新卒で看護師として働き始めてから、まだ1年目であるのに、入職した医療機関を「退職したい」と考えている人は意外と多いです。

実は当サイトの管理人である私は、30代後半で看護師免許を取得して新卒で入職したものの、総合病院、眼科クリニックと1年半の間に2回転職をしました。その後、自分の条件に合うクリニックに巡り合うことができ、いまも働き続けています。

いまは日勤のみの働き方ですが、総合病院で夜勤をしていたときの給料とあまり違いはありません。また、数年で看護副師長に昇格し、尊敬できる同僚のもとで、やりがいのある働き方が実現できています。

もしあなたに「半年や1年未満しか看護師経験が無い」としても、今回の転職を成功させて満足する働き方を手に入れることは可能です。せっかく看護師免許を取得したのです。心も身体もボロボロになる前に「あなたらしく働ける職場」に巡り合えるための方法について、今回は述べていきます。

経験1年未満や1年目の新人看護師が転職に失敗する原因

まずは入職1年目の新人看護師が、転職に失敗する原因について述べていきたいと思います。1年目の新人看護師が転職を考えた際、最初に不安に思うことは、「経験が少ないから、採用で不利になるのではないか」ということです。

最初に述べておきますが、たとえ半年しか看護経験が無いとしても、それは転職においてデメリットにはなりません。

看護師経験が少ないことをデメリットに感じ、「半年や1年未満しか働いておらず知識やスキルが少ないから、採用には不利になってしまうのではないか」と新人看護師なら誰しも考えてしまうでしょう。

しかし実際には、そのようなことは無く、逆に「看護経験の少ないほうが有利に働く」ことがあるのです。

例えば、あなたが「医療機関の採用担当者」だと仮定します。面接に4人の応募者がいます。その4人とは、次のような人たちです。

  • 看護学校を卒業したばかりの新卒看護師
  • 中堅看護師
  • ベテラン看護師
  • 看護経験が半年や1年未満の新人看護師

あなたなら、この時点で誰を採用したいでしょうか。「即戦力として活躍できそうな中堅看護師」「リーダーシップが取れそうなベテラン看護師」、もしくは「何も染まっていない新卒看護師」でしょうか。「看護経験が半年や1年未満の新人看護師」は難しいでしょうか。

もちろん、その医療機関の看護師教育体制が整っておらず、即戦力やリーダーシップ力を求めているのであれば、中堅看護師やベテラン看護師を採用したいと思うはずです。

しかし、看護師育成に自信のある医療機関であるなら、「看護経験が半年や1年未満の新人看護師(第二新卒)」が採用では最有力候補に挙がります。例えば、次のような求人です。こちらは東京の総合病院の求人になります。第二新卒である入職1年目の看護師を歓迎するという求人は非常に多いのです。

なぜ、経験が1年未満の看護師であっても、医療機関側は採用に積極的なのでしょうか。実は、看護師経験が半年や1年未満しかない新人看護師のほうが、採用側にとってメリットが多いからです。

実際に、私の勤める職場には、新卒看護師や中堅・ベテラン看護師、経験の少ない新人看護師など様々な人が入職してきます。この新しく入職した看護師の中で、新しい職場環境に馴染み、長く勤めてくれるのは、看護経験が半年や1年未満の新人看護師が多いです。

一見すると新卒看護師や、中堅・ベテラン看護師のほうが採用では有利に思えるかもしれません。しかし、実はそうではありません。

採用側にとって、新卒看護師、中堅・ベテラン看護師を採用する場合にも、それぞれのメリット・デメリットが存在します。それらを以下にまとめました。

メリット デメリット
新卒看護師 ・体力がある

・伸びしろ(ポテンシャル)がある

・馴染みやすい

・一から全て教える必要がある

・社会人としてのマナーが確立していないことがある

・仕事を経験したことがなく、社会に対する耐性が未知数

中堅看護師 ・即戦力になる

・環境を良い方向に変える力をもっている

・職場でのリーダー的存在に成長していく能力を秘めている

・前の職場との比較をしてしまいがち

・経験があるといっても、未経験の領域の看護には疎い

・新しい環境に馴染みづらい

ベテラン看護師 ・即戦力になる

・社会人としてのマナーを身につけている

・管理能力を身につけている

・プライドが高い

・自分なりの看護ケアの方法が確立しており、新しい方法を取り入れることが難しい

・伸びしろが少ない

・年齢的に体力が無い

このように中堅やベテランで経験があるからといって、必ずしも転職で有利に働くとは限りません。面接では、経験やキャリアよりも応募者の人となりを確認し、仕事に対する誠実さや意欲を重視する傾向にあります。

一方、経験が半年や1年未満で退職した1年目の新人看護師のメリット・デメリットはどのようなものでしょうか。次の表を見て下さい。

メリット デメリット
1年目の看護師 ・採血など基本的な技術は身についている

・社会的なマナーを獲得している

・社会の厳しさを経験済み

・伸びしろがある

・体力がある

・再起をかけているので意欲がある

・自分なりの看護ケアの方法が確立しておらず、職場風土に馴染みやすい

・即戦力にはならない

新しい職場もすぐ辞める可能性がある

雇う側からすると、半年や1年未満で退職した看護師のほうが、新卒看護師や中堅・ベテラン看護師にはないメリットをもっていることが非常に多いです。

1年目の新人看護師は、中堅看護師と比べると看護経験が少ない分、「自分なりのやり方」が確立していません。そのため新しく働く病院環境に馴染みやすく、能力開発の余地は多分にあります。

一方、新卒看護師と比較しても、1年目の新人看護師のほうが「社会人としての常識」「基礎的な看護スキル」を備えていることが多いです。新卒看護師のように「採血や点滴技術など、何もかも一から教育する必要が無い」のも魅力です。

このように半年や1年未満の経験しかない看護師は、新卒看護師と中堅看護師の良さを兼ね備えているだけでなく、新卒看護師を雇うよりもリスクが少ないのです。

そのため、「半年や1年未満で看護師を一度、辞めてしまったこと」を必要以上に問題視する必要は無いのです。

採用担当者は「またすぐ辞めるかどうか」を懸念

ただし、半年や1年未満の経験しかない新人看護師を雇うとき、採用担当者が注意しているポイントがあります。それは前の職場と同様、この職場も嫌になって、すぐ辞めるのではないか」という点です。

反対にいえば、採用担当者に「そうした理由で、前職を半年や1年未満で辞めたのであれば仕方がない」「この人なら、長く勤めてくれるだろう」と思わせることができれば、採用にぐっと近づくことができるのです。

例えば、退職理由が「人間関係が嫌で辞めた」「なんとなく合わなかった」「仕事が辛かった」など、採用側から見て「仕事への意欲が感じられない」「精神的に弱い」などの納得のできない理由であれば、もちろん不採用となってしまいます。

しかし、「採用側を納得させる退職理由があれば、半年や1年未満しか看護経験が無くても採用に不利とはならない」のです。

まだまだ看護師として夢や希望をもち、再起を願う1年目の新人看護師は、医療機関にとってはプラスに働くことのほうが多いです。そのため、転職で必要以上に不安に思い、焦る必要は全くありません。

焦って転職活動を行うと失敗する可能性が高くなる

また1年目の新人看護師が転職で失敗する理由として多いのが、焦って「すぐにでも転職をしなければならない。ブランクができてしまうと、さらに転職が不利になる」と考えることです。

人手不足の看護業界であるため、あなたが条件を選ばないのであれば、必ずどこかの医療機関や施設には採用されます。しかし、「採用=転職成功」ではありません。

転職成功とは、「自分らしく長く勤められる職場に採用されること」だといえます。

実際に私も、看護師として最初に転職したときは非常に焦りました。30代後半で採血技術もままならず、当時の看護経験は無いに等しいからです。

ハローワークを訪れ、何の下調べもせず職員にいわれるがまま、その日のうちに眼科クリニックに応募してしまいました。

すぐに採用となり喜んでいたのも束の間、いじめに遭って人間関係に悩み、わずか6ケ月で退職することになってしまいました。これでは、転職に成功したとはいえないのです。

そこで、履歴書提出や面接前に充分な情報収集を行い、「本当に自分に合っている職場かどうか」を比較・検討することが大切です。

退職理由・志望動機を自己分析する

それでは、採用担当者を説得させることができる退職理由や志望動機の書き方はどのようにすればいいのでしょうか。

看護師1年目での転職を成功させるには、履歴書を書く前に自己分析を行い、退職理由・志望動機をしっかり考えておくことが大切です。履歴書には、次のような志望動機の欄があります。そのときに行き当たりばったりで、自分の思うままに書き連ねては絶対にいけません。

誰もが納得できる退職理由・志望動機を考え、採用側の不安を取り除くことが大切です。あなたは、看護師を半年や1年未満しか経験していないにも関わらず、なぜ「退職して、転職したい」と考えるようになったのでしょうか。

退職理由を考える際の注意点

転職者の傾向としては、退職理由を尋ねても前の職場の優れた点ばかりを話して、「どうして辞めたいのか」がよく分からない応募者が意外と多いです。よくネットなどで「前職の悪口はいわないほうが良い」と転職アドバイスを受け、ついつい前職の良い話ばかりしてしまうのです。

しかし本来、転職では基本的に前職と自分との間で、なんらかのトラブルなどの問題点が発生したため退職するのです。その問題点が「何一つない」というのは、信じられない話です。

面接で退職理由について、「前職では大きな問題は無く、師長や同僚とも信頼関係の中で仕事をしていました。待遇もそれほど不満はありませんでした。ただ、自分としては、よりキャリアアップをしたいと考え……」などと聞かされても、採用側にとっては信ぴょう性のない、上面の言葉にしか聞こえません。

また、本当にこれといった退職理由の無い人もいます。働き始めて仕事に余裕が出てくると、半年や1年目くらいで、「自分はこの病院でこのまま続けていてもいいのだろうか」といった漠然とした不安を抱くのです。いつもの景色に物足りなさを感じてしまうのです。

そして転職活動を行うことで、自分の市場価値を客観的に判断してもらおうと動き始めます。

このような場合、「現職にどうしても解決できない問題がある」「何としてでも実現したい仕事がある」といった理由が存在しない限り、いまの仕事を辞めるべきではありません。

軽い気持ちで転職をしてしまうと「転職グセ」がついてしまい、新しい職場でも長続きが難しくなります。このような人は、履歴書・職務経歴書や面接にも、そのような態度が表れます。人手不足の看護師業界であるため転職自体はできますが、転職を繰り返せば繰り返すほど、どんどん条件は悪くなっていきます。

転職したくなったとしても、退職理由が曖昧なものであるなら、そのまま今の仕事を続けておくほうが無難です。

このようなことから転職を思い立ったのであれば、退職理由を明確に整理しておくことが大切です。そして新しい職場で「前職で叶えられなかったことが実現できるのか」を考え、志望理由を検討してみましょう。

転職活動は、自分の本心を突き詰めていく「自分探し」だといっても過言ではありません。この自分探しを徹底的に行っておかないと、どのような職場に転職したとしても、「このようなつもりではなかった」と不満を抱くことにつながります。

「転職で実現していきたいこと」を本気で考えることが転職成功の鍵となります。

自分に「なぜ退職したいのか」という問いかけを繰り返し、自分の考えを突き詰めていく作業は非常に重要です。実際に紙に書いてみるなどして、自分が問いかけた「なぜ」を明らかにしてみましょう。

退職理由が明確であれば、退職に関する質問に対して、自分の気持ちを表現し説明できるようになります。

1年目の看護師がすべき退職理由の回答

それでは次に経験半年や1年未満の看護師の採用面接で、必ず聞かれる退職理由の回答例について述べていきます。

経験1年未満や入職1年目といった看護経験の少ない新人看護師であるからこそ、面接で相手を納得させるだけのしっかりした理由を整理しておくことが大切です。

例えば、退職理由が、「前職場の業績悪化による人員整理」「入職時の労働契約との重大な相違」など、あなたの責任の及ばない理由であれば、真実を話しても問題はありません。

ただし、この場合は、被害者めいた言い方をするのではなく、事実を客観的に簡潔に伝えるようにしましょう。

一方で、答え方が難しいのは、人間関係や待遇面での不満です。また、看護師ではありがちな「残業が多く、体力的に辛くなった」といった理由も避けたほうが無難です。

しかし看護師の退職理由で、一番の多いのは「人間関係」だともいわれています。それは採用側も把握しています。

人間関係がうまくいかないで退職を決意したとしても、ストレートに「いじめにあった」「師長の言い方が高圧的でついていけなかった」という答え方では採用側にあきれられてしまいます。

例えば、人間関係がうまくいかず退職を決意した場合でも、「どのような師長で、その上司のどの部分が自分と合わなかったのか」「そのような問題に、自分はどのように対処したのか」を分析して話すことが大切です。

そうすると、「人間関係の問題」から「看護観の問題」に話は変わります。退職理由は、「客観的で、納得を得られるような回答」を心がけることが大切です。

では、退職理由のNG例を次に挙げます。

NG例

採用側:前職を半年といった短い期間で辞められたのは、どのような理由からですか。

応募者:はい。私はパンフレットなどで「人間関係の良い、楽しい職場」ということを知り、前職に応募いたしました。ところが入職してみると、スタッフ間や患者さんとの人間関係があまり良くなく、私の抱いていたイメージとは異なりました。

スタッフ間でよくトラブルが起こり、上司はそれを見て見ぬふりをする態度を取っていました。患者様にも敬語で話さず、違和感を覚えました。

このような職場では、足の引っ張り合いが多く、スムーズに仕事を進めることができませんでした。ここでは自分のやりたい看護とはかけ離れていることが分かったので、早期に退職を決意した次第です。

このNG例のマイナスポイントは、「自分のことしか考えていない」点にあります。

応募者は、患者さんや一緒に働くスタッフの悪口に終始しています。前職で悪い部分にばかり目を向け、「退職してしまったのは、上司のせい、患者さんのせい、同僚のせい、病院のせい」にしていることが伺えます。

これでは採用側は「このような人物を採用してしまったら、うちの職場も他人のせいにしてすぐ辞めるのではないか」と考えてしまい、不採用となってしまう可能性が高いです。

では、次にOK例を挙げてみます。

OK例

採用側:前職を半年といった短い期間で辞められたのは、どのような理由からですか。

応募者:はい。私はもともと患者様の立場になって、信頼関係を築く看護師になりたいと考えていました。私はこの点を重視して病院選びを行ってきました。何件か病院見学を重ね、前職の〇〇病院に入職いたしました。

しかし、実際に入職してみると「一部の看護師が患者様に対して、雑な扱いをしている光景」が目につくようになりました。

患者様に失礼な言動を取っているのを聞いたため、あとでフォローに回ったところ、患者様やそのご家族が「入院している間だけだから我慢します」と悲しそうに言われていたのが忘れられません。

そのうち、同じように失礼な態度で接する同僚が増え始めました。

私は看護師長に「看護師の人数が足らず、仕事が大変なのはわかるけれど、もう少し患者様の気持ちを汲んだ言動をしたほうが良いのではないか」と何度も訴えました。しかし、「それでは仕事が回らなくなる。ここにはここのやり方がある」といわれ、受け入れてもらうことができませんでした。

私自身、患者様と丁寧に向き合うことで周囲を変えていこうとしました。しかし、それには長い年月と労力が必要で、このままここで看護を実践していくには限界を感じてしまいました。

自分の希望する看護には程遠いと考えたため、退職という形で早く決断した次第です。

OK例の評価されるポイントは、「前職では『看護観が異なっている』ことに気づき、自分にできる限りの努力をしてみたがダメであった」と伝えているところです。NG例のように、「ここがダメ、あそこがダメ」という批判だけに終始していない点です。

職場の問題点に関して、「自分なりに努力をして改善させようとしたが、難しかった」といった具体的なエピソードを添えると、さらに説得力が増します。

単なる「職場内の人間関係のトラブル」ではなく、「職場が抱える変えようのない問題」が退職理由となります。このような回答であれば、採用側は「このような理由であれば、退職しても仕方がない」と考え、そして「この人なら、うちの病院に馴染んで頑張ってくれるに違いない」と思ってもらえます。

ちなみに、このような回答をして「採用で落ちた」としても、落ち込む必要はありません。

このような病院は「うちも患者さんの気持ちなど考えている余裕はない。とにかく与えられた仕事をこなしてくれれば、それでいい」と考えているような、前職と似た環境の職場である可能性が高いからです。それでは、また同じように短期間で退職してしまうことになります。

ミスマッチだっただけなので、必要以上に気にせず、さっさと次の求人面接に気持ちを切り替えましょう。そしてあなたの退職理由に「理解ある態度」を示してくれる職場に勤めるべきです。

1年未満の看護師が病院・クリニックへ転職を成功させるには

看護師経験が半年や1年未満しかなく、転職を不安に感じているのであれば「看護師専用の転職サイト」に登録するのが、最も効率よく転職活動を進められる方法になります。

ここで私が1年未満で退職したときの経験を話します。

私は30代後半、新卒で総合病院の慢性期病棟に入職しました。そこでは採血などがなく、おむつ交換や入浴介助ばかりでした。部署移動を願い出るものの却下され、看護師としてのスキルアップできないため10ケ月で退職しました。

そして私は次に眼科クリニックに転職しました。先述しましたが、ハローワークでの紹介です。

後で転職サイトの担当コンサルタントに教えてもらって分かったのですが、そのクリニックは常に求人が出ており、知っている看護師なら誰もが避ける悪質な職場で有名なクリニックでした。新人看護師であれば、誰でも2ケ月以内に退職するような人間関係の悪い職場だったのです。

私は新卒で総合病院を退職したのち、初めてハローワークに行き、求人紹介を行ってもらいました。そのため、「その眼科クリニックの求人はいつも出ていた」としても知る由がありませんでした。また、ハローワークの職員にそのことを教えてもらうこともありませんでした。

入職2日目、ロッカールームでは私より2ケ月早く入職していた20代の看護師が泣いていて、その翌日に退職する光景を目の当たりにしました。

その後、私も20代の新人看護師と同様にその眼科クリニックで悪質ないじめに遭い、わずか半年で退職に追い込まれてしまいました。何度、倉庫で深呼吸をして、落ち込んだ気持ちを奮い立たせたか分かりません。

その眼科クリニックを退職後、そこを紹介した担当職員に報告をしに行ったところ、担当職員に「いつも求人が出ているから、おかしいとは思っていた」と伝えられました。担当職員に「次を紹介する」と言われたのですが、ハローワークを通して転職活動を続けることに疑問をもちました。

私は看護師として半年や10ケ月しか勤められておらず「看護師に向いていない」と考え、看護師自体を辞めることを考えていました。しかし、ダメ元で登録した転職サイトの担当コンサルタント(転職エージェント)からタイミングよく電話がかかってきて、いまの職場に巡り合えることになりました。

いまの職場は転職サイトでは人気があり、「非公開求人」となっていました。それでも私が申し込んだとき、私より先に11人の応募者がいました。たぶん、私よりも看護経験の豊富な看護師ばかりだったと思います。

半年や10ケ月といった短い期間に2回も転職を繰り返し、30代後半で看護師経験も少ない私は、どう考えても不利な状況だと考えていました。

しかし、担当コンサルタントが、眼科クリニックでの悲惨な話を親身に聞いてくれ、「あなたは間違っていない」「看護師を辞めるなんてもったいない。あなたみたいな人が看護師に向いている」と背中を押してくれました。

担当コンサルタントの心温かい言葉に、私は「看護師としての自信を取り戻し、もう一度頑張ってみよう」と思いました。

担当コンサルタントは採用までの経過で、履歴書や職務経歴書の書き方、面接での受け答え方まで、ノウハウを細かく教えてくれました。また、私が英検準一級をもっていると聞いて、資格手当をアップする交渉まで行ってくれました。

そしていまの職場で数年経ち、私は看護副師長になりました。

私は、いまの仕事にやりがいを感じることができており、同僚も尊敬でき、後輩を育成しながら仕事を行っています。まさに「私が望んでいた職場」といっても過言ではありません。

もし、自分ひとりで転職活動を進めるのが心細いようであれば、私のように看護師専用の転職サイトに頼るのが一番効率の良い方法となります。転職のプロの知恵や技術を伝授してもらい、求人票には掲載されていない情報を詳細に教えてもらえます。

あなたにとって満足のいく転職になる可能性を、少しでも広げるに越したことは無いのです。

1年目の新人看護師こそ、転職をじっくり考える

新卒のときには見えてこなかった看護師の職場選びの目が、半年や1年の看護師経験で培われてきます。「このようなところだと自分には合わない」「このような仕事内容だとやりがいを感じられる」など、自分にとって何が合っているのかを把握することができるのです。

経験半年や1年未満で転職を考えるのは勇気が要ります。決して、軽率な判断ではなかったでしょう。

ただ、迅速に判断して行動を起こした分、あなたは看護師の未来を良い方向に変えていく可能性を自分で高めているのです。転職コンサルタントの力を借りて、その可能性を確固たるものにして、転職成功させることが大切です。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く