結婚を機に転職を成功させ満足のいく働き方を手に入れ、自己実現をしていきたいと考えている人は多いです。

しかし、人生のライフイベントである新婚時期に転職のタイミングや方法を誤ってしまうと、後悔したり損したりすることになりかねません。しっかりした情報を入手しておかなければ、仕事以外でも多くの悩みを抱えることになってしまいます。

そこで今回は結婚を機に転職を考えている看護師に向けて、「多くの方が悩みやすい事柄とその解決方法」についてまとめてみました。

結婚と転職どちらを先にする?

まず、結婚のために転職を考えている場合、「結婚を先にするべきか、転職を先にするべきか」という悩みがあります。結婚と転職、どちらを先に行ったほうがメリットが多いのでしょうか。

将来的に後悔しないためにもできる限り、1年以上という長期的な視点に立ち、計画的に実行に移す必要があります。

転職のベストタイミングは結婚の1~2年前

まずは結婚を機に転職を考える場合のベストなタイミングですが、だいたい結婚式を挙げる1~2年前が良いとされています。プロポーズされてからパートナーの都合に合わせたり生活が落ち着いたりしてから、「転職を考えようと思っていた」では、実は遅いのです。

結婚式を予定している1~2年前に転職をしたほうがいい理由を以下にあげます。

  • 新婚間もないことがわかると採用側に育休や産休を懸念され、採用が決まりにくくなる
  • 結婚と転職の時期が近いと、何かとバタバタしてしまう
  • 転職して1年以内では育休取得できない可能性がある

では、これらについて詳しくお話していきます。

・新婚間もないことがわかると採用側に育休や産休を懸念され、採用が決まりにくくなる

上記の理由ですが、「結婚時期の前後での転職である」ことが採用側に分かれば、いくら他に転職理由があっても、採用側に「転職したい主な理由は結婚だろう」と思われてしまうことになります。

すると妊娠・出産の予定がないとしても、「入職後、近いうちに産休や育休に入ってしまうのではないか」と懸念されてしまいます。なかには面接で「最近、結婚をされたようですが、出産予定はありませんか」と聞かれた人がいるくらいです。

「マタハラだ」と思ってしまう人もいるでしょう。

しかし「求人を出して新しく人を雇う」ということは、採用側にとってお金も労力も時間もかかります。

たくさんのお金や労力、時間をかけて雇った新人なのに入職した直後に妊娠が判明し、すぐに産休に入ってしまえば戦力にはなりません。さらに、もし育休から復帰したとしても、子どもが小さいうちは時短勤務を希望することも予想できます。

もし入職早々に新人が妊娠してしまえば再度、求人募集しなければならなくなってしまいます。これでは今回あなたを雇った意味がなくなってしまうのです。妊娠はおめでたいことですが、雇用側は「すぐにでも働いて、足りない人手を補ってくれる人」を探しているのです。

このようなことから、結婚してすぐの転職となると、希望する求人の採用には難しいことが多いのです。

・結婚と転職の時期が近いとバタバタしてしまう

結婚となれば、結婚式の準備や引っ越し作業などで半年以上は時間を取られてしまいます。半年前から、休日のほとんどを結婚式の打ち合わせや準備に費やした人も珍しくありません。また新婚生活を送るのに、新しく家庭用品を揃え、様々な書類手続きをするなどの準備もあるでしょう。

一方で転職となれば、「履歴書や職務経歴書の作成・見学会の参加・面接」、採用となれば「雇用日の決定・雇用前契約の締結・新しい職場で仕事を覚える・新しい人間関係の構築」など、やらなければならないことが数多くあります。

結婚と転職の時期が近い場合、これらのことを同時にこなしていかなければならなくなります。

新婚時期は特に結婚式や新しい生活の準備などで楽しいはずです。しかし転職での用事にも追われてしまうと、手一杯になって徐々にイライラが募り、パートナーと険悪なムードになってしまったら大変もったいない話です。

反対に満足のいく職場に転職して1年以上経過したあとで、ゆとりをもって結婚式や新婚生活の準備を行うことができれば上記のようなことは起こりにくくなります。

・転職して1年以内では育休取得をできない可能性がある

育児休暇は誰もが取得できるものではありません。育児休業は、労使協定により「入職してから1年以上経過していなければ、育児休業は取得できない」とする職場が多いです。労使協定とは、労働者と使用者の間で取り交わされる書面での契約のことです。

また「育児休業給付金といって育児休暇中に受け取れる給付金があります。こちらは雇用保険から支払われます。金額としては、育休を開始した日から180日目までは月給の67%、181日目〜育休最終日までは50%の支給が認められています。

しかし、こちらも条件があり「雇用保険に加入している」「育休を取得する前の2年間のうちで、1ケ月に11日以上働いた月が通算して12ケ月以上ある」などが挙げられます。

また、転職してすぐの妊娠となると、上司や同僚に報告しづらいことも理由として挙げられます。

このように結婚を機に転職を検討しているのであれば、できるだけ早いうちから行動に移し始めることが大切です。

まだ結婚予定がない人でも、将来的に結婚し仕事と家事・育児を両立させていきたいと考えている人で「いまの職場では仕事と家庭の両立は難しい」と思っているのであれば、1~2年前から計画的に転職を視野にいれておくと良いでしょう。

大きな買い物のタイミングでの転職も良い

もう一つ、結婚を機に転職するベストなタイミングがあります。それは、家や車などの大きな買い物のローンを組んだ後です。もし転職した場合、数年はローンを組めない可能性が高いからです。

ローンでは、年収や他社からの借入額など様々な審査項目があり、審査結果によって借入可能かどうかが分かります。

下記はローンを行う際の審査項目です。

基本情報 年齢・独身or既婚・電話番号など
勤務先情報 医療機関名・職員数・事業内容など
あなた自身の情報 収入・収入形態・入職年月・勤続年数・勤務形態・保険証区分・収支・給料日など
自宅情報 住居種類・住宅名義・住宅形態・居住年数・住宅負担額・家族人数など
借入情報 他社借入件数・他社借入総額など

このように仮審査から本審査までローンを行うためには様々な項目がありますが、その中で特に重要な審査項目は勤続年数です。

「看護師はローンに通りやすい」という噂をご存知でしょうか。

確かに、看護師は収入が安定しているため、車にせよ住宅にせよローン審査が通りやすい職種の一つとされています。大体、車のローンであれば1年以上、住宅ローンでは3年以上、看護師としての勤続年数があれば、銀行のローン審査は突破できるといわれています。

しかし、いくら看護師でも新しい職場に勤め始めて、勤続年数1年未満ではローン審査が通ることは難しいでしょう。結婚生活で必要となる住宅や車の購入を検討しているのであれば、転職よりも前にローンを組み、その後落ち着いてから転職したほうが良いです。

結婚後はどのような職場が働きやすい?

働きやすさは人によっても異なりますが、看護師が結婚した後に働きやすい職場の一般的な条件を挙げてみます。

  • 勉強会や看護研究などに参加する割合が少ない
  • 残業時間が少ない
  • 託児所が完備されている
  • 同年代の看護師が多い
  • 子育て世代でも積極的に採用している
  • 日勤のみの職場(夜勤がない)
  • 人手がある程度足りており、急な休みにも対応してもらえる
  • 通勤時間が短い
  • 福利厚生が充実している
  • 職場の雰囲気がよい
  • 離職率が低い
  • 有給消化率が高い

あなたの生活スタイルによっても、希望する条件は異なりますが、上記に挙げた項目が一つでも多いほうが、将来的に出産や育児をするには適した環境だといえます。

ただ注意したい点として、もしあなたに「この条件だけは絶対に譲れない」というものがあったとしても、その条件ばかりにとらわれて固執して考えすぎないことが大切です。

私の看護師の友人が、条件に固執しすぎて転職に失敗した話を挙げます。

友人が以前働いていた病院では、夜遅くまで勉強会や看護研究に時間をとられていました。そのため、パートナーとの時間を過ごすことができず、苦痛を感じて退職を決意しました。

新しい病院に求める条件は「勉強会や看護研究がない職場」でした。ハローワークで見つけたある求人に目が留まり、見学会にも参加し、病院の雰囲気が良かったことから、そちらに就職することにしました。

しかし実際に入職してみると、勉強会や看護研究がないのではなく、勉強会や看護研究をできないくらい仕事に追われて忙しい病院でした。

あまりの忙しさに倒れてしまう看護師がいるくらいで、友人は3ケ月も経たないうちに以前の職場以上に、体力の限界を感じるようになったといいます。もちろん、パートナーとの時間を合わせることもできませんでした。

そして辞めようにも人手不足であることから上司に強引に引き留められ、その病院を退職するまでにさらに6ケ月延長させられ、体にムチを打ちながら泣く泣く働いたといっていました。

このように条件ばかりにとらわれすぎていると、本来の目的であったはずの「ゆとりのある職場で働きたい」という願望からは程遠い転職となってしまいます。

勉強会があっても勤務時間内に参加でき、勤務時間内に終了して帰宅できるような医療機関であれば、友人は長く勤め続けられたはずです。

結婚を機に転職を考えているときに大切なことは、「どのような条件か」ではなく「自分がどのように働きたいか」ということです。

もう一度、「自分は今後、看護師としてどのように働いていきたいのか」をパートナーともじっくり話し合い、納得できる職場で長く勤め続けるようにしましょう。

他にもパートや派遣看護師など、各家庭のライフスタイルに合った求人の選択肢が多いのも看護師の特権ともいえます。さまざまな働き方を模索してみるとよいでしょう。

結婚で「バリキャリ」から「ゆるキャリ」にシフト変更が必要?

結婚を機に家庭を優先したい看護師もいれば、結婚しても看護の仕事をもっと頑張っていきたい看護師もいます。

大きな病院に勤める先輩看護師を見回してみると、結婚して子育てをしていても「バリキャリ(バリバリ働くキャリアウーマン)」で頑張っている人と、結婚後は仕事量を減らして外来勤務に変わるなど「ゆるキャリ(仕事よりも家庭を優先してマイペースに働く人)」で続けている人のどちらかが多いです。

私のバリキャリの知人は、パートナーにも家庭を頑張ってもらって子育てを任せ、自分も同様に外で働くことを選択していました。

その知人は副師長をしていました。子どもがケガをして学校の先生から病棟へ電話がかかってきたときは、大切な会議に参加しており、パートナーへ電話をかけ直してもらうよう学校へ対応していました。

まさに仕事を優先したキャリアナースウーマンで、夜勤や残業をいとわず、自らが委員会や勉強会を主催し、日夜を問わず働いていました。

このように「バリキャリ」を実践して「家庭を顧みず看護師を続けていけるか」といわれると、「そこまで仕事中心にはできない」と考える人が多いのではないでしょうか。

しかし、だからといって看護師として培ったキャリアを捨てて、完全な「ゆるキャリ」になってしまうのはもったいなく、パートに変わるのも病棟を辞めるのも諦めがつかない人も多いでしょう。

もし職場にあなたが目指したいロールモデル(お手本となる人)がいなければ、あなた自身が自分のライフスタイルを保ちつつ、看護師としてのキャリアもあきらめない独自の道を作っていくことが大切です。必ずしもバリキャリかゆるキャリのどちらかを選ばなければならないということはないのです。

いま家庭がバタバタしていたり、パートナーから看護師業務を減らしてほしいと頼まれたりする状況であれば、「時短勤務・日勤のみ勤務などで仕事量をセーブする時期だ」と考えるとよいでしょう。その後、家庭が落ち着いついたり、パートナーのあなたの仕事に対する考えが変わったりすれば、キャリアアップしていけばいいのです。

そのときどきの状況に応じて、看護の仕事を上手に行っていけばいいのです。もし、いまの職場で上記のように「仕事量を調節できるような環境にない」「このままでは家庭と仕事の両立が難しい」などと感じるのであれば、転職を考えてみるのもよいでしょう。

看護の職場では、結婚・妊娠・出産しても働きやすい環境を整えている求人が多くあります。

例えば下記のような求人です。

このような求人で働くことができれば、将来的に安心して看護師としてキャリアアップをしていくことが可能です。

結婚を機に転職する場合、夜勤はどうする?

結婚を機に夜勤業務につくのをためらう看護師が多くなります。

看護師の仕事はまだまだ女性がその大半を占めるので、24時間託児所完備であったり、産休・育休がきちんと取得できたりするところが多いです。しかし夜勤となると、体力的にもへとへとになりやすく、パートナーとの時間も合わせにくくなります。

そのあたりは各家庭の方針やあなたの体調など事情に応じて、パートナーとよく話し合い、納得のいく働き方を選択することが大切です。「このまま夜勤を続けても問題はなさそう」と思うのであれば、夜勤を続けると良いでしょう。

ただ一般的には、結婚を機に出産・育児を見据えて、夜勤のある病棟勤務ではなく、日勤のみのクリニックや外来に部署移動を願い出る人が多くなります。

そのような中で、日勤のみのクリニックや外来となると「いままで築き上げてきた看護の腕が鈍る。もし将来的に病棟に戻りたくても戻れないのではないか」と不安になる人もいるでしょう。

確かにクリニックや外来では重篤な患者さんが少なく、血圧測定や採血といった基本的な看護処置が主な仕事となります。

しかし、クリニックや外来には、重篤な症状に陥る前段階の患者さんを見極める役割があります。

下記に当サイトの管理人である私の話をします。

私自身、内科クリニックに勤めています。

私の勤める内科クリニックに、いつも杖で歩いて通っている90代の男性患者さんがいました。

ある日、「デイサービスにいっても、なんだか元気がないみたい」とのご家族からの主訴があり、娘さんに連れられ外来に来られました。患者さんはいつもと同様に杖を使って歩いていたのですが、私が拝見しても、いつもより若干足もとがおぼつかない気がしました。

バイタルはいつもと同じ、食欲もある、睡眠もとれている、患者さんご本人は特に変わりがないとのことでした。

しかし、念には念をと考え、車椅子でベッドに臥床してもらい、そこで診察を受けました。

医師からとりあえず採血を行い、点滴をするよう指示を受けたのですが、いつもより何となく足元がおぼつかないことが気になり、そのことを再度、医師に伝えました。

そこで医師は念のため、脳のCTを撮影することにしました。すると脳内に出血が認められました。硬膜下血腫でした。

頭部に明らかな外傷はなく、痛みなどの自覚症状も無いものの、患者さんは自分でも知らず知らずのうちに何かで頭部を打っていたようでした。

早期に異常が発見できたため、そのまま大きな病院に搬送し加療され、無事退院しました。その患者さんは、現在また元気に杖で外来に通ってくれています。

このようにクリニックでも早期の異常に気付くのは、患者さんを常日頃から観察している看護師の役割だといえます。

私の働くクリニックでは認定看護師の資格取得支援制度があります。夜勤を経験しなくても、看護師として専門的知識を活かして、やりがいをもって働ける職場は存在します。

透析看護や訪問看護などであれば、認定看護師や専門看護師の資格取得支援制度をもつクリニックや訪問看護ステーションが多いです。

「今後、夜勤をせずとも、看護の専門性を深めキャリアを高めていきたい」と考える場合、そのような職場に入職できれば、看護レベルやスキルを落とすことなく、やりがいをもって働くことが可能です。

例えば、下記のような透析看護の求人です。

透析を行うクリニックは基本的に予約制であるため、夜勤はなく日勤のみの勤務で、定時に帰れることがほとんどです。また透析看護という専門看護をブラッシュアップしていくことができるため、「夜勤は難しいけれど、看護師のキャリアは磨いていきたい」という人に向いています。

私の友人で、クリニックで透析看護を行っていたのですが、子どもが大きくなりひと段落したので、再度大きな病院の透析室で働きたいと転職した人がいました。その人は転職後、以前働いていたクリニックのほうが最新の器械が導入されており、知識や技術も優れていたといっていました。

透析クリニックの中には、大病院よりも設備が整えられているところが多く、専門的な知識を磨いていくことが可能なのです。

また、訪問看護師も一人で療養者さん宅へ訪問することが多く、看護師としての責任が病棟看護師よりも重く、幅広い知識と高度な看護技術が要求されます。

そのため、専門看護師や認定看護師資格を取得した看護師が多く在籍し、尊敬できる先輩看護師のもとで働くことができます。看護スキルは衰えるということは少ないのが特徴です。

例えば下記のような訪問看護の求人があります。

「このような看護師になりたい」と思う先輩看護師の存在が、看護を行う上でのやりがいや目標となります。目指せる先輩が近くにいて、看護技術を教えてくれたりアドバイスを行ってくれたりするとなると、大変恵まれている環境で働くことができるのです。

訪問看護を行っている友人は、「訪問看護の奥深さと面白さに触れてしまったら、もう病棟には戻れない。給与は夜勤をしていたころと同じくらいもらえるし、やりがいもあるし、天職だと思う」といっていました。

このようなことから、夜勤の可能性が少ない透析看護や訪問看護という職種にも目を向けてみるのもおすすめです。

5年後、10年後のあなたの未来を見据えるべき

結婚というライフイベントを通して、いまの仕事を見直す時期に来ている人は多いです。

そのようなとき考えてもらいたいのが、「5年後、10年後、自分はどうなっていたいのだろう」ということです。

これまで看護師の専門性を深めてきた人であれば、「看護師の仕事自体を辞めたり、極端にセーブしたりするのではなく、看護師として頼られながら仕事を続けている」とイメージするのではないでしょうか。

もしそうであれば、家庭を大切にしながら、看護師を続けていくためには「いまできることは何であるのか」、「どのような仕事を行っていけばいいのか」が分かってきます。

もし具体的にどう動いていいか分からない場合は、看護師専用の転職サイトを頼ってみるとよいでしょう。無料で利用できるうえ、転職のプロのサポートにより、あなたのなりたい将来像に近い求人を紹介してくれる可能性が高いです。

あなたのイメージする将来像に近づけるためにも、看護師としてのキャリアプランを考えてみることが大切です。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く