「看護師転職サイトを利用すると、何度も電話がかかってきてしつこい」という噂を聞いたことはないでしょうか。

確かに、看護師転職サイトに登録すると、必ず担当者から電話がかかってきます。希望している求人ならまだしも、希望していない求人でも紹介の電話が何度もかかってくるなど、しつこいと感じることがあります。

しかし、看護師転職サイトを上手に利用する方法を知れば、しつこい電話はかかってこないばかりか、自分ひとりでは見つけられなかったような満足いく職場を紹介してもらうことが可能です。

そこで今回は私の実体験を踏まえながら、看護師転職サイトのメリット・デメリットを知り、上手な断り方や賢い利用方法について述べていきたいと思います。

看護師転職サイトをしつこいと思ってしまう理由

まず、看護師転職サイトをしつこいと感じてしまうのは、どのような理由からなのか考えてみましょう。

実は、しつこいと感じるのは「自分が思い描いているような転職活動」と「転職サイトのコンサルタント(転職エージェント)が行おうとする転職活動」にギャップがあるときが多いです。

例えば、あなたは「自分は8月くらいにいまの職場を退職して、10月くらいに自分の条件に合う病院に転職したい」と考えているとします。しかし、転職コンサルタントが強引に退職時期を早めるよう促してきたり、あなたの条件に合わない医療機関を勧めてきたりすると、「断るのが面倒だ、しつこい」と感じてしまいます。

転職サイトを利用すると、どのようなことをしつこいと感じるのでしょうか。具体的に述べていきたいと思います。

希望する条件の医療機関を紹介してくれない

あなたがいくら希望する条件を転職コンサルタントに伝えたとしても、希望する条件に合う医療機関を紹介してくれないことがあります。それをずっと断り続けないといけないのは大変で、しつこいと感じてしまいます。

看護師転職サイトに登録すると、最初は下記のように大まかな希望条件(希望勤務形態、入職時期など)を入力する項目があります。

引用:看護 roo!

他にも、住んでいる地域や年齢など情報を入力します。すると全国規模で展開している転職サイトであれば、各事業所の転職コンサルタントへあなたの情報が伝えられます。

そこで転職コンサルタントはあなたに電話をかけて、さらに下記のような詳細な希望条件を尋ね、マッチした求人を絞っていきます。

  • 常勤(夜勤あり・なし)、日勤常勤、非常勤か
  • 医療機関、企業か
  • いまの職場での年収と希望年収
  • 希望勤務地
  • その他重視すること(福利厚生・人間関係・平均年齢・教育体制・離職率など)

それらの条件から、あなたの希望にマッチしそうな求人があれば、随時あなたに求人紹介の電話がかかってきます。

このときの電話にしつこいと感じる問題が発生します。それは次の2点です。

  • こちらの転職希望条件が明確になっていないため、的外れな医療機関を紹介される場合
  • 明確な希望条件を伝えているのにそれに合わない求人を紹介される場合

それぞれについて述べていきます。

・明確な希望条件を伝えていないため、的外れな医療機関を紹介される場合

「いつかは転職したいけれど、まだ具体的には考えていない」というような場合でも、転職サイトに登録しておけば、看護師なら誰しも羨むような優良求人を紹介してもらえる可能性があります。

なかには担当コンサルタントに転職相談をしているうちに、「担当コンサルタントに促され、予定より早く退職したおかげで優良レア求人を紹介されて、無事採用に至った」という看護師もいます。

しかし一方で、まだはっきり転職を決めておらず、明確な希望条件を伝えてきれていないため、担当コンサルタントから的外れな医療機関を紹介される看護師もいます。

転職について何も行動に移していないにも関わらず、担当コンサルタントから何度も転職を促される電話があると、「転職サイトはしつこい」と思ってしまうことがあります。

下記は当サイトの管理人がある私が、転職サイトでしつこいと感じてしまった失敗経験を紹介します。

当サイトの管理人である私自身、新卒半年くらいのときに「もし転職するなら求人はあるだろうか」くらいの軽い気持ちで、小さな看護師転職サイトに登録したことがあります。若い男性の転職コンサルタントが私の担当になりました。

その転職コンサルタントに希望条件を聞かれても、まだ具体的に何も決まっていなかったので、曖昧に「まあ、いい職場があって働きやすければ…… 」としか伝えることができませんでした。

すると、転職コンサルタントが「車で通勤時間2時間弱かかる他県の病院」を紹介してきました。そして、「ここは教育体制が整っていておすすめです」といわれました。

「それでは遠すぎるから」という理由でお断りをしたら、次の日にまた転職コンサルタントから「教育体制の整っていない徒歩10分で通える医療機関」を勧める電話がかかってきました。そこは看護師だけでなく患者さんの間でも有名なブラック病院でした。

その求人も噂が良くないとの理由で断ると、「ではここは? これがダメなら、ここは?  では、ここは?」とハローワークにも常時求人がでているような医療機関を手当たり次第に紹介されました。それらを断るのに、大変で嫌な思いをしました。

登録時には、紹介されたそれらの医療機関以外でよいところがあったらと思っていました。しかし、転職コンサルタントの「どこでもいいから早く転職してほしい」という焦りの気持ちが伝わってくるたびに、しつこいと感じるようになってしまいました。

「これなら自力で転職活動を進めたほうが良かった」と感じました。

確かに上記のような求人を紹介されてしまうと、「私の転職を真剣に考えてくれていない」と思い、転職コンサルタントのことをしつこく感じてしまいます。

しかし上記の件に関しては、私のほうにも問題がありました。希望条件をはっきり伝えていないと、経験の少ない転職コンサルタントは困ってしまうのです。また、希望条件が定まっていないのであれば、もっと転職コンサルタントを信頼して相談し、条件を具体的に絞り込めばよかったのだと思います。

まだ希望する条件が明確になっていない場合は、自分なりにどのような職場で、どのような働き方を実現していきたいのかなど具体的に自己分析を行い、明確にしておくことが重要です。それが難しければ、転職コンサルタントに相談しながら、一緒に希望条件を絞り込んでいくとよいでしょう。

数多くの経験や情報を持っていることから、転職のプロのアドバイスは大変貴重です。自分ひとりでは見えなかった気づきを教えてくれるなど、転職で必要な視野を広げてくれます。

ちなみに、私のように一社だけの看護師転職サイトの苦い経験から「転職サイトはしつこい」と決めてしまうのは、大変もったいない話です。

転職サイトの中には、本気で登録看護師の転職に向き合い、必死で頑張ってくれる転職コンサルタントが存在します。そのような人に出会ってないうちから、転職サイトを敬遠してしまうようでは、転職選択の幅を狭めていることになります。

・明確な希望条件を伝えているのに、希望とは異なる条件の医療機関を紹介してくる場合

反対に、あなたが希望する条件を明確に伝えているにも関わらず、担当コンサルタントが異なる条件の求人を紹介してきた場合も同様にしつこいと感じてしまいます。

転職サイトには提携している医療機関などがあり、紹介した人材をすぐに採用してくれるところなどがあります。そのため、多少条件が異なっても、このような医療機関をおすすめすることがあります。

こちらが明確な条件を伝えているのに、全く条件と異なる求人を紹介する場合は、はっきりと「この条件の求人でなければ働けない」という意思を伝えるようにしてください。

中にはこちらの都合などを考えずに、強引に面接や採用まで持ち込もうとする担当コンサルタントも存在するため注意が必要です。あなたの提示した条件とは異なる求人であれば、断固として断り、はっきりした意思を伝えることが大切です。

ただ、いまでは「転職サイトの口コミ」などを参考に転職サイトを選ぶ人が増えています。そのため口コミに自社の悪い評判が掲載され続けてしまうと、会社の損益にかなり悪い影響を及ぼします。このようなことから、悪質な転職サイトは少なくなってきているのが現状です。

自分のペースで転職活動ができない

転職希望時期について、あなたは担当コンサルタントに明確に伝えているでしょうか。

「今すぐ転職したい」という希望があれば、担当コンサルタントから何度電話がかかってきても、「熱心に仕事をしてくれている」と捉えることができます。

しかし、「非公開求人やレア優良求人など良い条件の求人があれば、時期は問わず転職を考えている」という場合、担当コンサルタントからあまり魅力のない求人を紹介され続けてしまうと「しつこい」と考えてしまうようになります。

その場合、いまは急いで転職するつもりはなく「良い条件の求人のみ検討しているので、そのような求人があれば連絡してほしい」という旨を伝える必要があります。

もう一度、あなたの希望する条件や転職希望時期の伝え方などに問題はなかったかどうか振り返ってみるとよいでしょう。

看護師転職サイトを利用するときの注意点

次に、看護師転職サイトのデメリットやメリットについてお話していきます。物事にはメリットがあれば、必ずデメリットもあります。どちらの面も把握したうえで、賢い選択をするように心がけましょう。

看護師転職サイトのデメリット

まずは看護師転職サイトを利用するデメリットについてあげてみたいと思います。こうしたデメリットには、以下のようなものがあります。

  • あなたの希望条件ではなく、転職サイト側が斡旋したい求人を紹介されることがある
  • 担当してくれる転職コンサルタントの力量により、転職活動の満足度が異なってくる
  • 自分のペースで転職活動を行えないと感じることがある

看護師であるあなたは、看護師転職サイトを無料で利用することができます。

ただ、あなたを紹介し採用した医療機関は転職サイトに多額の報酬(年収の30%程度)を支払わなければなりません。例えば、あなたが年収500万円で転職すると交渉成立した場合、採用した医療機関は150万円の紹介料(年収500万円×報酬30%)を転職サイトに支払うことになります。

転職サイトのコンサルタントはボランティアで転職斡旋を行っているわけではありません。この紹介料を得るために、仕事をしているのです。中には転職コンサルタントにノルマを課していること転職サイトもあります。

そのため、希望条件とは異なっているにも関わらず、採用されやすい医療機関へ登録者を強引に転職させようとする悪質な転職サイトがあります。

このようなことから、自分のペースで転職活動を行うことができず、希望していない医療機関へ無理やり面接を設定されてしまったなど嫌な思いをしたり、転職後に当初の雇用条件と異なるなどトラブルを抱えたりすることがあるのです。

また、経験が少なく力量のない転職コンサルタントが担当となり、以前そのコンサルタントからの紹介で何らかの問題が発生していた場合、初めて紹介されるあなたの印象も悪くみられることがあります。

例えば、過去にあなたの担当コンサルタントの紹介した人材がトラブルを起こして何度も辞めているとします。

すると医療機関側は「ここの転職サイトのコンサルタントは条件に合ってない看護師ばかり紹介してくる。せっかく入職しても、すぐ退職する。ここの転職サイトと関わるとトラブルばかりだから、ここの転職サイト経由では採用したくない。次に紹介してくる応募者も同じだろう」と考えます。

そのため、いままでのトラブルになった応募者と比べて、あなたの看護経験やスキルは異なるにも関わらず、「あそこの転職サイトが紹介する質の低い看護師」という悪いイメージで最初からみられることがあります。そのため、力量のない担当コンサルタントが紹介する求人の転職では、うまくいかない可能性が高くなってしまうのです。

このようなことから、あなたに合った転職サイトを見極め、担当コンサルタントが合わないなど不都合を感じた場合、担当者を変更してもらうか、ほかの転職サイトに乗り変えるなど強い心がまえでいることが大切です。

・看護師転職サイトで誤解されやすいデメリット

なお、よく看護師転職サイトを利用するうえで誤解されるデメリットがあります。

それは「看護師転職サイトを経由すると、採用する医療機関側は莫大な紹介料が必要となるため、個人で応募するより内定率が下がる」という誤解です。

答からいえば、内定率は下がりません。むしろ、看護師転職サイト経由のほうが有利に働くことのほうが多いです。

その理由として、採用側である医療機関は、採用に当たって「採用した看護師がすぐに辞めた」「仕事をしない」などのリスクを一番避けたいからです。

もし、採用した看護師がすぐに辞めてしまうと、引継ぎ業務、入職処理・退職処理、採用のための広告費、新人育成費、人事調整など、転職サイトに支払う仲介手数料とは比較にならないほどの無駄なコストや時間をかけてしまうことになります。

そのリスクを避けるためには、個人応募でどのような素性か分からない看護師を採用するより、看護師転職サイトのプロの目から厳選された応募者を採用するほうが確実です。

個人応募であると採用基準に満たない複数の応募者に断りを入れたり、どのような経歴なのか面接を行って見極めたりしなければなりません。また、採用してすぐに辞められると、退職者の穴埋めとして臨時職員を雇うなど多くの無駄なコストがかかってしまうことになります。

しかし、医療機関側が転職サイトを利用すれば、登録した看護師の中から適時にピンポイントでほしい人材を確保できます。これほど医療機関にとって手間もコストも省けた効率のよい採用方法はありません。

このようなことから転職サイト経由のほうが、最初からマッチした医療機関を紹介してもらえる可能性が高く、採用率も高くなります。

ちなみに多くの場合、転職サイト経由で採用された看護師が半年以内など短期間に辞めた場合、医療機関側に仲介手数料を返金しなければならない契約になっています。そのため、きちんとした大手の転職サイトを利用すれば、ミスマッチな人材を紹介することはほとんどありません。

看護師転職サイトのメリット

では反対に看護師転職サイトを利用するメリットはどのようなものでしょうか。これは、以下の通りです。

  • 単独で転職するのではなく、転職のプロが二人三脚でサポートしてくれる
  • 履歴書の書き方や面接での対応など、希望する求人先に合わせた方法を教えてもらえる
  • 以前の転職成功データ活用により、万全の体制で転職に臨める
  • 条件が合えば、非公開求人を紹介してもらえる
  • 自分でも気が付かなかった有利な点を見つけてもらえる
  • 雇用条件や給与条件などを交渉してもらえる
  • 転職前に医療機関の情報(有給取得率や離職率など)を教えてもらえる
  • 入職後、トラブルを抱えた際、相談役・仲介役になってくれる

このように転職サイトを利用すると、デメリットよりも得られるメリットのほうが大きいことがわかります。

転職サイト経由であれば、あなたの代わりに入職に関する手続きを行ってくれます。そのため面接以外で医療機関と直接やり取りすることはほとんどありません。

また数多くの看護師を転職成功に導いた経験のある転職コンサルタントであれば、「過去のデータなどからどのような看護師が採用されやすいのか」「面接時にどのような質問をされて、どのような回答をすれば好印象を与えやすいのか」などといった情報をもっています。

それらの有益なデータをもとに、面接に苦手意識がある人には事前に模擬面接を行ってくれたり、あなた自身気づいていなかった良い点などを引き出してくれたりもします。

さらに非公開求人を紹介してくれる可能性もあります。非公開求人とは、条件のよい人気の高い医療機関が応募者の殺到を避けて、転職サイトに仲介依頼をして、条件にあう看護師のみ面接を受けられる求人のことです。そのため、医療機関名や具体的な待遇などは掲載されていません。

例えば、求人に下記のような掲載があるものです。

非公開求人は一般的な求人と比較すると、給与や雇用条件がハイグレードであるのが特徴です。加えて、非公開求人のほうが一般的な求人よりも採用率も高いです。

また希望する医療機関が求人を出していなくても、担当コンサルタントがあなたの経歴や看護スキルから、その優良医療機関を紹介してくれることがあります。

さらに、入職後に雇用条件が異なる場合などトラブルを抱えた際は、あなたを採用した医療機関と直接交渉する必要はありません。このような場合、転職サイトのコンサルタントが仲介役になってくれます。

あなた個人で採用側に「雇用条件が異なる」とはいいにくいですが、転職サイト経由で転職コンサルタントが相談役・仲介役になってくれれば、伝えやすくなります。

何か理由があって雇用条件が異なるのであれば、転職サイトのコンサルタントのほうから詳細について教えてもらえます。できるだけ疑問を抱えないで満足した働き方を実現したいものです。

看護師転職サイトの上手な断り方とは

では、しつこい転職サイトや、希望条件と異なる転職サイトを上手に断る方法とはどのようなものがあるでしょうか。この断り方を知っておけば、転職サイトに登録後かかってくる電話をしつこいと思うことは少なくなります。

ちなみに「求人情報を集めるためだけに転職サイトに登録するのでもかまわない」との記載が多くの転職サイトにあります。

例えば下記のような内容です。

引用:看護のお仕事

このように「転職サイトに登録したからといって、必ず転職サイト経由で転職しなければならない」ということはなく、希望する利用期間の情報を集めるために、転職サイトを利用しても良いのです。

やはり転職は辞めたと伝える

「転職する気持ちはあったけれど、福利厚生や給与面などいろいろなことを考えてみたら、いまの職場で働くのが一番良いと考え直した」とする場合は、そのことを正直に伝えると良いでしょう。

登録したにも関わらず、転職しないのであれば、担当コンサルタントに申し訳ないという気持ちが出てくるかもしれません。しかし、転職しないと決めたのに曖昧な返事ばかりして、担当コンサルタントに期待をもたせることのほうが返って迷惑になります。

担当コンサルタントはあなたの転職対応をしている間、他の登録者の転職サポートができなくなるからです。転職を辞めるのであれば、早めにそのことを担当コンサルタントに伝えるよう心がけると良いでしょう。

良い求人が出ればお願いしたいと伝える

「いまの職場でとりあえず働いているけれど、現状以上の良い条件の求人が出た場合のみ、転職したい」とするときは、そのことを正直に伝えると良いでしょう。どのような時期に非公開求人などが出やすいかを聞いておくと、それに向けて転職準備を行えます。

私の場合、3ケ月くらい前に登録していた転職サイトから久しぶりに電話がかかってきて「企業保健師の求人が出ました。保健師も希望されていたようなので…… 転職したてとは思いますが、レアなので一応お伝えします」といわれたことがあります。

その転職サイトは、すでに転職が決まり新しい職場で私が働いていることを承知の上で、「もしかしてそこの職場が合っていないのではないか」と求人情報を紹介してくれました。

大変レアな求人情報だったのですが、そのときは転職したてで満足して働いていたので、「すみません、今は満足して働いています。もし、また何かあればお願いしたいので、こちらから相談させてください」と丁重にお断りいたしました。

結果的に断ってしまったわけですが、このように事前に詳細な希望条件を伝えておけば良い求人を優先的に紹介してもらえるようになります。

転職できましたと伝える

なお、他の転職サイトを利用して転職できた場合や、自力で転職してスムーズに行えた場合などがあります。そのときは「紹介してもらった(もしくは自分で探した)医療機関の条件が良かったため、そちらで転職できました」と正直に伝えると良いです。

もし断りにくい場合であれば、転職を成功に導いてくれた担当コンサルタントに相談してみてもよいでしょう。同職者であるので、相手を傷つけない上手な方法を知っています。

看護師転職サイトの賢い利用方法

看護師転職サイトは上手に利用して、自分のペースで転職活動を行うことが大切です。そのためには、どのように利用すればいいのか確認していきます。

複数登録してコンサルタントを比較検討

転職活動をするときの一番賢い利用方法は、転職サイトに複数登録して、コンサルタントを比較検討してみることです。実は比較検討してみないと、どのコンサルンタントが自分の転職に対して本気で対応しようとしてくれているのか見極めることが難しいからです。

また転職サイト側も、「ほとんどの登録者は複数の転職サイトを利用しており、サイト同士で比較されている」ということを把握しています。

私自身、ハローワーク利用での眼科クリニックへの転職で失敗したため、藁をもすがる思いで複数の看護師転職サイトに登録しました。そのとき感じたことは、一社に頼るだけではまた転職に失敗していただろうということです。

なぜなら同じ希望条件を伝えたとしても、誠意ある転職サイトのコンサルタントであれば、受け答えが他のコンサルタントとは異なると分かるからです。

ここで当サイトの管理人である私が、誠意あるコンサルタントに出会え、転職に成功したときの話をしたいと思います。

当時の私は看護師になってから1年半の間に2つの医療機関を退職していました。もはや看護師としてやっていく自信はまったくありませんでした。私は30代後半で看護師免許を取得したにも関わらず、短期間の間に2回も転職しています。看護技術は乏しく、採血もしたことがありませんでした。

そのことを複数の転職サイトのコンサルタントに伝えると、ほとんどのコンサルタントは「私の希望条件を叶えることは難しく、もっと条件を緩めないといけない」といわれました。

しかし、ひとりだけ異なるアドバイスをしてくれた転職コンサルタントがいました。

話をしていくうちに、その転職コンサルタントは私に「あなた30代後半で看護師免許を取得するくらいガッツがある人。やる気もしっかりした看護観ももっている。また、看護師にありがちな他の医療機関で身につけた変なクセもない。看護技術を教えて、新人を育てていこうとする医療機関にはもってこいの人材です」と言ってくれました。

看護師自体を辞めようと思っていた私にとって、この転職コンサルタントの言葉は、看護師として初めて自分を肯定してもらえ、前向きに頑張れる気持ちを与えてくれたものでした。

そして前向きになれた私は、その転職コンサルタントの紹介で、非公開求人のクリニックの面接を受けることにしました。非公開求人ではあったものの、私以外に12人の応募者がいました。

面接前、看護経験がなく自信をもてない私に、転職コンサルタントは「誰よりもこのクリニックにあなたは合っている。経験じゃない、やる気を重視する院長だから大丈夫」とアドバイスをもらいました。

そして、一番看護経験の少ない私が採用されました。

いま、私はこのクリニックで勤め続けています。院長にもスタッフにも「あなたが来てくれてよかった」「院内に活気が出た」といってもらえ、満足いく働き方を手に入れることができています。

このことを転職サイトのコンサルタントに伝えると、まるで自分のことのように喜んでくれました。このコンサルタントに出会えたことを本当に感謝しています。

最初から自分に合う転職コンサルタントに出会えれば問題ありません。しかし、やはり2~3社以上の転職サイトに登録し、転職コンサルタントの対応などを比較できたほうが、自分に合うかどうかの判断を行うことができます。

もし熱心で誠実な転職コンサルタントだったとしても、「強引に転職先を決めるために、オーバーに伝えているだけではないか」などと疑ってしまうことにもなりかねません。それを防ぐためにも、やはり比較することは大切なのです。

比較検討することができれば、「どの転職コンサルタントが自分の転職に関して熱心に行動してくれているか」を見極めることができます。

少なくとも2~3社の転職サイトには登録しておきましょう。そして「この転職サイトは自分とは合わない」と思った場合は、上記の方法で断りの連絡を入れれば、問題ありません。

まとめ

転職するのに迷っていたり、希望する条件や時期がはっきり決まっていなかったりするようであれば、担当コンサルタントはどう動いていいかわからりません。そのため、望んでいない転職先を紹介され続け、しつこいと感じてしまうことがあります。

しかし、転職コンサルタントもあなたも「満足いく転職を実現したい」という点では一致しています。

ただ、「どのような方法で成功する転職に導くか」は、転職サイトによって異なります。どこの転職サイトが良い悪いではなく、どこの転職サイトがあなたに合っているかどうかということです。

複数の転職サイトを上手に利用して、あなたに合った転職コンサルタントを見つけ、今回の転職を成功に導いていくようにしましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く