看護師免許は国家資格ですので一度取得してしまえば、日本全国どこでも安定して働くことができます。そのため社会人経験を積み40代になってからでも、看護師免許を取得する人が増えてきました。

かくいう私も数年前に30代後半で看護師免許を取得した、社会人経験のある新人看護師の一人です。あれから数年経ち、現在はクリニックで副師長を任されるまでに至りました。

私自身の体験からもいえますが、40代で看護師免許を取得すると看護経験がないため、「就職・転職に不安がある、難しい」と考える人が多いです。

私は新卒看護師として働き始めてから1年半の間に3回転職しています。3度目の転職で、ようやくいまの天職に巡り合い、私らしく働けています。そして看護師になって、わずか数年で副師長にまで昇進することができました。

私のように40代前後で看護師免許を取得して看護キャリアがない人でも、40代ということを活かして戦略的に転職活動に取り組めば、必ず成果はついてきます。

そこで今回は「40代の新人看護師が満足のいく就職・転職を実現するために知っておきたい具体的な方法」についてお話していきたいと思います。

40代、新人看護師の職場選びの秘訣

前職では医療関係と全く異なる職場で勤めていた場合、どのような看護求人を選べば良いのか見当のつかないことがあります。噂話や「何となく雰囲気がよさそう」といった感覚で実際に入職してみると、自分が想像していた職場環境とは異なり、働きにくさを感じることが多いです。

20代看護師であれば再転職して、やり直しすることが可能です。しかし40代新人看護師で転職回数が多い場合、求人側は年齢や転職経験をマイナス面と捉えて不安になります。また、「何か問題のある人なのではないか」と考えて、さらに就職が不利に働きます。

では40代新人看護師の場合、どのような職場を選べば失敗しづらくなるのでしょうか。そこでまず始めに「40代新人看護師の職場選びの秘訣」について述べていきたいと思います。

仕事内容が自分に合っているかを具体的に把握する

まず、希望する求人先に関して「看護師はどのような仕事を行うのか」「その仕事が自分の望んでいる仕事内容であるのか」などを具体的に把握することが大切になります。例を挙げてみます。

あなたは「高齢者とコミュニケーションを取ることが好きなので、介護施設で働いてみたい」という希望があると仮定します。

その場合、あなたが希望する転職先の介護施設では「高齢者とコミュニケーションを取れるような仕事があるのか」を実際に確認する必要があります。

あなたは高齢者とのコミュニケーションを取りたいはずであるのに、介護施設の入居者さんが「寝たきりで介護度の高い、コミュニケーションのとれない方」であったら、どうでしょうか。

そこで働くスタッフは入居者さんとコミュニケーションを取れず、淡々とおむつ交換や入浴介助、食事介助を仕事内容としているのです。

施設はいつも静まり返っていて、利用者さんの笑い声一つ聞こえてきません。職場は活気がなく、仕事にやりがいを感じているスタッフがいないのです。スタッフ間では、入居者さんとコミュニケーションを取るのは時間の無駄だという考えが充満していました。

これは私の看護学生時代の知り合いである40代の新人看護師が、実際に転職で失敗した例です。このように、あなたが思い描いていたような仕事内容でなければ、やりがいを感じられず、仕事をするのが辛くなってきます。

短絡的に「高齢者とコミュニケーションを取るのが好き=介護施設に就職することで希望が叶う」と考えて動くのは危険です。入職前に実際の仕事内容を把握し、「ここなら私の希望と合いそうだ」ということを把握しておかなければなりません。

当サイトの管理人である私の話もします。

私が新卒看護師として勤めた最初の医療機関は、国立病院機構の病院でした。

看護学生の実習中にお世話になった病院で、学生のときは職場の雰囲気が良く思えたので、それだけを判断材料として、新卒の就職先に選びました。そこは教育制度などの福利厚生が整っており、ここで働いていれば、すぐに看護スキルが身につくと思っていました。

実習中でお世話になったのは急性期病棟でしたが、実際に配属されたのは慢性期の重症心身障害児病棟でした。その医療機関では唯一の二交替勤務を導入しており、きっと私の年齢を考慮してくれたのでしょう。

しかし私が行いたい看護はそこにはありませんでした。私は「看護技術を磨き、患者さんの不安に寄り添い、頼られる看護師」になりたかったのですが、その病棟では「おむつ交換」「食事介助」「入浴介助」が看護師の主な仕事でした。

採血などの医療行為を必要とするのは年に数回程度で、私より1年上の先輩看護師でさえ採血や点滴といった看護行為を経験したことのないような環境でした。

また教育制度が整っていると入職前に聞いていたのですが、月に数度行われる看護技術テスト(点滴や採血、救命措置など)はすべてペーパーテストでした。一度も採血の看護経験が無くても、事前に採血に関する看護実技のテキストを手順通りに丸暗記すれば合格となりました。

私は採血や点滴といった医療行為をテキパキとこなし、自信をもって患者さんに提供したいと思っていたので、8ケ月で退職を決心しました。

40代の新卒看護師の場合、同じように「自分がどのような看護の仕事をしたいのか」をはっきりさせておく必要があります。

あなたはどのような看護師になりたいのでしょうか。一例を挙げてみます。

  • 患者さんから頼られる看護師
  • 医師の指示を受けて、的確に実践できる看護師
  • 患者さんの笑顔を引き出す看護師
  • 緊急時に、テキパキと自ら動ける看護師
  • 手術前に不安になっている患者さんに寄り添える看護師
  • 注射や採血など問題なくこなせる看護師  など

あなたが看護で思い描く希望を、新しい職場で叶えることはできるか、よく検討する必要があります。また、「このようになりたい」とする先輩看護師の存在は、新しい職場にあるでしょうか。

いくら「看護実習中に良かった病院」「看護師の噂話で良い評判を聞いた」としても、あなたが行いたい仕事内容やなりたいとする看護師像が新しい職場に無ければ、長く勤めることは難しくなります。

あなたは40代の新人看護師です。20代の新人看護師のように「ここは合っていなかったから他の医療機関に勤めてみて、自分の適性をじっくり探していこう」と遠回りをしていると、看護の専門性を磨く時間が無くなってしまいます。

看護師免許を取得した当初から、自分の実践していきたい看護を明確にし、それを後押ししてくれる職場で働くことが大切です。

平均年齢を把握しておく

40代の新卒看護師となると、当然、自分より年下の上司や先輩、プリセプターが付くことが多くなります。できれば新しく勤める職場の平均年齢は、あなたと近い40代前後のほうが働きやすくなります。

その理由として、平均年齢が近いと育児や家事、親の介護などの相談をしやすく、何らかの家庭事情で急に休みが必要になったときなどに、周囲の素早い対応が期待できるからです。

また「自分よりも年下の上司や先輩の中で新人看護師として働く」ことを頭では「仕方ない」と納得していても、年下の上司による指導力の無さを辛く感じることもあるでしょう。

私自身、最初に勤めた国立病院機構の看護師の平均年齢は33歳でした。とても素敵な上司や先輩の存在もあるのですが、年下の上司や先輩の中には「看護師経験が長い」という理由だけで威張っている人もいました。

私と同期で同じ国立病院機構に入職した40代の新人看護師は、20歳くらい年下の看護師がプリセプターにつきました。そして初対面で挨拶をしたときに「年が離れすぎていて、あなたのことは好きになれない」といわれたそうです。そして、その人からしっかりした指導をしてもらうことはありませんでした。

そのことを看護師長に訴えても「20代でまだ若いこともあり、指導できる人間に育てていきたいから我慢してほしい」といわれたそうです。その同期の方は次第に精神的に参っていき、半年での退職を余儀なくされました。

このようなことからも、あなたと平均年齢が近いか年上の職員の多くいる職場に転職するに越したことはありません。

この点について、いま私が勤めている職場では、私が一番年下です。珍しいかもしれませんが40代が半数、50~60代が半数といった年齢構成になっています。自分が一番年下という職場環境に置かれて、しみじみ感じるのですが、働きやすいです。

年上の看護師に、仕事上の弱音を吐いて受け止めてもらえると、それだけで気持ちが楽になります。一方で、年下で経験ある看護師に仕事上の弱音を吐くこと自体なかなかできません。また、看護経験が少なく自分の看護に自信の無い入職時に、「頑張っているね」と背中を押してくれる年上の看護師の存在は、貴重な心の支えとなります。

このように40代の新卒看護師の場合、自分と年齢の近いか年上の看護師が多く働いている職場のほうが、断然長く勤めやすい職場といえます。

家族に無理を強いる勤務時間ではないか確認

また転職前に考えてもらいたいこととして、夜勤や時間外勤務などで家族に無理を強いる仕事内容になっていないか、確認することが大切です。看護師の仕事は当たり前のように、夜勤や時間外勤務が多いです。しかし、転職時にはあまりそのことは重要視されていない傾向にあります。

20代の頃から看護師をしていて看護職について実情を把握している人であれば、夜勤や時間外勤務はあまり気にならないでしょう。しかし、40代で初めて看護職に就く場合は、生活がガラッと変わる場合があるので注意が必要です。

実際に、看護師として現場で働きだしてから困ることが多いです。私の大学時代の後輩の例を挙げたいと思います。

私の後輩は、40代の新人看護師として付属の大学病院で呼吸器外科病棟に配属されました。その後輩は小学校1年生の女の子のお母さんで、シングルマザーでした。

その後輩は大変勉強熱心で、学生時代から呼吸器外科に興味をもっており「看護師になったら呼吸器外科でスペシャリストになりたい」と意気込んでいました。

ただ、配属先の呼吸器外科は3交替勤務でした。夜勤の時は小学生の娘を一人家に残して仕事に出なければなりませんでした。2交替よりは勤務時間が短いため、後輩は「夜勤中は娘が寝ている時間なので大丈夫だろう」と思っていました。

しかし娘さんは夜勤のたびに、一人で過ごすことを怖がって泣いていたそうです。徐々に娘さんは学校に行くのを嫌がるようになり、「ママと離れたくない。ずっとそばにいたい」と後輩が夜勤に出るのを極端に嫌がるようになりました。

後輩は、就職して3ケ月目に仕事と家庭との両立は難しいと限界を感じ、退職を余儀なくされてしまいました。仕事を追い続けるあまり、娘さんには無理をさせてしまったと後悔していました。

この場合は子供さんが低学年と幼いケースですが、子供さんが中学生、高校生の場合でも、母親が夜勤に出ることのリスクがあります。

以前、私と同じ科で働いていたシングルマザーの方は、「夜勤をするようになってから、どうやら高校生の娘が夜どこかに出かけているようだ」と愚痴をこぼし悩んでいました。夜勤中、娘のことを把握できないため、その方も夜勤のない外来に部署変更させてもらいました。

他にも、夜勤ではなく時間外勤務で負担を感じた、私の勤める職場で退職された方の話をします。

その人は、二人の男の子のお母さんでした。二人の息子さんは少年野球チームに所属していて、毎週末のように遠征に出かけなければなりませんでした。旦那さんは役所勤務で育児に協力的では無かったため、その人が家事や育児、野球関連の役員など引き受けていました。

私の勤める職場は土曜日の開業時間は12時までですが患者数が多く、いつも15時くらいまで時間外勤務があります。さらに、平日の時間外勤務も多く、19~20時に仕事が終わることもあります。

その人は、この時間外勤務を徐々に負担を感じるようになり、転職してきたにも関わらず短期間で退職してしまいました。

「面接のときに不採用になるのが怖くて、どのくらいの残業時間があるのかを具体的に聞いていなかった私のミスだ」と言っていました。

このように家庭の事情で夜勤や時間外勤務が難しいような場合は、事前に家族との間で話し合っておく必要があります。

「時間外勤務がどの程度あるのか」を知り、「いま私が夜勤をすることは、家族にとって望ましいことなのか」などをじっくり考えることが大切です。

資格取得支援制度のある職場がお勧め

40代新人看護師は看護経験がありません。当然、何らかの看護の資格も保有していません。看護師として就職する場合、前職でどのようなキャリアがあったかは考慮されません。あくまでも看護師としての経験やスキル、キャリアをみて基本給が決定されます。

私の職場では50代の前半で准看護師から正看護師免許を取得して、入職してきた方もいます。その方は「いくら准看護師としての経験があるからといって、あまり給与面で考慮されない。私は准看護師の経験があるうえ、さらに正看護師になったのに、若い正看護師の給与とほとんど変わらない」と不満を漏らしていました。

確かに、40代で他の社会人経験があるにも関わらず、20代の新卒看護師と同様の給与しかもらえなければ、仕事への自信はなく、モチベーションは上がりにくくなります。

そのようなとき、あなたの看護の自信につながる方法としてお勧めするのが、自分の専門の科を決めて、それに関する資格を取得することです。

ただ、認定看護師や専門看護師のように医療系の資格を取得する場合、お金や時間がかかります。そのようなとき、さまざまな資格取得を支援してくれる制度のある職場だと助かります。以下のような求人です。

看護師経験が少ない分、専門の領域を決めて、その専門の資格を取得していけば、職場や周囲からあなたの能力を認められやすくなります。

この先、専門の科に関する資格を取得しておくと、周囲の反応が変わってきます。看護師としてのキャリアは少なくても、近いうちに「頼られる存在」へと変わってきます。

最初から認定看護師などを目指すと道のりが遠すぎて、途中で挫折する可能性が出てきます。まずは専門分野に役に立つ民間資格でもいいので取得してみましょう。ある特定の分野に関しては、看護経験のないあなたでも、自分の能力を活かすことができます。

あなたの頑張り次第で、いまの状況は変えられるのです。地道に努力して専門性を磨いていけば、輝かしい看護の道が開けてきます。

昇進したいのであれば、クリニックがベスト

看護キャリアを早期に積んで「将来的には昇進して指導する立場になりたい」と希望する人は、クリニックがベストです。もちろん規模の大きな病院でも昇進することは可能ですが、昇進試験を受けるために現職場での勤続年数が必要であるなど難しく、かなり長期的な視野で考えなければなりません。

その点、クリニックなど個人病院では、頑張り次第で、早期に昇進できる可能性を秘めています。

実際、私の勤めるクリニックは、看護師がパートを含めて12名程度在籍しています。私は「職場の規模にはこだわらず、最新の看護の勉強をしながら、看護技術を身につけていきたい」という願望がありました。

そこで入職後、先輩看護師の指導を受けながら、認定看護師資格取得の勉強会などを定期的に開催したり、看護師英会話教室への参加を促したりしました。

院長は「私が入職したおかげで、職場に活気が生まれ、よい流れを作ってくれた」と仕事ぶりを認めてくれるようになりました。このような経緯から、12名の看護師の一番下っ端からスタートした私ですが、家庭の事情や定年などで数名の看護師が退職したことも重なり、わずか3年で看護副師長になりました。

いまは看護を行いつつ、院長の意見を聞きながらスタッフの意見をまとめ、みんなが働きやすく風通しの良い職場環境づくりに励んでいます。

このように院長との意向が合えば、クリニックのほうがいろいろな面で動きやすく、昇進も早い傾向にあります。

ただ院内に看護師が1人しかいないような場合は、注意が必要です。看護師が事務仕事も看護仕事もすべて任されることがあるからです。できれば院長が看護師一人ひとりを大切にし、看護技術を磨けるような職場を選ぶと良いでしょう。

40代の新人看護師が転職先で注意しておきたい点

40代新人での就職になるため、難しいと感じることも多くあるでしょう。そこで、40代の新人看護師が転職先で注意しておきたい点について話しておきます。

・新人としての振る舞いを忘れない

40代といっても、新人です。年下の看護師といくら親しくなったとしても、敬語で話したほうが得策です。周囲で聞いている他の看護師はあまりよく思っていないことが多いからです。

また何か教えてもらったときは誰にでも「ありがとうございます」と必ず感謝の言葉を伝えることが大切です。

さらに、自分から率先して、他の看護師が嫌がる仕事を進んで引き受けるようにしましょう。他の人が嫌がる仕事を自ら率先してこなしていれば、周囲から頼られやすくなり、「あの人(あなたのこと)が居てくれると助かる」と、あなたの存在を認めてもらえるようになります。

また、いくら看護学生時代に正しい看護の方法を教えてもらったとしても、一度はその病院のやり方に従ってみるほうが良いです。

「ここのやり方は違う」などと最初から拒否していては、教えるほうも教えがいが無くなります。

どうしても気になるようであれば、患者さんの前などではなく、あとから「看護学校ではこのように習ったのですが、あの方法で良いのでしょうか」と教えてくれた先輩看護師に尋ねてみると良いでしょう。

・人間関係では鈍感力を発揮する

病院は女性看護師の多い職場です。噂話や本当かどうかわからない話などが多く飛び交います。そのようなときに先輩看護師や同僚から意見を求められることがあります。

そのような場合は鈍感なフリをするのが良いです。何か意見を聞かれても「さあ、私はよく知らないので分かりません」と言葉を濁しておくことが得策です。

下手に知ったかぶりをして、新人看護師のあなたが色々なことを喋ってしまうと、そのときは周囲から評価を得ることはできるかもしれませんが、長い目でみると、あなたの評判を落とすことになります。必ず悪口は自分に返ってきます。

周囲が他人の悪口を言っているときも、聞こえないフリをして、その場から逃げてしまいましょう。

・疲れをみせない

40代ともなると、体力面で不安になることがあります。しかし、それは40代の新人看護師を採用した側も不安に思っていることの一つです。

そのため「少し疲れたな」と思うようなことがあっても、表情や態度に疲れを見せないように心がけ、積極的に働くようにしましょう。いつも笑顔で元気なそぶりを見せているほうが、周囲から好印象を得ることができます。

・分からないことはすぐに聞く

また分からないこと、心配なことがあれば、すぐに尋ねるようにしましょう。もし分からないまま仕事を続けて、間違ったり失敗したりした場合、「なぜ聞かなかったのか」と思われ、あなたに対する周囲からの信用が無くなってしまいます。

「少し時間をもらっていいですか。この方法で正しいでしょうか」「私の看護ケアを見ていてもらいたいのですが、よろしいでしょうか」などと自分から積極的に話しかけ、自信をもって看護できるように心がけましょう。

理想の職場に巡り合うためには

40代の新卒看護師が理想の職場に巡り合うために必ず行わなければならないことは、情報収集です。情報収集といっても、求人票に掲載されている情報収集くらいでは明らかに不足しています。

例えば、「月に20時間程度の時間外勤務あり」と求人票に掲載があるとします。その場合、「時間外勤務時間はどのような計算基礎によって算出されるのか」など、より具体的な情報を収集しなければなりません。

例えば、私が以前勤めたブラック眼科クリニックの求人票には「月に20時間程度の残業あり」と掲載がありました。求人票をみた私は「まあ、月に20時間くらいなら耐えられるだろう」と簡単に思っていました。しかし実際には「20時間を超える残業については計算しない方針」のクリニックでした。

さらに残業として計算されるのは、残業を開始してから1時間経過してからでした。すなわち、55分間残業したとしても、残業にはみなされないのです。このような時間外勤務の計算方法であったため、クリニックでは毎日のようにサービス残業を強いられていました。

そのため、転職時にはできるだけ具体的な情報収集を行わなければ、あなたの理想とする職場であなたらしく働くことは大変難しくなるのです。

もちろん残業時間だけでなく、教育体制・福利厚生・人間関係・キャリアアップ方法・仕事内容など、あなたの希望する職場の具体的な情報をできるだけ多く集めるようにしましょう。

では、どのように具体的な情報収集を行えば良いのでしょうか。

手っ取り早い方法は看護師のネットワークを利用して、そこに勤めている看護師に聞くことです。もし、それが難しいようであれば、看護師専用の転職サイトに登録して、コンサルタント(転職エージェント)経由で、希望する医療機関に勤める看護師から情報を入手する方法もあります。

以下のように「情報収集だけの利用でも大丈夫だ」とする「看護のお仕事」といった転職サイトも存在するので、2~3社に登録をして気軽に利用してみると良いでしょう。

40代新人看護師、あなたらしい看護を行おう

まずは「自分はどのような看護師になりたいのか」について考え、希望する医療機関の具体的な情報を集め、実現可能かどうか分析してみます。自分のなりたい看護師像を実現していける職場で働くことは、体力的に少々辛くても、勉強することが多くても、楽しんで仕事を続けることができます。

実際に私は数年間、いまの職場で働いていますが、辛いと感じたことは一度もありません。仕事で行き詰ったり、反省したりすることは多々ありますが、それを乗り越えて一歩ずつ前進できていることに充実感を感じています。

40代新卒看護師といっても、まだまだ看護の道のりは長く、専門性を身につけて、あなたらしい看護を発揮していけます。充実した看護師人生を歩めるよう、最初のスタートを大切にしてもらえたらと思います。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く