40代にもなると、いくら売り手市場の看護師でも転職や再就職は難しいと考え、就職先に妥協してしまう人がいます。

しかし40代ともなると、「教えられる立場から教える立場、管理職として新たに後輩を引っ張っていく立場」へとステップアップしていく、本来キャリア形成を図るべき重要な時期といえます。

したがって40代だからこそ、自分が満足し、納得いく再就職先を見つけることができれば、今後の看護師人生は充実したものになるはずです。

転職活動は、自ら「取り組むか」「取り組まないか」がターニングポイントです。この記事を読んで、転職スキルを身につけ、転職成功の一助にしてもらいたいと思います。

40代看護師が転職・再就職に苦戦する最大の理由

まず、転職・再就職で苦戦する40代看護師の共通点について話します。結論から言えば、転職に失敗する40代看護師は、自分の市場価値を理解していないことが多いです。このような人たちの多くは、転職自体を甘く見る傾向にあります。

「私は大学病院に勤めていたのだから、転職はすぐにできるだろう」「前の病院では年収600万円だった。次の勤務先でも同じくらいもらえるはずだ」「私にはA病院のB科に長年勤めてきた経歴がある。私のような人材であれば、どこの医療機関でも欲しがるはずだ」などと、高をくくって転職活動に挑む人がいます。

しかし、前職の勤め先や年収は、あくまでも前職のものです。以前と全く違う科に配属されれば、以前の看護スキルはあまり役立たないのです。

とくに40代看護師はキャリアやスキルをもっているため、プライドが高く、条件に譲歩せず、決まるものも決まらないケースが多いのです。

もしかすると、あなたが考えているより、自分の市場価値はそれほど高くない可能性があります。もし、あなたの市場価値が高いようであれば、在職中に声がかかったり、転職サイトに登録すれば立て続けに求人票が送られてきたりする可能性が高いはずです。

まずは自分の市場価値を見極め、客観的に把握しておくことが大切です。以下のように、あなたのいままでの看護キャリアを振り返ってみましょう。

  • 看護スキルはどの程度磨いてきたのか
  • どのような看護観をもっているのか
  • 周囲との間で信頼されるコミュニケーションを取っているのか
  • ミスをしたとき、どのようなフォローを行なってきたのか
  • どのようなリーダーシップを発揮しているのか
  • 最新の医療知識への探求心や学習意欲はあるのか
  • 新しい職場で即戦力となるような資格をもっているのか
  • 若い看護師がもっていないあなたの強みとは何か
  • 今後、どのような看護キャリアを歩んでいきたいのか など

転職は人生の大きな節目です。納得のいく転職を実現するためにも、上記のようなことを踏まえて、どのような医療機関や施設に再就職すればよいか、じっくり考えてみましょう。

このような40代看護師は医療機関が欲しがらない

そこで、「このような40代看護師は採用されない」という人を挙げておきます。これは、次の通りです。

  1. 気力・体力ともに活気がみられない
  2. 新しい医療知識や看護に興味がなく、意欲・好奇心がない
  3. 過去の看護キャリア歴に固執しており、考え方に柔軟性がない
  4. 電子カルテはNGなど、新しい技術に挑戦する気概がない
  5. 前職の年収が自分の能力だと思い込んでいる
  6. 人を動かす行動力に欠ける
  7. 問題解決を他責とし、問題を周囲や上司、医療機関、社会の責任にする
  8. 学歴・職歴・肩書にこだわりがある

これらは全年齢に共通していえることですが、特に40代看護師ともなると、ひとつでも当てはまるようなことがあれば、採用から遠いてしまいます。

採用側が40代中途採用看護師に期待すること

40代看護師の中途採用に積極的な医療機関は、人材を育成する時間も費用もないことが多いです。

だからこそ、40代の経験豊富な看護師を必要としており、即戦力になってくれることを期待しています。しかし、もっと厳密にいえば「即戦力」だけでは足りず、他にも求められる要素があります。

それは「指導力」「育成力」「コミュニケーション能力」の3つです。これらの3つが揃うことで初めて、20代の新卒看護師よりも「採用したい!」と思ってもらえるのです。

部下の育成力や指導力は、キャリアを積んできた40代の看護師には間違いなく期待される能力です。しかし、ここでいう育成力や指導力は、単に周囲に規範を示したり、的確な指示命令を出したりすることではありません。

部下の話に耳を傾け、部下の看護観や考えを尊重し、視野を広げるアドバイスをすることで、部下の自律を促す力になります。部下の看護師が自分に自信をもつことで自主的に動き、医療チームとしてのパフォーマンス力が向上することになります。

ただし40代を一括りにはできません。医療機関が求めることを40代の前半と後半に分けて、以下のようにさらに詳細に分析してみます。

【40代前半】

40代になると、フットワークの軽さや柔軟性、組織上の人的バランスなどで、若年層に比較して選考に負けてしまう可能性が高くなってきます。

ただ「問題に直面したときに、(管理職に就いていないにせよ)経験やキャリアを活かしてどのような解決方法をとってきたのか」「チームのパフォーマンスをどのように引き出してきたのか」などを具体的に述べることができれば、採用側に認められやすくなります。

40代の看護師となると、これまでの看護経験やスキルを基準にして「採用するか否か」を決めることが多いです。「入職後に教育を受け、看護師として成長してもらう」ことは考えていないのです。

したがって、得意な専門分野が一つでもあり、さらに管理職経験者(副師長レベル)で、まとめ上げてきた実績があれば、転職はより有利になります。


40代後半】

40代後半ともなると人生は後半に差しかかり、看護師人生の集大成として、キャリアをまとめ上げていく時期です。年齢が上がるに従い、40代前半より高度な育成能力やコミュニケーション能力が求められます。

ただし、この層は人材が流動しにくい一面があります。そのため、求人が2極化してきます。「看護師長や看護副師長クラスを求める求人」か「賃金が安価で、未経験の看護師でも構わないとする求人」です。

このように40代の後半ともなると、40代前半よりもさらに高度な能力が求められます。そのため面接前に、後輩を育成したり、スムーズなコミュニケーションをとったりした具体例などを準備し、「どのようにチームのパフォーマンスを向上させてきたのか」などを面接時に話すことが大切です。

40代の看護師に求められるのは、専門分野をもちつつ、職場全体を見渡し、部下や周囲の能力を引き出す能力をもち、行動できる人といえます。

またさらに、「臨機応変に対応できる柔軟さ」「患者さんに貢献するために、継続して研鑽努力を惜しまない向上心・研究心」「自分自身を管理できる自律性」なども持ち合わせておくと好印象を与えることができます。

もし自分のキャリアに自信のない人で、求人の2極化の後者である「私は賃金の安価な求人しか残っていない」とする場合は、「資格取得を支援してくれる求人」を探すと良いです。

まだまだ40代です。定年まで20数年残っていることを考えると、いま資格取得しておくことは今後、看護師を続ける際の自信や給与アップにつながります。

そのような資格取得を認めてくれるような求人を探して、転職先を考慮するのも一つの方法です。例えば、以下のような求人です。

私がいま勤めている職場でも認定看護師や専門看護師の資格取得を支援してくれています。看護師としてのキャリアや自信の無さを減らすために、いま解決できることは、すぐに行動に移して取り組むことが大切です。

私自身の話となりますが、私はいま勤めているクリニックに入職した当日から認定看護師のための勉強を始めました。勉強会では積極的に講義の座長を務めるなどし、皆に追いつくことに必死でした。

そのおかげもあって私は30代後半で看護師免許を取得したにも関わらず、その頑張りが認められて、わずか数年で看護副師長にまでキャリアアップできました。

私より年上の、しかもキャリアのある中途入職の看護師に仕事を教える立場となっています。

自分自身、看護経験が少ないため、自信のないこともあります。しかし、認定看護師の資格取得の勉強をしているため、ある分野の専門性においては中途採用で看護師キャリアの長い人の知識よりも長けています。

また専門分野について勉強してきている分、根拠のある看護展開を行えていると自負しています。

このように自分に一つでも多くの専門性を身につけていけば、看護の道は広がり、給与もそれに伴い上昇してきます。40代でキャリアに自信のない看護師の場合は特に今後のことを見据えて、「今後のキャリアを見据えた転職」を視野に入れておくことが非常に重要です。

40代看護師の転職・再就職の壁と乗り越える方法

まだまだ売り手市場だといわれる看護師業界ですが、40代以降の転職希望の看護師が乗り越える壁として、以下の4つが存在することを知っておきましょう。

① 年齢の壁

求人票に年齢不詳と掲載してあっても、実際には年齢制限を行っている場合があります。年齢に関係なく採用されるケースがありますが、応募者が多いと、自動的に不採用となってしまう可能性が高いです。

② 給料の壁

もし満足いく給与をもらいたいのであれば、「私には、年齢に相応した給与額を支払うメリットがある」という理由を採用側に説明し、理解してもらわなければなりません。特に、若い看護師を採用したい医療機関からすると、この給与の壁は相当高くなります。

もし入職した当初から自分の満足いく金額をもらいたい場合、転職サイトのコンサルタント(転職エージェント)を介しない限り、給与交渉はあなた個人で行わなければなりません。

個人での給与交渉は相当難しいハードルだといえます。個人的に交渉すると、「入職後の働きを認めてもらう前に、先に給与交渉をする」と採用側は考え、悪い印象を与えてしまうことになります。

その点、転職サイトのコンサルタントに給与交渉をしてもらうことで、給与額はあなた自身の希望ではなく、第3者である転職サイトの希望として伝えることができるため、悪い印象を与えることはありません。

③ フレキシビリティ(柔軟性)の壁

キャリアがあり看護経験が豊富で、仕事に自信をもっている看護師であればあるほど、プライドが高くなります。自分では協調性があるつもりでも、実際に働いてみると新しい職場環境に馴染めず、短期間で退職を余儀なくされる中途採用の40代看護師が多いです。

また、以前の職場と比較し、新しい就職先の悪いところばかりに目が付きやすく、働いている本人自身が苦痛となって辞めていくケースが目立ちます。

もしあなたに思い当たるフシがあるようでしたら、転職への覚悟を決めて、まずは「受け入れがたいものでも受け入れる努力をする」ことが大切です。

④ 管理能力の壁

前職で築き上げてきた管理能力に自信があったとしても、新しい職場ですぐに結果を出すのが難しいことがあります。むしろ、以前の職場より難しい状況が多く、これまでとは異なり、部下たちが思うように動いてくれない可能性のほうが高いです。

私の以前勤めていた職場でも脳外科の看護師長(40代男性)が、慢性期病棟へ異動してきたことがありました。

その前の看護師長は60歳手前の「お母さん」的存在で部下から慕われていたのですが、新しくやってきた看護師長は体育会系の人でした。

新しい師長は部下が少しでもミスをすると、スタッフ全員の前で怒鳴るような人でした。そのため、短期間に多くの看護師が異動願いを出したり、退職したりしました。そのようなことが続き、1年もたたないうちにその看護師長はいつのまにかグループ病院へ飛ばされることとなりました。

新しい職場で、新しい部下をもつ場合、以前と同じような方法ではうまくいかないことがあります。

どのようなマネジメントと行っていけば、チームとして最大限のパフォーマンスを発揮していけるのか十分に見極めていくことが大切です。

40代看護師が転職・再就職に成功するには

前項で述べた4つの転職の壁を乗り越えるポイントは、「前向きな姿勢」「プラス思考」「物事を積極的に進める力」です。

とくに40代看護師となると、言われたことを実行するだけでなく、自分から進んで主体的に業務を遂行していかなければなりません。

プラス思考は転職活動に限らず、人生においても重要なキーワードです。就職面でも人生面でも成功するカギだといえます。

転職活動では、自己分析から履歴書作成、面接という一連の流れがあります。この流れにおいて、プラス思考で前向きに行動していれば、目標を達成できる可能性が高まります。そもそも、医療人に求められるのは「プラス思考」の人です。

「どうせ私なんかが再就職してもうまくいかない」「私はダメな看護師。だから適当なところで淡々と働いていればいい」などというマイナス思考の看護師は、医療機関にとっても患者さんにとっても人罪でしかありません。

そのような看護師に看護された患者さんは元気になれるのでしょうか。

採用側が欲しいのは人財です。転職成功を目指し、以下の項目にそって十分な準備をしてください。

  • 自己分析を行う(自分には何ができて、何ができないのか)
  • 転職・再就職の目的はなにか(以前の職場での不平・不満は解消できるか)
  • 希望する医療機関の研究を行う(この医療機関は何を特徴としているのか)
  • 希望する医療機関の情報を集める(離職率・人間関係・給与体系・キャリアアップ方法など)
  • 志望動機やキャリアプラン、自己アピールについて考える(希望する医療機関に自分は合っているか。反対に求められている人材か)
  • 履歴書・職務経歴書などの応募書類を作成する
  • 面接対策を行う(想定される質問を作成し、回答を口頭で練習をする)

40代中途採用の看護師で、転職や再就職に成功した人に共通しているのは、「やるべきことはすべてやった」という点です。

たとえ前職で看護師としての能力が非常に高かったとしても、転職に覚悟をもって真剣に取り組むことがなければ、目標(転職に成功すること)を達成することはできません。

あなたに「強力なコネ」「専門性の高い看護スキル」「大きな実績」がないのでしたら、若いライバルに勝つためには、誰よりも徹底的な準備をする必要があります。

不本意な結果に終わることもあるでしょう。そのときは、原因と対策を考えて、次の機会に活かしていってください。面接までいったのであれば、決して全否定をされたわけではなく、ただご縁がなかっただけかもしれません。あなたにふさわしい転職先は他にあるはずです。

あなたがやるべきことをすべてやれば、天職を得る可能性が高くなります。天職を得ることができれば、人生が変わることは間違いありません。新しいステージに立つために、この記事を役立ててもらえたらと思います。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く