「海外で国際看護師として働いてみたい。活躍してみたい」と考える人は多くいます。

ただ海外で活躍するには、「国際看護師として自分はどのくらいのレベルなのか」「英語力はどのくらい必要なのか」「本当に海外で看護師として働けるのか」などの不安が先立ち、なかなか前進できないことが多いです。

そこで今回は「日本人看護師は世界で通用する看護技術やケアをもっている」ということを知り、まずは自分に自信を付けてもらおうと思います。その上で、海外進出に向けてどのような選択肢があるのかお話ししていきたいと思います。

日本人看護師レベルは世界で通用する

まずは、日本人看護師のレベルについて述べていきます。国際的に日本人看護師の看護レベルはどのくらいであるかご存知でしょうか。

結論からいえば、日本人看護師のスキルは、アジア諸国はもちろん欧米諸国と比較しても優秀であり、トップレベルにあるとされています。日本人特有な細やかな気配り、手先の器用さ、勤勉さなどの日本人の特性が看護に活かされるため、看護技術は世界レベルにあるのです。

日本人看護師の強みとは

では具体的に、日本人看護師の強みとはどのようなものかお話ししていきます。ここでは一例として、日本とアメリカの看護を比較します。

もちろんアメリカと日本では医療システムなどの違いがあるため、看護の役割は異なります。また文化の違いなども看護スタイルに影響し、看護能力の優劣を一概に比較して論じることはできません。

ただ、日本とアメリカの看護師の考え方について比べてみると、日本の看護の優秀さを伺えることがあります。

・患者さんの立場で物事を考えられる

日本の看護師が優秀である点として、日本人看護師のほうが患者さんの立場で物事を考えられる傾向にあることが挙げられます。

一般的にアメリカの看護では、看護師が患者さんに対して、最初に入院から退院までに関わる一連の看護の流れを一枚の紙にまとめて伝えます。この説明を受けて、患者さんは自分が納得したうえで看護ケアや各検査、治療を受けられるという利点があります。

日本でも一定の病状であれば、クリニカルパスに沿って看護を行います。看護の一連の流れについては、アメリカの方が徹底しているといえます。

しかしその反面、アメリカの看護師はこの事前に説明した計画書に縛られすぎていて、患者さんへの配慮の欠如が生じてしまうことがあるのです。私の勤める医療機関の院長(女医)が、アメリカでの看護に違和感を覚えた一例を挙げます。

院長は若いとき、アメリカに住んでいました。そしてアメリカの医療機関で、深夜の1時半に息子さんを出産しました。初産であったため陣痛が長く苦しく、疲れてくたくたになって寝ていました。

すると午前4時半頃、担当の看護師にいきなり起こされ「いまから沐浴指導を開始します」といわれました。確かに、出産前の看護師の説明では「沐浴指導は出産後5時間以内に行う」と書いてありました。

しかし「わざわざ夜明けに出産で疲れて寝ている経産婦を起こして沐浴指導をしなくても ……」と思い、院長はやんわり「疲れているから、昼に沐浴指導を行って欲しい」と断わったそうです。しかし、看護師はがんとして譲りません。

結局、院長は眠たい目をこすりながら、先ほど生まれたばかりの赤ちゃんの沐浴指導を受けたそうです。

このように訴訟大国であるアメリカでは、「事前に説明した計画書通りに忠実に看護ケアを実施することが看護師として重要なこと」だと学んでいるのです。

しかし、もしこれが日本の看護師であるなら、どうでしょうか。

多くの日本人看護師は、出産直後の母体と赤ちゃんを気遣い、「最初の沐浴指導は看護師のほうで行う」「時間をおいて昼間に母親に沐浴指導する」「早朝にどうしても沐浴指導を行う必要があるなら、パンフレットなどを使用する」など融通を利かせているはずです。

看護師として、患者さんの身体状況や心理状態を理解し、患者さんの立場になって気遣う能力は非常に重要です。

国や文化は関係なく、「誰のための看護か」「何のための看護か」という看護の根本に立ち返ったとき、訴訟を起こされないために看護を行うのか、患者さんのために看護を行うのかでは、実際行う看護には違いが出てきます。

日本人看護師には、「患者さんのために看護を行う」という看護の根本的な能力を備えている人が多いことから、日本の看護師のレベルは高いとされているのです。

・先回りした行動がとれる

また他にも日本人看護師には、いわれたことを察して事前に行動する能力が身についている人が多いため、看護レベルが高いとされています

具体的には、一から十まですべてを指示されなくても周囲の気持ちや表情、行動を理解して「あうん」の呼吸で、他の医療従事者と連携して行動をとることができるのです。

また、患者さんに対しても表情や言動を読み取り、相手の立場になって先回りした行動をとることができます。そのため、気が利くだけでなく、患者さんが「こうしてほしい」と思うことに対して、気づくことのできる能力をもっています。

それらが、日本人看護師のスムーズなケアの実践につながっているのです。

日本人看護師の弱みとは

では反対に、日本人看護師の弱みとはどのようなものでしょうか。一つずつ、確認していきます。

・自分の能力をうまくアピールできない

日本人看護師の弱みは、自分の能力をアピールできない点にあります。謙遜といえば聞こえはいいですが、自分の能力をアピールできないようでは国際社会の中では「仕事ができない看護師」とみなされてしまいます。

これは日本人に特有な悪い一面だといわれています。多くの日本人は、自信をもって実施できることでなければ「できる」といってはダメだと考えたり、100のうち1でも欠けていれば「できない」と思ったりして、「自分はこれができる」と積極的にアピールすることは少ないのです。

一方、アメリカ人は100のうち1でもできたり、知っていたりすると、「できる」といいます。本人ができるという限りは周囲が行動させます。そして、多少できなくても積極性を買われ、そこから学びを得て、本当にできるようになっていくのです。

ちなみに看護に関してではありませんが、面白い話があります。日本人に「英語は話せる?」と尋ねると、中高6年間以上は英語を学習してきたはずなのに、ほとんどの人が「話せない」と答えます。すると、そこで会話は終わってしまいます。

一方で、アメリカ人に「日本語は話せる?」と聞くと、日本語を一度も勉強したことがないにも関わらず、「話せるよ、フジヤマ、テンプラ、サムライ」などと答えます。すると、そこから話が膨らんでいくのです。

日本人は、完ぺきではないにせよ、少しでも習得した知識や技術があるのなら積極的に行動していくことが大切なのです。

・他人の目を気にしやすい

日本人の良くもあり悪くもある点ですが、周囲の目を気にしやすい一面があります。「自分はこうしたい」けれど、「他人にどう評価されるか分らないから止めておこう」と物事を行う前に気にしてしまうのです。

そのため、「自分が実践していきたいこと」を目標にせずに、「周囲の評価が高いこと」や「実現可能なこと」を目標にする人が非常に多いのです。

例えば、資格取得がよい例です。資格を取得し、その資格を使って具体的にどのようなことを実現していきたいのか明確でないまま、資格勉強を行います。資格取得そのものがゴールと考え、周囲の評価を得るためだけに資格取得を目指すのです。

資格取得をゴールとしてしまうと、資格取得後「自分はその資格を使って何をしたいのか、そのためには何が必要なのか、今後何を具体的に進めていけばいいのか」などが分からなくなってしまいます。

これは日本人にありがちな、自分のことを過小評価した「自信の無さの表れ」だといえます。自分自身の価値を自分で決められず、周囲の評価によって自分の価値を決めてしまうのです。このようなことでは本当に「自分の人生を自分の思ったように歩んでいる」とはいえません。

一方で「誰にどう思われても構わない、私は私の道を突き進む」と、しっかりとした目標を持った人であれば、様々な困難が立ちはだかっても頑張ることができます。さらに、資格取得後もその資格を大いに活かして働くことが可能です。

国際的に活躍したいのであれば、「自分は国際的にもトップレベルにある看護を実践できる能力をもっているのだ」と自覚し、積極的に自分をアピールすることが大切です。

日本人看護師が海外で働く方法

日本人看護師が海外で働く方法はいくつかあります。

「海外の看護師資格を取得し国際看護師になる方法」「日本の医療機関が母体の海外医療機関で働く方法」「海外研修制度のある医療機関で働く方法」などがあります。

※ほかにも青年海外協力隊、国境なき医師団などの看護師が行えるボランティアがありますが、あくまで転職を中心にお話ししていきたいので、ここでは割愛させてもらいます。

それぞれについて述べていきます。

海外の看護師資格を取得する方法

看護師として海外で働く場合、日本の看護師資格がそのまま通用することは少なく、その国の看護に関する試験を課していることが多いです。

例えば、アメリカで看護師として働きたい場合には、具体的にどのような手続きを踏めばいいのでしょうか。

まず日本の看護師資格を活かしてアメリカで看護師をしたいのであれば、NCSBN(National Council of State Boards of Nursing:州看護審議会)が主催するNCLEX-RN(エヌクレックス―アールエヌ、以下RNと略す)というアメリカ看護師資格試験に合格しなければなりません。

RNを受けるためには、日本の看護師免許を取得していることが必須です。しかし、外国人がRNを受験するには、先にCGFNS(Commission on Graduates of Foreign Nursing School:外国看護学校卒業生審議会)が主催する試験に合格しなければなりません。

CGFNSとは、アメリカの看護教育と同水準の教育レベルに達しているかの確認を行う試験です。

ただし、アメリカでもカルフォルニア州のみ「日本の看護教育はアメリカと同水準」とみなされており、CGFNSは免除されています。そのため、カルフォルニア州であれば、すぐにRNの受験が可能です。

RNはコンピューターが出題する問題で、正答率が高ければ難しい問題が出題され、反対に誤答率が高ければ簡単な問題が多く出題されるため、出題される問題は正答率によって異なります。

RNは日本(東京・大阪)でも受験可能です。毎日開催しており、もし不合格となっても45日後に再チャレンジが可能なので、諦めないで挑戦し続けることが大切です。

英語力あるなしに関わらず、一度、受験してみるとどのようなテスト形式かを把握できるのでチャレンジ精神をもって望んでみましょう。

・英語力は後からついてくるもの

英語力がないからと言って、最初からCGFNSやRNに尻込みする人がいます。「英語は看護を勉強してから」と考える人がほとんどでしょう。

確かに「ネット上などでRNはTOEIC725点以上必要」などといった情報が載せられており、海外へ転職したいという目標に暗雲立ち込める人が少なくありません。

しかし、海外へ転職したい看護師であるなら、外国人患者さんに対して、中学レベルの簡単な英会話でコミュニケーションをとっているのではないでしょうか。

日本人は中高6年間で基礎的な英会話力をもっています。しかし、それを使う機会が少ないため、英語に関して極端なコンプレックスを抱えている人が多いのです。

例えば、カルフォルニア州では、TOEICやTOEFLのスコアは、移民局に就労ビザを申請するときに初めて提出を求められるので、就労までにTOEIC725点を目指せばいいです。

そのためRN受験時には英語力をそれほど必要としません。しかも今は英語力に自信がないと思っていてもRNの勉強をしていれば、英語力は自然と上達していきます。

英語能力がないことは後回しにして、とりあえず最初の一歩を踏み出してみる勇気が大切です。まずは自分自身がRNはどのような試験なのか実際に体感して、それに応じた勉強を行っていけばいいのです。それが、一番効率よいRNまでの合格方法だといえます。

日系企業が経営する海外医療機関(日系クリニック)で働く方法

次に日系企業を母体とした、海外の医療機関で働く方法について述べます。こちらは、現地での受診時のコミュニケーションに不安を抱えた、海外勤務の日本人や日系人を対象とした日系クリニックです。

このような日系クリニックでは日本人が多く勤めているため、現地の人よりも日本人であるほうが転職しやすいのが特徴です。アメリカや中国などの主要都市には、このような海外で働く日本人や日系人を対象とした、日系企業が経営する医療機関が多くあります。

以下は、イギリスのロンドンにあるジャパングリーンメディカルセンターの看護師求人の内容です。ジャパンと医療機関名に入っている通り、「外国にいても日本と同じ医療サービスを提供する」ことを理念にしており、全員日本人医師の日系クリニックです。

この求人情報からもわかる通り、日本での医療業務経験があれば、ヘルスケアアシスタント(看護助手)として応募することが可能です。

日系クリニックであれば、現地の言葉だけでなく日本語能力・日本のサービス力が求められるため、日本人看護師を積極採用しています。

上記の求人に記載のあるRGNとは、Registered General Nurseの略で、イギリスの看護師資格を表します。またYMSビザとは、ワーキングホリデービザのことです。このビザは「31歳未満」「2年間の滞在」など様々な制約がある上、定員は1000名と規定がありイギリスで働きたい応募者が殺到します。

他にもヘルスケアアシスタントを応募しているイギリスの日系の医療機関があります。こちらは日本の看護師免許をもっていることが必須条件となっています。

次に紹介するのは、アメリカの日系クリニックでのメディカルアシスタントの求人になります。

こちらの医療機関のサイトは、日本語と英語の両方での表記がされていますが、求人のみ日本語での掲載しかありません。つまり、応募条件に記載がある通り、日本語が堪能でなければ応募できないのです。現地のアメリカ人看護師では応募は難しいことが分かります。

このような医療機関であれば、わざわざ現地の看護師資格を取得しなくても、ヘルスケアアシスタントやメディカルアシスタントとして海外での就労が可能となるので、応募してみる価値はあります。

ヘルスケアアシスタントやメディカルアシスタントとして働きながら、医療英語やその国特有の看護技術を身に付けて、現地の看護師資格の取得について情報収集するほうが生の情報を手に入れやすい特徴があります。

このように日系クリニックは日本人スタッフが多く、情報を仕入れやすいため働きやすい職場といえます。海外への就労が初めてであれば、最初は日系クリニックや日系の医療機関への転職をお勧めします。

・日系の医療機関のほうが就労ビザは取得しやすく、働きやすい

ちなみに、どの国で働くにせよ、就労ビザを取得するのに大きな壁が立ちはだかることがあります。その場合でも、日本人であれば日系の医療機関へ転職したほうが、比較的、就労ビザが取得しやすいという一面があります。

ビザを取得しやすい条件の一つとして、「現地では適任者が不在で、どうしても日本人であるあなたを雇わなければならない状況にあると雇用側(ここでは日系医療機関)が認めた場合」が挙げられます。

確かに、日系の医療機関での雇用となるため、現地の看護師よりも「日本語を話せる」ことが大きな武器となります。このようなことから、現地の医療機関ではなく日系の医療機関へ雇用されるほうが、比較的簡単にビザを取得しやすいといえます。

海外派遣・海外研修制度のある病院

「短期間でもいいので、海外の現地に実際に行ってから海外転職を考えてみたいという人」や「看護経験が足りないので、もう少し日本で看護経験を積む必要があると考えている人」は、海外派遣・海外研修のある病院への転職を視野に入れるとよいでしょう。

例えば、国立がん研究センター東病院では、海外の先進的な医療や看護を身につけることを目的として海外研修をおこなっています。もちろん、旅費や研修費は病院側が負担してくれます。毎年数名の看護師がアメリカのがんセンターへ派遣されている実績があります。

これならば、海外勤務でもバックに日本の医療機関がついているので、安心して渡航することができます。また、海外医療へ興味をもつ仲間たちと研修を通して切磋琢磨することも可能です。

国立がん研究センター東病院での海外研修の派遣条件は以下の通りです。

引用:国立がん研究センター東病院HP

ほかにも、静岡がんセンター、がん研有明病院、静岡市立清水病院、佐山病院、名古屋共立病院、加納総合病院、千葉中央メディカルセンターなど多くの医療機関で海外研修を行っています。

以下に、がん研有明病院の海外研修の詳細について一例を挙げておきます。

引用:がん研有明病院HP

滞在期間ですが、1週間程度のところから、中には1年以上の長期間認められている医療機関もあり、事前の確認が必要です。ただし、海外派遣・海外研修制度のある病院は人気が高く、応募者が多いため、転職は狭き門となります。

もし海外派遣・海外研修制度のある病院への転職を一番に考えるのであれば、転職サイトを利用するほうが賢明です。これらの病院は応募者が多く、人気の求人であることから非公開求人にしているからです。

海外派遣・海外研修制度のある病院へ転職するチャンスを掴みたいのであれば、転職サイトに登録してコンサルタント(転職エージェント)に自分の目標や希望をしっかり伝えるようにしましょう。転職のプロがあなたの希望に沿った求人先を見つけてくれます。

いますぐ一歩を踏み出す

日本人が海外で働く際の弱点は、自分の能力をアピールできない点と周囲の目を気にしすぎる点と述べました。

「自分はまだまだ看護師として一人前ではない」「私が海外で看護師になりたいなんて、周囲からどのように思われるのだろう」などと考えて二の足を踏んでいると、いつまで経っても海外へ転職するという目標への一歩は踏み出せません。

まずは自分なりにできるところから、いますぐ一歩を踏み出してみることが大切です。悩んでいても、現状は変わりません。歩み続けることで道は開いてきます。何も考えなくても結果は後からついてくるので、最初の一歩が肝心です。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く