一般的に看護師学校や大学を卒業すると、病院やクリニック、施設といった医療機関で働き始めることが多いです。

ただ、看護師が活躍できるフィールドは病院などの医療機関に留まりません。看護師免許を活かせば、メーカーなどの一般企業でも多くの中途採用求人があります。

せっかく看護師資格を取得しているのであれば、資格を活かさない一般的なOLに転職してはもったいないです。この場合、看護師免許を必要とする一般企業求人を選ぶほうが、看護師の経験や知識を活かして待遇の良い給料で働くことができます。

そこでここでは看護師から一般企業の会社員へ転職したいという方に向けて、「看護師資格を活かした一般企業への転職方法や給料」についてお話ししていきたいと思います。

看護師免許を活かした中途採用の一般企業求人と給料

看護師免許を活かして転職する場合、どのような企業求人があるのでしょうか。応募条件に看護師資格が必要な一般企業の就職先としては、以下のような職種があります。

  • 企業内医務室の産業看護師・産業保健師
  • 医療関係のコールセンター(メディカルコールセンター)
  • クリニカルスペシャリスト(フィールドナース)
  • 治験コーディネーター(CRC)
  • 臨床開発モニター(CRA) など

このように看護師資格を活かして、活躍できる場は多いです。ここでは、それぞれのフィールドに転職した場合の年収も一緒に解説していきます。

企業の医務室・健康管理室での産業看護師・産業保健師

看護師免許を活かして一般企業で働く代表的な仕事といえば、企業内医務室や健康管理室で勤務する産業看護師です。

産業保健師と明記のある求人であれば保健師免許が必要となりますが、「産業看護師」としか記載のない求人であれば、保健師免許は特に必要ではありません。ただ、保健師と同様の仕事を任されます。例えば、神奈川県にある会社では以下のような求人内容となっています。

「産業看護師募集」との見出しや必要な資格の欄に「看護師」としか記載がない場合、看護師経験があれば、保健師免許がなくても企業内医務室や健康管理室で仕事ができます。産業看護師に転職する際に、特別な資格は必要ありません。看護師免許さえ保有していれば採用されます。

産業看護師は、従業員の健康管理が主な仕事内容です。従業員がスムーズに仕事に取り掛かれるよう、産業看護師は身体的な健康管理だけでなく、精神的な健康管理も担当します。

例えば、産業看護師の大きなウエイトを占める仕事の一つに、ストレス軽減のための「悩み相談」やうつ病などを早期に発見する「メンタルケア」などの精神的なサポートがあります。また職場で発生しやすいハラスメントの相談窓口としての役割を担っているところもあります。

看護師であれば病棟勤務の場合、夜勤や超過勤務などが非常に多く過酷で、肉体的・精神的な限界を感じやすいのが現状です。「このまま定年まで働くことは可能なのだろうか」など、多くの看護師が体力的な不安を抱えています。

しかし、産業看護師は肉体労働が少ないため、体力の限界を感じる人はほとんどいません。

また、病棟勤務の看護師ですと患者さんやスタッフなどの人間関係に苦しめられることが多く、精神的な負担も多いです。しかし企業で産業看護師として働く場合は、社会的なマナーや常識が守られている職場が多く、精神的に追い詰められることは少なくて済みます。

・産業看護師・産業保健師の年収は400~500万円で昇給率が高い

産業看護師や産業保健師は、大変人気の高い求人です。人気のある理由として、病棟勤務看護師のような変則勤務がなく、ほとんどの企業が土日・祝日休みの週休2日制をとっていることが挙げられます。

そして夜勤がなく、残業や勉強会、委員会などの時間外勤務が少ないにも関わらず、病棟勤務の看護師よりも平均額が高いケースが多いです。

もちろん企業の規模などによっても給与額は異なり、年収は300~1000万円と幅があります。平均年収は400~500万円、月収にすると35万円程度となります。例えば、以下のような仙台にある中途採用の産業保健師求人です。

ちなみに病棟で働く看護師の平均月収は夜勤手当を含めて32万円、平均年収は470万円だとされています。産業看護師・産業保健師のほうが、夜勤などが無いにもかかわらず待遇の良い職場のことが分かります。

また、産業看護師・産業保健師として経験を積んでいけば、病棟看護師より高い昇給を得られる会社が多く存在します。一般企業勤めになるため、その企業の会社員と同等の昇給を見込め、年収も高くなっていきます。

ただ中には、年収300万円からとする企業があるため、一概に「産業看護師・産業保健師は年収が高い」とは言い切れませんが、比較的高収入を期待できる求人です。

働き始めた初年度は年収が看護師時代より一時的に年収が下がったとしても、産業看護師・産業保健師のほうが病棟勤務の看護師より昇給のチャンスが多く、経験やスキルを培っていけば給与は上がりやすい傾向にあります。

また仕事のモチベーションを下げたくない人であれば、仕事の成果に応じてインセンティブ(成果報酬)がもらえるような企業(外資系企業が多い)の産業看護師・産業保健師求人を探すとよいでしょう。

医療関係のコールセンター(メディカルコールセンター)

次に看護師免許を活かした会社勤めの仕事として、健康相談を行う医療関係のコールセンターを紹介します。

メディカルコールセンターは、企業で従業員や健康保険組合員などの健康相談を電話やメールで受けるのが主な仕事です。電話相談といっても、「電話で相手の状態を素早く理解し、必要な情報をいち早く得る」という高度な医療知識が必要となります。そのため看護師の臨床経験を5年以上もっている人が望ましいです。

ただコールセンターの経験が未経験でも、多くのコールセンターにはマニュアルが完備されており、応対方法を丁寧に指導してもらえるところがほとんどです。コールセンター初心者で仕事に自信がない人でも、あまり心配する必要はありません。

またコールセンターであれば、応募者の年齢制限のないところが多く、男性看護師でも勤めやすい職場です。体力仕事はなく、主に座っての業務となります。

コールセンターに転職するには、看護師資格が必要なことはもちろん、看護師としての経験や知識も重視されます。電話での健康相談といっても、命に係わるような怪我や緊急の病気の応急処置方法などについての問い合わせもあるからです。

さらに、簡単なPCスキル(エクセル、パワーポイントなど)やコミュニケーション能力が必要な職場です。

例えば、以下のような求人になります。こちらは、福岡県博多市にある大手企業のコールセンター求人です。

看護師として5年以上の経験があり、PCの基本操作などができれば、このような大手企業のコールセンターへ看護師として勤めることが可能です。大手企業であれば、福利厚生が整っていることが多く、働き始めてからも続けやすいと感じることが多いです。

・一般企業のコールセンターでの給料は夜勤で大幅アップ

コールセンターに勤務する看護師の平均給与は日勤だけで月に23万円前後だとされています。ただ、コールセンターは24時間対応のところが多く、夜勤のある職場があります。

夜勤があれば夜勤手当がつくので、病棟看護師時代と同程度かそれ以上の年収を得ることも可能です。例えば、以下は愛知県名古屋市にあるコールセンターの求人の一部です。

夜勤をした場合、コールセンターでは月収で28万円以上、年収では450万円以上になります。もちろん看護師として病棟で夜勤をするときのように、深夜に急患が入って入院手続きをバタバタ進めることはないので、コールセンターの夜勤のほうがはるかに体力的に楽です。

医療関係でのコールセンターは、看護師としての臨床経験があれば優遇されやすく、夜勤があっても体力勝負の仕事ではないため、長く勤め続ける人が多いです。いままでの看護経験を存分に活かして、働ける職場といえます。

クリニカルスペシャリスト(フィールドナース)

クリニカルスペシャリストは、別名「フィールドナース」ともいわれます。クリニカルスペシャリストは医療機器製品の営業やアフターフォローに従事するのが主な仕事です。主な勤務先は、医療機器メーカーで医療施設へ自社の医療機器を販売する企業になります。

自社製品についてのプレゼンテーションをしたり、製品説明を伝えたりする仕事になるので、「プレゼンテーション能力・営業能力に自信のある人」「英語の医療機器取扱説明書が読める人」「医療機器に興味のある人」などにおすすめの職場です。

クリニカルスペシャリストの仕事場は、病院のような閉鎖された狭い空間での勤務ではなく、社外での営業活動が主になります。

そのため看護師の視点だけでなく、企業人として、より大きな視野で社会を見ることができます。また、看護師の知識や経験を活かしつつ、医療機器に関する最新知識の習得も行なえ、医師との人脈が増えていきます。

また、企業勤めの会社員になりますので土日・祝日が休みになります。

クリニカルスペシャリストフィールドナース)は高給与・高年収

クリニカルスペシャリストは会社員であるため、病棟勤務の同年代の看護師よりも高給与のことが多いです。平均年収は400~550万円程度で、平均月収にすると25~35万円という求人が多いです。

もっと年収を高く設定している企業もあります。例えば、以下のような愛知県にある外資系企業のクリニカルスペシャリストの求人です。

必須条件は看護師資格と臨床経験、そして運転免許だけです。このように探せば、年収500万円からの求人も多いです。

初任給が低く設定されていても営業が主な仕事内容ですので、自社製品を売ったら売った分だけインセンティブを支給してくれる企業もあります。

仕事が軌道に乗れば、それだけ給料に反映されやすい職業なため、モチベーションの上がりやすい仕事だといえます。

治験コーディネーター(CRC)

治験コーディネーターは、SMO(治験施設支援機関)や病院などの医療機関が勤め先となります。新薬が開発された際に、治験被験者と医師、製薬会社の間の仲介役となって、調整やサポートをするのが主な仕事です。

新薬の開発に貢献する仕事になり、治験を試す患者さんとは看護師時代よりも親密な関係を築ける環境が整っています。

治験コーディネーターは病院側の治験を支援するため、基本的に大病院へ常駐することになります。ただ、一般的な病院看護師とは違って土日・祝日といった規則的な休みをとることが可能です。有給消化率も看護師と比べるとはるかに良いです。

ただ、繁忙期になると家に持ち帰って資料を作成するなど、プライベートの時間を割くケースが良く起こります。

また出張などは少なく、決まった地域(病院)で仕事をすることができます。

そして治験コーディネーターは、被験者対応や資料作成・治験説明会の開催などが主な仕事のため、病棟看護師時代のような肉体労働からは解放されます。

また治験コーディネーターは院外での活動をするため、医療機関の医師や看護師、製薬会社の担当者、自社の関係者など多くの人間とのつながりをもつようになります。そのため、治験コーディネーターとして勤務することで、看護師時代には得られなかったような幅広い視野をもつことができるようになります。

・治験コーディネーターの給料は経験を積んでいけば期待大

企業の規模や勤務地にも寄りますが、治験コーディネーターは未経験者であれば年収300~400万円、経験者であれば年収400~500万円でスタートすることがほとんどです。

例えば、以下は治験コーディネーター未経験の場合の京都にある企業の求人になります。

月収は27万円からと一見、高給料に思えますが、残業代が含まれての月収となっています。この求人では時間外労働分の給与は45時間を超えてから、初めて発生する仕組みになっています。

このようにCRCは時間外勤務が多く、スタート時は基本給が多くても割に合わないと感じることが多いかもしれません。低めの年収に設定されることがほとんどですが、入社して数年経てば仕事で評価されるようになります。

病棟やクリニックの看護師のように、数十年働き続けても、給料がわずかにしか上がらないことはありません。以下に紹介する求人から分かる通り経験を積んでいけば、治験コーディネーターであれば年収700万円以上も夢ではありません。

治験経験者であれば、700万円の収入を得る中途採用の募集が存在するのです。

臨床開発モニター(CRA)

また同じ治験分野ですが、臨床開発モニターという仕事も一般企業に勤める仕事になります。CRO(医薬品開発支援会社)、製薬メーカー(医薬品会社)が雇い主となります。

新薬開発において、治験コーディネーターは病院側で臨床試験が正しく実行されているのかサポートする立場です。それに対して、臨床開発モニターは製薬会社の治験業務をサポートし、治験が適切に実施されているかをモニタリング(監視)します。

臨床開発モニターは研修制度が整っている企業が多く、未経験でも採用の枠があります。例えば以下のような、東京にある企業の求人です。

ただし臨床開発モニターへ転職する場合、条件があります。それは以下のようなものです。

仕事に対する意欲はもちろん、看護師や保健師の資格を有して、2年以上の実務経験をもっている大卒以上の人などが対象となることが多いです。

ちなみに治験コーディネーターのように特定の病院での仕事ではなく、治験を実施している病院やクリニックなど全国を飛びまわる仕事になります。出張だらけになり、日本全国だけでなく場合によっては海外へ出向となるチャンスもあります。

例えば以下は、東京にある臨床開発モニターの求人の海外出向制度です。

グローバルな視点で看護師資格を活かして働いてみたい方など、臨床開発モニターへの転職をおすすめします。

・臨床開発モニターは治験コーディネーターよりも年収が高い

臨床開発モニター(CRA)は治験コーディーネーター(CRC)よりも、スタート時から高給与に設定されていることが多く、年収も上がりやすいのが特徴です。例えば以下は、東京にある会社の臨床開発モニターの月収・年収になります。

年収440万円からとなっていますが、長く勤めることで看護師の比にならないくらい年収は上がっていきます。

例えば以下は、臨床開発モニターとしての経験が1年程度ある方のスタート年収になります。こちらは東京と大阪にある企業になります。

臨床開発経験が1年以上あれば、年収は600万円からと飛躍的に高くなっていることが分かります。このように臨床開発モニターであれば、能力に応じた年収を実現できるため、仕事への意欲ややりがいを感じやすい仕事であるといえます。

一般企業で会社員になるには転職サイトが必須

看護師として病院への転職を考えた場合、そのまま即戦力として他の病院で働くことが可能です。慢性的に人手不足の看護師業界ですので、職場さえ選り好みしなければ、どのような田舎でも何らかの看護業務は必ずあります。

しかし、看護師免許を活かして一般企業で会社員として働くのであれば、まったくの畑違いの職場のため、企業用の就職対策を行えていない看護師がほとんどです。

特にCRCやCRAといった職種の場合は、看護師同士で採用枠を競い合うわけではありません。一般企業で働いてきた社会人もあなたのライバルとなるのです。応募者はもともと営業マンとして第一線で活躍してきた人など、看護師経験とは異なる条件の揃ってきている人がたくさんいます。

また、一般企業で看護師免許を活かした求人を探してみると分かるのですが、企業勤めの求人は人気のため、募集自体が少ないです。

応募を迷っているうちにすぐに求人自体がなくなってしまいます。求人がでたら優良求人かどうかのチェックを行い、他のライバルに負けないようすぐに企業研究に取りかからなければなりません。

ただ、一般企業への転職を経験したことのない看護師が、スムーズに採用されるのは至難のわざです。超人気の一般企業求人は、自力で探そうとしても「求人に巡り合えること自体、皆無」といっても過言ではありません。

そこで、転職のプロである転職サイトの利用が必須になります。

「看護師免許を活かして一般企業に本気で転職したい」のであれば、看護師転職サイトに登録しましょう。そして、担当コンサルタントに「自分は看護師免許を活かせる一般企業への転職を希望している」ことを事前に伝えておき、転職を少しでも有利に運べるよう準備しておくことが大切です。

看護師免許を活かして会社員として働く可能性は無限

看護師免許を活かして一般企業の会社員になりたい場合、多くの選択肢があることが分かります。

一般企業の会社員(OL)の仕事に興味をもったのであれば、病院から抜け出して、実際に転職のための行動を起こしてみることをおすすめします。案外、自分の知っていた世界は狭く、もっと「看護師経験を活かした会社員として能力を発揮できる場」があることに気づけます。

あなたを取り巻く環境としても、病院以外での看護業務の活躍の場はますます増えています。一般企業への転職は競争率が高く、狭き門だとしてもチャレンジし続けていれば、あなたの活躍の場があります。

「あの求人は人気がありそうだから」といった理由で応募を戸惑うのではなく、まずは一歩を踏み出し、積極的に自分から動くことが大切です。いままでの経験とスキルを活かして、活躍の場を広げていきましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く