医療機関などで看護師としての働き方以外に、「外資系企業での看護師の仕事」についてご存じでしょうか。

「看護師の私が外資系企業に勤められるの?」などと耳を疑うような話ですが、実は看護師免許を保有しているからこそ需要のある仕事が存在します。

今回は病院などの医療機関への看護師転職とは異なる、看護師免許を活かした外資系企業での仕事や転職についてお話ししていきたいと思います。

外資系企業とはどのような会社?

外資系企業と聞くと、どのようなイメージをもっているでしょうか。

「社内は外国人が多く、英語で会話している。一流大学出身の人ばかりで、実力主義。看護師が入り込む隙はない」などを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

外資系企業とは、海外の企業が経営している会社のことです。外資系企業の求人の中には、英語が全く話せない人、一流大学出身でない人、そして看護師も採用されています。

もし転職を考えているときに、外資系企業の看護師求人があったとしても、「英語が話せない」「学歴がない」などの理由で選択肢から除外してしまっては、大変もったいない話なのです。

実は外資系企業には、日本の医療機関で看護師として働く以上の魅力に溢れていることが多いです。自分の実力を試していきたい人にとっては大変働き甲斐のある職場となるでしょう。

とくに外資系企業の看護師求人で多いのが、医薬品メーカー、医療機器メーカー、SMO(Site Management Organization:治験施設支援機関)などです。実はこれらの外資系企業に看護師求人の採用枠が存在します。

そこで次に、外資系企業での看護師求人の仕事内容についてお話していきたいと思います。

外資系企業が看護師を採用する職種

外資系企業での看護師求人としては、治験コーディネーター、臨床開発モニター、データマネジメント、クリニカルスペシャリスト、産業保健師、メディカルコールセンターなどが挙げられます。ひとつずつ仕事内容や必要なスキル、年収などについて確認していきます。

治験コーディネーター(CRC)とは

治験コーディネーターとは、病院やクリニックなどの医療機関で治験担当医師の指示を受けて、被験者(患者)のスケジュール管理やI.C.(インフォームドコンセント)、データ収集、データ管理などを行ないます。

治験をスムーズに進めるために、製薬会社・被験者・治験を実施する医療機関の間に入り、治験の管理・調整役を担っています。

治験コーディネーターに特別な資格は必要ないのですが、実際の仕事の中で医療知識や専門性が問われます。そのため、看護師や臨床検査技師、薬剤師など医療系資格を取得している方が多い職種となります。

看護師経験があれば、被験者さんに対して精神的フォローが行えるなど、さまざまな場面で治験コーディネーターの仕事に役立てることができます。

また治験コーディネーターとしての主な就職先ですが、SMO(治験施設支援機関)、治験を実施する医療機関の二つとなります。SMOとは医療機関から委託を受けて治験業務をサポートする機関のことで、外資系企業であることが多いです。

このため治験コーディネーターとして外資系のSMOに就職すれば、外資系企業で活躍する門戸が開かれるというわけです。

例えば、以下のような求人が存在します。

治験コーディネーターは未経験者であれば、年収が300~400万円ですが、経験者であれば400~500万円でスタートできます。入社時は前職や経験などが考慮されますが、数年経験を積めば仕事の実績で評価されるようになります。

業務全体を一人で進められるくらい仕事ができるようになれば、元看護師でも年収1000万円を超す人が出てきます。英語力は初級から中級程度で、企業によっては全く必要としないこともあります。

臨床開発モニター(CRA)とは

臨床開発モニターとは、治験が法に定められた通りに実施されているかどうかモニタリングを行ったり、治験のデータをとったりする仕事になります。仕事内容で特に多いのは、症例報告書とカルテを比較検討するというものです。

他にも、治験実施をお願いできる医師や医療機関を選び、治験依頼を行ったり、治験実施計画書(プロトコール)の説明と合意を行い、医療機関と契約を締結したりする仕事も臨床開発モニターの仕事です。

臨床開発モニターの主な就職先ですが、製薬会社やCRO(開発業務受託機関)となります。製薬会社、CROともに外資系企業が国内に多く参入しているため、臨床開発モニターであれば外資系企業に就職できる機会が増えます。

次に紹介するデータマネジメントからの修正依頼があると、何度も治験依頼をした医療機関に出張しなければならなくなるなど、臨床開発モニターは激務であることが多いです。

例えば、以下のような求人になります。

激務ではありますが、臨床開発モニターは年収が大変高いことで知られています。2~3年の経験で年収500万円前後、経験を6年以上積むと600万円以上、10年を超えると800万円も夢ではないのです。

実力や成果をつけていけばいくほど年収を挙げていくことができるため、経験の少ない若い看護師でも高給与を得られるチャンスが広がっているということです。

英語力については、中級から上級程度、電話でのやり取りでリスニングやスピーキングなどのコミュニケーション能力を必要とすることが多いです。

データマネジメント(DM)とは

治験や臨床試験において、臨床開発モニターが集めた症例報告書をデータベースに入力し、チェックを行うのがデータマネジメントの主な仕事です。

データマネジメントが入力したデータから、医薬品に使用される成分の有効性やどのような副作用が出現したかなどを統計学的に分析し、国に提出する資料作成を行います。

データに食い違いがあれば、先ほど述べた臨床開発モニターに調査依頼をし、症例データの管理などを行ないます。

こうした求人には、以下のようなものがあります。

データマネジメントは臨床試験により、得られた治験データを入力・分析するなど新薬開発を裏方でサポートする仕事です。安定した収入を得ることができるため、パソコンスキルに自信がある方は応募してみるとよいでしょう。

英語力はこちらも臨床開発モニターと同様にコミュニケーション能力を重視しており、中級から上級程度であるほうが優遇されます。英語力には自信がないもののパソコンには自信がある人であれば、外資ではなく、内資(日本)のデータマネジメント会社への転職を視野に入れると良いでしょう。

クリニカルスペシャリスト・クリニカルアドバイザーとは

クリニカルスペシャリスト・クリニカルアドバイザーは、それぞれ言い方は異なりますが、大まかにいえば、これらの2つの職種はともに、医療機関へ自社製品の宣伝や営業、説明を行う仕事になります。

例えば、人工呼吸器や人工心肺など高度な医療機器製品を取り扱う医療従事者(医師や看護師など)に、それらの製品の説明やトレーニングなどを実施します。

病棟勤務の看護師だった頃、スーツを来たこのような営業マンらしき人物から医療機器の説明を受けたことがあるのではないでしょうか。あの人たちがクリニカルスペシャリスト・クリニカルアドバイザーといわれる職種の人です。

必ずしも看護師免許が必要というわけではありませんが元看護師であれば、説明を受ける看護師の立場になって医療機器の説明を行えます。そのため、クリニカルスペシャリストに看護師求人があるのです。

医療機器メーカーも製薬会社も外資系企業の参入が多いため、これらの職種を視野にいれて転職を考えておけば、外資系企業へ転職できる可能性が高くなります。

ただし、これらの仕事内容は企業によって全く異なるため、転職前にしっかり情報収集しておくことが大切です。実際の求人は以下のようになります。

平均年収は実績で評価する企業が多く、営業成績によって収入に差が出てきます。能力に応じて、平均年収が得られない人がいる一方で、平均以上の年収を獲得できる人もいるというわけです。

主な求人先の企業は、医療機器メーカー、製薬会社などです。病棟で主に看護師が使う製品を扱う医療機器メーカーなどの場合、正看護師の免許を保有しているだけで優遇されることもあります。

また外資系企業のクリニカルスペシャリスト求人の場合、英語力を重視する傾向にあります。本国で作られた新製品の医療機器の取り扱い説明書は日本語に翻訳されていないことが多く、英語の文献を解読する必要があります。これらの説明書が読めれば、迅速に業務を遂行できるため、重要視されています。

産業保健師とは

外資系企業に勤務する社員の健康管理や感染症対策、メンタル管理などを行うのが産業保健師です。健康診断による特定保健指導を行ったり、海外出張時の感染症対策などを任されたりするのが主な仕事です。予防医学や健康相談といった仕事に携わりたい方にはおススメの職場です。

他にも産業保健師の仕事の一つとして、従業員の精神的なサポートが大きな役割をもつようになりました。心理カウンセラーや産業カウンセラーの資格を取得し、産業保健師としての専門性を高める人が多くなっています。

以下のような求人が産業保健師です。


主な求人先の企業は、企業内診療所や健康管理室などです。

産業保健師の場合、企業の規模により年収額が異なります。年収は300万円からというところもあり、一概にはいえません。産業保健師もほかの職種と同様、外資系企業のほうが年収は高い傾向にあります。

ただ、産業保健師は上記に挙げた他の職種とは異なり、営業能力やプレゼン能力などを必要としないため、プレッシャーが少なくて済むのが特徴です。

もちろん仕事をする上で勉強を続けなければなりませんが、残業なども少なく、職場環境は整っていることが多いです。

メディカルコールセンターとは

企業において、従業員や健康保険組合員などから健康に関する電話相談を受けるのがメディカルコールセンターの主な仕事です。他にも、医療機器や医薬品メーカーの電話相談窓口などでも求人が出ることがあります。

医療コールセンターでの看護師求人での主な仕事は、電話やメール、テレビ電話などを使った、利用者からの健康相談です。ケガや急な発熱時への応急処置や対処方法について電話で伝えることもあります。

医療機器サポートセンターでの仕事は、看護師や臨床検査技師など医療従事者に対する、医療機器の使用方法やトラブルについての電話相談になります。

また、医薬品メーカーのコールセンターでは、看護師や薬剤師など医療従事者向けに薬の用法・用量などの説明を行います。

いずれにせよ、電話対応が主ですので、今まで培ってきた医療知識を発揮し、仕事を行うことが可能です。また、体力仕事がないため、腰や膝の悪化が少なくなります。

さらに事業所での電話対応の他に、自宅勤務可の求人が増加傾向にあります。通勤の手間がなくなるため、時間を有効に使える仕事ともいえます。

こうした求人としては、以下のようなものがあります。

マニュアルが完備されており、初心者でも働きやすい職場であることが多いです。コールセンターでの求人はパートや派遣看護師などでも多く、時給が1,500~1,900円前後と、座って行える仕事であるにも関わらず、高時給であるのが特徴です。

外資系企業に勤めるメリット

次に、外資系企業に勤めるメリットについて確認していきます。

高い給与水準

外資系企業に勤める最大のメリットは給与水準の高さです。

企業によりますが、年収は国内医療機関の看護師よりも1~3割高くなることが多いです。看護師の年収が400万円であるとすると、100万円以上はプラスになる計算です。

なかには未経験でも年収500万円からという外資系企業があります。また初任給は低くても、昇給率が高く、すぐに同年代の看護師の平均給与(夜勤あり)を抜く可能性が高いです。

さらに国内の医療機関に勤める看護師と比較すると、外資系企業に勤める看護師は年収1000万円を超えている人の割合が高いのが特徴です。

日本の看護師の労働対価と比べると、外資系企業で勤めるほうが労働に見合った報酬がもらえることから大変魅力的であるといえます。

「どうしても大きなお金が必要になった」という看護師の中には一時的にでも医療機関を退職して、外資系企業への転職を検討する人が存在するくらいです。

給与水準が高いということは、働くうえでのモチベーションを保つ大きなメリットのひとつだといえます。

実力主義

外資系企業のほうが実力を評価されやすい風土にあるといえます。医療機関で看護師として勤務する場合、「他の人よりも自分の能力のほうが高い」と思っても、給与に差がないことがほとんどです。

日本の医療機関で看護師として雇用される場合、年功序列で少しずつしか給与額は増えていかないという側面があります。また国内の医療機関でも「ここの職場は実力主義」として能力の差を認め、給与がアップしていくとしても、年間で何十万円も増えることはまずありません。

日本では看護師が苦労して実力をつけていっても、その実力を認めてくれる風潮は少ないのです。

例えば、認定看護師資格、専門看護師資格などが良い例でしょう。

日本の医療機関では看護師としての専門能力を認めるために、認定看護師資格や専門看護師資格などがあります。

認定看護師は専門機関で半年間勉強し、試験を受けなければなりません。専門看護師に至っては看護師を一旦辞めて大学院に2年間入り直す必要があります。これらの資格を保有し続けるためには5年ごとに有料で申請する必要もあります。

このように多くの費用と時間、努力を必要として、キャリアを磨いていかなければなりません。

しかし、そのような高度な実力をつけたからといっても、多くの医療機関での資格手当は少額です。つまり、認定看護師は3000円、専門看護師は5000円というところがほとんどです。しかも資格を取得したことで仕事が増え、責任ばかりが重くなり、資格取得までにかかった費用を取り戻すことは不可能だとされています。

その点、外資系企業であれば努力をし、実力をつけていけばいくほど、大きなリターン(報酬)として返ってくることが多いのです。

仕事で実力を発揮し、年収や役職を短期間で上げていけるのが外資系企業なのです。

日本の医療機関で看護師として働くには限界を感じている野心家の看護師にとっては、外資系企業で働くほうが実力を認められる多くのチャンスが転がっているといえるのです。

人間的に尊敬できる人が多い

このような実力主義の社会で生き残っている同僚は、学歴や職歴に関わらず、優秀な人が多い傾向にあります。そのような優秀な人でなければ、外資系企業では生き残っていくことができないからです。

外資系企業によっては、年次で契約更新を行っている企業もあります。

社員同士がお互いに積極的に努力し、仕事に磨きをかけていけるような環境は日本の医療機関でも企業でもあまり存在しません。

人間的に尊敬できる人たちの中で、自分自身の成長を実感できるということは、仕事を思いきり堪能したい人にとって、素晴らしい環境であるといえます。

ヘッドハンティングの可能性も

外資系企業で結果を出し続けて「その世界では知る人ぞ知る人物」となれば、さらに年収や雇用条件の良い企業にヘッドハンティングされる可能性が出てきます。

成果が認められるようになれば、医療機関の閉鎖された空間で「自分の実力はこのようなものか」と思い悩んでいた看護師のころの自分を嘘のように感じます。世界に羽ばたいていけるような人間として活躍していくことができるのです。

仕事とプライベートを分けやすい

外資系企業の大きな特徴として、仕事とプライベートの線引きが明確であるという点が挙げられます。

病棟勤務の看護師のように、「遅くまで勤務し、仕事熱心で素晴らしい看護師だ」といった考えはありません。

むしろ、外資系企業で遅くまで仕事をしていたら、「なんて効率の悪い仕事をしているのだ」と思われてしまうでしょう。

外資系企業では「勤務時間は仕事に集中し、退勤の時間が来たらさっと退勤できる人」が優秀なのです。多くの外資系企業では、有給消化率が高く「休みを取得することは、労働者の権利だ」という考えが浸透しています。

上司が長期で連休を取得し、海外に旅行に出かけることも珍しいことではありません。

病棟の看護師のときのように、休みを取得するだけでみんなに頭を下げたり、責められたりするような空気にはならないことが多いです。

新しい働き方が実現できる

外資系企業で働く場合、シンクストレート・トークストレートの考え方(思ったことや考えたことをそのまま伝え考えていく風土)が定着していることが多いです。

多種多様な経験や価値観をもつ尊敬できる人材が仕事を通して、切磋琢磨しながらそれぞれが活躍できる働き方になっています。

国内の医療機関の看護師の働き方はどちらかというと閉鎖的で、言いたいことをストレートに伝えることはあまり好まれません。相手は何を考えているか分からないため態度などから察し、自分の間違いに気づき修正していくことが求められています。

しかし、それでは仕事をする上で大変な労力と時間を必要とし、なかなか思うような結果には至りません。

その点、外資系企業ですと、このようなややこしいプロセスを省き、仕事上必要であれば上司でも部下でも関係なく話し合う風土が出来あがっています。

「コミュニケーションをとり続けることが大切である」という職場の雰囲気であれば、日々自己研鑽を行うことができるだけでなく、自分にとって働きやすい職場環境を作り上げていくことにつながります。

外資系企業に勤めるデメリット

では次に外資系企業に勤めるデメリットについて述べていきます。

福利厚生が整っていないことがある

日本の医療機関では、さまざまな福利厚生を導入しています。しかし外資系企業の場合、福利厚生は日本の医療機関ほど充分に整っていないことが多いです。

日本の医療機関では、家賃補助、研修などへの助成金、奨学金制度、資格取得支援金制度、退職金制度などの福利厚生が整っています。一方、外資系企業ではこれらの福利厚生がないことがあります。

特に退職金制度がないことに驚かれる方は多いとは思いますが、この理由として海外では「一つの企業に定年まで勤め終えるという文化がない」ことが挙げられます。

これは退職金を前提に老後の設計を立てている人からすると、デメリットのひとつといえます。退職金をもらうことを生涯設計に入れているのであれば、退職金制度のある外資系企業に勤めるようにしましょう。

雇用が安定していない

外資系企業は実力主義であることが多く、成果が出せない人は会社にとって不要とみなされ、翌年の雇用契約を更新されないことがあります。

また、企業全体としても日本での利益が思ったように出なかった場合などでは、日本からあっさり撤退してしまうことがあります。このような場合、ある日突然、職を失う可能性もあります。

しかし、これは日本の医療機関で看護師をしていても同じです。国内では看護師求人が多いからといっても、経営破綻して倒産する医療機関はあります。

その場合、前職でどのような能力を培ってきたのかが次の転職成功のカギになります。

雇用が安定していないことは、一見将来への展望が見えづらいと感じる人もいるかもしれません。しかし、就職をゴールだと考え自己研鑽を行わない人よりも、実力主義で自身を磨いてきた人のほうが実は転職に強い場合が多いです。

結果が出せないと年収は下がる

実力主義というのは、プロセスよりも結果が求められます。

国内の医療機関で看護師をしている分には、良くも悪くも仕事があまりできなくても成果を出さなくても、年功序列で給料が徐々に増えてきます。多くの職場では長く勤めれば勤めるほど役職が付いたり、実力が伴わなくても年収が上がったりしていきます。

しかし外資系企業では、結果が全てです。結果が出せなければ仕事ができないとみなされ、出世や昇給などはありません。

このようなことから20代ですぐに1000万円を超える人がいれば、長く勤めている50代でも看護師時代の年収よりも低い人が存在することになります。

評価に対して泣き言が通用しない

外資系企業は上司のいうことが絶対です。多くの外資系企業では、直属の上司が人事評価の決定権をもっていることが多いです。

そのため、上司があなたに対して不当な評価を下したとしても、泣き言などは一切通用しません。

外資系企業に勤めるのであれば、その辺りはシビアです。上司への泣き言は通用せず、命令は絶対になります。上司の言ったことを忠実に守り、優先的にこなしていくスキルを身に付ける必要があります。

一方、国内の医療機関でのあなたに対する評価は、プリセプターや副師長、師長、看護部長など多くの目を通して決定されることが多いです。もし師長が下した、あなたに対する評価に納得いかなかった場合、副師長や看護部長などに訴えることができます。

日本の医療機関では、よく開催される「飲みにケーション(お酒を飲んでコミュニケーションをとること)」など、仕事終わりに愚痴などを漏らしてストレスを発散できます。

そのときに、上司に仕事上のストレスなどを理解してもらうことができます。また日本の医療機関では、結果を出す前に頑張ったプロセスなども評価の基準のひとつに入れてくれることもあるでしょう。

しかし、外資系企業ではそのような情状酌量は少ないのが特徴です。上司の命令に従い、それなりの結果を出さなければ、評価されません。

ただ、上司の右腕となり仕事をこなしていけるようになれば、仕事は面白いようにはかどり、仕事の醍醐味を知ることができます。

外資系企業は自分の能力を試すチャンス

このように「自分の力を試したい看護師」「自分の力はこのようなものではないと思っている看護師」「仕事の能力をどんどん磨いていきたい看護師」などは、外資系企業で自分の能力を試してみることをおススメします。

外資系企業でイキイキと自分の能力を発揮しながら経済的にも精神的にも満足いく働き方をしている人は多く存在します。

ただし、外資系企業の看護師求人はレア求人のことが多く、あまり求人数が多くありません。また、自分でどのような企業であるのか、企業研究などを行ない、転職に活かしていく必要があります。

外資系企業で看護師免許を活かして転職してみたいと思ったのであれば、看護師専用の転職サイトなどを利用すると効率よく転職活動が進むことが多いので試してみるとよいでしょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く