クリニックへ転職希望の場合、書類段階で落ちることがあります。特に人気クリニックへ転職を希望するとなると、1人の看護師求人に対して、20~30名の応募者が殺到することがあります。そうなると、3分の2程度の応募者は書類選考の段階で落ちることになります。

その書類選考で最も重視されるのが履歴書の志望動機の内容です。

クリニックの志望動機の書き方は大変重要で、「どのような志望動機を書くと落ちるのか」「志望動機の書き方で重視すべき点は何か」といったポイントを押さえておくことが大切です。

履歴書の志望動機だけで不採用となってしまわないために、事前に志望動機の書き方のポイントを把握しておきましょう。

なぜ履歴書の志望動機の書き方ひとつで落ちるのか

たとえ看護師不足のクリニックであっても、前述の通り書類段階で落とされることが当然のようにあります。これは、採用担当者(クリニックでは院長や院長婦人のことが多い)が「自院に貢献してくれるかどうか」をみているからです。

それではどのような履歴書の志望動機であると書類段階で落ちるのでしょうか。クリニック転職希望の多くの看護師は「書類段階で落とされる人の特徴」について間違った考えをもっていることがあります。

例えば、次のような人が書類段階で落とされると考えてはいないでしょうか。

  • 年齢が高い
  • 看護年数が足りない
  • 看護スキルをもっていない 
  • 転職回数が多い 
  • 転職期間が短い など

これらは書類段階で不採用となる理由にはなりません。このような理由は、いくらでも志望動機の書き方ひとつで挽回できるからです。

実際に私は社会人を一度経験したのち、30代後半で看護師免許を取得したため、看護経験が同年代の看護師と比べて少ないです。しかも看護師になってからも総合病院を10ケ月で辞めました。次に勤めた眼科クリニックもわずか6ケ月で退職しました。

最初に勤めた総合病院は急性期病棟ではなく、慢性期の重症心身障害児病棟であったので、採血や点滴の技術はまったくありませんでした。

つまり、看護師経験も技術も少なく、30代後半がたった1年半で2回退職しているのです。

これは「看護スキルも技術もないのに、年齢が高く、転職回数も多く、転職期間は短い」という、はたから見れば箸にも棒にもかからない転職失敗パターンといっていいでしょう。きっと次の転職も失敗することが簡単に予測できます。

しかし、いまでは患者さんだけでなく同業の看護師からも人気のある内科クリニックに勤めることができています。私がいまの職場に応募した時点で、すでに12人の応募者がいたにもかかわらずです。

しかも、わずか数年で看護副師長にまでなり、仕事にやりがいをもて、充実した働き方を実現できています。

年齢が高くても、看護師経験やスキルがなくても、転職期間が短く転職回数が多くても、自分に合うクリニックに勤めることができれば、そこでいくらでも能力を発揮していけるのです。

まずは、「どのような考えをもっている看護師であれば、クリニックの書類選考段階で不採用となってしまうのか」を知ることが大切です。それでは、ひとつずつ確認していきたいと思います。

クリニックは看護レベルが低いと決めつけている

総合病院や大学病院などからクリニックへ転職を希望する人は多くいます。その中には「クリニックは医療レベルが低い」と最初から決めつけていて、看護能力を下に見ている看護師も見受けられます。

「自分は大学病院で看護師としてのキャリアを積んできた。大学病院のようなハイレベルな看護は、医療施設の整っていないクリニックでは行えないだろう」という感覚をもっているのです。

しかし、それは間違いです。

クリニックの中には、世界的名医といわれるスーパードクターが開院しているところがあります。世界中から評判を聞きつけた患者さんが多くやってきます。このようなクリニックでは、大学病院よりも多くの臨床経験が積め、最先端医療を間近に接することができます。

例えば、ある心臓血管外科クリニックでは、日本初のダヴィンチ(手術支援ロボット)手術やTAVI(Transcatheter Aortic Valve Implantation :経カテーテル的大動脈弁植え込み術)を毎日行っています。

そのクリニックでの手術成功率は99.7%であり、大学病院とは比較にならない実績があります。実はクリニックにこそ、真の名医や名看護師が存在している可能性が高いのです。

ちなみに私の勤めるクリニックの院長は自院を開設していますが、近所の総合病院の副理事を兼任しています。

そのせいもあってか、看護師には、総合病院に負けないレベルの技術向上を期待しています。外部研修や院内勉強会も多く、意欲ある看護師にとっては格好のスキルアップの場となっています。また、総合病院以上に認定看護師などの資格取得支援にも積極的で、優遇制度も整っています。

このように実は探せば、大学病院よりも深く濃い医療や看護の勉強が行えるクリニックが存在するため、クリニックの看護レベルが低いと決めつけてはいけません。

自分の能力を過剰に評価している

いくら専門的でハイレベルな看護経験があったとしても、自分の能力を過剰に評価している看護師であると「協調性がない」として書類の段階で不採用となってしまうことがあります。

中には、履歴書にひたすら多くの看護経験や資格を列挙する人がいます。「これだけ履歴書に記載すれば、採用担当者に自分の能力が伝わる」と考えるのです。

しかしそのようなことはありません。実際にクリニックでの仕事に馴染めるかどうかは、多くの経験や資格ではないのです。

ひとつ例を出してみましょう。

私の勤める職場には、大学病院から転職してきた看護師がいました。その新人看護師は、「大学病院では、外科でこのような看護知識や技術を身につけてきた」と口ぐせのようにいっていました。

しかし実際、仕事をするのは内科クリニックです。その人が使える技術や知識はあまりありませんでした。さらに採血に至ってはまったく経験がなく、一から教えなければならず即戦力にはなりませんでした。

またその人に限ってなのですが、知らないことでも「知っている」と答えるクセがありました。先輩看護師は「分からないだろうから」と教えようとしても、「知っているから大丈夫。一人でできる」とアドバイスなどを一切拒否していました。

さらに大学病院では清掃人がいたためか、看護師が院内の清掃を行うことに抵抗をもっていました。「なぜ私は看護師として入職したのに、掃除をしなければならないのか」というのも口グセで、自分から進んで掃除をすることはありませんでした。

私たちは「大学病院から、外科で看護技術を積んできた新人看護師がやってくる。きっと外科の専門的な知識をたくさん教えてもらえる」と期待していました。しかし、その人はスタッフに溶け込むことはなく、その人がもっている知識や技術を教えてもらえることはありませんでした。

このようなことでは、協調性に欠け、チームワーク力を全く発揮できません。クリニックは病棟に比べて狭い職場ですので、仕事にやる気がないのはすぐに知られてしまい、人間関係がぎくしゃくし始めます。

クリニックは少数精鋭であるため、各看護師が複数の仕事を抱えて、患者さんの対応に当たります。ときには電話対応や掃除など、みんなが嫌がる仕事や看護以外の仕事も自ら進んで行わなければなりません。

クリニックでは日勤しかないところが多く、交替勤務の職場は少ないです。毎日同じ人と顔を合わせないといけないため、人間関係に支障をきたしてしまえば、病棟のように「今日は苦手なあの人と一緒に働かなくていい」というような逃げ場がありません。

結局その新人看護師は1年も経たないうちに辞めてしまいました。

クリニックでは「自分はこういう看護師だ」と自己主張するのではなく、まずは周囲の人間と協調することが重要です。最初はどのような専門性高い看護師でも、頭を下げて「教えていただく」という姿勢をもつようにしましょう。

どこのクリニックでも通用する志望動機を書いている

ネットを検索すると、クリニックに転職希望の看護師の様々な志望動機例文が載っています。それを引用やコピペをして、同じような志望動機を書いている人がいます。

しかし、そのような志望動機では書類選考の段階で不採用になる可能性が高いです。

例えば、「御院の将来性にひかれて」「仕事に対する情熱は誰にも負けないつもりです」といった内容はNGです。志望動機に書きがちな内容ですが、このような志望動機であれば採用担当者への印象は薄く、「またか」と思われてしまいます。

仕事への意欲をアピールしたいのであれば、今まで体験してきた行動を具体的に整理して、志望動機にまとめることが大切です。そして、「このクリニックでなければならない理由」を明確にしましょう。

あなたの志望動機を読んだ採用担当者が「このような志や意欲をもっている人物なら会ってみたい」と思わせるような文章に仕上げなければなりません。

志望動機は履歴書に記入欄はあるものの、面接で再度質問されやすい内容です。自分の言葉で考えて書いておかなければ、面接まで進んで同じ質問をされたときに、ボロがでて見破られてしまいます。

クリニックで好印象をもたれる志望動機例文

では次に、クリニックの採用担当者に好印象をもたれる志望動機の例文について挙げます。志望動機とは簡単にいえば、応募先のクリニックで「何がしたいのか」「何をできるのか」をまとめる作業になります。

具体的には「今回クリニックに転職することにより、自分は何を達成していきたいのか。そしていままでのキャリアを活かしてどのように貢献できるのか」について書き進めていくと説得力のある文章に仕上がります。

あなたの書き上げた志望動機には、以下の内容が盛り込まれているか確認してみましょう。

  • 希望するクリニックでなければならない理由
  • 転職をして自分は何を達成しようとしているのか
  • 自分はこのクリニックでどのような貢献ができるのか

この3点が志望動機に明記されていると、好印象を与える文章に仕上がります。

それでは次にクリニック転職時における履歴書の志望動機例文をいくつか挙げてみます。これらを参考にしながら、自分オリジナルの志望動機を書いていきましょう。

・一般的な履歴書の志望動機例文(小児科病棟からクリニックへ転職希望の場合)

私はこれまで〇〇病院の小児科病棟に勤めてまいりました。患児の言葉を傾聴しつつ、全身観察を怠らず、少しの変化も見逃さないよう心掛けてまいりました。結果、イレウスを発見して早期に治療開始が行えたなど患者様への貢献ができた自負をもっています。

御院では、患者様とのコミュケーションを大切にし、一人ひとりの気持ちに寄り添う医療を提供していると聞いております。

いままで看護で培った観察力やコミュニケーション能力を活かして、御院でも言葉だけでなく、表情や態度からも患者様の変化を読み取り、親切で丁寧な看護を行っていきたいと考え、応募いたしました。

クリニックの志望動機を書く場合、事前にクリニックのホームページなどをチェックして「どのような方針のクリニックか」といった情報を集めて志望動機に盛り込みます。そして、「自分のもっている強みを職場でどう生かせるのか」まで入れ込むと説得力のある文章に仕上がります。

ちなみに、クリニックへの転職は院長の人柄次第で成功か失敗かが決まるといっても過言ではありません。クリニックへ転職を希望する場合、能力や知識を付けて真面目に働けば認めてくれるような院長のもとで、長く働きたいものです。

仕事で辛いことがあっても、「院長の人間性が好きだから付いていきたい、頑張れる」と思わせてくれるような院長であれば、長く充実して働くことが可能です。院長の人柄が良ければ、スタッフの人間関係も穏やかなことが多く、ストレスは少なくて済みます。

院長の人柄は、転職サイトのコンサルタントに聞けば、面接対策を兼ねて簡単に教えてもらえます。「面接のときに、院長の人柄を見抜けばいい」と思う人がいます。しかし、面接は長くても30分程度です。その間に人柄まで見抜けるでしょうか。

私は、この人柄を見抜く件で2回目の眼科クリニックの転職が失敗に終わりました。面接では院長は穏やかで、優しい口調で話してくれました。しかし実際には、スタッフに横暴な医師ということが転職後に判明しました。

現場はいつもピリピリしていて、先輩看護師が院長から受けたストレスがすべて新人看護師に向けられてしまいました。

30分程度の面接では、院長の人柄まで見抜くことはなかなか難しいでしょう。クリニックの転職を失敗したくないのであれば、できる限り院長や院長婦人の人柄まで含めて、転職前に情報を入手しておくことが肝心です。

・パート希望の場合の志望動機例文

前職は、〇〇総合病院の呼吸器外科病棟で勤務してまいりました。結婚・出産を機に退職し、子育てがひと段落したため、この度パート勤務にて復職を希望することにいたしました。

以前より私は、患者様だけでなく家族や社会背景までを看護とする訪問看護に興味をもっていました。御院の訪問看護では、利用者様だけでなくご家族まで含めた生活全体を見渡し、維持向上を図っていると伺っております。

私も御院の一員として、前職での呼吸器外科経験を生かし、在宅療養をされている患者様のQOL向上に貢献していきたいと考えております。

まずは週に2日程度の勤務希望ですが、家庭とのバランスを鑑みながら勤務時間や日数を調整していければと思っております。

パート勤務の場合も、「その職場で自分にはどのような貢献ができるのか」を伝えることが大切です。

また今後、勤務時間や日数を増やしていけそうであるなら、その旨を書き込んでおくとよいでしょう。仕事に対して意欲があると考えられ、他の応募者よりも融通が利く人物だと、好印象を与えることができます。

・ブランクがある人の志望動機例文

私は子育てのため、5年間のブランクがあります。ようやく子育てがひと段落して、子供を保育園に預けることができたため、応募させていただきました。

仕事復帰に向けて、1年前より育児の合間に、eラーニングで看護技術を学んでいたところ、透析看護の項目で「技術や器械の進歩に比例して、看護師による看護力が重要になる」という言葉があり、透析看護に関わっていきたいという気持ちが強くなってきました。

御院での透析看護は、院外研修や学会参加に積極的であり、看護力の高さには評判があります。そのような環境に身を置かせていただき、今後は透析看護師としての活躍を考えております。率先して専門性を身につけ、一日も早く力になれるよう頑張ってまいります。

採用担当者は、一般的にブランクを嫌います。その理由は、看護技術や知識が低下しているからです。また、ブランクが長引けば長引くほど、休みグセがつき、転職意欲を失ってしまいます。

しかも採用担当者は、「多くのクリニックで不採用になった人なのかもしれない。そうなると、それなりの理由を抱えている人だと考えられる。それなら、うちも見合わせよう」という気持ちになってしまいます。こうなってしまうと、負の循環が起こり、ますますブランクは長引いてしまいます。

そのため、いくらブランクがあっても「何もしていませんでした」と伝えるのは論外です。

「しばらく仕事をしたいと思うことがなく、ゆっくりしていました」や「気分転換するために、旅行をしていました」といった内容も評価されません。さらに、ブランクといえば、充電期間という言葉をあてはめたがる人がいますが、この言葉は曖昧な意味しか持っていません。

転職への意識が薄いと捉えられ、好印象を与えることは難しいでしょう。

ブランクがある場合は、「資格を取得するための勉強していた」「視野を広げるために、派遣看護師をしていた」などの何かしらの理由をつけることが大切です。そして今後の働く意欲を示すようにしましょう。

新規開院クリニックの場合の志望動機例文

私は現在、〇〇総合病院の循環器内科に勤務しております。この度、J先生が独立して開業されるとお聞きして、立ち上げから関わりたいと考え、応募させていただきました。

現職では、循環器内科で5年ほど勤務しており、勉強会や研修会で議長を務めるなどの役割を果たしてまいりました。また3年前から看護主任を任され、リーダーとしてチームをまとめています。

今後はJ先生のもとで、高度な技術や知識を吸収しながら、循環器専門の看護師として、またチーム力を発揮できる看護師としても活躍していきたいと考えております。

新規開院クリニックに応募するメリットは仕事に責任とやりがいをもつことができる点です。一から立ち上げに関わり、みんなで試行錯誤しながら作り上げていくことができるからです。

一方、新規開院クリニックの応募上のデメリットとして、院長が前職場から専門スキルのある看護師を好条件で引き抜いてくることが挙げられます。

一般で応募した場合、同じ仕事をしているにも関わらず、引き抜かれた看護師と待遇面や給与面での違いを感じ、嫌な思いをすることがあります。

また新規開院クリニックは、開院するまで自院のホームページをアップしていないため、事前に得られる情報が少ないです。転職に際しては、できるだけ多くの情報を集めて転職活動に生かすことが大切ですが、新規開院クリニックの転職ではそれができません。

さらにもう一点、デメリットがあります。それは、公の求人自体少なく、開院前にはすでに募集が終わっていたなどといった点です。

新規開院クリニックの場合、新聞広告などで求人募集を行うと、多くの人から「あそこの新規開院クリニックのスタッフは寄せ集めで経験が少なそうだが、大丈夫だろうか」と思われる可能性があります。これが、公の求人が少ない理由です。

したがって、院長は病院の評判を第一に考えなければならないため、転職サイトを利用して非公開で募集をかけ、自院にマッチングした看護師を求める傾向が強いです。

新規開院クリニックに転職希望である場合、転職サイトから応募するほうが、非公開求人の紹介を行ってもらえるだけでなく、事前の転職情報も入手できることから、成功する転職につながります。

人気のあるクリニックに転職するコツ

最後に、人気のあるクリニックに転職するコツについてもお話ししておきます。

私は「年齢高い、看護技術なし、看護経験が短い、転職回数が多い」など転職に関して多くのハンデを抱えていましたが、無事に自分に合ったクリニックに転職することができました。

患者来院数が多く大変忙しい職場ですが、他の医療機関と比較すると待遇が良く、キャリアを積んでいくことができ、やりがいをもって働いています。院長は厳しいですが、看護師の仕事への意欲ややる気を細かく見てくれる人で、しっかり評価してくれます。

私が応募したときには「非公開求人」であるにもかかわらず、私の前にすでに12人の応募者がいました。私よりも看護経験が多い人たちばかりだと予測できます。

ただ私の場合、院長や他の看護師、仕事との相性が非常に良かったのです。このクリニックに転職する前は、「もう看護師なんて辞めてしまおう、私には看護師は合わない」とまで考え、看護師を続けること自体諦めていました。

看護師としての自信はなく、とりあえずダメ元で、登録していた転職サイトに相談してみました。そこで担当コンサルタント(転職エージェント)に自分の希望ややりたいことを伝えると、担当コンサルタントが「あなたにぴったりの求人がある」と教えてくれ、応募に至りました。

担当コンサルタントは履歴書の志望動機の書き方から面接での受け答えまでをマンツーマンで教えてくれました。

担当コンサルタントの予想は的中し、私にピッタリの職場で、本当に充実した働き方を実現できています。「経験がないことは何の問題もない。必要なのは、仕事への意欲。あなたが来てくれて、他のスタッフにもいい刺激になった。新しい風を吹かせてくれてありがとう」と院長からいわれました。

看護師では劣等生だった私を見事、担当コンサルタントと院長が救い上げてくれ、先輩看護師や同僚が育ててくれました。

このように人気のあるクリニックに応募する場合、院長や他のスタッフ、仕事との相性などが非常に重要です。総合病院などと異なりクリニックは個人経営であるため、非常に個性豊かです。

この個性が自分にぴったり合うのであれば、夜勤もなく、時間外勤務も少なく、これほど働きやすいところはありません。

事前に多くの情報を仕入れ、転職活動を有利に進め、自分に合う職場を見つけるためにも、転職サイトの利用は必須だと思います。

志望動機は時間をかけて書き上げよう

志望動機を書くことは転職における最初の一歩です。

志望動機を書き進めることで、「自分は本当にこのクリニックに向いているのだろうか」「自分はここで何を実現していきたいのだろうか」などを改めて考えることができます。じっくりと時間をかけ、志望動機を仕上げることが大切です。

クリニックは個性があり、求められる看護師像は各クリニックによって異なります。あなたの性格や経歴、人柄、看護観などを考慮して、あなたに合ったクリニックで働くことができれば、看護師としての能力を発揮でき、やりがいをもって仕事を遂行することが可能です。

ぜひ、あなたに合ったクリニックを探し出し、満足いく転職を実現できるよう、この記事を役立ててもらえたらと思います。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く