40代・50代の看護師が転職を行う際、20代・30代の看護師より明らかに「面接力が低い」とされています。その理由として、今まで培ってきた看護師の経歴やプライドが邪魔をして、「充分な面接対策を取っていない」ことが主な原因の一つだといわれています。

この年代が転職面接で「失敗しやすい過ち」として特に多いのが、「経歴やスキルを一生懸命話そうとするあまり話が長くなり、何を言iいたいのか本人でさえ要点が分からなくなる」というケースです。

40代・50代の看護師は看護師経験が豊富であるため、「自分の長所やスキルを分かってもらおう」とするために、どうしても一つ一つの話が冗長になってしまいやすくなります。

「わたしはこのような傾向にあるのではないか」と思い当たる方は、いくら看護師経歴が豊富でも、採用にはなかなか至らないのが現状です。

そのため今回は、「40代・50代のための面接のコミュニケーション対策」と「質問に対する回答例文」について述べていきたいと思います。

看護師面接には事前対策が必要

看護師面接では、事前にコミュニケーション対策をとることが必須です。

20代・30代の看護師は自分の看護スキルや経験に自信がないため、転職の際、転職サイトのコンサルタントなどに頼み、あらかじめ面接対策を行っている人が多いです。

しかし、40代・50代になると看護経験が長いため、「面接でこれまでの経験を語れば、採用されるだろう」と安易に考えている人が多いのです。

しかし40代・50代の看護師ほど、「看護スキルだけでなく、社会経験も豊富である」とみなされるため、面接対策で失敗することは許されなくなってきます。

そこで、今日からでもすぐに行える「面接のコミュニケーション対策」について「YES-BUT法」と「PREP法」の2つをご紹介します。

YES-BUT法

まずは「YES-BUT法」について、詳しく述べていきます。

40代・50代の看護師となると、年相応のキャリアがあるが故に、それなりの失敗も経験してきているはずです。採用側は大体、失敗などのネガティブな質問を投げかけてくることが多いです。

そのネガティブな質問としては、具体的には「転職回数が多い」「リストラされた」「ブランクが長い」「未経験の分野での応募」などの看護師としてのキャリア上のマイナス要因関連が挙げられます。

これらのことはできるだけ触れられたくないかもしれませんが、面接では避けては通れないことを覚悟しておきましょう。

そのため、マイナス要因が思い当たる方は面接前に予め、これらの内容をリストアップしておき、回答を考えておくことが重要です。

特に40代・50代の看護師が採用を勝ち取るためには、「ネガティブな質問に上手く回答できるか」が重要になります。この対応によって、採用の成否が分かれるといっても過言ではありません。

そこで、このネガティブ質問に対する有効な回答方法として、「YES-BUT法」をおススメします。

まず「① YES(はい、確かに~です)」と述べ、相手の指摘を一旦受け止めます。そして「② BUT(しかし、~です)と打ち返し、自分の意見を主張する話法です。

看護師がよく行いがちな過ちとして、「最初から自分の意見を主張」してしまうことが挙げられます。これでは相手側は角が立ってしまい、あなたの印象は悪くなってしまいます。

そのため、YES-BUT法を用い、採用担当者がネガティブな指摘を行ったとしても、まずは一旦受け止めてから、自分の主張を行うようにしてください。この方法は、相手側の気持ちを逆なでせずに、自分の意見を聞いて貰いたいときに有効な方法です。

下記にYES-BUT法の具体的な活用方法について、回答例をまとめておきました。参考にしてください。

・転職回数が多い場合の回答例

採用担当者「転職回数が非常に多いですね。当院に入職されても、またすぐに辞められるのではないでしょうか」

YES-BUT法での回答例はい、確かに、20代30代は『キャリアプランの実現』といった自分勝手な都合で何度か退職したこともあります。

しかし、今は支えなければならない家族のいる年齢です。分別も常識も踏まえている所存です。今回の転職を最後としてとらえ、御院で腰を据えて『定年まで働いていきたい』と考えております」


リストラの対象となった過去をもつ場合の回答例

採用担当者「前職はリストラの対象となって辞められたとのことですが、『なぜあなたは必要とされなかったのか』について理由をお聞かせ願えますか」

YES-BUT法での回答例はい、確かに前職ではリストラ対象とされ、職場からは戦力外を通告されました。

しかし、前病院を取り巻く経営環境は大変厳しく、私がリストラ対象となった原因として、清潔不潔の点で上層部との間で『見解の相違』があったためです。患者様の安心・安全面を第一に考えておられる御院で心機一転頑張っていきたいと考えております」


1年間のブランクがある場合の回答例

採用担当者「1年間のブランクがあるようですが、この期間は長すぎると思いませんか」

YES-BUT法での回答例はい、確かに納得のいく職場が見つけられず、1年間のブランクを作ってしまったことについては長いと感じます。

しかし、この期間も自分の看護知識やスキルを磨くことを考え、救命救急やICUでの派遣看護師を行ったり、e-ラーニングなどの通信講座を受講したりして参りました。決して、ブランク期間を無駄に過ごしてきたわけではありません」


未経験の分野に応募する場合の回答例

採用担当者「当院での領域は外科となります。あなたは内科でいままで勤められており、外科看護経験が全くありません。その点において心配はないでしょうか」

YES-BUT法での回答例はい、確かに外科は未経験の分野となります。

しかし、私がこれまでに培ってきた内科での看護スキルや経験は、患者様の状態を総合的に判断するために必要であると考えます。御院で『私が培った内科での看護業務が必ず役立つ』と自負しております」

このように、まずは相手の意見を受け入れた後で、「しかし」と反論するのであれば、否定的な印象を受けにくくなります。

特に「40代・50代の看護師を採用しにくい理由」として挙げられるのは、「経験豊富であるが故に、前の職場のやり方を押し通してしまい、新しい職場に馴染もうとしない」ことです。

あなたは経験や知識が豊富でも「新しい職場で馴染み、臨機応変に行動できる看護師である」ことを採用担当者にアピールしなければなりません。

まずは相手の主張を受け入れる(YES)ことが、この年代では特に重要です。そのためにも面接で「YES-BUT法」を積極的に活用してみることをおススメします。

PREP法

次にPREP法についてお話しします。

PREP法とは、プレゼンテーションなどで良く行われる方法の一つです。PREPとはそれぞれの頭文字を取ったものになります。PはPOINTで「結論」、RはREASONで「理由」、EはEXAMPLEで「例示」、PはPOINTで「まとめ」になります。

採用側が行った質問に対して、この「P→R→E→P」の順番で回答を行うと相手にとって分かりやすい内容となります。

PREP法の使い方は下記の通りです。

1.まず、最初に結論から述べます(POINT)。

2.次に、最初に述べた結論に関する理由について説明します(REASON)。

3.さらにその結論の説得力を増すために具体的な事例を挙げます(EXAMPLE)。

4.そして最後に、結論をもう一度まとめます(POINT)。

このPREP法を活用する場合、面接の質問に対しては、まず「結論」から簡潔に述べるようにしましょう。

質問に対して、最初に結論から話すことができる人は、話の要点を分かっている「頭の良い人だ」と採用側から判断されやすくなります。また、自分も先に「伝えたい内容」を的確に話しているため、のちのちの話の展開が簡単になります。

そもそも面接の時間は限られています。「あとで結論を述べる」となると、「どのくらい話が長くなるのか」の検討がつきません。そのため、「先に結論を述べる」この話法は面接で「非常に合理的で有効な方法」であるといえます。

もちろん、採用担当者が行う「すべての質問」に対して、「P→R→E→P」で答える必要はありません。

簡単な質問に関しては「Pだけ」や「P→Rまで」でも構いません。しかし「ここは自分のアピールポイントなので、採用担当者の印象に残すように伝えたい」と思う質問に関しては、「P→R→E→P」の順番で回答するように心がけましょう。

ポイントとしては、必ずこの「P→R→E→P」の順番を守ることです。質問内容によっては、最初の「Pだけ」でも「P→Rだけ」でも構いません。しかし、先の順番の「P」や「R」を飛ばすのではなく、省略するのは後の順番の「E」や「P」ということです。

限定された面接時間で、結論がなかなか出ない話し方をすると、採用担当者はイライラしてしまい「マイナス評価を下す」ことが必至です。実際の看護師業務は時間に追われている仕事が多いため、看護師は「質問に対して的確に素早く回答する技術」が求められています。

そのため、面接でこのPREP法を用いれば、相手側に質問内容を分かりやすく簡潔に伝えることができるため、好印象を与えやすくなります。

看護師面接での回答例文

では次に看護師面接において、質問に関する回答例文を挙げていきます。ここでは40代・50代の看護師が「面接でされやすい質問」について取り上げます。

「今までの職歴についてお話しください」

採用担当者はこの質問を行い、あなたが培ってきた「看護師としての経験やスキルが当院でどのように役立つか」について確認したいと考えています。

事前に送付した応募書類(履歴書や職務経歴書)で確認済みでも、「本人の口から漏れなく説明してもらいたい」のです。

そのため「応募先の医療機関の求人条件と自分の看護スキルや経験が合っていること」をアピールしなければなりません。求人条件と関連のない事柄は省いて構いません。

求人条件と自分の看護経験の合致する部分を簡潔にまとめて伝えることが大切です。

未経験の「内科看護師への応募」の場合の回答例

私は看護専門学校を卒業後、〇〇大学病院に新卒で入職し6年間、小児外科病棟で看護業務に従事して参りました。その後、同大学病院にて10年間、形成外科病棟で勤務しました。

それから結婚・出産・育児のため、退職をしました。育児が落ち着いてからは整形外科クリニックで5年間のパート勤務を行ってきました。

今回、「御院での内科病棟への看護師として復職したい」と思い立ちましたのは、子どもが成長したことと、今までの外科系統の看護業務を通して、内科関連の疾患を抱えている患者様が非常に多いと感じたからです。「内科看護を知らずに、患者様の抱える疾患の全体像を把握できない」ため、今回内科看護師への応募をさせていただきました。

今まで培ってきた外科系統での知識も活かし、看護を実践したいと思っています。

出産・育児などで看護経験自体にブランクはありますが、家族ができたことにより、「患者様の立場で安心安全を提供できる看護を最優先で考えている」と自負しております。

以上のように、「今回の求人内容とあなたの経験の合致する部分」を多めに話すと良いでしょう。応募書類にも記載のある職歴を一から十まで細かく話す必要はありません。

関係のない話は思い切って削り、「訴えたいこと」を簡単にまとめて伝えましょう。回答時間は1分程度に収まるように心がけ、「ダラダラと話さないこと」がコツとなります。

「今までの看護で誇れるような経験はありますか」

採用担当者が40代・50代の看護師を採用するにあたり把握しておきたい事柄は、あなたの「看護力」です。この年代だからこそ、「どのような看護観をもち、看護を実践してきたのか」を明確にしておく必要があります。

この質問に対する回答のポイントですが、「求人している業務に就いた場合、どのような実績や成果を求められているのか」を意識する必要があります。「ただのラッキー続きで達成できた結果」ではいけません。

しっかり「根拠をもって取り組んだ看護に対しての成果」を述べるようにしましょう。

一方で、「特に誇れるような経験が無い」場合でも、面接で黙ったままでは評価が下がってしまいます。

結果を出せなかった要因を説明するとともに、「自分から主体的に取り組んだこと」や「良いと思い、継続して行ってきたこと」などを話すことが大切です。ただし、虚偽や誇大表現は採用側に見抜かれてしまうので、NGです。

自分の看護経験を振り返ると、かならず思い当たるものが見つかるはずです。ノートに書きだしてみると、記憶が蘇りやすくなります。

ここでは先述したPREP法を用いて、回答していきます。

誇れる経験がある場合の回答例】

POINT(結論):私は、何度か受け持ちの患者様の異常を早期に発見し、一命を取りとめることができた経験をもっています。

REASON(理由):私は看護を行う上で、自分が必要と考えた場合、専門外の看護の勉強会でも積極的に参加したり、疑問に思ったことはその日のうちに資料や書籍などを読み問題を解消してきたりしました。

EXAMPLE(例示):例えば、受持ちの患者様の心電図を取った際に『致死性不整脈』を発見し、早急に医師に伝え、心肺蘇生・救命看護を行った経験があります。

患者様の心電図を以前に取った心電図と比較し、患者様のもっている病態と照らし合わせ、この度の異常を発見する次第となりました。

POINT(結論):このようなことから、常日頃から自分の専門の勉強はもちろん、専門外の領域の勉強も行ない、看護の視野を広げるように心掛けています。患者様の異常を早期に発見し、適切な処置を行え、命を救えた時などは、自分の看護に「やりがい」を感じることができます。


【誇れる経験が無い場合の回答例

POINT(結論):残念ながら、私にはそれほど誇れる経験はありません。ただ、私は大きな失敗をしたこともありません。

REASON(理由):私は、自分の行う看護に関して、しっかり根拠をもって行うようにしています。そのため、医師からの指示をうけたら、そのままその通りに従うのではなく、「説明書を読む」「声に出す」「他の看護師の目も通す」などの確認作業を怠らないようにしています。

EXAMPLE(例示):例えば、注射薬の確認作業などです。医師が出した薬剤名、患者名、薬量、用法、時間の5Rを使い、いつも行っているルーティーン作業でも、気を抜くことなく確認するようにしています。

そのため、何度か薬剤の使用ミスに気づき、事前に対応できた経験があります。

POINT(結論):看護には「素早さ」も大切ですが、「正確さ」もさらに重要だと考えています。今後も失敗をせず、患者様に迷惑をかけないことで、安心安全な看護を提供し、「あなたに任せて良かった」と言ってもらえるような看護を実践していきたいと思います。

上記の回答例のように、「誇れる看護経験が無い」としても、それを逆手にとって「大きな失敗もしたことない」とフォローすることで、好印象を与えることが可能です。

誰しも必ずアピールするポイントはありますので、自分の看護経験に照らし合わせて考えてみると良いでしょう。

「リーダーシップをとるなど管理職の経験はありますか」

40代・50代の看護師であれば、何らかの管理職の経験が求められるのは当然のことです。もちろん、規模の大きな病院か個人病院、クリニック、施設など勤める医療機関によって、管理職になれるかどうかは異なります。

例えば、国立病院であれば、ある一定条件を満たして「管理職試験」を受けて合格すれば、副師長や師長になることができます。一方で、クリニックなどで勤務経験の長い看護師が自動的に師長となり、後から入職した看護師はその師長が退職するまで師長とはなれないこともあります。

実際に、師長や副師長など、なんらかの管理職に就いていたからといって、「どのようなリーダーシップをとってきたのか」については履歴書や職務経歴書からは分かりません。

採用側は、面接の場で明らかにするしか方法がないので、40代50代の看護師には、このような質問がされるのです。

この質問をされたのであれば、「自分がとったリーダーシップの方法」について自信をもって伝えるようにしましょう。

もし管理職の経験が無い場合は、以下のような回答例を参考にしてください。

【管理職経験が無い場合の回答例

POINT(結論):私は、今まで師長や副師長といった管理職を経験したことがありません。しかし新卒の看護師を対象とした「点滴の使用方法」や「糖尿病患者の生活指導」で責任者としてリーダーシップをとったことがあります。

REASON(理由):私は、患者様や他のスタッフにとって「縁の下の力持ちでいたい」という考えから、自分から進んで管理職を行いたいと思ったことはありません。しかし任せられた仕事は責任者として、納得のいくまで取り組む姿勢をとっています。

EXAMPLE(例示):例えば、「点滴の使用方法」の指導です。急性期病棟と比較して、慢性期病棟の新人看護師は点滴を扱う回数が少ないため、点滴の使用方法が身に付かないまま研修を終える新人が多くいるのが問題でした。

そこで慢性期病棟の新人看護師のもとを何度も訪れ、点滴の使用方法について指導しました。そのおかげで「点滴で新人が戸惑うことが少なくなった」との評価を得ることができました。

POINT(結論):これらのことから新人看護師を育てていく必要性を充分認識しています。もし機会を頂けるのであれば、管理職にもチャレンジし、積極的に取り組んでいきたいと考えております。

このように公式には師長や副師長といった管理職を行った経験は無いけれど、非公式には管理職としての業務経験があることを説明し、「リーダーシップ能力がある」ことを伝えると良いでしょう。

また、今後は「管理職についての取り組み意欲を伝える」ことで積極性をアピールできます。

「あなたの看護のやり方とはどのようなものですか」

看護経験が豊かな40代・50代ですので、自分流の看護のやり方が確立しているはずです。40代・50代の看護師に、この質問をすることで採用担当者は「あなたの看護のやり方が当院にとって活用できるかどうか」を見極めたいと考えています。

この質問で「自分の看護のやり方に固執するような回答」をしてしまうと、「柔軟性がない」「適応能力が低い」と判断されて、採用からは遠のいてしまうので注意が必要です。

【看護の方法の回答例

POINT(結論):私の看護のやり方ですが「確認を怠らない」ことを信条としています。

REASON(理由):長年の看護経験の中で、確認を怠ったことで大きなミスが引き起こされたことがあります。

EXAMPLE(例示):前々職で、新卒看護師が行う「患者様へのインスリン注射の指導」を確認していませんでした。そのため、患者様は体調が悪く、食事をしていないときもインスリン注射を打ってしまい、低血糖で運ばれてきたことがありました。これは新卒看護師1人が責められることではなく、周囲の看護師の責任でもあるといえます。

POINT(結論):そのため私は二度とこのような失敗をしないために、どのように忙しいときでも「確認を行う取り組み」を行うようにしています。

「確認を怠らず、ミスを最小限にすること」が私の看護師としての誇りであります。先輩指導者としてこの考え方を新卒看護師にも伝授してきたおかげで、私の勤める病棟ではインシデントレポートの提出が少なくなり、毎年表彰を受けておりました。

上記のように、「確認を怠らない」ための具体的な方法を挙げ、「どのような看護を行ってきたか」を説明すると説得力が増します。

「前職を短期間で辞めた理由について教えてください」

「派遣看護師を短期間行った」「契約社員で勤務した」というケースを除くと、どのような理由であれ「短期間で辞めている」のは、マイナスポイントとなります。

このような方は「忍耐力がない」「わがまま」「環境適応能力が無い」と判断されてしまいます。そのため、マイナス要素について説得力ある回答ができなければ、前に進むことはできません。

ある看護師は、大学病院から個人病院に転職した際、「今までとは異なる看護方法」や、「利益ばかりを追求する院長のやり方」に違和感を持ったそうです。そのことを看護部長に相談したところ、「あなたみたいな看護師は今すぐ辞めてほしい。そのような考えで一緒に仕事をしていても、お互い不幸になる。違う病院で頑張ってほしい」と退職を勧奨されました。つまり、「看護の方向性」が異なっていたのです。

もし、短期間で退職しているのであれば、「看護の方向性が異なるので、早い決断をした」+「過去は過去として反省する」+「将来に向かい前向きな姿勢を宣言する」という3ポイントで「短期で退職した理由」をフォローするのが重要となります。

なお、「入職前に聞いていた条件とは全く異なっていた」などの理由で短期退職する場合も少なくありません。このように、前職での入職時の説明に不足があり相違が生じた場合などは、そのまま伝えても問題ありません。

短期退職した場合の回答例

POINT(結論):看護の方向性が異なると判断したため、早めに退職することにしました。

REASON(理由):前職では大量の仕事に追われていることを理由に、患者様に充分な手術説明を行わないことが多くありました。理解の難しい患者様に充分な手術説明を行うのではなく、一人でも多くの患者様をさばいていくのが重要な事柄となっていました。

EXAMPLE(例示):例えば、高齢患者様に至っては、手術台の上に寝かされてから「これは何の手術なの?」と問う方が何人かいらっしゃいました。たとえ耳の聞こえない目の見えない患者様であろうとも、本人の了承を得ずに、ご家族だけに説明し、手術の同意をとるのは、私の看護の理念とかけ離れていると感じました。

POINT(結論):このような中で不信感ばかりが募り、看護のやりがいを感じなかったため、不本意ながら短期で退職を決意いたしました。今後は御院で、患者様に充分な説明をし、同意のもと看護を行える「信頼される看護師」として行動していきたいと考えております。

短期で退職するからには、「看護の方向性が異なったため、早期に退職するほうが望ましかった」などの納得いく理由を述べるようにしましょう。ここを曖昧に回答してしまうと、採用担当者に不信感を抱かせる原因となってしまうので注意が必要です。

「当院を志望される理由について教えてください」

この質問は非常に重要な質問です。なぜ多くの医療機関ではなくて、応募先の医療機関でなければならないのでしょうか。面接では、この「ナンバーワンで、オンリーワンの理由」について明確に述べる必要があります。

志望理由をしっかり述べるためには、あらかじめ病院研究を行っておかなければなりません。

「御院の看護師に憧れがあったから」「御院の脳外科の看護にやりがいがありそうだから」「福利厚生が良いから」といった理由は、40代・50代の志望理由としてはあまりにも稚拙です。

この年代は入職後、即戦力として期待されています。

そのため、「あこがれ」「やりがい」「好待遇」などよりも、「入職後、自分には何ができるのか」を意識した回答を行う必要があります。どこの医療機関でも通用するような稚拙な志望理由を述べているようでは、採用は難しくなります。

志望理由の回答例

POINT(結論):日本の糖尿病の最前線である御院で、「糖尿病看護認定看護師としての力を発揮したい」と考えたからです。

REASON(理由):私は前職において、糖尿病についてのさまざまな知識やスキルを獲得してきました。御院では、患者様の「血糖のパターン」や「フットケア」、「食事・運動療法」など看護師が主力となって「糖尿病看護外来」を運営していると聞きました。

EXAMPLE(例示):私は糖尿病で悩んでいる患者様の不安を少しでも解消し、日常生活に前向きになれるよう取り組んでまいりました。しかし、病棟だけでは患者様の不安を充分に傾聴することができず、看護知識やスキルを充分に活かすことは難しいのが現状でした。

何度も再入院となってしまう患者様に自分の力のふがいなさを感じたこともあります。

POINT(結論):御院であれば「糖尿病看護外来」が設置されており、私の看護スキルや経験を最大限に活かすことができると確信しています。微力ではありますが、御院の糖尿病外来の看護発展に寄与したいと考え、応募させていただきました。

このように現状を伝えた上で現職では叶わないけれど、「応募先の医療機関では自分の力を発揮できる」という流れで志望理由を語ると、採用側に「即戦力としての意気込み」が伝わりやすくなります。

40代・50代には、その年代なりの回答方法がある

このように40代・50代には積み重ねてきた看護経験から、その年代なりの回答方法があります。20代・30代の若手看護師とは異なる答え方を考えなければならないのです。

YES-BUT法やPREP法を用いて、「相手側に分かりやすく説得力のある回答」を考え、採用を勝ち取るようにしましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く