40代・50代の転職希望の看護師が面接で直面する問題、それは「『答えにくい質問』に対して『相手が納得いくような的確な回答』ができない」ということです。

この年代になると看護経験やスキルが豊富にあるからこそ、どのような「回答しにくい質問」だったとしても、「採用側が納得のいく的確な答え方をしなければならない」というプレッシャーがあります。

しかし、大半の方はこの年代だからこそ大切な「面接での注意点」を知らないまま、何の対策もせず自己流で面接に臨んで、結果が出ないという人も多いのです。

多くの方が「答えづらい質問」をされて、面接の場で焦ったり戸惑ってしまったりしてしまい、マイナスの評価を受けているのです。

そこで今回は40代・50代の転職面接での注意点と、聞かれたくない質問に対する「対策」と「その回答例」についてお話ししていきます。

40代・50代の転職を考える看護師の面接での注意点

まずは、40代・50代の転職を考えている看護師の面接における注意点についてお話ししておきます。

事前対策を取っていない人が多い

40代・50代ともなると、看護スキルや経験が豊富であるため、「今までの看護経歴を語れば、何とかなるだろう」と安易に考え、面接に対して十分な対策をとっていないことがあります。

しかし、この年代だからこそ、採用側にとって納得のいく回答をするための事前準備が必要なのです。

転職時の面接では、「なぜ、うちの病院を選ばれたのですか」「前職を辞めた理由は何ですか」といった項目は必ず質問されます。

驚くべきことに、そこで「そのようなことを聞かれても、まだ御院に入職していないので分かりません」とか「前職を退職したのは一身上の都合です」と答えてしまう40代・50代の看護師もいるのです。

これでは志望動機や退職理由とはいえません。採用側は「あなたについて知りたい情報」が何一つ得られないため、ダメな回答例だといえます。

面接では様々な質問をされますが、必ずしも質問に対する「明確な答え」を要求されているわけではありません。また、「Aか、Bか、C、どれが正解か」という問題に対する答えを求められているのではありません。

面接では敢えて「回答しにくい質問」をされても、いかに「答えられるか」という判断力や状況適応能力、対応力を見ているのです。

質問に対して、「答える能力があるかどうか」を聞いているのに、「入職していないの分からない」や「一身上の都合で退職した」といった答え方は論外となるのです。そのような回答では、質問から逃げているのと同じです。

このため、事前の面接対策を怠らず、答え方について研究しなければならないのです。

40代・50代のほうがコミュニケーション能力が低い

40代・50代ともなると、「私は看護師を何年もやってきたのであるから、コミュニケーション能力は他の年代の看護師よりも高いだろう」と考えている方が圧倒的に多いです。

しかし、実際の40代・50代の看護師面接で「この人はコミュニケーション能力が高い」と評価される人は全体の1割未満だとされています。

コミュニケーション能力とは、自分のことばかりを流ちょうに話すことではありません。そして、40代・50代の看護師で「自称コミュニケーション能力が高い人」というのは、大抵は「自意識過剰の方」なのです。

このような方は、面接が始まってから終わるまで「上から目線の態度」が無意識に表れます。

「職務経歴書はじっくりと読んでいただいたと思います」や「何でも質問してください。答えますので」などといった傲慢な態度で面接に臨むことが多いのです。自分の看護経歴やスキルをひけらかしながら、「自分のことばかり」をあれこれ話し続けます。

20代の看護師であれば、「若気の至りだろう。仕方がない」と多めに見てもらうこともできます。

しかし、中途採用の40代・50代の看護師ではそうはいきません。このような看護師はいくらスキルが豊富にあっても、「周囲と馴染むことは難しいだろう」と判断され、採用からは遠くなってしまうのです。

採用される40代・50代看護師の傾向

では、「採用される40代・50代の看護師のコミュニケーション能力」とはいったいどのようなものなのでしょうか。

何よりも大切なことは、「相手に気配りができているかどうか」ということです。患者さんに失礼な言動を行う看護師が一人でもいると、その病院の評判は落ちてしまいます。そのような看護師はいくら看護スキルが高いとしても、採用側は「雇いたい」と思うことはありません。

反対に、看護能力が低くても看護スキルが少なくても、「しんどそうにしている患者さんがいれば、小まめに声かけして状況を判断することができるか、また周囲に報告できるか」、「廊下にごみが落ちていたら、さりげなく拾って捨てることができるか」といった周囲への配慮ができる看護師は「採用されやすい傾向にある」といえます。

40代・50代の経験豊富な看護師であるのに雇用主が「雇いづらい」と感じるのは、経験豊富だからこそプライドが邪魔をしているためです。そして、「上から目線」の態度を取りやすくなってしまうのです。

そのため採用面接の際には、出しゃばりすぎにならないよう、自分から相手を気遣うくらいのコミュニケーションをとって、「その場の空気を和やかにするくらいの余裕」が欲しいものです。

理想を言えば、希望する病院を好きになり、採用担当者を巻き込むくらいの「相手を気遣えるパワー」をもって臨むと良いでしょう。聞かれた質問に、ただ一方的に答えているようでは、新卒の看護師面接と何ら変わりはありません。

例えば、面接が始まって挨拶が済んだ後くらいに、「こちらの看護師さんは皆さん、元気にテキパキと働かれていますね」や「ゴミ一つ落ちていない環境で驚きました。これだと患者様も気持ちよく療養を行えますね」などと先手を取って褒めるのです。

すると相手も「うちの看護師は働き者が多くて助かっていますよ」とか「患者様にも、うちはキレイで過ごしやすいと言ってもらえます」などの返答があるはずです。

そのような「良いコミュニケーションの流れ」を自分から作っておけば、面接でお互いの緊張もほぐれ、スムーズに話が進みやすくなります。

つまり、コミュニケーション能力とは、「相手に興味をもち、相手を気遣い、相手を好きになる努力を実践すること」なのです。

例えば、二度と来ることのないだろう遠方の「道の駅」などで、初対面の販売員に「ここは緑豊かな、良いところですね」などと褒めることができる人はコミュニケーション能力が高い人といえます。

このようなコミュニケーション能力の有無で、採用後も「仕事をスムーズに開始できるか」「人間関係も良好に保てるか」などが大体想定できるため、採用側はこの点を注意深く観察しているのです。

聞かれたくない質問の対策と回答例

転職希望者は、誰しも「転職せざるを得なかったネガティブな理由」を抱えています。

私は今まで様々な看護師転職希望者の方とお会いして話を伺いましたが、「バラ色の退職理由があって転職を考えた看護師」には会ったことがありません。転職を考える人は誰しも「聞かれたくない理由」を抱えていることが多いのです。

したがって、「嫌な質問」、「困るような質問」、「答えられない質問」を受けたとしても、なによりも大切なのは「慌てないこと」です。

面接で慌ててしまう人は、採用担当者からすると、緊急の場面に遭遇したときにも慌ててしまいパニックになる看護師とみなされます。このような看護師を採用するわけにはいきません。

そのため、あらかじめ「聞かれたくない質問」に対しては対策を練っておくことが重要です。そのいくつかの質問についての対策と回答例についてお話ししていきます。

「なぜ前職を辞められたのですか」

この誰しも「答えにくい質問」は必ず面接で聞かれる必須項目です。「退職理由の正当性」と、「また同様の理由で当院も辞めるのではないか」を確認する質問になるため、採用担当者は特に真剣に尋ねる質問になります。

では、あなたが今回転職を迫られた「ネガティブな退職理由」をどのように伝えると良いのでしょうか。

この質問の伝え方には、2つあります。

第一は、「理由をストレートに伝える方法」です。採用担当者も「それでは仕方ないよね」と心底同情してもらえるくらいの、客観的に考えて誰もが納得できる退職理由であれば、ストレートに伝えると良いでしょう。

ただし、誰しも自分に甘くなりがちです。そのため、「そのような理由だと単なる逃げ口上ではないか」と思われるような内容ですと、ストレートに伝えないほうが良い場合もあります

それ以前の問題として、ウソをつくことは絶対に止めましょう。ウソをつくと話のつじつまが合わなくなってしまいます。この「退職理由を聞かれる質問」は大抵、面接の始めの頃にされます。面接の始めにウソをつくと、そのあともウソをつき続ける必要がでてきます。

ストレートな理由として挙げやすいのは、以下のような退職理由です。

・子どもがまだ小さく、よく病気にかかるので、夜勤のある正職員では厳しいと考えた

・親の介護が必要となり、今までのような勤務が難しくなった

・夫が転勤となり、転居することとなった

このように自分が発端となった退職理由ではなく、「家族のことを考えて退職せざるを得なかった」といった理由ですと、採用担当者も納得しやすくなります。

しかし、新たに「転職しよう」と考えて面接に臨んでいるのです。そのため、退職理由をフォローするような言葉、例えば「親が施設に入所できたので、勤務が可能となった」「夫はもう転勤はないと言っている」など、「採用側を安心させる旨」を伝えておくことが大切です。

第二は、「ネガティブな転職理由をポジティブに伝える方法」です。

退職するに至った理由として、「何かしらのネガティブな要因があるから辞めた」ことを、採用担当者も分かっています。

しかし、「有給休暇がもらえなかった」「上司と揉めた」「仕事内容が合わなかった」「人間関係に疲れた」「労働対価が合わなかった」などの前職の悪口・誹謗中傷といった本音を語ることは絶対にNGです。

そこで「本音をベースにしつつ、ポジティブな面を訴える方法」が最善だといえます。すなわち、「単なる不平不満からではなく、現状では叶えられなかった強い想いがあるから辞めたのだ」とするのです。

そのため、仕事に対する熱い想いと今後の前向きな仕事の取組みについて伝えることが大切です。

以下に退職理由の模範回答例について載せておきます。

「人間関係が嫌になり退職した」場合の回答例

前職は、「看護師長からの命令が絶対的な組織」で、師長しか行えない看護業務があり、それを他の看護師に伝えることはありませんでした。そのため師長が不在のときは、その看護業務に支障が出てしまい、患者様にご迷惑をかけることがしばしば発生してしまいました。

私はこの問題を放置することができず、何度か院長に訴え改善提案を試みました。しかし、院長は「看護師長と院長との間の業務に支障がでる」のを恐れ、聞く耳をもってもらえませんでした。

このまま不信感を募らせ患者様の看護を行うことは、自分の気持ちが付いていかず、「双方のためにならない」と考え、退職を決意いたした次第です。

回答例ですが、前職への信頼感が薄れていくという経緯から、「ネガティブな気持ちのまま看護を続けることはできない」と見切りをつけた内容としました。「双方の仕事のベクトル(看護観)が異なるため、退職を決断した」とし、退職理由を明確にしています。

ただ前述しましたが、「前職の退職理由」などを伝える場合、自分自身のことはなかなか客観的に見ることはできません。

できれば、あなたが考えた退職理由がポジティブな内容として受け止められるかどうか、友人や家族、転職サイトのコンサルタント(転職エージェント)など第三者に聞いてもらい、アドバイスをもらうとよいでしょう。いろいろ助言してもらうことで「誰もが納得できる退職理由」へ変わっていきます。

また、注意しておきたいことがあります。採用側が個人経営のクリニックや中規模の医療機関などである場合、「院長の採用方針」などによって、「退職理由の答え方に関して熟考したほうが良い場合」があるのです。

これらの内部情報は通常、流れることはありません。しかし、看護師専用の転職サイトですと「希望する求人の内部情報」をもっていることが多いです。

その内部情報の中には、「院長の採用方針」などが含まれており、「院長はどのような退職理由だと納得し、どのような看護観をもっている人を好んで採用するのか」なども面接前に具体的に教えてもらうことができます。

これらの内部情報を事前に聞いておき、その求人に合わせた理由を述べることで、希望する求人に採用される可能性が高まることを知っておくと良いでしょう。

「仕事をしていて、人間関係に困ったことはありますか」

この質問で採用担当者は、「人間関係でトラブルを起こすことなく周囲のスタッフと協調してやっていけるか」を見極めたいと考えています。また、人間関係でのトラブルに対して、「どう対処し、どう克服しているのか」という人間関係修復力も確認したいのです。

「人間関係で困ったことは無い」と答えるのは、40代・50代の看護師であれば少し短絡的です。

20代の看護師とは異なり、この年代になると、周囲とぶつかりながら成長していっているはずです。「無い」と答えることで、かえってマイナスの印象をもたれてしまいかねません。

また当然のことですが、人間関係でのトラブルで、相手を一方的に非難したり、中傷したりするのはNGです。

どうしても「自分は正しかった」とアピールしたい気持ちは分かりますが、「自分にもこのような非があったから、このように行動すればよかった」といった改善点を話すと印象が良くなります。

では回答例を次に示します。

はい。私は前職で、副師長が一部の新卒看護師ばかりに目を向け、他の新卒看護師は無視されている状況に気づいたことがあります。そのことを気にして精神的に参っている新人もいました。

私は、「このままではいけない」と考え、副師長に「新人を無視している状況」を改善してもらえるようにすぐに訴えにいきました。しかし、「必要だから無視しているの!」といわれ、私まで無視されるようになりました。

その後、副師長から業務上のことなどは必要最低限のことしか伝えられず、周囲の雰囲気も険悪になり、仕事上支障をきたすようになりました。

そこで私は看護師長とも相談し、看護師長、副師長、私の三人で話し合う場を設けてもらうことにしました。

そのときに副師長が新人を無視していたのは、「新人の態度が悪いから叱咤激励するためだ」と伝えられました。しかし、それでは「コミュニケーション不足で、新人が育たないのではないか」と私の意見も伝えました。

何度かの話し合いのあと、副師長は無視をしなくなり、新人も元気を取り戻すことができました。

私は一時的ではありますが、副師長に対し自分の意見ばかりを感情的に伝えたため、聞く耳をもってもらえず、問題を長引かせてしまいまいました。この出来事以降は、冷静に相手の意見や考えを把握し、コミュニケーションを取れるように努めております。

回答例ですが、相手を非難するだけでなく、自分なりの反省点この経験で得た仕事への取り組み姿勢を述べて、フォローしています。

このようなフォローがあれば、採用担当者に「応募先の医療機関でも人間関係でトラブルを起こすことがない」とイメージさせることができます。

「今までの看護経験上、一番大きなミスはなんでしょうか」

何十年か看護師をしてきて「ミスをしたことがない」という方はいないでしょう。この質問をすることで、採用担当者は、そのミスに対して「どのように対処し、それを今後の仕事でどう活かしているのか」を知りたいのです。

具体的に述べると、「ミスの影響範囲の調査・分析」から「その解決方法の検討」、「再発防止策」までに分けて答えると、伝わりやすくなります。

そして必ず、「そのミスから得た教訓はどのようなものか」「ミス防止のために、どのようなことに取り組んでいるか」といった点をアピールするようにしましょう。

ここでも、ミスを「周囲の環境や他のスタッフのせい」にすることは厳禁です。責任転嫁をしてしまっては、「ミスを反省していない、自分の問題として受け止めていない」と考えられて、マイナス評価になってしまいます。

40代・50代の看護師であれば、自分のミスとして認め、今の看護に活かしていることを伝えることが重要です。

下記に回答例を挙げます。

私は、前の職場で誤薬をしてしまったことがあります。ご家族がかかりつけのクリニックの薬を持参されており、「指示に従って服用させてほしい」とのことでした。

薬袋に「4×1毎食後・就寝前服用」とあったので、私が受け持ちの夜勤の時間帯、その薬を3回服用してもらいました。

しかし、その薬は「頓服用」の薬でした。私は他の患者様に呼ばれていたこともあって、薬の内容を確かめることなく、患者様に服用させてしまったのです。すぐに上司や医師に報告し、1時間おきにバイタル計測を行うこととなりました。

その後、何も患者様の容態は変化することなく事なきを得ました。患者様とご家族には、私のミスでご心配・ご迷惑をおかけしてしまったことを謝罪し、ご理解をいただきました。

しかし看護師として、「このようなミスは絶対にあってはならないことだ」と認識しております。

この件は、「忙しいことを理由に中途半端にしか確認していなかったダブルチェック体制を、以降徹底させる」ことにつながりました。そのおかげで今日まで誤薬ミスゼロを継続することができています。

回答例ですが、まず「ミスの内容」や「それを発生させてしまった背景」について、端的に述べました。

そして、それまで仕事の忙しさを言い訳にして機能していなかった「ダブルチェック体制」を徹底させ、その後「誤薬ミスを無くす」という取り組みを継続させたことが伺えます。「ミスをミスのまま終わらせない」という姿勢をみせることが重要となります。

「どうして結婚をしないのですか」

看護師をしていると女性一人でも十分生活していくことができ、独身の看護師でこの年代になると、むしろ「家庭をもつことは厄介だ」と感じている人も多くいます。

しかし、応募先の医療機関では、看護師能力とは全く関係のない、「結婚」「出産」などに関して、こちらが不愉快になる質問を投げかけてくる採用担当者もたまにいます。

このような質問に関しては、「それは私が御院で仕事をする上で、何ら関係がない話です。ですので、お答えする必要は無いと思いますが…」と正論で答えたいところですが、それでは角が立ってしまいます。

ここでは感情的にならず、大人の対応が求められます。

質問に対しては、感情を表に表さず、質問されたプライベートな内容をサラリとかわすようにしましょう。「彼氏(彼女)・結婚・子どもよりも仕事が大切だ」と「仕事に対する情熱」をアピールするのです。

では回答例を載せておきます。

私は45歳という年齢ですので、老後のことを考えると、「結婚願望がない」といえばウソになります。しかし私の周囲では結婚をしたことが看護キャリアの妨げになってしまい、志半ばで自身のキャリアを諦めざるをえなかった同僚を多く知っております。

今、私は看護キャリアの集大成の時期であると思っています。そのため、仕事に一番の関心をもっており、患者様の喜ぶ顔を見ることに「人生のやりがい」を感じております。看護師の仕事を差し置いてまで、すぐにでも「結婚したい」という考えはありません。

幸いなことですが、いまお付き合いさせていただいている方は、私のこの思いを理解してくださっており、「お互いの仕事を尊重し合う関係」が築けています。

このように、採用しても「寿退社がある」や「結婚して夫と一緒に転勤する」という採用側の心配を無くしています。採用側があなたの結婚観について知ることで、結婚といったライフイベントで退職し「すぐに代わりを探さないといけない」という事態を避けることができるのです。

この年代だからこそ、質問されると嫌な気持ちになってしまいますが、うろたえることなく、上手く切り返し、誠実に答えることで好印象を与えることができます。「ライバルと差をつけやすい質問」といってもいいでしょう。

「あなたの希望する給与額について教えてください」

給与額についての質問は、本音で言っていいのか、それとも謙遜すべきなのか、大変迷う質問であるといえます。

40代・50代の看護師の給与額は、経験・能力・実績といった「属人的な要素」によって決定されます。どこの学校を出ようが、横並びの新卒と異なり、給与テーブルにはうまく乗らない年代です。

そのため、希望する給与額については、「具体的な金額」を伝える必要があります。

ありがちな間違いとして挙げられるのが「御院の規定に従います」といった答え方です。このような一辺倒の答え方では、的を得ていない回答であるといえます。

一方で、あくまで「希望する給与額」だからといって、上限をいったり、好き勝手を主張したりしてはいけません。

例えば、前職で430万円だった方が、いきなり550万円以上を希望する場合、この差額の120万円アップの根拠について、誰もが納得いく理由が必要です。

当然、子どもの学費や、家のローンを抱えているといった「プライベートな内容」ではなく、前職ではなかった役職が付いたり夜勤をしたりといった「業務に関連した内容」を説明する必要があります。

採用側の想定する給与額とあなたが希望する給与額に乖離があると、選考のとき通過しにくくなります。

私の40代前半の友人で「求人票に『基本給22~34万円』との記載があった。私は専門看護師の資格をもっているから、一応34万円で希望してみよう」と面接で「上限金額での希望給与額とその理由」を伝えた人がいました。しかし結果は、「不採用」でした。

あとで分かったことなのですが、その病院で基本給34万円というのは、40年以上働いている看護師長でも支払われていない給与額だったのです。

希望する給与は、仕事ぶりをみて後から判断してもらうことも可能です。ですので、最初はあまり高い給与額を主張しないほうが得策です。下記に回答例を示しました。

450~500万円の範囲を希望します。前職の前年度の年収は450万円でした。御院で採用していただきましたら、管理職候補ということと、月に3回の夜勤が加わるため、その責務に見合った金額として設定させていただきました。

今後の私の働きぶりを見て、再度給与額を考察していただけると幸いです。

このようにある程度給与額に幅をもたせ、「今後の働きぶりをみて再考してもらえる」よう伝えておくと良いでしょう。

答えにくい質問だからこそ、的を得た回答を

このように「答えにくい質問」というのは、「あなただけに対して」ではありません。だれもが「答えにくい」と感じ、その場で取り繕ったり、慌てたりすることが多いです。

そのような質問だからこそ、事前にしっかり準備しておいて、慌てず、誠実に答えるようにしましょう。そうすれば、他の応募者との差が生まれ、好印象を与えることにつながります。

「いつも面接で不採用となってしまう」といった方は、答えにくい質問をされた時に無意識のうちに目が泳いでいたり、慌てたりしているのかもしれません。

できれば第三者(友人や家族、転職サイトのコンサルタント)などに予行演習を行ってもらい、落ち着いて的を得た回答を行えているかどうか確認してもらうと良いでしょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く