うつ病の症状が改善してくると、「早く看護の職場に戻りたい」との気持ちがはやるかもしれません。しかし、ここで焦りは禁物です。

うつ病から復職するには、多くの困難を伴うことが多いです。焦って準備不足のまま復職したために、再び体調を崩して自信を失ってしまう人が少なくないのです。

そこで今回は「うつ病の看護師が復職するために知っておきたい成功へのステップ」についてお話していきたいと思います。

うつ病からの復職の難しさ

まずは、うつ病からの復職に関して、次の問いに答えてみてください。うつ病から復職するための、確認をしておきたいと思います。

質問1.主治医の診断書を持っていれば、復職が可能か?

答え1.×

主治医の診断書のみだと、あなたの復職を判断するには限界があります。主治医は専門医ではありますが、あなたと接しているのはストレスの少ない診察室のみで、ストレス負荷のかかった職場の状況を十分に把握していない可能性があります。

主治医は、「あなたが職場でどのような人間関係を保ち、どのような看護業務を全うしなければならないのか」については分かりません。診察室だけでの判断には限界があるのです。

できれば主治医の診断に加えて、仕事のストレスを考慮した産業医やリエゾンナース(スタッフの精神的・心理的支援を行うナース)からの意見も復職判断の材料にすると良いでしょう。

質問2.以前と異なる科に復職したほうがいい?

答え2.△

以前勤めていた職場がハードで劣悪な環境であり、そのせいでうつ病を発症した恐れがあるのであれば、配置転換が考慮されます。しかし、一般的にはもとの科に復職したほうが良いとされています。

新しい部署に移れば、また最初から色々覚えることがでてきたり、新しく人間関係を構築したりしなければならないからです。

ただ、うつ病を発症した原因を「以前勤めていた職場環境のせいだ」と考えるのであれば、復職してもうつ病が再発する恐れがあります。

まずは、あなた自身が「どのような状況だと体調を崩しやすいか」を分析し、職場復帰する前に、その状況に対応できる力を身につけておく必要があります。上司と復職前の面談や書面のやりとりなどを行い、勤務時間や仕事量の調整を願い出て、徐々に慣れていくことが大切です。

うつ病の回復期は、夜勤などをすると生活リズムが乱れ、体調を崩しやすくなってしまいます。自信がもてるまでは、夜勤のない業務から開始することをお勧めします。

質問3.以前と同様の働きぶりを見せれば、復職は成功?

答え3.×

うつ病にかかる人は性格的に元々、几帳面で真面目な人が多いです。そのため、まだ十分に回復していないにもかかわらず、うつ病から回復したと勝手に考え、以前と同様の働きぶりを見せて、周囲に認めてもらおうと頑張る人がいます。

しかし、うつ症状が改善したからといって、以前と同様の働き方や考え方で仕事をしていれば、またストレスをため込んでしまいます。これでは、うつ病を再発してしまう可能性が非常に高いです。

質問4.休職を早く切り上げなければ、経済的に困窮する?

答え4.△

うつ病が回復していないも関わらず、経済的な面が不安になり復職を急ぎ、再度体調を崩して、再休職してしまっては意味がありません。まずは、職場の休職中に保障されている給与や傷病手当金の制度について確認してみることが大切です。

医療費の一部を公費で負担してもらえる自立支援医療制度を活用する方法もあります。自立支援医療制度を利用すれば、通常自己負担3割の保険診療であるところ、原則1割の負担で済みます。こちらは市区町村の窓口での相談となります。

この自立支援医療制度は精神科の通院治療が継続的に必要な人が利用できます。診察料や薬代、後述する医療機関でのリワーク・プログラムなどの費用が対象となります。医療費が心配な場合は、保険適応の治療を中心に行ってもらえるよう主治医に相談するとよいでしょう。

質問5.職場にうつ病だったことを知られるのは良くない?

答え5.×

医療従事者である看護師の中にも「うつ病は精神疾患」という偏見をもっている人がいます。そのため、職場に知られたくない気持ちは分かります。しかし職場に知らせることで、周囲の理解と協力が得られ、仕事や通院がスムーズに進むことがあります。

職場の全員に知らせる必要はありませんが、上司やリエゾンナースには相談し、復職後もこまめに相談したり連絡を入れたりしておくと安心です。

質問6.復職の準備は一人で可能?

答え6.△

自宅で療養していてうつ病の調子がいいとしても、すぐに復職できるとは限りません。自宅と職場は異なります。さらに一般的な職場と異なり看護の職場は、命の現場であるため緊急性が高く、さまざまなストレスにさらされることが多々あります。

復職を成功させるには、職場環境に似せたプログラムでリハビリする方法があります。これを、リワーク・プログラムといいます。まずは、このプログラムで自信をつけてから復職すると、無理のない職場復帰を果たすことができます。

では職場環境に似せたリハビリである、リワーク・プログラムとはどのようなものでしょうか。次の項で詳しく説明していきます。

リワーク・プログラムを活用する

うつ病から復職しても、症状が悪化して再び不調を訴える人が多くいます。これは働く看護師にとっても、職場にとっても深刻な問題となっています。そのような中、うつ病から社会復帰を支援しようというプログラムが注目されています。

それはリワーク・プログラムといわれています。リワークとはreturn to workを略した言葉で、復職という意味です。復職に向けてリハビリテーションを行い、仕事ができるようになるまでの回復をサポートします。

このプログラムでは、これまでの行動や考え方を見直して、ストレスへのセルフケアの方法を身につけ、うつ病の再発や再休職を防ぐことを目的としています。

リワーク・プログラムのメリット

リワーク・プログラムのメリットは次の通りです。

・自分の考え方との付き合い方が分かる

うつ病の方は、無意識にストレスをため込みやすい考え方をしている傾向にあります。リワーク・プログラムでは、その考え方を見直し、改善していく心理教育が組み込まれています。

せっかく休職し症状が改善しているにもかかわらず、ストレスに対する脆弱さが改善していなければ、復職した際、前回と同じように体調を崩してしまう可能性が高いです。

リワーク・プログラムでは、職場の環境に似せた状況で、プログラムを実践します。職場と同様の環境の中で、自分の体調に影響を与える「ものの考え方や行動パターンのクセ」について学び、自己コントロールする方法を身につけていきます。

・職場で求められるレベルまで回復させる

自宅で休養していて症状が出ないからといって、職場で働けるようになるかというと、そうではありません。自宅と職場では、ストレスのかかり具合が全く異なります。

主治医に復職可能といわれても、それは診察室でのあなたを診ただけです。そのため、うつ病の症状が改善したからといって、主治医の判断のもと復職したとしてもスムーズにいくとは限らないのです。

リワーク・プログラムでは、職場で求められるレベルまでの回復を目的としています。そのため、職場と同じような状況に身を置き、ストレスの負荷をかけ、うつ病が再発しないかどうかを確認します。

・あなた自身も職場も復職時期の判断を行いやすくなる

復職したい場合、「一刻も早く働きたい」という前向き気持ちと、「働いたところで再発しないか」という不安の気持ちの間で揺れ動いていることでしょう。

もし回復が十分でないにもかかわらず、復職を急いでしまえば、体調が悪化する可能性が高くなってしまいます。

リワーク・プログラムでは、職場に似た環境でリハビリを行うため、復職できるかどうかの判断を客観的に行うことが可能です。あなたがどの程度まで回復しているのか、職場にも主治医にも状況が伝わるため、職場にとっても環境調整の参考にすることが可能です。

リワーク・プログラムの内容と種類

うつ病の人がリワーク・プログラムを受けることは、復職の際に多いに役立ちます。リワーク・プログラムには、医療機関の他にも企業でも実施されています。

リワーク・プログラムの内容

リワーク・プログラムの内容は、参加する施設によっても異なります。ただ、その内容に関わらず、同じうつ病の患者さんのグループでプログラムを実施するため、同じ状況の仲間ができることは大きな力になります。

プログラムの多くは、施設まで通勤するように通い、パソコン操作などの簡単な作業や軽い運動(ヨガ・ダンスなど)を行います。

他には、グループディスカッションや心理教育、アサーショントレーニング(自分も相手も大切にした自己表現方法)、認知行動療法などをプログラムに組み込んでいるところもあります。

一例として、メディカルケア虎ノ門では次のようなリワーク・プログラムを設けています。

出典:メディカルケア虎ノ門

うつ病の回復状況に応じて、日数や内容を決めます。上記のように昼間だけでなく、夜間にナイトケアを行う施設もあります。

このようにリワーク・プログラムでは様々な内容を取り揃えており、うつ病の方の復職をサポートしています。

リワーク・プログラムの種類

リワーク・プログラムは全国の医療機関や公的機関などで実施されています。それぞれに特徴がありますが、大きな違いとしては、医師や看護師、保健師などの医療スタッフが在籍しているかどうか、という点です。

医療機関のリワーク・プログラム

こちらでは「うつ病リワーク研究会」の方針にのっとり、利用スタッフの体調の変化などにも対応し、治療の一環としてこのプログラムを実施しています。医師や保健師、看護師などの医療スタッフが在籍しています。

精神病院だけでなく、クリニックでも「デイケア」として行っているところがあります。

  • 対象者:誰でも参加可能
  • 医療費の負担:必要

以下は医療機関でのリワーク・プログラムの医療費負担の一例です。

出典:上野病院

リワーク・プログラムに参加する費用は、自立支援医療制度を利用すれば月1万円前後となります。医療機関がおこなっているリワーク・プログラムであれば、自立支援医療制度の適応となります。

ただし医療機関によって金額設定は異なり、2,500~20,000円と幅がありますので、具体的な費用については問合せが必要となります。

公的機関のリワーク・プログラム

公的機関のリワーク・プログラムには、地域障害者職業センターと精神保健福祉センターの2種類あります。

地域障害者職業センター

都道府県ごとに設置されています。多くのセンターで、うつ病の人を対象とした「リワーク支援」を行っています。こちらに参加するには、本人と主治医、雇用主の合意が必要となります。医療スタッフは不在で、専門のカウンセラーの対応となります。

  • 対象者:雇用保険に加入している民間企業に勤める休職者が対象。公務員は利用不可
  • 医療費の負担:なし

以下は東京障害者職業センターのリワーク支援の案内になります。

出典:東京障害者職業センター

精神保健福祉センター

都道府県ごとに精神保健福祉センターは設置されていますが、うつ病のリワーク支援を行っているのは一部となります。こちらであれば、医師や保健師などの医療スタッフが在籍しています。

  • 対象者:誰でも利用可
  • 医療費の負担:必要

下記は名古屋市の精神保健福祉センターのリワーク・プログラムのパンフレットの一部です。

出典:名古屋市 リワーク支援プログラム

その他の機関

EAP(従業員支援プログラム)

企業が行うEAP(従業員支援プログラム:Employee Assistance Program)サービスがあります。こちらは訪問カウンセリングサービスや専門機関への紹介などの他にも、復職サポートなども実施します。

もともとアメリカで生まれたEAPですが、日本でもEAPを提供する企業が増加してきました。ただし、各企業による質のばらつきが目立ちます。どのような資格の人が携わっているか事前に確認する必要があります。

  • 対象者:誰でも利用可
  • 費用:それぞれ異なる

下記はJESという企業の職場復帰支援の一例です。

出典:JES ジャパンEAPシステムズ

NPO法人

NPO法人や社会福祉法人などでも、障害者自立支援法の障害者福祉サービスとして復職支援を行っているところがあります。アットホームな雰囲気のところが多いのが特徴ですが、こちらも質にばらつきがみられます。事前確認後、見学してみると良いでしょう。

  • 対象者:誰でも利用可
  • 費用:それぞれ異なる

下記にNPO法人の復職支援の一例を挙げます。

出典:NPO法人 こころ塾

このようにリワーク・プログラムには様々な種類があり、対象者・費用・専門職の有無は、実施する機関によって異なります。

医療機関と地域障害者職業センターでは、対象者の職業や費用の点で大きな違いがあります。また、医療機関の中でも休職者のみを対象としている場合と、離職者も対象としている場合などがあり、それぞれに細かい点で異なる部分があるため、事前の確認が必要です。

リワーク・プログラムを受ける前は主治医に相談

リワーク・プログラムは個人が必要に応じて申し込むことになりますが、うつ病の回復状態に合わせて、参加可能かどうか異なります。参加してみたいと思う場合は、まずは主治医に相談して、いつ、どこで、どのようなセミナーや講習を受けるのがよいのか、具体的に聞くとよいでしょう。

主治医の所属する機関で実施している場合は、主治医の判断によりプログラムの開始時期や内容を決定します。

主治医の所属する機関で実施していない場合は、主治医に紹介状を書いてもらいます。そして、実施機関に連絡をし、診察・面談の予約を入れます。その後、診察や面談を受け、プログラム参加が適当かどうかの判断結果を待ちます。参加可能であれば、通院を開始します。

もし主治医から実施機関を紹介されて転院したとしても、主治医がそちらの実施機関に代わるわけではありません。

もとの主治医のところに通いながら、実施機関でリワーク・プログラムを受けるケースと、プログラム完了後、もとの主治医のところに戻るケースの2通りがあります。もとの主治医に信頼を置いていて、今後も治療を継続してもらいたい場合も心配はいりません。

主治医とは別に個人的にリワーク・プログラムに参加するかどうか悩んでいる場合、1~3ケ月の程度といった短期間の休職であれば、主治医の指導の下、1人でリハビリテーションをしてもかまいません。

ただし、それより長期間休職していた場合は、本格復帰するためにリワーク・プログラムに参加したほうがいいとされています。

リワーク・プログラムには心理教育が含まれているため、うつ病が再発し2回以上休職した人などであれば、しっかり専門家のもとリハビリテーションを行っておくと復職時に上司だけでなく、自分自身の安心材料になります。

また、「上司にうつ病後の業務軽減体制などを相談し、軽減を願い出たとしても認められない場合」などでも、リワーク・プログラムを受けておくとよいでしょう。

復職が難しければ、異動や転職を視野に入れる

復職では原則、休職前の科に戻ることになります。古巣であれば、仕事内容も同僚も同じであるため、復帰にかかるストレスが多少軽減できるからです。

ただ、「上司や同僚との人間関係が悪く、パワハラやセクハラなどがあった」「業務環境が劣悪である」など、うつ病の原因が職場にある場合があります。このような職場の場合、職場改善が見込めないことが多く、異動や転職のほうが看護師に復帰しやすくなるといえます。

転職する場合、全く新しい職場となります。そのため、できるだけストレスの少ない職場環境を選ぶことが大切です。うつ病になった環境を振り返り、自分に合っていないと考えられる業務環境や業務内容はできるだけ避けるようにしましょう。

あなたの特性や長所を活かす仕事に巡り合うことができれば、あなたらしく生き生きと働けるはずです。幸いにも医療機関以外にも、保育園やツアーナース、企業看護師、健診ナース、治験コーディネーターなど、看護師免許を活かして活躍する場はたくさん存在します。日勤だけ、時短勤務という働き方もあります。

転職となると、「職が見つかるかどうかという不安」「面接でうまく話せるかどうかという動揺」「不採用だったときの精神的な落ち込み」「新しい環境で再スタートする心理状態」「人間関係の再構築に対する煩わしさ」など、様々なことが心配になります。

もし不安が強いようであれば、1日だけといった短期の派遣看護師やアルバイトから始めてみるというのも一つの方法です。新しい環境での生活に少しずつ心身を慣らしていき、仕事を続けていく自信をつけることが大切です。「絶対に社会復帰しなくてはならない」と必要以上に気負う必要はなく、ゆったり構えていることが大切です。

また、たった一人で転職活動を行う必要はありません。看護師専用の転職サイトに2~3社登録しておけば、転職のプロ(転職エージェント)があなたに合った求人先を見つけてくれるだけでなく、履歴書や面接のサポートまで行ってくれます。

さらに、希望する求人の人間関係や仕事内容、給与面など、具体的な情報を教えてくれるため、転職前に何も分からず就職するという心配もなくなります。

どうしても以前の職場に復帰する必要はないのです。もう少し視野を広くもてば、あなたの長所を活かした職場はきっと見つかります。焦らず、ゆっくり自分に適した場所を探すようにしましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く