看護の仕事は夜勤や時間外勤務が多く、体力・気力ともにハードになります。しかも「土日休みではない」職場が多く、プライベートな時間の割合が少ないことが多々あります。

そこで今回は、「土日休みのある人気求人に転職を成功させるにはどのようにしたらいいのか」について、お伝えしていきたいと思います。

土日休みのある求人選びの落とし穴

土日休みのある求人はどのように選べばよいのでしょうか。一般的には次のような職場であれば、「土日休みである」と考えて、求人を探す看護師が多いです。

  • クリニック
  • 健診・検診センター など

確かに、クリニックや健診・検診センターは病棟求人と比べると、夜勤や勉強会がなく、残業も少ないといったイメージをもっている人が多いです。

しかし、「クリニックや健診・検診センターは土日休みである」と思い込み、これらの職場に転職した後で、思わぬ落とし穴が待ち受けていることがあります。この落とし穴に落ちて、転職後に後悔することになっては大変です。

本当にクリニックや健診・検診センターは土日休みのところが多いといえるのでしょうか。ひとつずつ検証していきたいと思います。

クリニックは日曜祝日に開業しているところがある

一般的に「土日休みがある」といえば、クリニックを思い浮かべる人が多いかと思います。しかし多くのクリニックでは、土曜日の午前中は診察を行います。

さらに、あえて日曜や祝日に診療しているクリニックや年中無休のクリニックも多くあります。例えば、千葉にある下記のようなクリニックです。

東京などの都心部ですと、平日だと仕事時間と重なり、診察を受けられない社会人や会社員が多くいます。また、千葉でも房総半島の地方であれば、救急医療体制が充分に整っていない市区町村も多く、救急医療を受けられない患者さんのためにクリニックでもあえて日曜や祝日に診療を行うところがあります。

ほかにも医療機関によっては他のクリニックとずらして、平日の水曜日や木曜日などを休診日にする代わりに、日曜や祝日に診療を行ったり、土曜日に18時まで開業していたりするところもあります。

このようなクリニックであれば、もちろんスタッフである看護師は土日休みを取ることは難しい状況にあります。そのため、「クリニックだから、せめて日曜日だけでも休みは取れるはず」と思いこまないで、求人探しを行うことが大切です。

・健診・検診センターも土日祝日に開業しているところがある

では健診・検診センターはどうでしょうか。健診・検診センターは土日祝休みとなっているところがありますが、中には土日祝日にあえて診療を行い、平日を一日休みにしているところも多いです。

こちらもやはり、平日に健診・検診を受けに来られない会社員などがターゲットになっている場合です。

健診・検診センターのなかには土日祝日に診療しているにもかかわらず、求人票に休日・休暇日数のみ掲載している医療機関があります。例えば、東京都にある以下のような求人です。こちらは健診・検診を専門に行うクリニックの求人です。

このクリニックのホームページを確認すると、次のとおり休診日は月曜日だけになっていました。

ということは、土日祝日であれば看護師はむしろ勤務となる可能性が高いといえます。このような健診・検診センターであれば、土日祝日は特に来院患者数が多く、スタッフは休みにくくなります

このように健診・検診センターの求人に応募する前には、必ず土日祝休みかどうかを確認することが大切です。

美容外科・美容皮膚科クリニックは土日勤務が一般的

また美容外科・美容皮膚科クリニックに転職希望であれば、ほとんどの場合、土日勤務となります。美容外科や美容皮膚科がターゲットにしている顧客層は、仕事帰りのOLや女子大生などが主だからです。

例えば、以下は東京にある美容外科クリニックの求人です。

完全週休二日で、年間休日数も断然多いのですが、土日続けて休みをとれることはまずありません

美容外科・美容皮膚科クリニックは土日祝日に来院患者が多く、一番忙しい曜日だからです。また仕事帰りの顧客が多いため、一般的なクリニックと比べると、勤務時間帯は遅めになり20~21時が勤務終了時刻となります。

子育て中のママさんナースなどですと、運動会や参観日などの子どもの特別な行事が土日にあれば休むことも可能でしょう。しかしそれ以外の「子どもと毎週、休日を一緒に過ごしたい」というような希望は叶えられないケースがほとんどです。

そのため美容外科・美容皮膚科クリニックに転職希望の場合は、「土日に休めることはない」と考えておいたほうが無難です。

・休日診療当番制を引き受けていれば、日曜・祝日出勤となる

ちなみに、一般のクリニックが日曜や祝日に休日診療当番制を引き受けている場合があります。

例えば、以下は埼玉県秩父地方の市報に掲載されている休日急患当番医の表です。

二次救急は比較的規模の大きな総合病院などが対応しますが、初期救急はクリニックが当番制で行っている市区町村がほとんどです。

内科・小児科・外科クリニックのほかにも、眼科なども休日診療当番制をとっている市区町村があります。この場合、医師だけでなく看護師も数名、月に1回程度、日曜日や祝日の出勤を余儀なくされます。

私は以前勤めた眼科クリニックでは休日診療当番制がありました。日給は普段よりも高額に設定してくれているのですが、日曜の朝から夕方まで職場に院長と看護師2名で待機しなければならず、翌日は続けて出勤するため、全く休んだ気がしませんでした。

この休日診療当番制の存在は、求人票に掲載されていないので注意が必要です。

クリニックの残業時間や拘束時間の真実

また、土日休みにしてプライベートな時間を保ちたい看護師で、クリニックに転職を検討している人に伝えておきたいことがあります。それは「クリニックの残業時間や拘束時間の真実」についてです。

クリニックは急患が入ることは少なく、診療時間が終われば帰れると考える人は多いでしょう。しかし、クリニックでも残業のために帰宅時間が遅くなる職場は多いです。

私がいま勤めているクリニックは17:30が受付終了です。なので、18:00には帰れそうな気がします。

しかし、一日に120人以上の患者さんを院長一人で診察するため、診察を受けていない患者さんが20名以上残っていたり、仕事終わりの患者さんが17:25くらいに駆け込みで10名以上入ってきたりと、ほぼ毎日残業があります。

また患者さんの点滴や処置が長引けば、それが終わるまで帰れず、帰宅時間が20時になることもあります。

ちなみに、私が以前勤めた眼科クリニックでは、水曜と木曜の午後が手術日でした。以下の手術曜日を確認してください。

診療が終わる時間は18:30までとなっていますが、実際に手術が終わる時間は毎回21時を過ぎていました。さらにそこから手術室を片付け、滅菌消毒した物品をパッキングしなければ終われず、帰るのはいつも22時台でした。

また手術のない平日でも、患者さんが多く診療時間内に終わることはほとんどありませんでした。

しかし、残業時間については、求人票にいっさい記載がなく、採用面接時にも「すこし遅くなるけど…… 」としか伝えられていませんでした。しかも、手術が長引いて、あまりに遅くなった時は、先にタイムカードを押すように言われ、サービス残業になることも多々ありました。

このようにクリニックでも帰宅時間が遅くなる職場があります。私のように必ずしも入職前に残業のことについて知らされるわけではないので、転職には事前の情報集めが非常に重要になります。

・平日の午後休診でも帰れないところがある

クリニックの場合、平日に午前だけ診療を行う曜日を設けている職場が多いです。例えば、こちらは大阪の耳鼻科クリニックで、以下のような診療時間を設定しています。

このような場合、午後からは休診となっているので、木曜日は12時30分で後片付けをすれば、看護師は仕事が終わって帰れそうな気がします。もちろん、午後から休診となっている場合、帰れる職場もあります。

しかし、なかには「午後から休診となっていても、職員はその時間に勉強会を開いたり、往診に同行したりと帰れない職場がある」という事実も、職場選びの際に知っておいて損はありません。

私の勤める職場では、木曜の午後の一般診療は休診です。しかし、木曜の午後は往診があります。看護師一名が医師に同行し、歩行困難な患者さん宅を数件回ります。他のスタッフは院内に残り、勉強会や普段できない仕事(物品確認や点検など)をすることになっており、帰ることはできません。

求人票にもそのことは書いてあるにも関わらず、「木曜の午後は休診なので、看護師は帰れる」と思い込んで入職してくる人が非常に多くいます。

また私の知り合いが勤める耳鼻科クリニックは毎週木曜日が休診で、一般の診療はありません。しかし次の診療時間をみてもらうと分かるのですが、毎週第4木曜日は手術が入っているため、クリニック自体は休みではないそうです。

さらに、この耳鼻科クリニックでは、第4木曜が手術・検査日となっていますが、他の木曜日にも緊急手術や検査を行うことがしょっちゅうあるそうです。そのため、知り合いは「看護師全員でないにせよ、交替で木曜日は出勤しないといけない」と愚痴をこぼしていました。

このように、平日の午後休診や診療がない日でも、看護師は出勤して仕事をしなければならない職場は多く存在するので、注意が必要です。

・休憩が2時間あるクリニックは拘束時間が長い

さらに、クリニックは「9時から18時までの8時間勤務(1時間休憩)で帰れるため、病棟勤務に比べると拘束時間は短い」と思っている人がいるかもしれません。しかし、休憩時間が長い職場では、拘束時間が長くなります

例えば、先ほども紹介した以前私が勤めた眼科クリニックでは、休憩時間が2時間ありました。

朝は7時半ごろに出勤して、30分以上院内をすみずみまで掃除しなければなりませんでした。そして8時半になったらタイムカードを押し、患者さんへの処置・検査などの確認を行います。

昼休憩は12時半から14時半で2時間あり、外出したい場合は毎回院長の許可をもらう必要がありました。そして、患者数が多く、18時半には終わらないので、毎日残業があります。

そのため休憩時間を含め、拘束時間をトータルすると、毎日13~14時間になりました。残業時間がないとしても、8時間労働で2時間休憩の場合、最低でも職場に10時間は拘束されることになります。これが毎日続くとなると、とてつもなく長い時間を職場で浪費していることになります。

拘束時間が長すぎる職場は、土日祝休みでプライベートを大切にしたいと考えている人にとっては、あまりお勧めできる職場とはいえません。

求人票に書かれた「休日」の正しい読み方

求人を探す前に、まずは求人票に記載されている「休日」の正しい意味について述べておきます。求人票の休日の欄に、「週休二日」「完全週休二日」などと書かれていますが、違いについて知っているでしょうか。

この求人票に書かれてある「休日」の意味を正しく理解しておかなければ、入職してから「こんなはずではなかった」と後悔してしまうことになります。では、それぞれの違いについて述べていきます。

「完全週休二日制」「週休二日制」「4週8休」の違い

求人票には「完全週休二日制」「週休二日制」「4週8休」など、さまざまな休日の書き方がされています。これらの休日の意味には、どのような違いがあるのでしょうか。

「完全週休二日制」というのは、一週間で必ず2日間の休みがあることを意味します。必ずしも土日が休みであるとは限りませんが、火曜日と金曜日など飛び飛びでも週に2日は休めるということになります。

完全週休二日制の場合、年間休日数で換算すれば、休みは110日以上になる場合がほとんどです。例えば、以下のような休日の記載がある求人(福岡にある医療機関)です。

このような休み方ができるのは、クリニックでも規模が比較的大きいところか、看護師の人数が足りているところが多く、良い求人であることが多いです。

一方、「週休二日制」となっている場合は、一週間のうちに2日間の休みを設けている週が、1ケ月間の間に1回以上あることを意味します。これは裏を返せば、「月に5日以上の休日しか保障されていない」ことになります。そのため、例えば「日曜・祝日などしか休みがない」場合、年間休日数は75日前後ということになります。

この「年間休日数75日」を計算してみましょう。

1年は52週あります。一週間のうち日曜日に1日しか休みが取れないので52日になります。それに、年間の祝日が16日、盆と年末年始の休日が7日あると考えて、すべて合計すると75日になります。

このような休み方は規模の小さいクリニックの看護師求人に多いです。「週休二日」と掲載があれば、一週間のうちで2日は休めそうですが、実際には異なるので注意が必要です。

では、「4週8休」の意味は、どうでしょうか。これは病棟の看護師求人に多い休日のあり方です。

4週8休とは、4週間のうちで8日間休みを取得できるという意味です。これは、「4週間のうち、休みが1日しかない週もあれば、休みが3日の週もある」ということになります。

このように一言で休日といっても、求人票の書き方が少し違うだけで、働き方に大きな違いが出てくるので注意が必要となります。

土日休みのある看護師求人探しのポイント

では土日休みのある看護師求人とは、具体的にはどのような職場でしょうか。それではひとつずつ、確認していきましょう。

訪問看護ステーション

訪問看護ステーションは、基本的に土日休みになる求人が多いです。土日休みにしていないと、緊急事態に対するかかりつけ医の対応が難しくなるのが主な理由です。例えば、名古屋にある以下のような求人です。

訪問看護ステーションでは、もともと決まった曜日・時間に訪問することになっているため、残業が少なく、土日を休みにできる職場だといえます。

ただ、訪問看護は、看護師一人の責任が重く、技術や能力が問われる仕事であるともいえます。そのような場合、研修期間が充実している「未経験やブランクがあってもOK」とする求人を選ぶようにしましょう。

規模が大きい訪問看護ステーションのほうが、1~3ケ月間の研修期間を設けていることが多く、先輩看護師と2人で訪問して、どのような看護を行えばいいのか丁寧に教えてくれます。

特に総合病院に併設された訪問看護ステーションであると、教育体制が充実しているだけでなく、利用者さんの緊急時の対応が迅速であるため、訪問看護未経験でも安心です。例えば、神奈川県横浜市にある以下のような総合病院に併設した訪問看護ステーションです。

このように規模の大きな医療機関併設の訪問看護ステーションであれば、託児所などの施設も完備されていることが多く、福利厚生が充実しており、ママさんナースでも働きやすい環境が整っています。

ただ訪問看護ステーションの中には土曜や日曜、祝日に出勤があったり、オンコール(呼び出し待機)体制をとっていたりするステーションがあるので、転職前に必ず確認しましょう。

幼稚園ナース

幼稚園であれば、土日祝休みであるため、そこで働くナースもまたカレンダー通りの休みをもらえることができます。小児科勤務経験がなくても、看護師としての知識や臨床経験があれば、問題なしとするところが多いです。

最近では夫婦共働きの家庭が多く、病児保育室を設置する園が増えてきました。これらの園では看護師が常駐しなければなりません。例えば、以下のような求人です。

仕事内容は、園児の健康管理や応急処置、健診業務、保健だより、歯みがき・手洗い・うがいなどの健康指導です。

ただ、幼稚園や保育園での看護師求人は倍率が高く、すぐに埋まってしまう傾向にあります。もし幼稚園や保育園ナースになりたい場合は、2~3社の転職サイトに登録しておいて、求人が出たらすぐに知らせてもらうようにしておけば、安心です。

産業看護師・産業保健師

企業で働く場合であれば、企業は一般的に土日祝休みにするため、そこで働く産業看護師・産業保健師もまた、休みになることがほとんどです。以下の求人を参考にしてください。

産業看護師・産業保健師の求人には、「産業保健師の実務経験が必要」とするところが多いですが、探せば、上記のように看護師の臨床経験しか必要ないというところもあります。

また保健師資格をもっておらず、看護師資格だけでも産業看護師として求人を出している企業があるので、最初から諦める必要はありません。例えば、以下のような求人です。

とはいえ産業保健師を希望する場合、未経験で常勤の産業保健師にいきなり採用されるのは、狭き門になることが多いです。やはりある程度、保健師や産業看護師としての経験が必要な職種ですので、まずは派遣看護師として経験を積んでおくことをおすすめします。

派遣看護師の保健師求人は比較的求人数が多く、採用への門戸が広いです。そこで保健師経験をある程度積みながら、良い条件の保健師の常勤求人が出たら、そちらに転職すればいいのです。

中には、紹介予定派遣といって、ある程度の期間、派遣社員として働いたのち、常勤に採用される雇用方法があります。例えば、次のような求人です。

このように「産業保健師や産業看護師は求人倍率が高い。しかも産業保健師・産業看護師の経験が必須のところが多いから、私には無理だ」と最初から諦める必要はありません。産業保健師・産業看護師になるためには、いくつかのアプローチ方法があるので、試してみると良いでしょう。

役所の保健課臨時職員

市区町村の役所の保健課などでは、たまに看護師求人が出ていることがあります。その場合、公務員と同様に土日祝日はもちろん休みになります。例えば、大阪のある市における以下のような求人です。

ただ、臨時職員となってしまうため、時給が比較的低く、経済的に不安定な一面があります。ただ、病棟勤務の看護師と比べると体力仕事がなく、残業も少ないのでママさんナースにはお勧めの求人です。

クリニック

もちろんクリニックの中には、土日休みのところがあります。次に示したのは、東京にあるクリニックの看護師求人です。このようにはっきり「土日休み」と掲載があれば、安心して応募することができます。

クリニックでも、予約制を採用している医療機関では、土日を休みにしていることが多く、残業も少なくて済むのが特徴です。

総合病院の外来

総合病院の外来で、土日休みの看護師求人があります。ただ、気を付けてもらいたいのは、以下のように病棟や外来などをすべてまとめて掲載をしている求人(東京都の総合病院)です。

こちらは病棟勤務であれば2交替・3交替の夜勤があります。外来も3交替になっています。

また手術室勤務でも待機があったり、「オンコールなし」と掲載があるにもかかわらず、内視鏡室勤務の場合はオンコール体制になったりしています。

「日曜・土曜・祝日 休み」と掲載がありますが、こちらの勤務体制で、どのように土日祝日が休みになるのでしょうか。このような掲載のある求人は、ただの人集めの言葉として「日曜・土曜・祝日 休み」と掲載しているのかもしれません。

このようないい加減な応募をかけている求人であると、面接時などで「土日祝日に休みたい」と希望を伝えていても、入職後に「話とは違う」といった場面に遭遇しやすく、満足いく転職にはつながりません。

事前に詳しい説明を受けるか、最初からこのような求人には応募しないほうが得策です。

万が一、このような医療機関に採用されて、あなたの希望が通り「新人看護師のあなただけ土日祝日休みを貰えた」とします。しかし、土日祝日休みではない他の先輩看護師からあまり良い印象をもたれない可能性が高いです。

多くの看護師は「土日祝日を休みにしたい」と思っていますが、本音を言えず我慢して働いている人が大半です。その人たちにとっては、いきなり来た新人看護師が土日休みとなるのは面白くないはずです。

このような場合、入職早々、人間関係でトラブルを抱え込みやすくなってしまうので注意が必要です。

そのため、求人票には曖昧な書き方をしておらず、最初から誰にでも分かりやすく「土日祝日休み」と掲載しているような求人を選ぶようにしましょう。

デイサービス

デイサービスでは、サービスを提供しているのが平日のみの職場であれば、土日祝休みとなります。例えば、次のような求人です。

デイサービスであれば、経験不問のところが多く、経験の浅い看護師やブランクの長い看護師でもハードルが低いのが特徴です。

また総合病院に併設されたデイサービスであれば、福利厚生が病棟看護師と同様であるだけでなく、将来、病棟勤務に戻りたくなった場合には、わざわざ転職活動を行わずに済みます。

忙しくバタバタ走りまわるような仕事ではなく、落ち着いた雰囲気の中でゆったりと仕事をしたい方にとっては、デイサービスをお勧めします。

看護学校の教員

看護学校の教員は、基本的に土日祝日休みになります。看護学校の教員になるには、5年間の看護師の臨床経験と、看護教員養成講習会を1年受講することが必要になります。

ただ、多くの看護師は看護学校に教員として就職したのちに、仕事をしながら看護教員養成講習会を受講して、資格取得を行っています。学校によっては、講習会受講費を全額負担してくれる制度を設けているところがあるので調べてみるとよいでしょう。

次に紹介する例は、京都にある看護専門学校の教員募集求人です。

こちらは期間限定ですが、看護教員免許は必要ありません。看護教員に興味がある人は、派遣看護師やパートで看護教員の仕事をいくつか行ってみて、自分に合っているか確かめてから、常勤として応募することをお勧めします。

私の知り合いで「土日祝日が休みだし、教えるのが好きだから」という理由で看護教員になった人がいました。1年間の講習会を受けながら、授業や実習に同行していました。そして、看護教員免許を取得したにもかかわらず、すぐに辞めてしまいました。

理由は「生徒には言い負かされる。同僚の先生からは、看護経験が少ないことを蔑まれる。さらに、他県の実習に同行となれば、数週間は家に帰れない。私には看護教員は合っていなかった」と話していました。

やはり、ある程度お試しで経験してからにしたほうが、リスクが少なくて済みます。

派遣・パート・アルバイト

常勤や正社員ではなく、派遣やパート・アルバイトまで働き方の選択肢に加えると、土日休みの看護師求人の数がぐんと増えます。

ちなみに派遣看護師のほうが、医療機関だけでなく、フィールドナースやイベントナースなどの仕事を探しやすく、選択肢が広がります。また派遣看護師のほうがパートよりも時給が高く、転職サイトのサポートを受けられるため、効率のよい働き方を実現することができます。

例えば、次に紹介するのは、東京都にあるフィールドナースの看護師求人の一例です。

派遣看護師には紹介予定派遣といって、1~3ケ月の期間、派遣看護師を経験し、実際の現場で仕事内容や人間関係を確かめた後、常勤となるシステムを取っている求人があります。このような常勤へのアプローチの仕方があるので、うまく利用してみるとよいでしょう。

ちなみに上記に掲載した求人はMCナースネットという紹介派遣会社のものになります。ほかにも様々な派遣看護師としての働き方があるため、登録して相談するとよいです。

土日休みのある人気求人へ採用される方法

土日休みのある人気求人は、プライベートを大切にしたい看護師にとって大変魅力的であるため、求人倍率は高い傾向にあります。

そのような求人先に採用され、満足いく働き方を手に入れるには、やはり転職のプロである転職サイトの手を借りたほうが効率よく、あなたの条件に合った求人に巡り合える可能性が高くなります

転職サイトでは、ただ単に土日休みの求人を紹介するだけでなく、希望する求人に合った履歴書の書き方や面接対策まで行ってくれます。また人間関係や有休消化率などについて、転職で必要な院内情報を教えてくれます。

そのため転職サイトを利用したほうが、転職満足度が高い傾向にあります。自分に合った転職コンサルタント(転職エージェント)を見極めるためにも2~3社に登録して、今回の転職を必ず成功させるよう行動することが大切です。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く