病院勤務をし始めて、2年目、3年目の第二新卒で20代前半の新人看護師でも転職を希望することがあります。「病棟の夜勤が合わない」「仕事終わりの勉強会や看護研究がつらい」「人間関係がぎくしゃくしている」など、人によって様々な理由が考えられます。

経験の少ない看護師が転職を考えた場合、「短期間で辞めて希望する医療機関に転職できるか」などの不安を抱えやすいです。確かに、さまざまな転職サイトを見てみると「2~3年しか勤務していない看護師の転職は難しい」と書かれていることがあります。

しかし、2年や3年の看護経験しかなくても希望する医療機関に転職し、満足いく働き方を手に入れることは可能です。実際、私は1年半で3回も転職しましたが、いまは人気のあるクリニックで私らしい充実した働き方を手に入れることができています。

そこで今回は「2年目や3年目の第二新卒が希望する病院に転職し、満足いく働き方を手に入れる方法」についてご紹介したいと思います。

2年目や3年目の第二新卒が退職しても問題ない

病棟に勤務して2年目や3年目の第二新卒の看護師がいまの職場を辞めたいと考えて転職しようと考えた場合、看護経験が少ないことは問題になるのでしょうか。結論からいえば、第二新卒の看護師が転職するうえで、「早期に退職したこと」「経験が少ないこと」は問題にはなりません。

2年や3年の勤務で転職を考えている場合、「自分は短期間で退職するなんて、なんて根性がないのだろう」と自分を責めてしまうことがあります。

しかし、無理やり自分の気持ちを奮い立たせて、いまの職場で我慢して働いたとしても、仕事へのやる気が沸かない状態であれば、得られるものはありません。

当サイトの管理人である私自身、30代後半で看護師免許を取得したので、他の同年代の看護師であれば簡単に行っている採血や点滴の技術さえできませんでした。そこで採血なども当たり前にできて、アセスメントなどもしっかりとれる病棟への勤務を希望しました。

しかし年齢を考慮されたのか、新卒で配属されたのは重症心身障害児者病棟でした。採血は年に2~3回しか立ち会う機会がなく、しかもそれらは全て急性期で経験のある先輩看護師が行うことがほとんどでした。

看護師として忙しいには変わりはないのですが、日々の看護業務は食事・入浴介助、体位変換やおむつ交換などの介護が主でした。

入職前の病院説明会では「急性期病棟でも慢性期病棟でも同等の看護技術や知識が身につくので心配は要らない」といっていました。しかし、実際には3ケ月に1回、新人看護師が一斉に集まり、採血や点滴テストを行うだけでした。

このとき急性期病棟に配属された同期は私には理解できない看護師用語や技術をどんどん身につけており、採血などは当たり前のように行っていました。一方、同じ重症心身障碍児者病棟の新人看護師たちは、採血さえできない状況でした。

採血テスト前日になると、同じ病棟の新人看護師たちは焦って看護学生時代の教科書を出して採血の手順を確認し、イメージトレーニングを行いました。結果、合格点を取ることができ、一度も採血をしたことがないにも関わらず、師長や教育係に「採血技術を習得した」と認定を貰えました。

これが入職前に聞いていた「急性期と慢性期で同等の看護技術が身につく」という根拠だったのです。

私は入職後10ケ月くらい経過して配置転換を希望したのですが、看護部長に「いま急性期に配置転換しても、慢性期病棟野看護師は付いていけない。3年はそこで働かないと配置転換は無理だ」といわれました。

そこで20年以上この病院で働いている先輩看護師に相談したところ、「ここで3年間看護師として働いたとしても、看護技術は身につかない。転職したとしても、看護技術の要らない介護施設や精神科しか残っていない」といわれました。私は技術や知識がないままで働き続けるには限界がありました。

そのため私は技術や知識を実践で身につけられる職場に転職しようと考え、いまの職場に紆余曲折をしながら巡り合うことができました。このようにいまの職場に我慢して頑張るだけが美徳とは限りません。人には合う合わないがあります。もちろん、重症心身障碍児者病棟で新卒から働き続けている同期もいます。

ただ全員が全員、いまの職場が合っているわけではなく、合っている人だけがその職場に残っているのです。我慢してまで勤め続けることが美徳であり、良いことだとは限らないのです。

私自身、以前勤めていた眼科クリニックでは「仕事ができない。使えない。生意気」などと言われ続け、いじめを受けて、うつのような症状がでました。とても辛い体験でした。

しかし、いまの職場では「あなたがいてくれないと困る。仕事が早くて正確で助かる」といってもらえています。

要は自分に合っている職場であれば、自分の持てる力を存分に発揮できるのです。あなたが日々、いまの仕事で元気を失っているようなら「自分に合わない職場なのだ」と割り切って、自分を守るために現状から逃げて転職を考えることも大切です。

2年目や3年目の第二新卒は採用側にとってメリットが多い

実は2年目や3年目など第二新卒は採用側にとってのメリットが多くあります。

第二新卒とは、新卒で入職して3年未満に退職した20代前半~26歳くらいの人を指します。第二新卒という言葉に法的な定義はありませんが、看護学校や看護大学を卒業してから大体3年未満に転職したのであれば、第二新卒扱いになります。厳密にいえば、1年未満で一度退職した人の場合も第二新卒になります。

看護経験のある中堅看護師と比較すると、第二新卒は転職に不利と考えられがちですが、実はそのようなことはありません。採用側にとって、第二新卒を採用するメリットは多いのが特徴です。

第二新卒が転職しやすい理由としては、以下のようなことが挙げられます。

  • 看護師としての経験があるため、順応性がある
  • 社会人としての基礎ができている
  • 年齢的に若いので育成しがいがある
  • 他病院で身につけた変なクセが少ない
  • 社会人経験があるため、多少不都合なことがあっても我慢できる など

このような自分の長所を改めて知ることで、転職先を焦って決めてしまったり、自分を卑下しすぎて悪い条件で転職してしまったりすることを防げるのです。

2年目や3年目の第二新卒は短期間とはいえ、看護師として働いた経験があるため、看護業務を一から教える必要がありません。まったくの新卒よりは第二新卒のほうが早く戦力化でき、思わぬインシデントも予防できます。そのため、新人看護師を育てるよりも人件費を安く抑えることができます。

また第二新卒は経験が充分でない分、長年の積み重ねで身につけてしまった変な看護のクセはありません。そのため、看護業務を教えても吸収が早く、その職場に馴染みやすいという長所をもっています。

さらに、20代前半ともなると他の看護師より若く、将来性も兼ね備えています。若いと体力的に余裕があり、成長も早いです。また職場に馴染んでいけば、将来的に看護師長や副師長などのリーダーとなり先陣を切って働いてくれる可能性を秘めています。

以上のような理由から「2~3年ほどしか看護経験がないことは弱み」と考える必要はありません。

卑下しすぎると、給料に影響する

なお、あまり自分を卑下しすぎて転職を考えていると、ブラック病院やクリニックに弱みを付け込まれてしまい、「基本給を下げられる」「提示された条件と異なる雇用内容にされる」などの恐れがあります。

私自身、看護師経験が少ないことを卑下しすぎたため、2回目の眼科クリニックへの転職では失敗してしまいました。当時、私は「看護師経験が少なくて即戦力にならない。どこかのクリニックに勤められたらそれでいい」と転職できるかどうか不安で焦っていたのです。

そしてハローワークで給料の良い順に求人票を並べられて、勧められるがまま眼科クリニックに転職しました。

しかしそこでは、「看護経験が少ない」という理由で、求人内容に掲載されていた基本給を1万円減額されていたり、毎日4時間程度のサービス残業があったりしました。

以下が実際、ハローワークに提示されていた求人票の基本給の詳細です。 

そして次の写真が私が実際に働き始めて初めての給料日に、院長の奥さんに呼ばれて「あなたは看護経験が少ないから基本給を1万円減らす」といわれて渡された給料明細です。

資格手当は求人票通り支給してくれたのですが、基本給は1万円減額してスタートされました。

また求人票には残業20時間程度と書いてあったので、それを了承して入職しました。しかし実際には月に20時間以上行った残業は残業代が出されるのではなく、すべてサービス残業となっていました。

人間関係も悪く、新しく入った看護師は皆が先輩看護師に無視されているような職場でした。

このように焦ってハローワークに駆け込み転職したため、この眼科クリニックを退職する半年間は、年収も下がり、体力的にも精神的にも大変つらい経験しか思い出せません。

そこで、「2年や3年しか看護経験がないとしても、それは転職に不利ではない」と考え、転職活動に時間をかけ、対策を十分に練ることが大切です。

第二新卒の募集は多い

以下のように「第二新卒歓迎」と掲載のある求人は多く存在します。こちらは千葉にある総合病院の看護師求人になります。

他にも、20代前半の第二新卒は美容外科や美容皮膚科といった美容クリニックで歓迎されることが多いです。以下は東京や大阪、名古屋、京都、神戸、広島、福岡など主要都市で展開している大手の美容外科クリニックグループの採用情報です。

美容クリニックは顧客層に近いため、20代や30代前半の看護師を欲しがる傾向にあります。このとき若い看護師の中でも新卒ではなく、あえて臨床経験のある第二新卒の看護師を募集していることが分かります。

ただ若さを重視するのであれば、新卒を採用すればいいのです。ただ、それ以上に臨床経験を重視しているからこそ、第二新卒の採用に積極的なのだといえます。

他にも、一般的に臨床経験を積まないと採用は難しいとされる訪問看護ステーションでも、第二新卒の求人があります。例えば、以下は都内でいくつかの訪問看護ステーションを展開する事業所の求人です。

訪問看護ステーションでは、全く臨床経験のない看護師の採用は難しいのですが、第二新卒であればOKとする事業所が多いです。

また珍しいところでは、不妊治療をしているクリニックでの第二新卒求人があります。こちらは東京にある医療機関となります。

月収は35万円以上と雇用条件がかなり良い求人です。

このように第二新卒歓迎と掲載のある求人は多く、焦って求人を選ぶ必要はありません。冷静に、より良い求人を見抜き、その中からあなたに合った選択肢を選びだすように心がけましょう。

再就職は教育体制の整っている病院・クリニックを選ぶ

第二新卒が転職を考えた場合、看護技術やスキル、知識は未熟な部分が多いので、教育体制の整っている病院やクリニックを選ぶようにしましょう。あなたは20代であるため、知識や技術の吸収に充分な伸びしろがあるからです。

例えば、以下のような求人です。こちらは千葉にある急性期総合病院の看護師求人の一部です。

プリセプター制度や勉強会などが豊富にあれば、今後も知識や技術を増やしていけます。

一方でクリニックは、病棟と比べると「教育体制が整っていない」と考えがちです。2年目や3年目などの第二新卒で経験の少ない看護師であれば、クリニックに転職となると「病棟のようなしっかりした教育は受けられないのでないか」と不安になることがあるでしょう。

しかし、少人数だからこそ少数精鋭で新人を育てる気概のある、教育体制の整えられたクリニックは多く存在します。そこで働く看護師全員がしっかりとした技術を身に付け、同じようなスキルや知識をもてるように実践しているクリニックです。

例えば以下のようなクリニックです。こちらは東京にある小児科・内科の外来クリニックでの看護師求人の一部となっています。

クリニックだからこそ、少人数で課題到達に向けて教育に力をいれてくれる職場が存在します。教育体制が整えられたクリニックは決して看護知識やスキルが停滞したままの環境にはなりません。

看護師一人ひとりの個性を大切にして、十分な教育体制を受けられる職場があるのです。このような職場に転職できれば、第二新卒からクリニックへの転職だとしても物足りなさを感じず、定着して働ける人が多いのが特徴です。

特に、教育体制が整っているクリニック求人は美容外科クリニック、透析クリニック、整形外科クリニック、内科クリニック、訪問看護ステーションなどです。

転職サイトを活用しながら求人を詳しくチェックし、どのような教育体制が整えられているか確認しておくことが大切です。

ちなみに、私の勤めているクリニックもまた教育体制が整っています。

具体的には新人が入職した場合、新人と既存の看護師がコミュニケーションを取りやすいように、「看護経験の豊富な看護師(ベテラン)」と「新人と年齢の近い看護師(若手)」の2名が責任をもって看護業務を教えることになっています。

その際に、以下のような新人看護師チェックリストで仕事内容を確認しながら、看護技術や接遇を身につけているかどうかをチェックしています。

チェックリストがあると、先輩看護師は教えていなかった仕事について、新人看護師は身につけていなかった技術を振り返り、目標を新たに設定できます。こうして院内で看護のレベルアップを図るように心がけています。

また院内勉強会を週に1回開催しています。看護師が持ち回りで、仕事を通して疑問に思ったことや勉強したことを発表します。そのときには、医師や他の看護師からアドバイスをもらえ、看護の視野を広げることもできます。

私の勤めるクリニックには1年前に23歳の第二新卒の看護師が入職してきました。クリニックでは即戦力が大切といわれていますが、教育体制が整っていれば、1年後には他の看護師と同様、メンバーシップを発揮して戦力となって仕事を行うことができています。

資格取得支援制度のある職場を狙う

資格取得支援制度は多くの病院やクリニックで整っている制度です。今後はキャリアップのために専門性を身につけ、資格取得を考えている第二新卒はこれらの制度があるか事前にチェックしておくと良いでしょう。

例えば、以下のような求人です。こちらは埼玉にある糖尿病やアトピー専門のクリニックになります。

このように中には准看護師から正看護師への免許取得をサポートしてくれるクリニックもあります。ちなみに、准看護師から正看護師になるには、一般的に休職して200万円以上の経費が必要となります。

本来であれば自費で資格取得を行わなければならないのに、資格取得に必要な経済的負担(看護学校に通う、基本給を保障するなど)をクリニック側がサポートしてくれるほど、ありがたいことはありません。休職をしたり、自費で学校に通ったりといった心配をしなくて済むからです。

しっかりした看護技術やスキルを身につけていきたいと考えている方は、このように教育体制や資格取得制度が整ったクリニックを探せばいいです。

転職サイトを利用して事前に情報収集する

このように2年目や3年目の第二新卒の看護師は転職に有利であるということが分かります。さらに、満足いく働き方を手に入れるためには、転職前に情報収集を徹底して行うようにしましょう。

第二新卒となると、看護業界の見る目が養われているため「自分なりに合う・合わない職場については、大体分かるだろう」と考えているかもしれません。

しかし第二新卒はもちろん、多くの経験を積んできたベテラン看護師でさえ、転職で失敗することがあります。まだ経験の浅い第二新卒目の看護師であれば、なおさらです。

転職で失敗する原因は、転職前の情報収集不足にあるといえます。例えば、以下のことを確認する必要があります。

  • クリニックの場合、院長や院長をとりまく人(院長婦人など)の人柄はどうか
  • 給与の実態はどうか(賞与は何ケ月でるのか)
  • 教育体制は整っているか
  • 離職率は高くないか
  • 福利厚生はどのようなものがあるか
  • 残業時間はしっかりカウントされているか など

病院勤務の場合、配置換えなどを頻繁に行う職場であれば、噂に聞いていた情報と全く異なることがあります。

一方でクリニックに転職希望の場合、院長が一国の主であるため、良いも悪いもすべての実権を握っていることが多いです。

例えば、「今年は思ったような利益は出せなかったから賞与は出せない」と院長からいわれると、スタッフはそれに従うか退職するしかありません。実際、私の友人の勤める整形外科クリニックでは、昨年度と比較して患者数が減ったとの理由で、年末のボーナスが出なかったそうです。

このように院長の思いつきで「賞与が出ない」など、経済的に振り回されてしまっては困ります。クリニックで働こうとするのであれば、とくに院長がスタッフのことを大切に思ってくれ、「この院長のもとで長く勤めていきたい」という意欲がわくような環境が重要になります。

ただ、こうした情報を自分で集めるのは現実的でないため、多くの人が看護師専用の転職サイトに登録します。無料で転職コンサルタント(転職アドバイザー)が、あなたが希望するクリニックの上記に挙げた有益な情報を教えてくれます。

このときは3社以上に登録をし、各担当者から情報を聞き出しながら、あなたに合った職場を吟味するほうが満足いく転職につなげることが可能です。

第二新卒が採用されるため履歴書・面接での志望動機

希望する転職先が決まったら、次は履歴書作成です。履歴書のなかでも特に重要視されるのが志望動機になります。

第二新卒であると経験が少ないため、内容に乏しくなると考えられがちですが、そのようなことはありません。志望動機には、「あなたが新しい職場でできること(看護観や仕事への意欲)」と「希望する転職先でなければならない理由」の二つを必ず入れるようにしましょう。

そのためには、希望する転職先の情報を仕入れ、そこで「自分の能力をどのように活かせると考えたのか」「今後はどのように活躍していきたいのか」を具体的に書き入れるようにしましょう。

以下に第二新卒のための志望動機例文を挙げておきます。

私は短期間ではありますが、これまでA病院の外科病棟に勤務していました。3月に行われる部署異動を機に、興味をもった救命救急で勤務してみたいと強く思うようになりました。

特に御院は県内でも最大の救命救急病院であり、災害時にはDMATを派遣するなど多くの人に頼られている機関です。

今後は外科での経験を活かしながら、御院で救命救急看護師として、また災害救命看護師として、一人でも多くの患者様の命を救うサポートを担っていきたいと考えております。

この志望動機例文をみて、短いと感じる方がいるかもしれませんが、志望動機の欄は以下のように小さいのが一般的です。

小さな字でだらだら書いたり、一文を長くしたりすると、採用側の印象には残りにくくなります。簡潔に内容をまとめるよう意識するようにしましょう。

また、こうした志望動機は面接でも、

第二新卒の看護師が転職を成功させるコツ

2年目や3年目の第二新卒の看護師でも、転職して満足いく働き方は実現できます。

転職を成功させるコツはには以下のようなものがあります。

  • 経験がないからと自分を卑下しすぎない
  • 教育体制の整った職場を選ぶ
  • 転職前の情報収集を怠らない
  • しっかりとした看護観をアピールする

また焦って転職しないように、じっくり転職先を見極めましょう。そのためには複数の転職サイトを通じて有益な情報を集め、それを転職の際の判断材料にし、自分が選ばれるのではなく、自分から転職先を選ぶことが重要になります。

まだまだ看護師としての可能性や伸びしろに富んだあなたです。たった一度、看護の職場を早期に退職したからといって、問題はありません。

次こそ、あなたらしく働ける職場に勤めて患者さんに喜ばれ、同僚に「あなたが来てくれて良かった」といわれ、院長や上司に信頼されるような看護師として活躍しましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く