「苦労して転職を実現したけれど、半年や1年目などと入職してすぐ妊娠が発覚してしまった。職場に迷惑がかかってしまう。どうしたらいいだろう?」と再就職してせっかく仕事を覚えてきた頃に、妊娠が判明し戸惑ってしまう看護師は多いです。

もちろん懐妊は喜ぶべきことです。

しかし、入職して半年や1年目です。せっかく仕事を覚えて動けるようになり、人間関係の構築もできてきた時期であるだけに戸惑いも大きく、退職を考えることもあるでしょう。

ただ、希望して入職できた職場です。いま辞めると出産後に再度新しい職場を探さないといけないばかりか、失業手当も先延ばしになる可能性が高くなってしまいます。できれば、妊娠・出産・育児中もいまの職場で働きたいものです。

では新しい職場に迷惑をかけないためには、どのような対策をとればよいのでしょうか。そこで今回は、「入職して半年程度(1年目)で妊娠が判明したとしても、職場へ迷惑をかけずに済む方法」について述べていきたいと思います。

再就職後、半年や1年目に妊娠、引け目に感じる必要はない

最初にお伝えしたいことは、「入職して間もないうちに妊娠したとしても、必要以上に引け目に感じる必要はない」という事実です。転職後、半年や1年未満での妊娠となると、本人はおろか周囲のスタッフも戸惑いを感じます。

「まだまだ新人で仕事も十分覚えきれていないにも関わらず、産休や育休で長期のお休みを貰うことになる。それでは職場に迷惑がかかってしまう」などの不安は、考えればきりがありません。さらに看護師が妊娠したことで、マタハラ(マタニティハラスメント)を受けたというニュースはよく耳にします。

確かに「中途採用で転職してきたばかりなのに妊娠だなんて、最初から計画していたのではないか」「ようやく人手が足りたと思っていたのに、もう産休などで休むの? それは困る」などと、陰口を叩かれてしまうかもしれません。

職場の看護師たちからそのような心無いことを言われると、新人のうちは今後復職しても仕事に支障がありそうで、早々にその職場を辞めたい気持ちも分かります。

しかし、もし妊娠したのが転職して半年や一年目の新人看護師のあなたではなく、他の中堅看護師であったとしても、陰口を言う人は言うのです。

そもそも新人看護師と同じように、中堅看護師が産休・育休を取得しても、職場に迷惑がかかってしまうことに変わりはありません。

むしろ新人より中堅看護師のほうが責任ある仕事を任されていたり、委員会の役員などを兼任していたりすることが多く、中堅看護師の産休・育休の取得のほうが周囲に多大な影響を与えてしまいます。

その点、あなたは入職して半年から1年など経験の少ない新人看護師です。まだ責任ある仕事を充分に任されているわけではありません。そのため実は、あなたが抜けるからといって、周囲にそれほど迷惑をかけないことのほうが多いのです。

妊娠は喜ばしいことであるのに、入職して半年や1年目で妊娠したことで、あなたに心無い言葉を発する上司や同僚看護師がいるかもしれません。しかし、周囲は予期していなかった出来事に戸惑っているだけなのです。

あなたは産休・育休を取得することに、必要以上に引け目を感じる必要はありません。産休から復帰して働ける状態になった時点で、「職場に迷惑をかけた分、産後に復帰してから恩返しをしていこう」と考えればいいのです。

産後復職したとき、周囲に迷惑をかけてしまったことに対し、それをフォローするだけの働きをみせればいいのです。そうしているうちに、そのような心無い言葉を発する人はいなくなってきます。

産休・育休の取得時には、周囲に迷惑をかけているように思えます。しかし、今後看護師を続けていく人生のなかで、産休・育休などは本当にわずかな期間です。

育休が終わったら、しっかり働いて周囲をサポートできる看護師に成長していけばいいのです。産休明けに熱心な働きぶりをみせれば、人の気持ちには変化が訪れます。

「迷惑をかけて申し訳ない」と思う気持ちがあるのならば、「復職後、仕事を一層頑張る」という姿勢でいることのほうが大切です。

妊娠中の退職はお金や再就職で苦労する

妊娠・出産となると、切迫流産や切迫早産が怖くて退職してしまう看護師がいます。看護師の切迫流産率は他の女性労働者と比較すると高く、心配になってしまう気持ちもよくわかります。

しかし、妊娠・出産時に退職してしまうと、経済的に困ったり再就職で不利になったりする事態に陥ることが多いです。それは以下のとおりです。

  • 収入がなくても前年の市区民税や年金、健康保険料の支払いをしなければならない
  • 失業保険をすぐには受け取れない
  • ブランクができ、再就職しにくくなる
  • 退職すると出産手当金や育児休業給付金は受け取れない

その理由について、それぞれ述べていきます。

前年の市区民税(住民税)や年金などの支払いがある

妊娠を理由に退職すれば、周囲から陰口や嫌な顔をされたり、仕事での気遣いをしたりしなくてよくなるため気持ちが楽になるでしょう。

しかし退職し、しばらくすると市区民税徴収書類の入った封筒が届きます。この封筒を開けてみると、仕事を辞めて楽になっていた気持ちは一転して、重くなってしまう可能性が高いです。

市区民税は前年の1~12月までの所得に応じて翌年に徴収される仕組みになっています。いままでは給与天引きであったので、あまり気に留めていなかったかもしれませんが、このような税金を自分で支払わなければならないのです。

他にも年金掛金や健康保険料なども給与明細で確認してみましょう。健康保険料は職場が半分負担していたため、倍額の支払いとなります。さらに40歳以上となると介護保険の支払いも出てきます。

そのため退職してしまうと、収入が無いにも関わらず、税金や年金掛金、健康保険料など様々な支払いを行わなければいけません。これは出産・育児を控え何かと出費がかさむ時期に大きな痛手となってしまいます。

妊娠中、失業保険をすぐには受け取れない

妊娠を理由に退職してしまうと「妊娠中であるため、この人は働けない」とみなされ、失業保険を一定期間、受け取ることができません。もし失業保険を受け取りたいのであれば、まずはハローワークで「受給期間延長の手続き」を行う必要があります。

この手続きを行っておけば、出産し働ける状態になったとき、再度、失業保険の申請を行います。そうすれば、その時点で失業保険の受給資格が与えられ、失業手当が支給されることになります。

これらの手続きのためにハローワークに数回訪れる必要があり、面倒な事務手続きを行わなければなりません。

ちなみに、国立の大学病院や国立病院機構などの看護師は準公務員になるため、失業保険はもらえません。そもそも雇用保険を支払っていないので、給与明細で確認してみるとよいでしょう。以下は私が国立病院機構で働いていた時の給与明細になります。

このように、雇用保険の欄は0円で未加入であることが分かります。この場合、失業手当は支給されません。その代わりに退職金制度により数ケ月しか勤めていない人でも、退職金が支払われる仕組みとなっています。

ブランクができ、再就職しにくくなる

妊娠を理由に退職した場合、出産・育児が一段落するまで再就職は難しいでしょう。転職しようと思っても、子どもがすぐに保育園に入れるとは限りません。あなた自身もまた幼い子供を誰かに預けて、転職活動を行わなければなりません。

とくに都市部のほうは簡単に保育園に入れると思っていたけれど、実は待機児童でいっぱいだったということはよくあります。退職している人だと、働いている人(育休中の人)よりも保育園の審査に落とされやすいため、子どもを保育園に入れにくくなります。

このように転職活動や保育園の入園活動などを行っている間に1年くらいのブランクなど、気づけばすぐにできてしまいます。

一度、長めのブランクができてからの転職となると、看護業界は人手不足だからといっても、妊娠前の転職のようにスムーズに進まないことが多いです。まだ幼い子どもを抱えての転職となるため、急な発熱やケガなどで早退を余儀なくされることも想定できます。

そのため妊娠前と比べると採用のハードルは高くなっているといえます。

さらに妊娠前と異なる点として、あなたは看護師の仕事・家事に加え、育児もこなさなければならなくなります。たとえ転職できたとしても、新しい環境に慣れるまでは、親であるあなたも子どももストレスを感じることが多くなってしまうでしょう。

育休明けの転職はあなたが思っている以上に難しいのが現状です。

その点、退職を思い留まり育休後に復帰する職場がある場合、「転職活動を行う必要がなく、スムーズに仕事に復帰できる」というメリットがあります。

ちなみに規模の大きい病院であれば、職場に保育園が併設されていることがほとんどです。子どもを預ける場所が決まっていれば、保活する必要もなくなり、子どもの急な発熱などがあっても仕事中に抜けて、すぐに対処できます。

退職すると出産手当金や育児休業給付金は受け取れない

一般的に妊産婦であれば、産前6週間から産後8週間にかけて出産休暇・育児休暇を取得することができます。その間の給与は健康保険から出産手当金がもらえます。出産手当金は、給与の3分の2が支給されます。

また育児休業給付金といって、育休後に職場復帰する人を対象とした給付金制度もあります。こちらは産後180日まで、日給換算した賃金の67%、180日からは賃金の50%の給付金を子どもが1歳になるまで受け取ることができます。

これらを合計するとかなりの金額になります。

しかし、妊娠を機に退職を前提としている人や退職した人であれば、上記の出産手当金や育児休業給付金は受け取ることができません。

このようなことから、妊娠が発覚したからといって早々に退職しては大変もったいないことになります。

※注意:入職半年で妊娠した場合、給付金を受け取れないことがある

ただし注意したい点として、入職して半年や1年以内で妊娠した場合、退職していなくても給付金を受け取れない場合があります。

育児休業給付金などは原則として、「育休を開始する日より2年以内に12ケ月(1年)以上働いている(雇用保険に入っている)」という規定があるからです。正社員や週に何日も働くパートであれば、全員が雇用保険に入っています。

給付金については個々の事情により異なる場合があります。職場の担当者に問い合わせてみると良いでしょう。

上司や職場に妊娠報告する最適なタイミングは?

入職後間もないこともあり、上司や職場に妊娠を告げるタイミングは難しいかもしれません。妊娠した看護師のなかには、安定期(妊娠5~7ケ月)を待ってから妊娠報告する人もいます。

ただ、妊娠初期は流産するリスクが高く、体調に充分な注意を払いたい時期です。特に、看護師の切迫流産率は他の女性労働者と比較すると高いのが現状です。

また、妊娠初期のほうが、つわりや体調不良に悩まされることが多いため、安定期を待たずに妊娠が判明したタイミングで上司や職場に報告しておくほうが得策といえます。

これについては、いま体調は悪くなく、順調に妊娠が経過している人でも同様です。妊娠中は急に体調に変化が現れることがあります。急にあなたが抜けることになっては、それこそ職場に迷惑をかけることになってしまいます。

体調が良い悪いに関わらず、あなたが妊娠していることを上司は把握しておけば、夜勤免除など勤務表の調整を早めに行うことができます。特に看護の職場は慢性的な人手不足で体調が悪くても、すぐには休めない状況も出てきやすいです。

お腹の赤ちゃんを守れるのは母親であるあなたしかいません。勇気を出して、上司や職場に早めに伝えるように心がけましょう。そうすれば、周囲は心構えができるので安心です。

職場に迷惑をかけないために妊娠中の看護師ができること

転職して半年や1年目で妊娠したからといって、任されている仕事をほったらかしにするわけにはいきません。

社会人として、事前にあなたが抜ける分の話し合いをしたり、引継ぎをしたりして、できるだけ気持ちよく産休・育休に入り、育休明けには快く迎えてもらえる環境を作っておくことが大切です。それではひとつずつ説明していきます。

・時間に余裕をもって仕事をする

看護師の仕事は常に次の仕事に追われて、あちこちを動き回る必要があります。しかし、妊娠してお腹が大きくなってくると、思うように体が動かず、今までよりも時間がかかってしまうことも多くなります。

職場に迷惑をかけないよう仕事を行う際は、いままで以上に時間に余裕をもたせることが大切です。

そのためには朝など少し余裕をもって出勤し、他の看護師よりも早めに患者さんの情報収集を行うなど、早め早めの行動を心がけましょう。

・体調が悪くないときは他のスタッフと同様に働く

体調の悪くないときは、妊娠していても他のスタッフと同様に働くように心がけましょう。

なかには妊娠を口実にして、楽な仕事ばかりを選び「妊娠中で大変な思いをして仕事をこなしているのに、他の看護師から文句をいわれる」といっていた自分勝手な人がいます。このような人は、自分が困ったとき周囲からのサポートを受けられないでしょう。

妊娠中は病気ではないので、無理をしない程度に働くことが大切になります。

・引継ぎの準備をしておく

転職したばかりの1年目ということで、あまり引き継ぐ仕事は無いかもしれませんが、あれば少しずつ周囲に引き継いでいくようにしましょう。

さらに、あなたの体調に変化があり急に出勤できなくなったとしても、「これを見れば大丈夫」という資料を作っておけば、周囲は助かります。早めにそのような資料作成を済ませておけば、あなたが急に不在となった場合でも周囲が困ることはありません。

周囲が一番迷惑に感じるのは、ぎりぎりになって引き継ぎ業務を行うことです。最悪の場合、引き継ぎ自体間に合わず、あなたが不在で大混乱を招いてしまうと復職するときの周囲の印象はあまり良くありません。

・些細なことでも上司に相談する

どのような些細なことでも、上司に相談しておくようにしましょう。自分では些細なことだと判断しても、職場に迷惑をかけることがあります。上司の目から判断してもらうためにも、報告や相談はこまめに行うようにしましょう。

また産休中・育休中で仕事をしていない期間であっても、上司に「妊娠や育児が順調に進んでいるか」などを逐一報告しておけば、上司は今後の仕事の見通しなどを立てやすくなります。

・オーバーワークをしない

妊娠で体調不良を起こし仕事を休んでしまうと、自分が抜けた穴をほかの人が埋めることになるため、仕事を頑張って引き受けてしまうことがあります。しかし、これで体調を崩してしまっては本末転倒です。

看護師の仕事は以下のような立ち仕事や力仕事が多いです。

オムツ交換や体交(体位交換)、中腰での力仕事で腹圧がかかって「お腹が張って辛いな」「つわりでしんどいな」と感じるときは正直に周囲にそのことを伝え、しばらく椅子に座り休ませてもらうなど、無理しないことが大切です。

ポイントは、黙って勝手に休憩しないことです。私の勤めるクリニックにいたのですが、妊娠中だからといって見かけるたびにいすに座って休憩している人がいました。体調が本当に悪いのかもしれませんが、仕事中に黙って勝手に休憩を取っていると、働いている他の看護師はあなたのことを良く思いません。

そのため休憩するときは、周囲に一声かけておくと安心です。自分の体調と相談し、無理のない程度の仕事を見極め、「すみませんが、おなかが張るので少しだけ休憩させてください」と伝えるようにしましょう。

そして「あなたがいてくれて助かった」といってもらえるような仕事を行うことを目標にすると、スムーズに物事は進みます。

・こまめに「ありがとうございます」を口にする

「妊娠しているのだから周囲が助けてくれるのが当たり前」というような態度でいると、周囲からのサポートは得られません。周囲の協力があるからこそ、あなたは妊娠していても働き続けることができているのです。

以前、私の勤める職場に妊婦のA看護師(看護師歴 3年目)がいました。スタッフみんなで入浴介助やオムツ交換を一生懸命行っている最中、A看護師はほぼ毎日ナースステーションで座って、師長と談笑していました。

ナースコールが鳴っても、他のスタッフに「行ってもらっていいですか?」と、自分は座ったまま指示する始末でした。「私は妊娠しているので、周囲のサポートは当然だ」という気持ちが伝わってきました。

そのような態度では周囲とうまくいきません。

最初は、A看護師に頼まれた仕事を快く引き受けていたスタッフでしたが、A看護師の態度を見ているうちに、徐々にA看護師から離れていくようになりました。そして「出勤はするものの最初から何も手伝う気が無いのはどうか。妊娠は病気ではないのに……」と周囲から陰口を叩かれるようになりました。

いくら上司である師長がA看護師の妊娠に気遣ってくれていたとしても、他のスタッフが働いているときに談笑をしているようであれば、周囲は面白くありません。

その事態に気づいたA看護師は、少しずつ周囲の手伝いを始めるようになりました。しかしすでに時は遅く、職場にいづらくなってしまい、早めに産前休暇(無給)を取得することになってしまいました。

A看護師のような事態にならないためにも、あなたといることで周囲のスタッフが気持ちよく仕事を行えるよう、こまめに感謝の気持ちを伝えることが大切です。

そして、職場でもあなたの出産を祝福してくれるような環境を作っておくとよいでしょう。そうすれば復職時も歓迎してもらい、スムーズに物事が運ぶようになります。

復職時に温かく迎えられるために今できること

転職して半年や1年目での妊娠となると、そのまま職場に籍を置いたとしても、職場に迷惑をかけるなど不安要素があります。しかし、それに引け目を感じているだけでは「退職するほうが良いだろう」という結論になってしまいます。

ただ、新人であろうと中堅であろうと妊娠したことで、産休や有給の取得・体調への配慮など、職場に多少の迷惑がかかるのは当然のことです。

この場合、自分が抜けて職場に迷惑をかけた分は「復帰した際に恩返しをしていこう」と考え、いま自分ができる範囲の仕事に一生懸命取り組むことが大切です。また、周囲があなたを気遣ってくれ、助けてくれたときには感謝の気持ちを表しましょう。

一つずつは小さな取り組みかもしれませんが、このような行動を取っていると、あなたの誠実な気持ちは周囲に伝わり始めます。たとえ転職して半年や1年目の妊娠だとしても、いまできることにしっかり取り組みましょう。

そうすれば、復職した際にも周囲はあなたを温かく迎えてくれるはずです。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く