看護師転職に関して、一昔前までは「希望に沿った転職を行えるのは30代前半まで」といった噂が流れることがありました。

しかし、現在では状況が変化しています。結論からいえば、30代後半、40代、50代でも「満足のいく転職」を実現できる可能性は広がってきているのです。

未経験の分野でも、「キャリアアップ」「年収アップ」「待遇アップ」を果たし満足いく転職を行えるケースは珍しくありません。しかし一方で、良い職場に出合える人と、そうでない人がいます。「その差」は一体どこにあるのでしょうか。

そこで今回は、40代・50代の看護師が転職を考えた際に、「成功に導くために事前に行っておくべき事柄」についてまとめてみました。良い職場に出合うために、あなたが今行うことを把握し、転職活動に役立ててもらえたらと思います。

40代・50代の看護師に採用側が求めているもの

年齢が高い層の転職希望の看護師に、採用側は何を期待しているのでしょうか。もちろん採用する病院やクリニックによって、求める要素は異なりますが、共通する要素もあります。

まずは応募する前に「採用側が年齢の高い応募者に期待するポイント」をしっかり把握することが大切です。このポイントを知っておくことで、採用側の求める「人材像」として自分自身をアピールすることができます。

即戦力

キャリアを積んできた看護師には、何よりも「即戦力」が期待されていることは言うまでもありません。ただし、即戦力というのは、「同じ科での経験を積んでいること」とは限りません。例えば「私は形成外科での看護経験しか無いから、形成外科でしか即戦力にならない」ということはありません。

あなたの思い込みのせいで自分自身の可能性を狭めてしまうことのないように注意が必要です。

異なる科であっても、今まで培った看護経験は無駄ではありません。看護は診療科が異なっても共通点はたくさんあります。また、異なる科にいたからこそ活かせる経験というものもあります。

看護師転職では、専門の科が異なっても、看護師として働いていた経験年数で「即戦力」と見なされるケースが多いのです。これまであなたが経験を培ってきた科だけでなく、自分の経験やスキルを応用できる科や病院にも目を向けることで、転職の選択肢が広がるのです。

レジリエンス力

「レジリエンス力」とは、最近よく耳にする言葉です。心理学用語で「抵抗力」「復元力」「精神的回復力」「耐久力」とも言われ、つまり「逆境から立ち直る力」のことです。

看護の仕事は「患者さんの命を支える現場」ですので、緊迫した状況になり、肉体的にも精神的にも追い詰められることが多いです。心が折れそうになっても、逆境から立ち直り持ち直せる「レジリエンス力」をもっている人が重宝されます。

柔軟性

看護経験を多く積んできた人は、これまでの職場での看護のやり方を「常識」と思い込んでいることが多いです。そのため、固定観念に縛られ、なかなか自分のやり方を変えられない人がいます。

特に一つの医療機関でしか働いたことがないような看護師に、その傾向が表れやすいのが特徴です。

年齢層の高い看護師を採用するにあたって、採用側は「今までの看護慣習の枠から出られないのではないか」「この病院の方針や看護方法に馴染めないのではないか」という不安を抱きやすいです。

そこで採用側は、40代・50代の応募者には「従来の考え方とは異なる看護方法を受け入れる姿勢があるか」を注意して見ています。

特に個人クリニックなどでは、看護師一人ひとりが臨機応変に、幅広い業務を担わなければならないことがあります。

このようなときに「私は看護師なのに、どうして受付や掃除まで担当しなければならないのか」などの枠を設けてしまっては、仕事がスムーズに回らなくなります。

私の働く職場でも「前の職場ではこうだったのに…」と、以前働いていた職場の慣習を持ち出し、ずっと愚痴っている新人看護師がいました。

以前のやり方が職場改善につながるよう「こうすれば、よりよい看護環境になるのではないでしょうか」と前向きな発言にすれば、周囲にも受け入れられやすいです。しかし、改善の根拠もなく前の職場の良かったことばかり言うようでは「今の職場へのただの文句」と聞こえてしまいがちです。自分自身も前の職場と比べてばかりいては、働きにくくなってしまいます。

このように年齢の高い応募者には、看護師以外の仕事や業務に対応する柔軟な姿勢を求められることが多いです。

変化対応力

「変化対応力」とは上記の「柔軟性」に似た言葉で、年齢の高い応募者には「変化に対応できるか」という点が重視され、採用を左右するポイントとなります。

例えば、近年では個人クリニックでも「電子カルテ」を導入する職場が増えてきました。さらに、次々と新しい医療機器が開発され、率先して導入するクリニックも存在します。患者さんへの検査事前説明なども、看護師がタブレットなどを使って分かりやすく行なわれる時代になりました。

大きい病院はもちろん、個人のクリニックなどでも医療が日々進歩しているのです。それは今日使っていた手法が、明日になると通用しなくなる時代でもあります。

「変化を察知し、柔軟に対応できる人物であるかどうか」もまた、採用側は注目しています。変化に最初はとっかかりにくくても、「対応していこう」とする前向きな姿勢が大切なのです。

マネジメントスキル

ある専門科に特化した看護知識やスキルをもつ「スペシャリスト」を求める求人案件もあります。しかし、30代40代50代といった高い年齢層を対象とする求人では、専門科での看護能力だけでなく、リーダーとしての「マネジメント能力」も期待するケースが多くなります。

もしあなたが師長や副師長などの何らかの役職を担ってきたのであれば、このリーダーシップとしてのスキルを武器に、今までの科とは異なる分野でも転職するチャンスが広がります。

なお、看護師のリーダーというのは、単に管理業務を行うだけではなく、「自らが率先して『見本』となり、業務を遂行できる人」を指します。

友人の看護師が勤める慢性期病棟では、「新しくやってきた師長は看護スタッフに命令や注意をするばかりで、率先した看護業務を自ら実践することがなかった」と嘆いていました。

その師長は「看護スタッフが汗水たらして入浴介助を行っているときに、看護ステーションで看護とは関係ないネット検索をしていた」ことが発覚して、師長職を解任されたそうです。

このように採用では、「個々のスタッフに注意を向けながら、全体を見渡し看護業務がスムーズに回るようなマネジメント能力」が求められます。

リスク管理力

病院経営全体において、その成長ステージごとに多くのリスクが存在します。それは開院当初から軌道に乗り始め、経営が安定してもなお多くのリスクを生じるからです。

例えば、今では簡単に口コミサイトなどに、病院やクリニックの評判を投稿できます。同じように看護を行っても、患者さんによっては捉え方が異なります。

もしマイナスの評価をされた時に、「今後、他の患者さんに対してどのようなフォローを行っていけば良いのか」といった対応を考えることも看護師の仕事の一つです。

生じうるリスクを想定したり、リスク発生を防止する対策を取ったりするために、看護の現場で場数を踏んできたベテラン看護師に期待が寄せられます。

40代・50代の看護師はキャリアの棚卸しをする

転職することを決めたのであれば、実際に行動に移す前に「キャリアの棚卸し」をすることが大切です。次にそのキャリアの棚卸しの具体的な方法についてお話します。

キャリアの棚卸しをする順序

キャリアの棚卸しをする順序を下記に述べていきます。

経験してきた看護業務、配属された部署での役割などを一つひとつ書きだします。

② ①での看護の取り組みについての「成果」を書きだします。「看護計画を組み、歩行訓練を促したおかげで退院期間を当初予定していた時期よりも早めることができた」など、「どのように問題を解決してきたのか」を記します。

③ 看護で成果を出せたものについて、「なぜそのような成果に結びついたのか」までを振り返り、それまでのプロセスをなるべく具体的に文章に書きだします。

「どのような目標や計画を立てたのか」、また「それを達成するためにどのような行動や工夫をしたのか」、さらには「それに伴うトラブルや失敗、アクシデントをどのように乗り越えてきたのか」について具体的に書きだします。

④ ③のプロセスで経験してきたことを踏まえ、学んだこと、スキルとして身に付いたことを書きだします。また、「失敗」の経験を活かし、そこから学んだことも書きます。

⑤ マネジメントを経験している場合、マネジメント対象者の層や人数のほか、「どのようなことを心掛けてリーダーシップを発揮したのか」まで書きだします。

これらの作業は時間と労力を要しますが、「良い職場に出合えるかどうか」の大きな分かれ道となるので、作業の実践が必須となります。

あなたの「強み」とは何か

なぜ、上記のようなキャリアの棚卸しが必要となるのでしょうか。

それは看護経験を10年、20年、30年と積んできた看護師でも、自分の強みを把握できていないケースが非常に多いからです。

転職サイトに相談する場合、担当コンサルタント(キャリアアドバイザー)に職務経歴書や履歴書を提示することがあります。しかし、長年経験を積んできているにも関わらず、中身がスカスカの方が多いのが現状なのです。

そこで上記のような「キャリアの棚卸し」を実施してみると、看護師の転職市場で高く評価される「貴重な看護実績」をもっていることを自覚することができるのです。

それが「自分では当たり前に行ってきた看護」であったり「今の職場では看護師なら誰もが普通にこなしていること」であったりしても、転職市場では希少な価値として評価されることが意外に多いのです。

そこで、いくつかの事例を紹介します。

精神科のA看護師

【A看護師が当たり前だと思って実践してきたこと】

大きな業績は残していないものの、コンスタントに看護目標を達成し続けてきた。

 ↓↓↓

【A看護師の評価する点】

A看護師は「特に自分には看護で目立つような成果はあげていない…」と自信が無かったが、「目標を達成し続ける」という持続力が高く評価された。

副師長のB看護師

【B看護師が当たり前だと思って実践してきたこと】

B看護師は副師長に抜擢されてから、3ケ月に1度、同じチームに属する看護師一人ひとりと対面してコミュニケーションをとる機会を設けていた。部下一人ひとりの現状課題やキャリアビジョンなどのヒアリングを行い、満足いく働き方を実践できるよう心がけていた。

  ↓↓↓

【B看護師の評価する点】

B看護師にとって、「副師長とはそういうものである」という考えのもと、上記のように部下にヒアリングを行ってきた。しかし、世の中には、「トップダウン」で部下を管理し、自主性や意欲をそいでしまう師長や副師長も大勢存在する。

B看護師は「部下の看護師のモチベーションを高め、チームワークを発揮させ、個々を育てるノウハウを身に付けている」と高く評価された。

慢性病棟勤務のC看護師

【C看護師が当たり前だと思って実践してきたこと】

C看護師は「皮膚・排泄ケア認定看護師資格」を取得するために、勉強会や各種セミナー、学会などに年間30回以上参加していた。

 ↓↓↓

【C看護師の評価する点】

転職を考える多くの看護師は、これまで在籍していた病院での経験を頼りに、転職先での経験を応用しようと考える。

しかしC看護師は、自分が実際に行ってきた看護経験以外にも、外部から看護の専門知識を得ることを重視していた。まだ認定看護師資格は取得していないが、「勉強を続け、新しい知識を得ていること」が高い評価を受ける結果となった。

このように自分では、なかなか自分の強みについて自覚することが難しいのです。しかしキャリアの棚卸しをして、実際に自分の看護を振り返ってみると、看護師として「高く評価される点」が見つかることが多いのです。

自分の強みを採用側にアピールするチャンスを逃さないためにも、「キャリアの棚卸し」は必要不可欠です。必ず、①~⑤までノートに実際に書いて出してみてください。思い出しながら書いてみることで、自分の強みが見えてくるのです。

もしノートに書いてキャリアの棚卸しを自分でやってみても、強みがみえてこない場合は、転職サイトに登録し、担当コンサルタント(エージェント)に相談するとよいでしょう。

転職サイトのコンサルタントに相談する場面でも、この場合すでに具体的なキャリアの棚卸しができています。そのため、担当コンサルタントからあなたの「強み」や「アピールポイント」を素早く、的確に発見してもらうことが可能となります。

あなたの「弱み」は「強み」

転職希望者の中には、転職市場で高く評価される強みをもっているにもかかわらず、それを「弱点」と勘違いしている人もいます。

例えば、様々な科で経験してきた看護師であっても「これといった専門的な看護スキルがない」など嘆いていることがあります。部署異動を繰り返し、「何らかの専門性」を磨く機会に出合えなかったことを、自分の「弱み」だと捉えているのです。

しかし実際には、「様々な科で経験することにより、広い視野をもって患者さんの看護にあたることができる」と期待されるのです。

現在まで様々な診療科で経験してきた人は、自分の配属された科を横断し、各診療科同士を結び付け、患者さんへの看護を総合的に行えるような活動に取り組んでみてはいかがでしょうか。

高齢化が進み、多くの患者さんは一つの疾患だけでなく、他の科の疾患を抱えていることが多くあります。様々な診療科での看護経験は、転職活動において「大きな武器」といえるのです。

看護業務以外も「強み」

職場内での看護経験だけでなく、「職場外の経験」も転職活動での武器となることがあります。

下記のような項目についても振り返り、書き出してみると良いでしょう。

・業務以外での、勉強会や委員会への関与(例えば、褥瘡委員会・接遇委員会・感染安全対策委員会などへの企画・開催・参加、救命処置・フットケアなどの勉強会への企画・開催・参加 など)

院外活動(例えば、ボランティア活動、NPOに関する活動、e-ラーニングでの履修 など)

昨今では、問題解決において、看護以外での知識やスキルを活用しなければならない場面が増えてきています。

看護師だけではなく、多くのコメディカルの専門家(医師・歯科医師・薬剤師・保健師・臨床検査技師・理学療法士・作業療法士など)を巻き込んで、一つの目標に向けてまとめ上げていく力が重要となります。

職場外活動を通じて、様々なバックグラウンドを持つ人と交流したり、共同作業を行ったりしてきた人は、そのような姿勢やスキルが身に付いているものです。これは「大きな武器」の一つとなります。

「キャリアの棚卸し」を行うかどうかが成功ポイント

このように自己分析を行い「自分の強み」を発見することで、転職時にアピールできます。「自分はまだまだだ」と卑下してばかりいては、満足いく転職を行うことは難しくなります。

「自分の強み」や「武器」を知り、そこを転職時にうまくアピールできれば、「キャリアアップ」「年収アップ」などが実現でき、「転職して大正解だった」と思えることができるのです。

前述のとおり、「キャリアの棚卸し」をしても、自分の強みがうまく見つけられない方は、転職のプロである転職サイトのコンサルタントに相談してみましょう。

いままで多くの看護師が担当コンサルタントに「強み」を見つけてもらい、看護師転職市場での価値を高め、満足いく転職につなげています。

今度は「あなたの番」です。「転職して良かった」と思えるかどうかは、事前に行う自己分析にかかっています。今すぐ紙とペンをもって、実際に書き始めてみましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く