民間病院から大学病院へ転職希望の看護師は多いです。民間病院では達成できなかったことを大学病院で実現していこうと、気持ちを新たにしていることと思います。

ただ、「最先端の看護技術が身につけられるので、やりがいを感じることができるだろう」「大学病院で働くと、次に転職してもどこでも勤められるだろう」などと安易に考えて働き始めると、イメージとのギャップに悩み、働きにくさを感じてしまうかもしれません。

そこで今回は、「看護師が民間病院から大学病院に転職する前に把握しておきたいポイント」について述べていきたいと思います。

大学病院の性質を理解する

そもそも大学病院とはいったいどのようなところなのでしょうか。民間病院では主に診療を担っていますが、大学病院では「診療」のほかに「教育・研修」「研究」を加えた3つの役割があります。

大学病院では、各地域における高度医療の提供を担っており、民間病院と同様に診療を行っています。ドクターヘリを活用した地域医療の再生に貢献しているのも大学病院が中心です。民間病院では治療困難な難病などにも、最後の砦として高度医療を提供しています。

また大学病院は大学付属の病院であることから、医師や研修医、看護師などの医療従事者の教育・研修を行う場でもあります。そのため、民間病院よりも大学病院のほうが様々な種類の勉強会や研修会、看護研究などが多く行われており、教育環境が整えられているといえます。

さらに、大学病院では先進医療や専門分野の研究が行われています。先進医療技術の導入に伴い、看護師にも看護ケア技術のさらなる向上が求められています。

看護師が民間病院から大学病院へ転職するメリット

これらのことを踏まえて、看護師が民間病院から大学病院へ転職する際のメリットは次のとおりです。

  • 最新の医療知識を身につけることができる
  • 民間病院では扱わない重症疾患や難病に関わることができる
  • 専門性の高い看護を極めていける
  • 採血や処置などは研修医が行うなど、分業されている
  • しっかりした教育制度を享受することができる など

それぞれについて述べていきます。

・最新の医療知識を身につけることができる

大学病院は研究機関であることから公私立に関わらず、国から補助金を受け、臨床研修を実施するための環境を整備しています。そのため、最先端の医療機器などを導入して治療や治験などを行っています。

そのため医師だけでなく、診療介助に携わる看護師もまた最新治療を見聞でき、医療知識を深めていくことができます。

・民間病院では扱わない重症疾患や難病に関わることができる

また、民間病院では治療困難な症例や難病などの珍しい症例であっても、大学病院では受け入れを行っています。そのことから、より個別性の高い看護を提供できる場を与えられています

患者さんは全員急性期であるため、容態が安定すると民間病院へ転院していきます。そのため、他の民間病院の看護師であれば関わらなければならない「介護士のような仕事」がほとんどありません。看護に集中できるのが大学病院で働く看護師の特徴です。

以下では、大学病院の医師と看護師に支えられて、疾患を克服し世界を飛び回っている友人についての話をします。

私には大学生のときに知り合った先天性の顔面奇形をもつ友人がいました。その友人は社会の偏見には動じない性格の明るい女性で、リュック片手に世界のあちこちに旅行するのを趣味としていました。

その友人は幼いころから、都内のある私立大学病院に30年以上通っています。整形手術を数十回受けて、顔の一部分が少しずつ矯正されていきました。しかし、美意識の高い彼女が完全に満足するにはまだ至っていないようでした。

「次の手術こそ自分の気にしていた部分が改善される」と思い、新たな気持ちで臨んだのですが、術後、鏡をみた友人は自分がイメージしていたのとは異なり、すこし気持ちが下向きになりかけていました。

すると、その様子をみた大学病院の看護師は、友人にリハビリメイク(顔や体の損傷部分に施すメイク)を行ったそうです。

そのメイクを受けて、友人は「自分でもやってみたい」と考えるようになり、数年の月日をかけてリハビリメイクの資格を取得しました。そして、いまでは「同じ顔面損傷で悩んでいる患者さんに対して、リハビリメイクを教える講師」として世界を飛び回っています。

その友人は「幼いころから通っていた大学病院の医師や看護師に支えられていて、自分のことをかわいそうと思ったことは一度もない。むしろ、医師や看護師にいろいろな世界を教えられ広げてもらって、自分は誰よりも恵まれた環境にあった。多くの医療人に支えられて、いまの私がある」といっています。

その大学病院の看護師は「難病や手術、事故などで顔面に損傷のある人をどのようにしたら助けることができるのか」を考えて、上司に相談して、勉強を始めたそうです。

そして、実際にその看護師がリハビリメイクを病棟で行うようになると、メイクで気持ちが前向きになる患者さんをみた周囲の看護師も次第に興味をもち始めました。いまではその看護師は、大学病院でリハビリメイクの研修会講師を務めるまでになったそうです。

ちなみに、日本医科大学付属病院の形成外科・美容外科、大阪市立大学医学部付属病院形成外科などではリハビリメイクの講習会が開かれているくらい、リハビリメイクは一般的になりました。

このように必要だと判断されると、さまざまな方向性を広げて個別性の高い看護を行えるのも「大学病院ならでは」だといえます。

・専門性の高い看護を極めていける

さらに、大学病院では民間病院のように「外科」「内科」といった大きな区分をされていることはありません。例えば、同じ外科でも「心臓血管外科」「頭頚部外科」「肝胆膵外科」など、内科でも「腫瘍内科」「消化器肝臓内科」などと細かい区分を行っていることが多いです。

そのため専門性の高い看護を極めていくことが可能です。

ある特定の領域に興味があり「その分野に特化して専門性を深めていきたい」という希望があれば、高度な看護知識を習得することができ、「その看護分野の第一人者」として将来を期待される人物になることができます。

・採血・点滴などは研修医が行うなど、分業されている

採血・点滴などの手技は医師や研修医が行います。大学病院の看護師はバイタル測定や点滴管理、個別性を重視した看護ケアの提供などを行う、というように仕事が完全に分業されています。

私の勤める院長の大学病院で経験した研修医時代の話を次にします。

院長は研修医のとき、採血・点滴器具一式が入ったワゴンをもって、採血や点滴が必要な各患者さんのところに一人で回っていたそうです。

研修医には「すべての採血・点滴を終えるまで看護ステーションに戻ってきてはならない」とのルールがあったようです。

もちろん看護師の手出しは許されておらず、血管確保が難しい患者さんに当たったときは、怒る患者さんに謝り続け、冷や汗をかきながら注射針を何度も刺していたそうです。

その隣で看護師が涼しい顔をしてバイタル測定をしていたのをいまだに忘れられないと、笑い話で語っていました。

民間病院では一般的に採血や点滴は看護師の仕事ですが、大学病院では医師であっても採血を行い、手技を身につけていかなければなりません。そのため、大学病院の看護師は採血や点滴を行うことはありません。

患者さんと近い距離で関わりたい方や、採血などの看護技術を身につけていきたい方は、大学病院よりも民間病院の看護のほうが向いているといえます。

反対に、先進の医療・看護について学びたい方や専門性を深めていきたい方であれば、大学病院の看護師が向いているということになります。

・しっかりした教育制度を享受することができる

大学病院は教育機関であることから、教育体制は万全です。新卒看護師の教育体制だけでなく、レベル分けなどが行われているため、中途採用の看護師にも充実した研修が準備されています。

研修はただ単に、看護スキルや知識を習得するにとどまらず、レベル段階に応じたフォローアップを行ったり、看護ナラティブ発表(自分の体験した看護を振り返り語ること)を行ったりし、看護観を深めていくことが可能です。

認定看護師や専門看護師などの資格支援制度が充実しており、大学病院であれば休職や退職などに至らないサポート体制が整っています。

民間病院から大学病院へ転職するデメリット

では反対に大学病院で働く看護師のデメリットとはどのようなものでしょうか。以下にまとめました。

  • 時間外勤務・休日出勤が多い
  • 大学病院付属学校出身者を優遇する
  • 点滴などの看護手技ができなくなる
  • 国立の大学病院に勤めても国家公務員ではない など

それぞれについて次に説明します。

時間外勤務・休日出勤が多い

大学病院では患者さん全員が急性期であるため、容態が変化しやすく病棟は非常に多忙です。

なかには「3交代であるにも関わらず、深夜勤で午前0時に出勤すると、日勤・準夜勤の看護師全員がまだ残っていて、誰も交代していなかった」というほどの忙しさの日もあります。

加えて、大学病院で勤務する看護師は、一般的な勤務に加えて、勉強会や研修会、看護研究などに参加しなくてはなりません。プライベートの時間が少なく、体力的にも精神的にもきついと感じることが多いです。

民間病院であれば、勉強会や研修会は自由参加であることが多いのですが、大学病院の場合は暗黙の了解で強制参加のことが多いです。

大学病院は学ぶ意欲の高い看護師が集まっているため、このような勉強会や研修会に参加しなければ、他の看護師に後れをとったような錯覚に陥りやすくなります。

業務終了時間は17~18時であっても、これらの研修会や勉強会は業務終了時間に合わせて開催されることが多いため、それに参加すると大体20時くらいまで残ることが多くなります。

また、大学病院では夜勤明けや休日でも勉強会や研修が頻繁に行われていることから、そちらに参加しなければならないこともあります。そのため、「毎日病院に行かなければならず、疲れが取れなくてきつい」など疲労が溜まりやすくなります。

さらに時間外や休日に勉強会に参加したとしても、それは自己研鑽であり業務の一環ではないと考えられ、時間外手当のつかないところがほとんどです。これをきついと感じ、大学病院の看護師が転職する理由の一番に挙げられます。

・大学病院付属学校出身者を優遇する

すべての大学病院に当てはまるわけではないのですが、大学病院付属学校卒業の看護師と外部学校卒業の看護師では、扱いが異なることがあります。それは中途採用でも当てはまります。

大学病院に勤める友人(外部出身)の話では、なにかミスをしてしまうと「うちの大学を卒業した看護師だったら、このようなミスはしない」と責める上司がいたそうです。外部学校卒業の看護師であると、キャリアを積んできた中途採用でも「使えない」と固定観念をもたれていることがあり、働きにくさを感じる人が少なくなりません。

民間病院から大学病院へ転職を検討しているのであれば、外部から入職した看護師の比率や定着率などを事前に把握しておくことが重要です。

点滴などの看護手技ができなくなる

また採血や点滴などを看護師が行っていないため、看護手技に疎くなります。そのため、大学病院から総合病院へ転職するとなると、看護経験はベテランでも、看護の基礎である点滴や採決技術一つ実施できない事態が起こりえます。

これでは他の看護師から、キャリアを積んできた大学病院出身の中途採用者なのに「使えない」と思われてしまいます。基礎的な看護手技ができなければ、転職しても即戦力になれず、苦労してしまいます。

次に私の知り合いが体験した大学病院の看護師が転職後に苦労した話をします。

私の知り合いの看護師は、国立の看護大学を卒業し、大学病院に8年勤めていました。その後、家庭の都合で、規模の小さい民間病院に転職しました。国立大学卒業と大学病院勤務を評価され、入職して2年後、院長直々に看護師長に任命され、スピード出世を果たしました。33歳のときです。

ただ看護師長になったすぐあと、彼女は退職を余儀なくされることになります。大学病院では採血や点滴などの看護技術を身につけていなかったため、即戦力にはなりませんでした。入職してしばらくは、先輩看護師にさまざまな看護基礎技術を一から教えてもらわなければならなかったのです。

それでも入職して2年後、その中途採用の新人看護師が、先輩看護師を差し置いてスピード出世したため、先輩看護師は面白くありません。「ただ大学を卒業して大学病院から来ただけで、使えない看護師なのに」といわれ、徐々に人間関係がぎすぎすし始め、居づらくなったそうです。

「大学病院から民間病院へ転職してきた」となると、周囲はどのようなすごい看護師が来るのか、過剰な期待をします。しかし実際には、点滴や採血が行えない「使えない看護師」であることが多いといわれています。周囲の期待が大きいだけに、失望もまた大きくなるのです。

「使えない」といわれないためにも、大学病院が看護師に提供しているeラーニングなどで採血などの手技を確認して、忘れないようにすることが肝心です。

・国立の大学病院に勤めても国家公務員ではない

国立の大学病院に就職すると、一見国家公務員になり、安定した給与と充実した福利厚生に恵まれそうです。しかし、看護師が国家公務員となれるのは、厚生労働省の職員や自衛隊看護師、結核やハンセン病療養所の看護師など一部です。

たとえ、国立大学病院の看護師として勤務したとしても、公務員ではありません。国立大学附属病院はすべてが独立行政法人化され、そこに勤める人は、国立大学法人の職員となります。

ただし、公務員時代の給料体系や福利厚生が残っているため、民間病院と比較すると安定しているといえます。

大学病院と民間病院の給与・待遇の差

ちなみに、大学病院も民間病院も給与や待遇に差はありません。平均年収はどちらも約480万円前後となっています。

ただし、東京や大阪、福岡、神戸、千葉など大都市にある医療機関では大学病院も民間病院も地域手当を設定していることがあり、地方の医療機関よりも高い給与水準であることが多いです。

地域手当とは、各地域の生活水準に合わせて支給される手当のことで、物価が高い地域ですと支給されることが多いです。これは各大学病院のサイトにある看護師募集で確認することができます。

以下は、地域手当が付与されている九州大学病院の看護師求人の給与です。

次に紹介するのが、地域手当が付与されていない愛媛大学医学部付属病院の看護師募集要項になります。

各種手当はあるものの、愛媛大学などの地方の大学病院であれば、地域手当はつきません。

そのため、文部科学省が公開している国立大学職員の給与からもわかる通り、上記の九州大学では平均給与が519万円、愛媛大学では427万円と差が出てきてしまいます。

このように同じ国立大学病院でも給与には差が生じるため、一概に「大学病院の看護師のほうが民間病院よりも年収は高く、安定している」とはいえないことがわかります。

また私立大学病院ではどうでしょうか。慶応大学病院の看護師募集要項の給与欄は以下の通りです。

慶応大学病院は私立病院の中でも看護師の年収が高いことで有名です。ほかにも探せば、このような高待遇の私立大学病院の看護師求人はあります。

私立大学付属病院がいいか国立大学付属病院がいいかは、大学病院によって異なります。初任給が高いからといって、昇給率まで高いとは限りません。

詳しい情報を知りたい方は、看護師専用の転職サイトに登録をして、有益な情報を集めることをおすすめします。転職サイトの中には、下の「看護のお仕事」のような「情報収集の利用だけでも構わない」とするサイトがあります。

希望する大学病院に勤めている複数の看護師から内部情報(昇給率・離職率・退職理由・人間関係・上司の人柄・働きやすい科など)を聞き出してもらえます。

「本当に知らなければならない転職情報とは何か」を考え、具体的な情報を手に入れることが転職での成功につながります。

福利厚生は大学病院のほうが充実

福利厚生については、民間病院よりも大学病院のほうが充実していることが多いです。福利厚生とは、家賃の補助、各種年金、寮や社宅の完備、職員のための食堂や、保養所、資格取得支援制度などのことをいいます。

こちらは希望する大学病院サイトの看護師募集要項の欄を、規模が同程度の民間病院と比較してみるとよいでしょう。

民間病院の場合は資格支援取得に積極的ではない医療機関がありますが、大学病院では教育機関でもあることから、決してそのようなことはありません。やる気さえあれば、看護に必要なさまざまな資格を取得できるようサポート体制が整っています。

またワークライフバランス推進を掲げ、誰にとっても働きやすい職場に改善する推進運動を実践しているのも大学病院が多いです。推進運動をしていても時間外労働が多く、なかなかプライベートの時間をとるのが難しいのが実情ですが、少しずつ改善はみられています。

どの程度のワークライフバランスが実現されているのかを具体的に知り、転職後のプライベートな時間が確保できるのかを把握することが大切です。

学ぶ意欲のある看護師が大学病院を希望する

研究機関でもある大学病院で最新の知識を取り入れたい方や先進医療に興味のある方は大学病院に向いているといえます。学んでいきたいとする向上心をもっていれば、仕事にやりがいを感じて取り組むことが可能だからです。

反対に、プライベートを大切にしたいのであれば、民間病院をあたったほうが良いかもしれません。

大変な分、やりがいや目標をもって仕事に励めるのが大学病院の看護師のメリットです。自分のやりがいや目標を達成できる大学病院はどこであるのか事前の情報収集を怠らず、満足いく働き方を見つけ出してください。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く