採血の仕事は、看護師ならではといえます。正社員(常勤)としてだけではなく、単発やスポットといった働き方も選択できるため、ダブルワークにもってこいの仕事です。

ただ、「採血メインの職場へ転職したいけれど、仕事内容やメリット・デメリットがよく分からない」「採血を行う際に、失敗しないよう正しい技術や検査手技、技術の根拠を復習しておきたい」「採血するのは好きだけれど、どのような仕事を選べばいいか分からない」など採血メインの求人選びを行うにあたって、色々な不安を抱くことがあります。

そこで今回は、採血メインでの転職を行いたい看護師のための「採血メインの仕事内容」「採血業務を専門で行うメリット・デメリット」「失敗しないための採血知識と根拠」、「効率のよい求人探しの方法」について、お話ししていきたいと思います。

採血メインの看護師の仕事内容

採血メインの求人がある医療機関としては主に、病院の採血室、治験専門病院、健診・検診センター、健診車、献血ルームなどが挙げられます。それぞれの特徴について簡単に説明しておきます。

総合病院の中央採血室

総合病院など大きな規模の病院には、採血室があります。

規模の大きな総合病院になると、一日に600~800名程度の採血を午前5~7名・午後3~4名程度のスタッフで行うことがあります。

総合病院の採血室転職で注意してもらいたいのは、「採血室専属の看護師求人があるときに応募しなければ、外来や病棟に回される可能性がある」ということです。総合病院の採血室となると、看護師ではなく臨床検査技師が採血を行うことが多いからです。

看護師が採血室に配置されている理由は、「採血だけをしていればいい」というよりは「急変時やトラブル時に対処する役割も担っている」と考えておいたほうがいいです。

そのため総合病院の採血室勤務希望であれば、採用時に「採血が上手い・得意」というだけでなく、「急変時やトラブル時にも対処できる知識や技術を豊富にもっている」ことをアピールすると良いでしょう。

採血室の求人となると、臨床検査技師や派遣やパート・バイト求人が多く、看護師の正社員募集は少ないです。しかし、正社員の求人も探せばあります。例えば、以下は横浜にある総合病院の採血室での看護師求人です。

患者数は300~400名と掲載がありますが、患者さんを何名のスタッフで採血することになるのか、事前に確認することが大切です。

他には、繁忙期や人手不足のときに臨時で、採血専門看護師を派遣で雇うことがあります。例えば以下は、福岡にある総合病院の派遣の看護師求人です。産休代替派遣看護師を募集しており、期間は3ケ月となっています。

採血室での担当患者数とスタッフ人数が分かれば、どのくらい忙しい職場なのかが把握できます。

上記の求人のように患者数が1日約170名程度であれば、比較的ゆったりとした職場だといえます。このような職場のほうが、穿刺に失敗したとしても、余裕のある他のスタッフに代わってもらうことが可能です。

求人の中には、採血室にスタッフ1人ということがあります。その場合、いくら難しい患者さんがいても「採血できなかった」といった失敗は許されません。

もし、失敗して交代してもらいたいと思った場合、内線で他の外来看護師にヘルプで来てもらうことになり、いろいろなことが面倒です。できれば、そのような職場ではないほうが良いでしょう。

ただクリニックとは異なり、総合病院での採血室勤務の良いところは徹底した感染対策が施されていることです。患者さんごとにゴム手袋をつけかえて採血を行うよう徹底しているところが多いため、感染リスクは少ないといえます。

総合病院の採血室への勤務を希望する場合は、看護師・臨床検査技師の配置人数、採血以外の業務の有無、採血患者人数などの職場状況を事前に確認して判断するとよいでしょう。

健診・検診センターの採血求人

健診・検診センターは、採血だけではなく、健康診断や人間ドッグといった検査も行っているため、身長・体重測定、尿検査や視力・聴力検査、心電図検査なども仕事内容に含まれていることがあります。

特に正社員の場合は、採血のみの看護で雇われることはなく、胃・大腸内視鏡介助のほかにも婦人科系の検査介助といった仕事まで行います。以下は、東京にある健診センターの看護師正社員求人です。

採血はもちろん、他の検査介助も行うため、健診・検診に関わる仕事で未経験の人は、内視鏡検査介助や婦人科検査介助などの仕事を一から覚える必要があります。

一方で、正社員ではなく派遣やバイト・パートといった働き方であれば、採血中心の業務を任されることが多いです。例えば以下は、東京にある健診クリニックの看護師派遣求人です。

健診・検診センターの派遣看護師求人であれば、視力検査についた看護師はその検査ばかり、採血を行う看護師は採血ばかりといった、各検査専門看護師を配置した職場があります。

健診での一連の検査にすべて携わるよりも、採血業務だけに特化した仕事内容の求人のほうが教える内容が少なく、すぐに取り掛かれるため、単発やスポットといった派遣求人に多い傾向があります。

健診を受ける方は朝食を抜いて午前中に検査をする人が多いため、始業時から昼休憩までがバタバタして忙しい職場が多いです。ゆったりとした雰囲気の中で働きたい方は、派遣やバイト・パートで勤務時間を選べる場合、午後からの勤務をお勧めします。

ちなみに健診・検診センターでは真空管採血が多いため、翼状針を使っていると、スタッフ内ではあまりいい顔をされないことが多いです。

翼状針のほうが採血をする看護師にとって使い勝手が良く、患者さんからすれば神経損傷のリスクを減らせるといった理由でお勧めですが、翼状針は直針の倍のコストがかかります。

そのため健診センターで働きたい方は翼状針での採血に慣れている人であっても、直針での真空管採血も失敗なく扱えるようにしておくことが大切です。

健診車で働く看護師

健診車勤務の場合、主な業務は採血が中心となります。例えば、以下は富山県の検診車勤務の看護師正社員求人になります。車内での看護業務になるため、行える健診内容が問診や血圧測定、採血などに限定されます。

あちこちに移動したり、さまざまな人と出会ったりするのが好きな人は、健診車での仕事はそれほど苦痛ではありません。自宅から現場に直接向かい、現場からそのまま帰宅も可能の求人が多く、始業前と終業後の時間を有効に使えるメリットがあります。

ただ、健診車の場合、看護師は2~3名しか同乗していないことが多く、即戦力として期待されることが多いです。採血に自信がない人にとっては、お勧めできません。

また健診車にも依りますが、冷暖房の調整が難しいことが多く、夏は暑く、冬は寒いといったやや過酷な環境での労働になる可能性があります。

採血メインのクリニック

クリニックで採血メインの仕事を希望する場合、多くの検査をあまり行っていない職場を選ぶことが大切です。どのような検査を実施しているのかは、クリニックのホームページで確認すると良いでしょう。

内視鏡検査を行っていない内科、循環器科、心療内科(メンタルクリニック)であれば、採血メインでの看護業務が可能だといえます。以下は横浜にある循環器内科クリニックの看護師正社員求人です。

内科では内視鏡介助などとの記載がなくても、実際入職してみると「内視鏡介助など採血以外の仕事がたくさんあった」という場合があります。そのようにならないよう、事前確認が大切です。

献血ルーム・献血バスでの採血専門看護師

献血ルームや献血バスの仕事は採血だけに留まりません。一般的な採血業務と異なる点は、献血ルーム・献血バスで採取した血液を検査に回すのではなく、採取した血液を使って血液製剤を製造することにあります。

事前の問診に始まり、ラベル確認、穿刺、器械操作、ドナーへの説明・観察、抜針、血液の温度管理まで、一連の流れのすべてにマニュアルがあり徹底管理されています。

マニュアルの確認不足など看護師のミスによって採取した血液が使えない事態が発生すれば、問題として取り上げられます。ミスがあれば、逐一インシデントレポートを提出し、献血ルーム内のスタッフで共有することになります。

献血ルームの求人の一例を挙げます。以下は愛知県内にある常勤・非常勤募集になります。

献血ルームで働くには、正看護師の免許が必要です。また、各都道府県の赤十字血液センターに常勤か非常勤で採用されることが条件です。経験は問わず、未経験でも献血ルームで働くことができます。

注意しておきたい点として、献血ルームでのバイト募集はありません(他の職場では募集があります)。献血ルームはバイト感覚の片手間で行えるような仕事ではないということです。

このように採血だけのバイトとは異なり、献血ルームでの勤務は、看護師としての責任が大きいという仕事であるといえます。しかしその分、やりがいをもって行える仕事になります。

採血メインの看護師求人のメリット・デメリット

次に採血メインの職場のメリット・デメリットについてお伝えします。メリットだけではなくデメリットも知った上で、自分に合う仕事かどうか吟味してみることが大切です。

・採血メインの仕事のメリット

まずは採血メインの仕事のメリットですが、次のとおりです。

  • 体力仕事でない
  • 残業なしのことが多い
  • 午後からは比較的ゆっくり働ける
  • 採血技術がアップしやすい
  • 患者さんやスタッフと密に接する必要がない
  • 派遣・バイト・パートで単発やスポットなど1日単位での働き方が可能 など

上記について、それぞれ説明していきます。

採血の仕事は病棟のように、おむつ交換や入浴・食事介助、ベッド移動といった体力メインの看護ではないため、体力的に疲れることは少ないです。ただ、ずっと立っての仕事となるので、この姿勢が苦手な方には向いていないでしょう。

また残業は少ない、もしくは無いという職場がほとんどです。午後からは採血指示が出ることは少なく、ゆったりした時間を過ごせることが多いです。また土日休みなど休日が決まっているため、家族とのスケジュールを合わせやすい点も魅力です。

さらに採血があまり得意ではないとしても、毎日採血ばかり行うため、比較的簡単に採血技術がアップしやすいのも特徴です。また、採血メインの職場でれば、一人は必ず採血上手な看護師がいます。

その人からコツを聞いたり、技を盗んだりすれば、さらに採血の技術力がアップしてあなたの武器になります。周囲の看護師と自分を比較して、特別不器用でないと思うのであれば、十分に活躍できる職場だといえるでしょう。

他には、人間関係が得意ではない人にとっては、病棟のように患者さんやスタッフと密に接する必要がありません。患者さんと接するのは採血時間中だけですし、勤務中に雑談を交わせるような職場ではないため、患者さんやスタッフとそれほど仲良くなる必要がありません。

いい意味でも悪い意味でも、距離を置いて付き合うことができる職場だといえます。

また、空いた時間や休日を利用して、派遣やパート・バイトで1日単位での仕事が可能なのが採血業務です。採血技術さえあれば教わることは少なく、すぐにでも取り掛かれるのが採血求人のメリットです。以下は東京にある非常勤・パートのクリニック求人です。

勤務期間ですが、「単発から長期までの相談が可能」となっていますので、興味がある人はこのような求人を探してみると良いでしょう。

・採血メインの仕事のデメリット

では反対に採血がメインの仕事内容になる場合、デメリットとしてはどのようなことがあるでしょうか。

  • 即戦力として採血の腕が問われる
  • ミスが許されない雰囲気にある
  • 採血以外の仕事がない
  • 感染リスクが高い
  • 電子カルテが苦手だと苦労する
  • 他の科へ応援に回されることがある など

採血メインの職場のデメリットですが、採血専門看護師ですので、採血の腕が問われます

「上手く採血が行えず、何度も穿刺してしまう」というミスはもちろん無いに越したことはありません。さらに、「検体量の採取不足や検体の転倒混和が不十分」「検体スピッツを間違える」などのミスも厳禁です。

このようなミスを犯してしまうと、患者さんにもう一度来院してもらわなければならないだけでなく、病院の評判が下がります。同じ仕事の繰り返しとなっても、名前の確認など基本的な事柄は毎回行うように心がけることが大切です。

また、穿刺で失敗すると、患者さんやスタッフから文句を言われるのは当たり前の職場と思っておいたほうが無難です。もし、クリニックなど定期的に通院している患者さんであれば、顔見知りということもあって、穿刺に失敗してもそれほど文句を言う人はいません。

しかし、健診などで年に1回だけの採血で失敗したとなると、穿刺が苦手な人からは文句を言われることが多くなります。また穿刺を何度も失敗するようであれば、自ら交代してほしいと頼んでも他のスタッフが代わってくれない職場もあるので注意が必要です。

他には、採血ばかりの仕事をしていると、採血以外の仕事ができなくなる恐れがあります。他の看護ケアを行おうとしても忘れてしまっていて、体が動かなくなっていることがあるので、転職の際には注意が必要です。

さらに、一日に600人以上の不特定多数の患者さんの採血を行うことがあるため、それに比例して針刺し事故などの感染リスクが高まります

特に規模の小さい医療機関や健診センターなどでは、感染リスク対策を徹底せずに、採血を行っているところが多いです。例えば、「手袋の着用をせずに採血する」などです。他の先輩スタッフは手袋を着けずに採血をしているのに、自分だけ手袋をするのも気が引けます。

転職する前、どの程度の感染リスク対策が施されているのか、事前の確認が必要です。

他にも電子カルテを導入しているところであると、採血をするたびに、電子カルテでの確認や入力が必要となります。

電子カルテの操作で手間取っていると、採血待ちの患者さんが増えてしまい、業務が滞ってしまいます。このように、電子カルテが苦手な人であると苦労することが多いです。

また、総合病院の採血室などであると、臨床検査技師と看護師で採血を行うことが多いです。看護師であれば、採血以外の看護業務も行うことができるため、他の外来が忙しいときは、採血室で雇用されたにも関わらず、サポートに回されることがあります。

何も分からない部署で、いきなり「サポートしてくれ」といわれても、戸惑うことが多くなってしまうので注意が必要です。このように採血メインの職場は、いろいろプレッシャーが多い仕事ですので、気持ちを強くもつことが大切です。

失敗しないための採血知識と根拠

次に、採血業務を行う際に、復習しておくべき最低限の採血知識とその根拠についてお話ししておきます。

これには、以下の3つがあります。

  • クレンチングのし過ぎなどは検査値に影響が出る
  • 転倒混和のコツはゆっくり5回
  • 採血部位は「① 正中、② 橈側、③ 尺側」が好ましい

それぞれについて解説していきます。

クレンチングのし過ぎなどは検査値に影響が出る

採血を行う際は、血管を怒張させ穿刺部を指で触れて確認する必要があります。そのために駆血帯を使うのですが、それだけでは血管の走行や太さが分からない場合があります。

そのようなとき、以下の方法をとることがあります。

  • クレンチング(手を開いてもらい、強く握る動作を繰り返す)
  • ハンドグリップ(手を強く握る動作)
  • タオルで温める、前腕を軽く叩く
  • マッサージをする など

上記の方法の中で、特にクレンチングは「カリウムなどの検査値に影響を与える可能性が高く、最大で2.0mmol/Lほど上昇する」とされています(「標準採血法ガイドライン」より)。

クレンチングは腕の骨格筋が収縮するため、筋細胞からカリウムが放出されてしまいます。そのため、低カリウム血症を引き起こすクッシング症候群や原発性アルドステロン症が見逃されるなど、誤診につながる可能性が出てきます。

また、駆血帯を長く巻きすぎるとカリウム以外の値、とくに総蛋白やアルブミンなどの検査項目にも影響が出るため、注意が必要です。

駆血時間を減らすため、血管の走行を指で確かめる前に目視で確認しておくと良いでしょう。それでも血管の確認が難しい場合は、タオルで温めたり、マッサージをしたりするほうが検査値への影響を回避することができます。

転倒混和のコツはゆっくり5回

採血用の試験管には、抗凝固剤タイプのものと凝固促進タイプのものがあります。

写真の紫色のスピッツは血液一般検査用で、こちらには凝血を防ぐための抗凝固剤が入っています。真ん中のオレンジ色のスピッツは生化学検査用で、血液を凝血させるための凝固促進剤が添加されています。

職場によっては、「凝固促進剤入りの採血管は混ぜないでもいい」というところが多いです。私自身、最初に入職した眼科クリニックでは、「凝固促進剤入りの採血管は混ぜてはいけない」と習いました。

しかし標準採血法ガイドラインによると、凝固促進剤の採血管も抗凝固促進剤の採血管と同様に転倒混和させ、血液と添加物を混ぜ合わせなければなりません。

転倒混和の方法については以下のとおりです。

  1.  採血管を血管から抜去し、速やかに薬剤と混和させる
  2.  泡立てないように、緩やかに手首を使う(溶血の原因になるため)
  3.  5回程度回転させ、薬剤と混ぜ合わせる

なお、失敗によって溶血した血清は赤血球が壊され、以下の写真のようにヘモグロビンが血清中に遊離した状態になります。

出典:公立神崎総合病院「生化学検査」

この場合、本来の値よりもカリウム、Fe、AST、LD値が上昇することがあるため、採血をし直さなければなりません。上記のように凝血物が目視できればいいですが、検査を行わなければ分からない場合もあります。

溶血や凝血は、まれに誤診や必要のない検査や治療につながる恐れがあります。正しい操作を行うよう心がけましょう。

採血部位は「① 正中、② 橈側、③ 尺側」が好ましい

採血部位を迷う人が多いですが、肘正中皮静脈が一番、弾力があって指で分かりやすい血管だといえます。

もし肘正中皮静脈が見えにくい場合は、②の橈側皮静脈、③の尺側皮静脈をチェックしてみてください。橈側皮静脈のほうが、尺側皮静脈と比較して、痛みが少ないのと神経損傷のリスクが少なくて済みます。

以下の図を確認してください。

出典:京都大学医学部付属病院 採血マニュアル

尺側皮静脈の下の〇を付けた部分に上腕動脈や正中神経があります。採血を行う際に、患者さんから「ピリッとして痛い」などといわれたら、神経を損傷した恐れがあるので直ちに抜去するようにしましょう。

効率のよい採血専門求人の探し方

採血メインの看護師求人を探そうと思っても、実際に入職してみると内視鏡介助があったり、他の病棟へ回されたりと自分が抱いていたイメージとは異なる場合が多いです。

このイメージと実際の職場のギャップを埋めるには、事前の情報収集が非常に重要になります。これは希望する職場に、実際に勤めている看護師に情報収集するのが一番良い方法です。

ただ、この方法が難しい場合であれば転職サイトを通せば、看護師から生の情報を簡単に手に入れてくれます。

なかには転職サイトを頼らず、ハローワークを通じたり、医療機関に直接申し込んだりする人がいます。ただ、ハローワークは求人紹介がメインの仕事であるため、求人紹介後に「求職者が満足した環境で働けているかどうか」にはあまり関心がありません。

また直接、申し込む場合であれば、入職前後に何らかのトラブルがあっても、自己解決しなければなりません。

その点、転職サイトでの紹介となると、転職サイトは、採用までのプロセスはもちろん、いかに満足した職場で働けるかを問われます。そして転職コンサルタントの評判が企業(転職サイト)の収益に直結するため、あなたの転職を誰よりも親身になってサポートしてくれる存在だといえます。

このようなことから採血メインの看護師求人を探す場合は、3社以上の転職サイトに登録をして、あなたと相性の良いコンサルタントと二人三脚で満足いく転職につなげることが大切です。

採血メインでの転職希望の看護師は、情報収集を怠らない

採血を主な仕事として転職したい看護師であれば、仕事内容を理解して働き始めなければ、他の検査に就く必要が出てきたり、採血室にあなた一人しか配属されず思っていたより仕事がハードだったりすることがあります。

入職した後で「このようなはずではなかった」と後悔しないで済むように、職場選びの段階での情報収集を怠らないように注意することが大切です。いかに有益な情報を集めるかが、満足いく転職になるかの分かれ道となります。

採血に関わる中途採用の応募へ申し込み、あなたらしい看護が行える職場で生き生きと働いていって貰えたらと思います。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く