内容に看護一般業務としか掲載がない場合、どのような仕事を行うのか自分のイメージだけで考えるのではなく、具体的に確認しておくことが大切です。聞きづらい場合は、転職サイトのコンサルタントに尋ねると、求人先に問い合わせて具体的な仕事内容について教えてもらえます。

なかには放射線技師を雇用せず、レントゲンポジショニング(患者の体位の取り方)を看護師に行わせるクリニックがあります。その場合、看護師であってもレントゲンポジショニングについての勉強が欠かせません。

またCT検査などで、狭所を怖がる患者さんや耳の遠い患者さんがいる場合は防護服を着て、検査の間、中に入って患者さんの介助をするように指示される職場もあります。安全基準値内には入っているとはいわれていますが、妊娠希望の方はこのような職場は避けておいたほうが無難です。

整形外科は理学療法士や作業療法士との協力が不可欠

また整形外科では病棟でも外来、クリニックでも、医師以外にも理学療法士や作業療法士といった職種が在籍しています。これらの職種は、術前・術後から看護師と連携してリハビリに介入します。

私自身、左手の指を転倒して粉砕骨折したため、患者として手の外科に2週間程度、入院した経験があります。指の手術でしたので、ほとんど自立して行動できていました。そのため、看護師には洗髪の介助をお願いしたくらいで、作業療法士とのやりとりのほうが多くありました。

作業療法士のもと、指を動かす運動や指の力をつける運動を6ヶ月間行いました。

受傷した当初は薬指が腫れ上がり、全く曲がらない状態でした。しかし、入院して手術を受け、入院中も退院後もリハビリを行ったおかげで、いまは受傷前のように薬指を曲げられ、動かすことができています。

左手首の軟骨を「受傷した薬指の関節」に移植する手術でした。

このように整形外科では、看護師以外にも患者さんの近くでサポートを行う職種の存在が特徴的です。理学療法士や作業療法士と情報交換を行いながら、それぞれの専門性を発揮して患者さんのために仕事を行っています。

他にも、退院調整では地域連携室との仕事もあります。また、整形外科クリニックではレントゲンやCT検査を行うことが多く、放射線技師と一緒に仕事をする場面が多々あります。

整形外科看護のメリット・デメリット

次に、整形外科看護のメリット・デメリットについてお伝えします。

・整形外科看護のメリット

まずは整形外科看護のメリットは以下の通りです。

  • ボディメカニクスに長ける
  • 生命に直結する仕事が少ない
  • 患者さんの回復の手助けが行える
  • コミュニケーションスキルを磨ける
  • 残業が少なめ など

整形外科看護は、車いすなどへの移乗の介助などの仕事が多く、障害部位に合わせて姿勢を調整したり、無理のない体位変換を行ったりしなければなりません。

このとき、ボディメカニクスを駆使しなければ移乗が難しい状況が多いため、必然的に上手になっていきます。これは、他の科に転職したとしても汎用性の高い技術になります。

また、整形外科では患者さんが亡くなることは少なく、回復の過程を見守ることができます。多くの場合、退院時に患者さんは回復していることが多く、一番近い存在である看護師は感謝されることが多々あるため、やりがいや魅力を感じ、楽しいと思って仕事に取り組むことができます。

整形外科はICUや救命救急など緊迫した他領域の看護と比べると、精神的には楽だといえます。

さらに重症患者さんが少ないため、夜勤のときに急な対応を必要としたり、急患が入って残業となったりすることがありません。特にリハビリテーション病院での整形外科病棟であれば、計画通りに仕事が進むことが多く、残業は少なめです。

例えば以下は、愛知県にあるリハビリを中心としたケアミックス病棟での看護師求人になります。

残業は他病棟と比べると10時間程度と少なめで、しかも看護師だと取りにくい有給休暇も多くのスタッフが取得できています。

ただし、二次救急のある病院では、事故などで受傷した患者さんを受け入れるため、緊急入院が発生します。そのため、残業で遅くなることもあり注意が必要です。しかし二次救急のある病院であっても、残業がほぼない職場もあります。

例えば、こちらは広島県にある救急指定のケアミックス病院ですが、残業はほとんどありません。

このように二次救急などの救急指定のある病院の整形外科病棟を希望する場合は、残業時間の有無をしっかり確認しておくことが大切です。

・整形外科看護のデメリット

一方で整形外科看護のデメリットは以下のとおりです。

  • 腰痛になる可能性が高い
  • ナースコールの回数が多い
  • 入退院が頻繁 など

整形外科の多くの患者さんは運動器に障害が起こっているため、介助を必要としています。ボディメカニクスを駆使するといっても、体格の大きな患者さんの体位変換や移乗となると、腰を痛めてしまう可能性が高くなってしまいます。

また、これは整形外科病棟に勤める私の友人が語っていたのですが、ナースコールの回数が他の病棟よりも異常に多いそうです。整形外科の患者さんは体の自由がきかないため、トイレ介助はもちろん、「ベッドの下に物が落ちた」「テレビがみたい」などの少しの動作でもナースコールで呼ばれるそうです。

「この頻回なナースコールのせいで、なかなか計画通りに仕事をこなすことができない」と友人は愚痴っていました。

他にも、慢性期病棟とは異なり、手術が終わるとすぐに退院や転院していく患者さんが多く、毎日の数名の入院記録や退院記録を行う必要があります。

患者さんが回復して退院する姿を見送ることに、やりがいを感じるのですが、患者さん一人ひとりと信頼関係を作り、じっくり関わる看護は少ないのが特徴です。

整形で働く看護師の年収・給料・時給

それでは、収入面ではどうなのでしょうか。整形外科・スポーツ外科で働く看護師の年収・給料は、他科と比較して多くも少なくもなく、平均額といっていいでしょう。整形外科に関わらず、都市部のほうが給料は高い傾向にあります。以下は東京都内にある中規模病院の整形外科のある看護師求人です。

整形外科の看護師の平均年収は他の看護師と同様、大体420~450万円くらいだと考えておいて良いでしょう。

一方、クリニックや外来であると、以下のとおりです。こちらは三重県になる整形外科クリニックの求人になります。

この求人票では、月収で28万円程度となっています。これは他クリニックと比較すると高めに設定されています。ただ整形外科クリニックの場合は、院長の方針次第で給与差が生じることがあるので注意する必要があります。

例えば、以下のような場合です。こちらは福島県にある整形外科です。

169,000~269,000円と給料に幅を持たせていますが、整形外科看護が未経験の場合、ほぼ最低額の169,000円程度からスタートすることが多いです。そのため、このような求人に応募する場合は、給料交渉を行ってくれる転職サイトのコンサルタントをつけておいたほうが満足いくスタートを切ることが可能となります。

またパート・アルバイト(非常勤)であれば、時給1,500円前後のところが多いです。例えば以下は、東京にある整形外科クリニックの看護師パート求人です。

大体、このくらいの時給が平均的なので、参考にすると良いでしょう。

また人気のない整形外科クリニックの場合、仕事が少なくて楽だと思って入職すると、賞与が無かったという場合もあります。求人票の見落としがないか、事前にしっかり確認しておくことが大切です。

中途採用への求人募集で成功する応募方法

では、整形外科やスポーツ外科へ転職して満足いく働き方を実現するには、どのように行動すればいいのでしょうか。これについては、看護師専用の転職サイトを利用するのが一番効率の良い方法となります。

条件の整った人気のある整形外科の中途採用求人は、すぐに埋まってしまう可能性が高いです。もし個人的に転職活動を行うとなると、毎日のように求人情報をチェックして、内部情報を手に入れなければなりません。その場合、多くても3~5件程度の少ない整形外科求人の中から選ぶことになります。

一方で看護師専用の転職サイトに登録すれば、担当者が付き、あなたの看護経験や看護観、希望する条件(夜勤や残業の有無)など100件近くの整形外科求人から、あなたに合った病院を紹介してくれます。

前述のとおり、整形外科の看護師求人の仕事内容は職場によって異なるにもかかわらず、看護業務一般などと掲載されていて、よくわからないことが多いです。

このようなとき転職サイトの担当者に、あなたが整形外科で実現していきたい仕事内容について説明しておけば、それに見合った求人を見つけてもらうことができます。詳しい仕事内容なども事前に入手してもらえるため、自分で転職活動を進めるよりは安心して新しい仕事をスタートさせることができます。

他にも、転職サイトに登録すると履歴書や面接でもサポートを受けられます。例えば、以下は東京にあるスポーツ外科と整形外科のクリニックでの看護師求人になります。

こちらはマイナビ看護師からの求人からの引用です。月収も30万円からと整形外科クリニックとしては高めの設定となっています。

このときは仕事内容や求人先の人間関係以外にも、面接対策のポイントなども担当者から教えてもらえるため、個人的に応募するよりも採用に関して有利だといえます。

このように看護師転職では転職サイトの利用が一般的となっています。他の応募者と差をつけるためにも、3つ以上の転職サイトに登録し、求人の選択肢を増やすとともに、有益な情報を集めて転職に備えることが大切です。

履歴書での志望動機の書き方を理解する

希望する整形外科が決まったら、次に「どのような志望動機を書いていけば良いのか」を考えなければいけません。

志望動機を書くにあたって重要なことは、あなたがその医療機関の整形外科に入職を希望し、「自分は何ができるのか」「どのようなキャリアアップを達成していきたいのか」「何を実現していきたいのか」といった、将来に向け前向きでポジティブな意志表示をすることです。

志望先の医療機関で「自分には何ができて」そして「何をしたいのか」を伝えなければいけません。そのため、「自分のこれまでの能力を活かせると思ったから」といったような誰でも書きそうな紋切り型の志望動機ではいけません。

そこで、必ず自分の言葉で考え、自分の意志を志望動機に練りこむようにしてください。

ただ単に、他のサイトに掲載されている整形外科の志望動機例文を少しアレンジするだけでは、面接の場で必ずボロが出てしまいます。充分な時間を取って、あなたならではの志望動機を考えることが重要です。

ちなみに履歴書の志望動機欄は以下のように非常に狭いです。

この欄に、小さい文字でダラダラと書き連ねる人がいます。しかし、小さい字でぎっしり志望動機欄を埋めても、採用側は「やる気がある」と思うことはありません。

採用側にとっては読みにくいだけでなく、あなたの言いたいこと・アピールしたいことが伝わらず、何も心に残りません。志望動機は200字前後でまとめるように心がけましょう。

整形外科・スポーツ外科看護師の志望動機例文

では実際に志望動機例文についてみていきましょう。

・一般内科 ⇒ 整形外科に転職希望の場合

最初に、「内科から整形外科に転職希望」の場合の志望動機の例文です。

私はこれまで内科で、主に糖尿病看護に携わってきました。糖尿病患者様に向けた生活指導を行う関わりの中で、患者様のお話に耳を傾け、「どのように生活習慣を改善していくのがこの患者様にとって最善であるのか」に重点を置いた看護を行ってきました。

御院の整形外科看護では「患者様の個別性に合わせ、身体的・精神的な自立に向けての援助に力を入れている」ことを見学会で知り、感銘を受けました。この看護は糖尿病看護にも通じるところがあると感じ、応募させていただきました。

私も整形外科で患者様の不安を傾聴し、日常生活動作の訓練に前向きになっていただけるよう具体的な方向付けを実践していきたいと考えています。

内科から整形外科といった全くの未経験分野でも、「今までの看護経験を今後どのように活かしていけるのか」といった具体的な共通点を述べると、採用側はあなたの今後の活躍をイメージしやすくなります。

反対に抽象的に「理念や看護観が合うと感じたから」というような書き方をすると、採用側の印象には残りにくく採用は難しくなってしまいます。

また青線部にあるように「見学会に参加する」など転職に関して具体的に動いて本気で転職を考えている旨などを入れておくと好印象を与えやすくなります。

・オペ室 ⇒ 整形外科

次にオペ室から整形外科への転職する場合の志望動機です。

私は以前、オペ室で勤務していました。様々な手術に携わる中で、整形外科の手術を行い、歩けるようになっていく患者様、身体機能は改善が期待できなくても笑顔を取り戻される患者様と関わり、将来は「整形外科に携わっていきたい」と強く感じるようになりました。

オペ室看護の経験を活かし、「外来・病棟・回復室・ICUなどの多部門と患者様間」の的確で正確な情報交換を行い、オペ前後の患者様の不安な気持ちに寄り添える看護を行っていきたいと考えています。

御院にて「術前・術中・術後」の全期間を通して、患者様に一貫した看護ケアを提供できる看護師としての一助を担っていきます。

青線部では、オペ室から整形外科と全く異なる領域からの転職でも、「多部門との連携を大切にする」などオペ室看護師ならではの視点をもって仕事を遂行していこうとしていることがわかります。

いままでの経験から自分の強みを述べて、採用側にあなたを採用する具体的な材料を提供しましょう。

・一般整形 ⇒ スポーツ整形

スポーツ整形外科とは、スポーツなどの運動で生じた障害を対象とする外科です。整形外科看護師の中には一般整形外科から、より専門的なスポーツ整形外科への転職を希望する人も増えています。

スポーツ外科では、損傷したとしても多くの場合、「手術療法を最優先するのではなく、運動療法によって治療が可能なこともあること」「関節鏡手術により早期復帰が可能であること」を目的として治療に当たります。スポーツを続けたいとする患者さんのニーズに合わせた治療を行うのが特徴です。

私はもともと整形外科で10年勤務しております。患者様の障害の受容過程に合わせ、声かけや関わりをしながら、携わっていく整形外科看護のやりがいを感じております。

スポーツ整形に興味をもったきっかけは御院へ入院されていた患者様が「ここでの治療で、一度は諦めていたスポーツに再度取り組めるようになった」と感涙しながら話してくれたことです。患者様中心で治療している御院の方針に感銘を受けました。

一般的な整形外科での幅広い看護知識やスキルをベースに、今後は御院にてスポーツ整形外科という分野で専門性を高め、患者様の力添えを行っていきたいと考えております。

このような志望動機の書き方を選択すれば、「なぜスポーツ整形外科に興味をもったのか」「何ができ、そして今後どのようなことを実現していきたいのか」について、採用側に想像してもらうことが容易になります。

「このような看護師が働いてくれれば……」と採用側にとってワクワクするような人物であることをアピールできれば、採用につながっていきます。

青線部のように「どのような出来事で感銘を受けたか」といったエピソードを交えれば、さらに説得力が増します。「心を動かされ、感動したことを目標にしている人」は、困難な問題に直面したときに「立ち向かっていける人」だといえます。

このように志の高い人は、採用側に好印象を与えることができ、採用に近づくことができます。

観察力と判断力、思いやりが整形外科看護師に必要

整形外科は知れば知るほど、奥の深い領域です。障害部位以外は健康体である患者さんを「どのように身体的・精神的サポートしていくか」が問われています。整形外科で看護師に求められているのは正確な観察力と判断力、そして思いやりです。

まさに看護の総合力が存分に試される領域であるといえます。

運動機能に障害をもつ患者さんの正確で細かい状況把握を行い、「患者さんはどの回復段階にあるのか」を理解し、治療と看護に役立てるように注力していくことが大切です。

回復していく患者さんを見守り、笑顔で退院する患者さんを見送るたびに、整形外科看護師としてのやりがいや魅力を感じて、仕事を楽しいと思うことができるのです。

あなたも是非、整形外科の看護師として、患者さんが新しい人生のスタートを切れるようサポートしてもらえたらと思います。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く