結婚はライフステージにおける大切な岐路です。結婚は「看護師としての自分自身の仕事」を改めて見直し、より満足のいく働き方・生き方を実現するためのきっかけになります。

看護師は夜勤や残業などがあり、ハードな職業です。「今後、結婚だけでなく妊娠や出産、育児を経験したとしても、看護師を続けていけるだろうか」と悩み、「看護師自体を辞めてしまおうか」と不安になる人が多くなります。

せっかく取得した看護師免許です。まだまだ人材不足で引く手あまたのこの業界で、安定した収入が見込める看護師を辞めて専業主婦になってしまうのは大変もったいない話です。

探せば、無理のない範囲で看護師の仕事を続けていくことができるのです。

では結婚を機に看護師を無理せず続けていくためには、どのような視点をもって新しい職場を探せばよいのでしょうか。

今回は、「結婚を機に転職する場合の、働きやすい職場の条件」「非常勤への転職のメリット・デメリット」「結婚後に働きやすい科」「仕事と家庭を両立させる職場の見つけ方」についてお話していきたいと思います。きっと、将来を見据えたあなたに合った働き方が見つかるはずです。

結婚を機に転職する場合の「働きやすい職場」の条件

結婚を機に看護師が転職を検討する場合、「働きやすい職場かどうか」を見極める方法として次の条件を挙げることができます。

産休・育休・復職の実績がある

産休や育休は法律で決められている全労働者の権利です。産休や育休を取得できない医療機関や会社は日本全国存在しません。

しかし実際問題として、産休や育休を取得でき、復職しているかどうかは別問題です。

産休や育休などの制度は保障されていても、看護師の人手が足りていなかったり、看護師一人ひとりに過剰な業務が課せられていたりする場合があります。

そのような場合、「産休や育休を取得したいといえるような職場の雰囲気ではない」「いままで産休や育休を取得した看護師が存在しない」「産休を取得できたけれど、そのせいでほかの看護師の負担が増えたため、職場に戻りづらくなった」などといった状況に陥ってしまうことがあります。

反対に、産休や育休を取得して復職した看護師が多く在籍しているような職場であれば、妊婦や子育て中の看護師をサポートできるだけのノウハウをもっています。そのため、産休や育休を申し出やすく、安心して将来設計を構築することができるのです。

例えば、下記のような「産休・育休取得実績あり」とする求人を探してみるとよいでしょう。

こうした求人のように待遇や給与の改善を行い、結婚後や育児中でも看護師にとって働きやすい環境を整えている職場が存在します。できるだけ多くの求人情報を得て、あなたとあなたの家族にとって満足する働き方を選択するように心がけましょう。

同じ世代の看護師が多く在籍している

同じ世代の看護師の比率が高い職場であれば、結婚や出産といったライフイベントが重なりやすいです。このときは悩みを相談しやすいだけでなく、同じ世代の人が多いので職場に対しての要望を伝えやすい環境にあるといえます。

下記に、「同じ世代の看護師が在籍していない職場」に勤めて失敗した私の知人の話をします。

私の知人は、20代後半で看護師免許を取得したため、「年下の先輩看護師ではなく、できれば年上の先輩看護師が多く働いている職場で働きたい」と中規模の医療機関に勤め始めました。

希望通り、自分より年下の看護師はおらず、自分が職場で一番の年下となったのですが、いざ結婚・出産・育児となったときに問題が発生しました。

結婚のときにパートナーが「看護の仕事はセーブして、家庭を優先してほしい」として、そのことに納得しました。そこで時短勤務の希望を出したのですが、先輩看護師たちに「自分たちのときは結婚くらいで仕事の時間を短くすることはなかった」といわれたそうです。

そのため、時短勤務の希望を取り下げたそうです。

その後、妊娠してつわりがひどくなっても、先輩看護師たちに「つわりは病気ではないから大丈夫。私なんて、出産3日前まで夜勤していたよ」といわれ、体調不良の中で無理して仕事をしていました。また、子どもの保育園の参観日も「私たちの時代には、毎回参観日に行くなんて考えられなかった。参観日くらい出席しなくても大丈夫」といわれ、遠慮して出席することができなかったそうです。

このように先輩看護師たちから「昔はこうなっていた」と昔のことを引き合いに出されてしまえば、新人は時代の流れに沿った要望を言いだしにくくなってしまいます。

知人は一人目の出産・育児のときは「このようなものなのだろう」と思い、我慢して働いていました。しかし二人目を妊娠してから、「このような職場は、もしかして子育て世代にとったら働きづらいのではないか。家庭と両立することは無理だ」と考えるようになり、その職場を辞めてしまいました。

もしこの知人と同じくらいの年代で、同じ職場に結婚・出産・育児を経験中の看護師が存在していればどうでしょうか。

お互いに協力しあうことも、上司に産休や育休について一緒に訴えることもできたかもしれません。

そのため、同世代の子育てをしている看護師の存在は大変貴重なのです。できれば同じ世代の看護師が多く在籍しており、さらに育児中の看護師でも無理なく働き続けている職場を探すことが大切です。

時短勤務やパートなど多様な働き方が選べる

2016年9月に内閣官房に「働き方改革実現推進室」が設置されたことをご存知でしょうか。働き方改革とは、簡単にいえば「一億総活躍社会を実現するための改革」のことです。

これは少子高齢化が進む日本で、「50年後も日本国民は総人口1億人を維持し、職場・家庭・地域において誰もが活躍できる社会」を目標として、それぞれの事業者が「働きやすい環境にむけた取り組み」を行っています。

この改革の中で看護師に関係する内容といえば、「フレックス勤務、時短勤務や常勤からパートへの変更」などが可能になった医療機関が増えているという点です。

もしあなたが働いている医療機関やこれから転職しようとしている職場で、これらの制度を活用していければ、育児中の看護師は仕事の拘束時間を短くでき、体の負担を減らすことができます。

結婚だけでなく出産や育児となっても一時的に雇用方法を変えてもらえば、同じ職場で働き続けることができるので転職する必要はなくなります。また育児などが落ち着いたら常勤に戻ることが可能であるため、結婚後や育児中でも無理することなく看護師を続けていくことができます。

例えば、下記のような求人ですと、時短勤務や日勤常勤という働き方を選択しても正職員という立場で働けます。

非常勤(パート・派遣看護師)という働き方

常勤で看護師として勤めると、結婚や育児を理由に時短勤務などが上司に認められても、周囲の看護師に迷惑をかけていると感じてしまうことがあります。

先ほど、紹介したように時短勤務でも、常勤として多くの看護師が働いている職場が見つかればよいですが、見つからなかった場合には非常勤(パートや派遣看護師など)という働き方があります。

パートや派遣看護師の働き方のメリット・デメリットについてまとめてみました。

パートのメリット・デメリット

まず、パートで働く看護師のメリット・デメリットについて述べます。

・パートのメリット

パートのメリットは、「勤務時間を短くできる」「いま勤めている職場にパートの雇用形態があれば、転職することなく同じ職場で働き続ける」などが挙げられます。

私の友人も、子どもが小さいうちは常勤から時短勤務のパートに変更させてもらいました。いまは午前中だけ勤務していますが、子どもが中学生になったら常勤に戻るそうです。いままで通り同じ職場で働けるので、「ストレスがない」と言っていました。

また、パートの場合、「勉強会や委員会に出席する、看護研究を行うといった仕事以外の業務」に携わることがあまりありません。

さらに時間給ですので、サービス残業をすることも少ないです。もし残業になった場合、常勤のようにサービス残業を強いられることは少なく、残業分の収入を得ることができます。

そのうえ、派遣看護師のように雇用期間が定められていることがないため、ある程度安定した環境で働くことができます。

パートの場合、時短勤務とはいえ看護師自体を辞めてしまうわけではないので、看護師としてのスキルや技術、知識は低下しません。また元の通り、常勤で働きたいとなったときは即戦力となれるため、ブランクのある看護師よりは有利といえます。

・パートのデメリット

パートのデメリットは、もちろん給与が大きく下がってしまうことです。ボーナスも出ないか、出てもわずかです。パート看護師の時給は平均で1,500円程度であり、派遣看護師より給与設定は低めとなっています。

また常勤よりも責任が少ない分、キャリアアップできないことが多いのがデメリットといえるでしょう。

さらにパートの場合、常勤と比較すると福利厚生の条件面で劣ります。

ただし、中には常勤ほどではないとしても、福利厚生が充実した人気のパート求人が存在します。入職前に、看護師専用の転職サイトのコンサルタント(エージェント)などに相談し、希望するパートでの雇用条件(勤務時間・給与設定など)を整えておくと、無理のない働き方になります。

例えば、下記のような福利厚生が充実したパートの求人があります。

このように福利厚生が充実していれば、パートとなっても有給休暇や育児休暇などを申し出るのに引け目を感じることはなくなります。パートとしてのメリットを活かしつつ、デメリットを補っている求人を探すように心がけましょう。

派遣看護師のメリット・デメリット

パートやアルバイトの他には、派遣看護師という働き方があります。

・派遣看護師のメリット

派遣看護師の一番のメリットは、「パートと比較して、時給が高めの設定となっている」ことです。派遣看護師の時給は1,500~2,500円程度です。

また、パートと異なり、雇用期間が定められているので、「人間関係などのしがらみ」などを感じなくて済みます。

さらにパートと同じように、勉強会や委員会に出席する必要はなく、サービス残業を強いられることもありません。

そのうえ、「ツアーナースやイベントナース、医務室ナース、離島ナースといった看護師免許を生かした面白い働き方を選択できる」のも派遣看護師ならではといえます。いままでとは違った分野でも気軽に働くことができるため、看護師としての幅を広げていくことができます。

・派遣看護師のデメリット

派遣看護師であれば、もし気に入った職場であっても雇用期間を過ぎれば、延長して働くことはできません。

ただし、「紹介予定派遣」といって、1~6ケ月の間は派遣契約を結び、その後、双方が気に入れば直接雇用となる働き方もあります。この場合、面倒な面接試験などは課されず、あなたの「働きぶり」を実際に見て評価してもらえるので、面接が苦手の人におすすめです。もちろん、紹介予定派遣でもあなたが気に入らなければ、直接雇用での入職を断ることも可能です。

下記が紹介予定派遣の求人例です。

このように勤務期間中に、どのような職場かを実際に働いて見極めることができるのが紹介予定派遣の良いところです。

他にも派遣看護師のデメリットとして、「時給が高く設定されている分、ボーナスの支給がない」ことが挙げられます。そして派遣前に設定された時給額は、仕事をいくら頑張ってもアップすることはありません。

また、派遣内容によっては、交通費や社会保険料を自分で支払わないといけない場合もあります。

ただ、下記のように社会保険が完備されているうえ、有給休暇もしっかり取得できる派遣看護師の求人もあります。情報網を広げて見逃さないように注意しましょう。

結婚を機に転職しても、働きやすい科とは

「病棟の看護師ほどハードに働くことはできないけれど、無理のない範囲で常勤の看護師として頑張っていきたい」という方には、常勤でも働きやすい科があります。そちらへの転職を検討してみてはいかがでしょうか。

例えば以下のような科です。

  • クリニック
  • 外来
  • 健診・健診センター
  • 医務室・保健室
  • 透析科
  • 眼科(オペのないクリニックなど)
  • 耳鼻科
  • 皮膚科
  • 介護施設
  • デイサービス
  • 訪問看護ステーション
  • 美容外科
  • 美容皮膚科 など

これらは一例に過ぎませんが、病棟勤務の看護師と比べると、比較的楽な働き方が実現できます。特に予約制であれば、さらに急患などが入ることはほとんどないため、毎日決まった時間に帰宅することができます。

上記のような科ですと、「看護スキルが劣ってしまう」のが難点となりますが、常勤であればボーナスの支給などがあり、経済的な余裕が生まれます。

どうしても看護スキルが劣ってしまうことが気になるようであれば、訪問看護ステーションがお勧めです。

認定看護師や専門看護師の資格を取得した看護師が多く在籍しているような看護ステーションに勤めれば、スキルの高い先輩看護師が在籍しています。お手本となる先輩看護師がいれば、仕事のモチベーションが変わってきます。

ちなみに上記に挙げた「働きやすい科」でも、患者さんに人気の医療機関や人手不足の施設などですと、残業が多く定時には帰れないなどといったことがあります。そのため、気になる求人の内部情報については、あらかじめしっかり調べておくことが大切です。

これらの内部情報を知るには、「見学会に行く」「転職サイトのコンサルタントに聞く」「その職場で働いている看護師知人を頼る」といった方法があります。

あなたの興味と理想とする働き方を照らし合わせて、自分に合っているのか、じっくり検討してみるとよいでしょう。

仕事と家庭を両立させる職場の見つけ方

仕事と家庭を両立させるためには、あなたの希望に合った求人を見つけなければなりません。そのためには、まずあなた自身の条件を見つめ直すことから始めましょう。

「仕事と家庭をどのように両立していくか」をイメージする

結婚後も出産後も、看護師の仕事と家庭を両立できる職場を見つけるためには、どのような働き方が理想であるのかイメージしてみましょう。

例えば、「結婚後も出産後も看護師の仕事を続け、キャリアアップしながら役職に就いて働きたい」「パートナーよりも仕事を早く切り上げて、夕飯の準備をしておきたい」「子どもができることを考えて、いまから周囲に迷惑をかけない程度に仕事をセーブしていきたい」など、あなたなりに様々な考えをもっているはずです。

その考えをパートナーの要望と照らし合わせ、話し合うことが大切です。そこで二人の考えをまとめましょう。

それができたら次に、二人のまとめた考えを実現するために必要な「転職先に求める条件」を書き出してみます。例えば下記のような条件です。

  • 勤務時間(時短勤務は可能な職場か、日勤のみが可能な職場かなど)
  • 一定の収入は見込めるか
  • キャリアアップを望む場合、育児・出産経験のある看護師の管理職登用はあるか
  • 年間休日数や有給取得率は高いか
  • 子育て世代の看護師は多いか
  • 残業時間はどの程度か
  • 一ケ月あたりの夜勤回数は
  • 産休・育休取得率・復職率は高いか

このように様々な条件がありますが、結婚を機に改めて職場に求める内容を見直した場合、条件は人によって異なってきます。

あまりたくさんの条件を出しすぎると、求人自体を探しづらくなります。希望する条件に優先順位をつけ、これだけは譲れないという条件を出してみるとよいでしょう。

ただ注意したい点としては、条件ばかりを気にしすぎないことです。「なぜその条件が必要なのか」という本来の目的を考えてみることが大切です。

例えば、「もっとゆとりのある職場で働きたい」という本来の目的があるとします。その条件として「勉強会があまりない職場」を選んで失敗した看護師の知人がいます。その職場は、「勉強会の開催や参加ができないほど忙しい職場」だったのです。

勉強会があっても、就業時間内に終わる職場であれば、本来の目的である「ゆとりのある職場で働きたい」という希望は叶えられていたはずです。条件を考える際に、「自分はどのように働いていきたいか」を考えることが大切です。

多くの求人と比較検討する

「転職先に希望する条件」と「自分がどのように働いていきたいかのイメージ」ができたら、実際に求人をみてみましょう。簡単な方法としては、看護師転職サイトでの検索を行ってみることがあります。

例えば、「常勤(夜勤あり・なし・検討中)や常勤(日勤のみ)、非常勤」といった働き方を選択し、さらに「産休・育休取得実績あり」「育児中の看護師在籍中」「正職員時短勤務可能」「原則残業なし」「年間休日数120日以上」「土日祝日休み」「専門看護師・認定看護師支援制度あり」「未経験可」「家賃補助あり」などといった細かい条件から絞り込むことが可能です。

これらの検索機能を使えば、「自分の条件にあった医療機関はどのくらい存在するのか」といったことや、「希望する条件で、本当に満足いく働き方が実現できるのか」を把握することができます。

気になる求人情報が見つかれば、勤務時間やそこで働く看護師のインタビュー、福利厚生、様々な制度などもチェックしましょう。結婚だけでなく5年後、10年後に出産・育児となっても「この職場で看護師を続けていけそうかどうか」までを確認することが大切です。

できるだけ多くの求人情報を集め、比較・検討することが大切です。そうすれば、求人情報を読み解ける力が養われ、「一側面のメリットだけを見て転職に失敗する」という事態を避けることができます。

転職後は「働きやすい職場」を自分で作っていく

「結婚後や出産後でも働きやすい職場」を転職前に見つけることができれば、仕事と家庭の両立が行え、充実した毎日を送ることが可能です。

仕事と家庭が両立できる理想のバランスを保ち、自分に合った働き方を実現していくためには、「どのような働き方をしたいのか」をじっくり考え、求人への条件を絞ってみることです。

ただし転職後は、職場ばかりに働きやすさを求めてはいけません。これまでの看護師の経験やスキルを発揮して、患者さんや職場に対して貢献する気持ちをもって行動しましょう。

仕事で信頼されて周囲から頼られる人物になれば、将来的に妊娠や出産となっても、産休や育休の制度を利用しやすく、また働き続けやすく感じられるでしょう。

そのためには、働きやすい職場に入職することをゴールとするのではなく、転職後「この人に入職してもらえて良かった」と思えるような人物となり、自らが働きやすい環境を作っていくことが大切です。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く