「精神科看護であれば、特別な技術や知識が必要ないので、転職しやすい」と考えて、精神科病院や精神科訪問看護ステーション、精神科クリニック、精神科デイケアなどへの転職を希望する看護師がいます。

ただ精神科へ転職希望といっても漠然としたイメージしかもっておらず、履歴書の志望動機を書く段階で筆が止まってしまうことが多いです。

精神科はまだまだ人手不足であるため条件を広げれば、どこかの精神科病院や精神科に特化した訪問看護ステーションなどで採用されるでしょう。

しかし精神科に抱いているイメージだけで転職してしまうと、「このような仕事内容ではなかった。やりがいが感じられない」と後悔してしまう可能性が高くなってしまいます。精神科は独特な雰囲気をもつ科であるため、精神科で働いた経験が無ければ、どのような仕事内容か分からず、転職で失敗する人が多いです。

そこで精神科看護ならではの特徴や仕事内容を把握し、働きやすく、やりがいを得やすい良い精神科の看護師求人の選び方について解説していきます。

年収・給料は高いが、精神科の求人は人気がない

総合病院の一般診療科で働く看護師の年収・給料は安いですが、看護技術や知識などのスキルアップを求めて働く人が多く、人気があります。外科や内科などで働いてきた実績があれば、転職となっても歓迎されることが多く、どこの職場でも通用します。

しかし病院やクリニック、施設を含め、精神科の医療施設での仕事内容だと、医療行為がバイタルサイン測定や採血・点滴ルート確保だけであり、主に患者さんとのコミュニケーションや日常生活援助が業務の大半の時間を占めます。

その結果、精神科以外で転職したくても、神科で得られた看護技術や知識は他の診療科で活かせることが少なく、採用面では不利になりやすいです。

このようなことから、新卒や20代・30代でキャリアップを望んでいる看護師には精神科は敬遠されやすく、常に人手不足であるケースが多いです。一般診療科と比較すると精神科は人気が無いため、必然的に看護師の給料を上げて、人材を確保せざるを得ません。

そのため、精神科病院や精神科訪問看護ステーションでは看護師の給与を高く設定している求人が多いです。例えば、準公務員となる独立行政法人の看護師給料だと一般病棟勤務の看護師にはない、以下のような特殊業務手当が付きます。

常勤であれば月12,500円、非常勤であれば時給50円分ほど、給料が高くなります。この特殊業務手当を他の精神科病院では、危険手当として10,000円前後上乗せしているところが多いです。

ほかにも、以下は大阪にある精神科訪問看護ステーションからの看護師求人です。

日勤のみで土日も休めて、月収が37万円からとなっています。精神科の患者を対象としない一般の訪問看護ステーションであれば、いくら訪問看護の給料が高いからといっても、月収は30万円には満たないところがほとんどです。

このように給料など待遇面で優れているのが、精神科のある病院や訪問看護ステーションの特徴です。

精神科デイケアなどの精神科施設は収入が低い

ただ注意しておきたいのは、精神科の医療機関のすべてが高い給料ではないという点です。精神科デイケアなどの施設は、一般の高齢者デイサービスなどの施設と給料面で変わりない求人が多く、月収20万円前後となっています。

例えば以下は、富山県にある精神科デイケアの看護師求人です。

こちらの月給は20万程度です。一般の高齢者デイサービスなどの施設と比べると、収入は低めの設定となっています。

精神科病院や精神科訪問看護ステーションの場合、患者さんの精神疾患は重い傾向にありますが、デイケアを利用する患者さんは比較的軽い傾向にあります。暴言や暴力も少ないです。

そのため、特別な看護をそれほど必要としてないため、このような給与額が設定されていると考えられます。

精神科・心療内科クリニックは待遇が良く、人気がある

一方で、精神科クリニックは依存症患者さんを対象としているところが多く、看護師はリハビリテーションのサポートが主な仕事となります。例えば、以下は横浜にある精神科クリニックの看護師求人です。

月収は27万円からと、一般のクリニックと比較すると高めの設定となっています。

また、軽症の患者さんを対象とした心療内科クリニックの看護師の仕事は採血・ルート確保などの内科業務全般です。精神科クリニック・心療内科クリニックのどちらも患者さんは自立していることが多く、体力的につらいことはありません。

また心療内科という看板を掲げているくらいですので、スタッフに対する配慮が行き届いている職場環境が多く、働きやすいのが特徴です。

このような職場環境に加えて、待遇もよい心療内科クリニックが多く、人気があります。そのため、募集が出てもすぐに埋まってしまうことが多いのが心療内科クリニックの看護師求人です。例えば、以下は神奈川にある心療内科クリニックの求人です。

常勤ですが、週4日の勤務が可能であることや、正看護師であれば月給32万円~など、好待遇の職場環境が整っています。

一例を挙げれば、私の友人は一度、うつ病になって看護師を辞めていたのですが、転職サイトに相談して好待遇の心療内科クリニックへの転職を果たしました。いまでは自分のうつ病の経験を活かし、満足いく働き方を得られています。

ただし心療内科クリニックは、求人によって給与の幅にばらつきがあります。よい条件の求人であれば、すぐに無くなる可能性が高いため、いつも情報を張り巡らせておくことが大切です。

同じ精神科領域でも、このように精神科病院・訪問看護ステーション、精神科デイケア・クリニック、心療内科クリニックによってまったく職場環境や提示される給料額が異なります。自分にはどのような領域が向いていて、どのような条件ならば働けるのかをじっくり考えてみる必要があります。

精神科の実際の業務内容はきつい?暴力や暴言は当たり前?

では、なぜ精神科病院や精神科訪問看護ステーションの看護師求人には人が集まらないのでしょうか。

精神科の仕事内容は他の診療科のように体力的にきついわけではありません。症状の軽い病棟であれば、自立している患者さんが多く仕事内容も大変なものではありません。むしろ楽であることが多いです。

ただ、仕事内容が「精神的にきつい」と感じる看護師は多いです。精神科と聞いて、まず思い浮かべるのが患者さんの暴行・暴力・暴言です。病気が原因で、暴言や暴力をふるう患者さんが多いのが現状なのです。

統合失調症や認知症の患者さんであれば、看護師に暴言を吐いたり、暴力をふるってしまったりすることがあります。また、ボーダーといわれる境界性パーソナリティ障害の患者さんに恋愛感情をもたれて付きまとわれたかと思うと、急に悪者に仕立て上げられることもあります。

さらには、症状が改善してきたと感じていた受け持ちのうつ病患者さんの自殺現場に遭遇した看護師もいます。自分がしてきた看護が一瞬にして崩れるのです。

その他には、不潔な環境でも気にしない患者さんも多いです。精神科に特化した訪問看護ステーションで働く友人の話をします。

友人が受け持っている男性患者さんは、歩けるのにも関わらず寝たきり状態でした。食べたあとのカップラーメンの器に用を済ませて、そのまま片付けないで家の至るところにその容器を置いているそうです。友人は、「その家に訪問するときは必ず、替えの靴下とズボンをもっていく」といっていました。

もっと悪質なケースになれば、「女性看護師一人の訪問だから」と暴行を働きそうになる患者さんもいます。あまりにも患者さんからの暴行や暴力などの度が過ぎて、怪我や過度な精神的ストレスを負ってしまうと、「病気だから仕方ない」「仕事と割り切って働こう」などと考えることが難しくなります。

このように精神科となると、患者さんは看護師との距離感を掴みにくいです。そのため、仕事上で気を付けなければならないことが増えます。言い換えると、精神科は一般病院の患者さんと比べると面倒な患者さんが多いのです。

患者さんに気を使う部分が増えるのに加え、一般病院と比較すると看護技術・スキル・知識が身に付きづらく、刺激の少ない職場という一面をもっているのが精神科だといえます。

このように、精神科には人が集まりにくい原因が多々あります。ただその分、給与水準が高くなっているので、その点を考慮してみるといいでしょう。

職場環境を改善した働きやすい求人を探す

ただ、精神科ならではの人が集まりにくい原因を職場環境から改善しており、働きやすくなっている求人があります。

例えば、精神科の訪問看護ステーションに転職希望の場合、患者さん宅へ一人で訪問するのは不安と感じている看護師は多いです。このような場合、以下のように看護師は必ず2名体制で訪問しているなど、働き手の立場になって何らかの対策を取っている優良な求人を探すようにしましょう。

また、スキルが身につかないことを心配しているのであれば、スーパー救急病棟が整備されている精神科病院を選ぶと良いでしょう。スーパー救急病棟とは、精神科急性期治療病棟をしのぐ精神科救急入院料病棟のことで、急性期の集中的な治療を必要とする精神疾患を抱えた患者さんを受け入れています。

スーパー救急病棟が設置された精神科病院であれば、看護師としての自分の成長を実感でき、やりがいを感じやすい環境が整えられています。

例えば、以下は東京にある精神科病院です。

このような職場であれば忙しい反面、精神科看護のスキルアップが図れるだけでなく、一般的な看護技術や知識を得られる機会が多く、やりがいを感じやすい職場であるといえます。

精神科へ転職希望の履歴書・志望動機の書き方

なお、精神科病院や精神科訪問看護ステーションに実際に転職するとき、履歴書の志望動機はどのように作成すればいいのでしょうか。

精神科に転職希望の看護師であれば、やはり「高収入を実現できるから」「看護知識や技術が必要なく、未経験でも問題ないから」というのも大きな理由のひとつです。しかし、それを志望動機や自己PRとして書くことはできません。

また、「自分も精神疾患に悩まされたので、患者さんの気持ちが理解できる」というのも、採用側からすると長期的に働くことができるのか多少の不安が残ります。

ただ、精神科病院や精神科訪問看護ステーションの求人は人気が無いので、履歴書作成で深刻になりすぎる必要はありません。結論からいえば、志望動機は応募先の精神科で「何がしたいのか」「自分は何ができるのか」を素直に書けばいいのです。

精神科看護の志望動機の例文については、「精神科クリニック外来」「精神科病棟」「精神科訪問看護ステーション」での事例を紹介していきます。

精神科クリニック外来への志望動機例文

私は、小児科病棟で長年看護を行ってきました。コミュニケーションが得意でない患児の気持ちに寄り添い、何がしたいのかを視線や態度で理解し、必要以上に不安にさせないよう心掛けてきました。

ただ、引きこもりや不登校といった子供たちの入院となると小児看護の知識だけでは足りず、自分の看護の無力さを感じることが多くなりました。

しかし、小児病棟でサジを投げた精神疾患を抱える患児が「精神科外来のクリニックに通院し社会復帰を果たした」ことをお聞きしました。この話に驚くとともに感動し、私もそのような現場に携わってみたいと強く感じるようになりました。

今後は御院の一員となり、小児看護の経験を活かしながら、患者様とそのご家族との信頼関係を作って活躍していきたいと考えています。

精神科病棟への志望動機例文

前職は、外科病棟でオペ後の患者様の看護を行っていました。術後せん妄で、幻覚や妄想を体験する患者様が多く、事故が起こっては危険なので身体拘束などをしてきました。

このような患者様と関わっている中で、御院の講習会に参加し、実際に身体拘束の体験をさせていただきました。術後に味わう孤独と死への恐怖のなかで、「せん妄への対処の仕方として身体拘束は辛く、苦しいものだ」という実感を覚えることができました。

御院では、妄想のある患者様でも傾聴し、気配りや目配りを欠かさず、身体拘束をしないことを知りました。「その人らしく生きてもらう」ことをモットーとしている御院で外科看護の経験を活かし、ケガのないよう患者様に寄り添った看護を行っていきたいと考えています。

精神科訪問看護ステーションへの志望動機例文

前職では総合病院のリハビリ科で勤務していましたが、病棟だけでなく生活環境まで介入した看護を行いたいと考え、部署異動を機に以前より興味のあった精神科の訪問看護ステーションへの転職を希望しています。

精神科では特に患者様やそのご家族との円滑なコミュニケーションが大切だと聞きました。御ステーションでは患者様とのかかわりが深く、常に患者様の立場になって看護を展開していると知りました。

そこで私も御ステーションの一員となって、患者様の笑顔を引き出しながら、生活の自立に向けた支援を行いたいと考えています。

このように、いままでの自分の看護経験を活かしつつ、「前職での看護は達成できないことを精神科で身につけていきたい」という志望動機であれば、仕事上での壁にぶち当たっても、「長く勤めてくれる良い人材へ成長してくれるだろう」と好印象を与えることができます。反対に「高給与で、時間外勤務(残業)が少なめ」という志望動機では採用側にとって何ら印象に残ることはありません。

精神科の優良な中途採用求人は転職サイトを活用する

精神科病院や精神科訪問看護ステーションへの転職には、事前に情報を仕入れておいて、「どのような患者さんを対象としているのか」「看護師の仕事内容はどのようなものなのか」を徹底的に知る必要があります。

精神科病院は、その病院の方針によって、まったく看護が異なります。

ある精神科病院では問題のある患者さんだと判断したら、その患者さんを拘束したり、閉鎖病棟にすぐに閉じ込めたりするのを当たり前としているところがあります。

一方で、患者さんの自立を促すために解放感ある空間で過ごしてもらえるよう、看護の力を駆使しているところもあります。

また精神科訪問看護ステーションも、それぞれの施設で看護の方法が異なります。未経験の新人看護師に充分な教育をしないまま、一人で訪問看護に行かせるステーションもあります。特に男性看護師であれば、暴言や暴力を吐く患者さんの担当を一手に任されてしまう恐れがあります。

ただ、これらの精神科の情報を集めようと思っても、パンフレットや病院・訪問看護ステーションのサイトは長所ばかりを告げて、詳しい実態は十分に把握できません。それぞれの求人の長所・短所を見極めたうえで、精神科求人をじっくり選ぶことが大切です。

そのためには、転職サイトを活用することが何よりも重要です。あなたの具体的な勤務条件を告げて、優良な精神科求人を紹介してもらいましょう。さらには、その職場に勤める看護師の声や仕事内容を担当者から聞き出してもらい、情報提供してもらいましょう。

そうすれば職場に関してイメージしやすく、志望動機が書きやすくなるだけでなく、入職後のギャップも少なくて済みます。

また、いますぐ条件に合う優良な精神科求人が無くても、これまでの看護経験や実績、性格などを分析して、最適な精神科病院や精神科クリニック外来にコンタクトを取ってくれます。転職を全面的にサポートしてくれるので、大変心強い存在となります。

あなたに向いている精神科求人へ転職を成功させる

看護師として精神科への転職を成功させるには、「満足いく給料体系」「働きやすい労働環境」「患者さんへの看護理念」「対象となる患者さんの疾患レベル」などのポイントを重要視しましょう。そして、あなたに向いている職場への転職を実現しましょう。

特に精神科の場合、仕事にやりがいを感じて長続きさせるために、このようなポイントの重要視が必要となります。

精神疾患の患者さんは長期的な視野で看護を続けなければ、すぐに症状は悪化してしまい、いままでの看護は何だったのかと考えさせられる場面が多くあります。一般病院のように検査数値や自立度合いなどから症状改善が分かるものではなく、目に見えにくい部分が多分にあります。

ただ、看護の関わり方によっては、患者さんの症状を改善させるケースに遭遇する場面も多く、やりがいを感じることもあるでしょう。さらには、スタートの段階で給料が高く、「定時で帰れる」「残業が無い」といった良い待遇面なのも魅力的です。

このような精神科の看護師を目指すのであれば、転職サイトのコンサルタントによく相談し、よい求人を紹介してもらうように心がけましょう。3社以上の転職サイトに登録して、比較検討しながら求人を選んでいけば、あなたの条件に合った求人に出会えます。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く