せっかく英語を話せるのであるなら、看護師資格と英語のスキルの両方を活かして働きたいものです。

ただ、日本国内で看護師の英語スキルを必要とする求人は存在するのでしょうか。実際には、どのように英語を活かす求人を探せばいいのか検討のつかない人が多いのが現状です。

そして結局、英語スキルを有していても英語を話せない他の看護師と同じように、英語能力で優遇されていない雇用条件で働いている場合がほとんどです。

ただ、せっかく英語が話せるのなら、転職して英語スキルを優遇してくれる医療機関で働きたいものです。そうすれば看護師キャリアと英語能力というあなたの両方のスキルを活かすことができ、より満足した働き方の実現につながります。

私自身、英検準1級をもっているため、いまの職場では英語スキルを優遇してもらっています。

そこで今回は「英語スキルを優遇してくれる求人の探し方やアピールの方法」について紹介していきたいと思います。

英語スキルを優遇してくれる職場とは

英語スキルを優遇してくれる職場とはどのようなところでしょうか。次に挙げる医療機関などであれば、英語スキルを優遇してくれやすい職場であるといえます。

  • 外国人の多い地域の医療機関
  • 空港内の医務室
  • 外国人患者の受け入れに積極的な医療機関
  • 治験コーディネーター(CRC)・臨床開発モニター(CRA) など

それでは以下に一つずつ、説明していきます。

・外国人の多い地域の医療機関

まず、国内でも外国人の多い地域の医療機関について述べていきます。外国人の多い地域といえば、大使館や米軍基地、空港近辺などです。

大使館が多い地域といえば、東京の場合、港区、渋谷区、千代田区、目黒区などになります。港区には80以上、渋谷区には20以上の大使館が存します。米軍基地といえば、青森県三沢市、東京都福生市、神奈川県横須賀市、山口県岩国市、長崎県佐世保市などです。

特に大使館の近くには外資系企業が乱立しており、そこでは多くの外国人従業員とその家族が生活しています。すると必然的に外国人患者さんの来院する機会が増えます。

アメリカ大使館のホームページには、次のような「英語で受診できる日本の病院リスト」が掲載されています(こちらは一部です)。

大使館のホームページに医療機関のリストが載っているということは、医療機関にとっては英語を話せるスタッフの存在は充分なメリットとなります。

また外国人の居住地域近辺の医療機関であれば、来院される患者さんは外国人が多いです。その場合、英語でコミュニケーションをとらなければならない場面が必然的に増えてきます。前もって来院することが分かっていれば、外国人側は通訳と同行することが可能ですが、急な病気やケガなど急の場合もあります。

このような緊急の場面に、英語スキルを有している看護師がいれば、患者さんにとって大変心強い存在となります。外国人居住地域の近辺にある医療機関では通訳を雇っているところが多いですが、看護師が英語を話せれば、それに越したことはありません。

日本に滞在している外国人の中には、言葉の壁が障害となって、十分な医療を受けることができないと感じ、母国に戻って治療を再開する人も少なくありません。

このような理由から、外国人の多い地域の医療機関では英語スキルを保有する看護師を優遇してもらえます。例えば、以下のような求人です。

・私の英語での看護の仕事のやりがい

ちなみに、当サイトの管理人である私が住んでいる地域は米軍基地の近くになります。院長が昔アメリカに住んでいたことがあるため、「あそこのドクターは英語が話せる」と軍人の間で口コミが広がり、評判になりました。

そのため、基地内に設置されている医療機関に行くのではなく、紹介を受けた軍人とその家族が基地外にある私の勤める病院までわざわざ来院してきます。

大体、一日に150名程度の来院患者数に対し、5名くらいが外国人になります。日本語を話せない外国人の場合、ほとんどの方が通訳を連れてきますが、中には通訳同行なしで来院する方もいます。

そのような場面のときに、私の出番となります。私の勤める職場では、私しか英語が話せる人がいません。

私が英語を使うシチュエーションとは、問診表の記入をお願いしたり、検査や処置の説明をしたりするときです。必要であれば、トライケア(Tricare:軍人とその家族の医療保険)の簡単な説明などを行います。

他には熱中症でぐったりした外国人患者さんに、頭を低くし足を高く上げ血液の循環を良くし、ドクターの診察があるまで経口補水液を少しずつ取るように説明することがよくあります。また中には、とても仲良くなった外国人患者さんが引っ越すことになって、涙なみだのお別れも何度か経験しました。

通訳の同行なしに来院された外国人患者さんの多くは「私は日本語が話せないので、知り合いがいなくて心細かった。けれど、あなたがいてくれたから、病気になってもとても心強かった。いつも私のことを気にかけてくれていて感謝している」と言ってくれます。

これが私の「英語が話せる看護師」として仕事でやりがいを感じるときで、英語が話せて良かったと思えます。外国人患者さんには、このように言ってもらえるように、いつも仕事に取り組んでいます。

・空港内の医務室・クリニック

次に、外国人の多い場所としては、空港内や空港近辺が挙げられます。国際空港内に設置された医療機関は、大学病院付属のクリニックや民間の医療機関が開院していることがほとんどです。

そのような空港内に設置された医務室やクリニックも英語が話せる看護師を優遇することが多いです。

空港内の医務室やクリニックでの看護師の仕事は、空港やフライト中に生じた病気・ケガによる体調不良の患者さん対応が多いです。緊急性の有無を素早く把握し、加療が必要だと判断された場合、近隣の医療機関へ搬送します。

英語スキルだけでなく、迅速で適切な対応を行える看護師能力も要求される職場です。

次に空港内のクリニックの看護師求人の一例を挙げておきます。

・外国人患者の受け入れに積極的な医療機関

他にも、外国人の受け入れを積極的に行っている医療機関が存在します。

例えば、人間ドッグや美容整形目的で来日する外国人の受け入れを行っている病院です。このような医療機関の場合も、看護師でしかも英語スキルに長けていると通訳を別に雇う必要がないため、優遇されやすいです。

次の看護師求人は人間ドッグや健康診断を行っているクリニックです。

こちらは英語能力が高ければ、15,000円以上の手当が別に出るため、「英語スキルをさらに磨いていこう」とモチベーションの高まる求人といえるでしょう。

他にも探せば、外国人の受け入れを積極的に行っている看護師求人があります。例えば、がん遺伝子検査やがん遺伝子治療を専門におこなっているクリニックの看護師求人です。こちらはがん遺伝子治療に興味のある外国人がわざわざ来日し、このクリニックに訪れるくらいです。

来院される患者さんの8割が外国人を占めているため、看護師の英語保有能力を特に重視しています。

応募要項に英語能力必須と掲載がある場合は、英語能力を考慮し月収が高めに設定されていることがわかります。

また、次に紹介する珍しい求人は、院長がアメリカ形成外科専門医で、日本人だけでなく外国人の美容整形を行っているクリニックのものになります。

美容整形に興味があり、国内でインターナショナルに英語能力を伸ばしていきたい看護師にとっては、大変魅力的な求人です。

他にも面白い看護師求人として、トラベルクリニックといった分野に特化した医療機関があります。海外赴任や留学する方のために、健康診断や予防接種などを行うクリニックです。

このような場合、看護師の英語スキルを優遇していることがあります。次の求人を参考にしてください。

海外赴任や留学に向けての予防接種などを行う仕事のほかに、予防接種証明や健康診査の証明などを英語文書で発行する際に、英語能力を必要とします。

治験コーディネーター(CRC)・臨床開発モニター(CRA)

また医療機関でなくても、外資系企業でも看護師資格を保有していて、しかも英語能力があると優遇される職業があります。それは治験コーディネーター(CRC)・臨床開発モニター(CRA)などです。こちらは看護師ではなく、企業勤めの会社員となります。

CRCとは、医療機関で治験を行う際に、治験対象の患者さんのスケジュール管理やI.C.(インフォームドコンセント)、データ収集・管理などを行う仕事です。CRAは治験が法に準じて実施されているかどうかのモニタリングを行うのが主な仕事です。

どちらも特別な資格は必要ありません。しかし実際の仕事内容としては、医療知識が問われることが多く、看護師や臨床検査技師、薬剤師などが多く活躍する職種となります。

なぜCRCやCRAを行うのに英語が必要なのかというと、外資系の場合、日本語に翻訳されていないままの取扱説明書を解読する必要があったり、外国本社とやり取りを行ったりする場面があるからです。

外資系企業だからといって、国内での仕事となるため、必ずしもビジネスレベルの英語能力が必要というわけではありません。しかし、英語能力があるに越したことはなく、英語スキルを優遇してくれる求人が多いです。

次にCRCの求人の一例を挙げます。

医薬品開発は、国際共同治験の割合が年々増えており、英語を必要とする実務が増加してきているのが実情です。直接海外担当者と緊急副作用報告などを行う場面が出てくることがあるかもしれません。

医薬品開発業務の専門用語をマスターする必要が出てくることが予想されます。治験実務英語検定などの試験もあるため、英語スキルのアピール手段として活用してみるとよいでしょう。

英語スキルを優遇する職場に出会うポイント

さまざまな看護師求人を紹介してきましたが、一般的に看護師求人には、「英語スキルを優遇」と掲載されていることは少ないです。採用側としては「英語が話せなくても問題ないけれど、できれば英語が話せる看護師が望ましい」という場合がほとんどです。

英語スキルを優遇してくれるのであれば、そのことを求人に記載してもらえると分かりやすいといえます。しかし、もともと英語を得意とする看護師は少数です。

もし看護師求人に「英語スキル優遇」と記載してしまうと、英語を話せない多くの看護師が「この看護師求人は英語能力が必要だから私には無理だ」と判断します。すると、求人内容を詳しく知る前に最初から敬遠してしまい、応募者が集まりません

このようなことから「英語スキルのある看護師を優遇する」とする求人であったとしても、求人票をみるだけではわからないことが多いです。ただ実際には、「看護師に英語能力があればなお良い」とする職場は多く存在します。それを逃してしまっては大変もったいない話です。

そこで、「英語スキルがあれば優遇する職場を見つけるためのポイント」についてお話ししておきます。

多くの求人情報を収集する

英語能力を優遇する看護師求人は求人票には記載されておらず、見つけにくいです。そのため、隠れた「英語能力を優遇してくれる看護師求人」を見つけ出すためには、アンテナを張り巡らし、できるだけ多くの求人情報を集めることが大切です。

求人情報を多く集めれば集めるほど、英語を優遇する求人に出会える可能性が高くなります。さらに英語優遇の看護師求人がいくつか見つかれば、それらを比較検討できるため、見る目が養われていきます。

例えば、多くの英語優遇の看護師求人を比較すると分かるのですが、「英語の話せる看護師が望ましい」との記載があっても、給与や待遇にあまり反映されていない場合があります。

そのような場合、求人同士を比較していれば「英語優遇」とあっても、すぐに飛びついていけない求人とすぐに分かります。

また注意したい点として、英語優遇以外に、離職率や平均年齢、院長の性格・仕事の進め方、仕事内容などを知っておかなければ、入職後に後悔する可能性が高くなってしまいます。

それでは、「英語スキル優遇」と「良好な職場環境」の二つを併せもつ職場には、どのようにして出会えばよいのでしょうか。

・求人情報を集める効率よい手段

一般的に看護師の求人情報を集める方法は、ハローワークやナースセンター、転職サイトの利用などがあります。ただ、ハローワークやナースセンターでは、英語を優遇する求人はほとんどありません。

そのため自分で求人情報を集めるのではなく、転職サイトの利用を考えましょう。「英語能力を優遇して、良好な職場環境の整った看護師求人」は、転職サイトの非公開求人の中に多いからです。

仮に非公開求人にせず、誰でも応募できる求人として「英語能力保有看護師には、高待遇や高給与」と情報提供した場合、高待遇や高給与につられて英語能力の低い看護師でも気軽に応募できてしまいます。

すると医療機関は、英語能力に優れた一人の看護師を選考するのに莫大な時間と労力をかけることになってしまいます。場合によっては、100人を超える看護師の中から一人を選ばなければならず、業務が滞ってしまいます。

そのような人気求人の場合、非公開求人にして転職サイトの方で「英語を話せる」という条件に合った看護師の抽出を代わりに行ってもらいます。そうすれば、採用側は求人に関しての無駄な時間や労力を省略でき、理想の看護師を雇える可能性が高くなるのです。

このようなことから、転職サイトを利用するほうが、自分の希望に合った求人に出会える可能性が高くなるのです。

3社以上の転職サイトを利用する

また、できれば3社以上の転職サイトに登録しておいたほうが無難です。そもそも英語を優遇する求人であると、一般の看護師求人よりも数が限られているため、1社だけでは情報が十分でないことがあります。

転職サイトによって、異なる非公開求人をもっていたり、同じ求人であっても雇用条件が違ったりすることがあるからです。できるかぎり最善を尽くして、よりよい条件の職場で満足して長く働きたいものです。

このようなことから、3社以上の転職サイトに登録をし、より良い条件で転職できるよう心掛けることが大切なのです。

第三者を入れて英語スキル優遇の交渉をする

「英語スキルを優遇する」と求人に記載がなくても、看護師の英語能力の必要性を理解し、評価してくれる隠れた求人があります。しかしその場合、「英語能力があれば、どの程度、給与や待遇に反映してくれるのか」などは、個人ではなかなか把握できません。

そのようなときは、医療機関とあなたの間に第三者(転職エージェント)に入ってもらい、給与や待遇交渉をしてもらうことが大切です

私自身、いまの職場に転職する際、英語スキルについては求人欄に何の記載もありませんでした。しかし、英語が話せるということで、私は待遇面で優遇してもらっています。次に私が行った方法について述べます。

私はいまの職場に転職する際、履歴書の資格の欄に「実用英語技能検定準1級合格」と書きました。面接のとき、院長に「私のクリニックでは、外国人が結構来るから英語能力があると、とても助かる」といわれました。私は、そのとき笑顔でうなずくしかできませんでした。

すると、そこですかさず一緒に同行してくれた転職サイトのコンサルタント(転職エージェント)が、以下のように交渉してくれました。

「この方は英検準1級を保有していて、いまでも医療英語をオンライン英会話利用で個人で学習されています。御院は外国人患者様の来院数が年々多くなっており、看護師で英語が話せる人がいると、検査や処置を滞りなく行うことが多くなるのではないでしょうか。なにか、英語スキルをもっていることで優遇してくれる策を提案していただけると嬉しいのですが……」

この言葉を聞いて院長はしばらく悩んでいましたが、「オンライン英会話の受講料はクリニックもち」「準1級をもっているので基本給を5,000円アップ」とその場で決定してくれました。

続けて院長は「これから外国人患者さんは増えるからスタッフが英語を話せれば、患者さんは喜ばれる。他のスタッフも資格手当として、英検2級を取得したら4,000円アップ、3級なら2,000円アップにしよう」と笑いながらいっていました。

「英語能力があるから優遇してほしい」とは私から発した言葉ではありません。第三者である転職コンサルタントが発した言葉であるため、結果的に「まだ働いてもいないのに金銭面での優遇をお願いした」ことになるのですが、院長の私に対する評価は下がりませんでした。

ただ転職コンサルタントの言葉は非常に助かりました。月々の給与が5,000円アップし、さらに今まで自分で支払っていたオンライン英会話の受講料も負担しなくてもよくなったからです。

私は事前に転職コンサルタントに相談する際、「英検準1級をもっているので、できれば英語の使える職場で働きたい」と伝えていました。転職コンサルタントは私の意図を汲んで、この非公開求人を紹介してくれ、さらに給与交渉まで行ってくれました。

もともと院長と転職コンサルトは親しい間柄で、私個人では言いにくい事柄も自然な交渉を行ってくれました。

これが、面接の場で個人的に給与交渉をするとなると、非常に難しいです。「英語が話せるからといって、初対面の面接の場で給与交渉をしてくるなんて」と思われ、不採用になる可能性が出てくるからです。

求人欄に英語スキルの優遇について具体的な内容が記載されていなければ、他の英語ができない看護師と同じ待遇になってしまいます。あとから待遇・給与交渉をするのは至難の業です。

そのため、転職サイトなど第三者に間に入ってもらい、面接の時点で待遇面の交渉してもらうことをお勧めします。

希少求人は自分から進んで見つける

このように、英語を活かす希少求人を探し転職しようと考えているのであれば、自分から積極的に活動することが非常に大切です。いくら英語が話せるからといって、黙って行動をしなければ、良い求人に巡り合うことはできません。

英語スキルを優遇してくれ、さらに職場環境が整った求人というのは、個人的に探すのには限界があります。自分の条件に合った求人に出会うには、転職サイトを利用し、自分をアピールしていくように心がけましょう。

今回が人生で一度きりの転職になるかもしれません。できれば何度も転職を繰り返さないためにも、今回の転職を最後と考え、本気で臨むことが重要です。そうすれば、あなたの希望に合った職場で、満足した働き方を実現できる可能性が高まります。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く