「この症状はもしかして、うつ病?」と看護師を悩ませるうつ病にはいろいろな症状があります。

「私は医療従事者で、患者さんを看護する立場にあるにも関わらず……」などと考え、そのままうつ病を放っておくと回復に大変な時間と労力がかかってしまいます。

「看護師だから、うつ病になりにくい」のではなく、「看護師だからこそ、うつ病になりやすい」理由があります。できるだけうつ病の初期段階で早期に対応し、無理せず仕事を続けたいものです。

そこで今回は、看護師がうつ病を発症しやすい理由について知り、うつ病と仕事の両立方法について話していきます。

看護師がうつ病を発症しやすい理由

厚生労働省の患者調査によれば、うつ病の患者数は年々増加傾向にあります。日本人の10~15人に1人はかかるともいわれる現代病です。

さらに長期で病気休暇を取得している看護師の約3分の1は、メンタル面での不調を訴えています。また下記のグラフによれば、看護の職場内にメンタル障害をもつ職員は3人に1人存在することになります。

出典:医療労働 看護職員の労働実態調査「報告書」

メンタル面での不調がうつ病に直接結びつくわけではありませんが、このように多くの看護師がメンタル面で悩んでいるのです。

ではなぜ看護師はメンタル不調をきたしやすいのでしょうか。看護師がうつ病を発症しやすい理由について確認していきます。

夜勤とうつ病の関係

夜勤や当直は、昼夜が逆転し、規則正しい睡眠習慣を取れなくなってしまいます。不規則な睡眠習慣の状態であると、少々の仮眠では熟睡感が得られないことが多くなります。その結果、夜勤に携わる看護師は睡眠不足に陥りやすい傾向にあります。

さらに夜勤は人手が少なく、看護師一人ひとりの仕事量が増えるだけでなく、責任も重くなります。これは過剰なストレスを受けていることになります。

看護師の健康の自覚症状に関する次のグラフをみてください。

出典:医療労働 看護職員の労働実態調査「報告書」

日勤のみの働き方と比較すると、夜勤のある看護師は健康状態になんらかの自覚症状をもつ割合が増えます。

また準夜勤や夜勤がある人は、次の勤務につくまでの時間間隔が短く、十分な休息を取れていない状況にあります。

次の勤務までの時間が12時間未満の人が7割を、8時間未満の人は4割を超えます(医療労働 看護職員の労働実態調査「報告書」より)。特に3交替勤務では、「準夜勤 → 日勤」「日勤 → 深夜勤」のときの勤務間隔が短く、心身の疲弊を感じやすくなります。

このようなことから夜勤は、睡眠不足に加えて慢性的な疲労を蓄積していくことになるのです。慢性的な睡眠不足や過剰なストレスはうつ病発症のリスク要因のひとつといえます。

時間外労働が多い

実は、看護師の約9割が時間外労働を行っています。割合別にみると、時間外労働が20時間以上の人が20.7%、30時間以上の人が8.4%、50時間以上の人が1.7%、過労死ラインといわれている60時間以上も0.8%います(医療労働 看護職員の労働実態調査「報告書」より)。

健康に関して自覚症状をみると、やはり長時間の時間外労働が長くなれば、下記のように自覚症状の訴えが多くなります。

出典:医療労働 看護職員の労働実態調査「報告書」

看護職では、看護研究や各種委員会、研修、勉強会、記録などが仕事終わりに行われることが多々あります。さらに、急患の入院などが入ると、自分一人がさっさと荷物をまとめて帰るわけにもいきません。

始業時間前では、情報収集や掃除などが行われるため、特に新人看護師は早めに出勤しなくてはいけません。

私が以前入職した眼科クリニックでも、朝は業務開始1時間前に出勤し、院内外の掃除をしなければなりませんでした。これは始業時間に含まれません。また終業後も4時間以上のサービス残業がありました。

次のグラフをみても看護職の時間外労働の割合が増加傾向にあることが分かります。

出典:医療労働 看護職員の労働実態調査「報告書」

始業前や終業後の時間外労働(60分以上)の割合が増えています。このように看護職は時間外労働のある職場環境に置かれやすいといえます。

時間外労働が重なれば体の疲れは取れず、どうしても慢性的な疲労や倦怠感を抱えたままになってしまいます

・人の入れ替わりが激しい

看護業界は退職や異動、入職など人の入れ替わりが激しく、短期間でのスタッフの入れ替わりはよく発生します。中には自分と合わない人が入ってくることがあります。

何度も新しく人間関係を構築していく必要があり、このこともストレスの一つといえます。

・労働環境の整備されていない職場

看護師を辞めたいと思っている看護師は多く、4人中3人は離職意識をもっているとされています(医療労働 看護職員の労働実態調査「報告書」より)。

仕事を辞めたいとする理由の多くは、「人手不足で仕事がきつい」と回答する看護師が4割以上います。

看護業界は長年、人手不足で悩まされています。多くの医療機関ではまだまだ看護師不足であるため、看護師一人ひとりに長時間労働を強いる職場が多いのが現状です。労働時間が長くなればなるほど、慢性的なストレスや倦怠感を感じやすくなります。

喪失体験とうつ病の関係

うつ病を引き起こす要因の一つに「大切な人の喪失」が挙げられます。看護師であっても、クリニックや健診センターなどで勤務する場合、患者さんが重症だと分かれば大規模病院に搬送されるため、死に直面する機会は滅多にありません。

反対に、緩和ケア病棟など科や医療機関の規模によっては患者さんの死はいつも隣り合わせで、日常的であることが多いです。ただ、クリニックでも患者さんの死に直面する機会があります。それは次のようなものでした。

私の勤めるクリニックは訪問診療を行っています。

そこで肺がんのステージ4で、在宅療養をしている男性患者さんの往診に同行する機会がありました。その方はどのように苦しくても、いつも笑顔で医師と私を迎え入れてくれていました。

看護師が何かケアをしようとしても、「あなたたちは仕事をして疲れているのだから、申し訳ない。私に元気な姿を見せてくれるだけで良いんだ」といってケアを拒んでいました。患者さんは日に日に衰えていき体を動かすことも辛そうでしたが、私たちに対する気遣いは変わりませんでした。

私たちは何か喜んでもらえるようなケアをと思い、たらいや入浴剤など足浴セットを院内から持参し、患者さん宅を訪問しました。そうすることで、その患者さんは足浴を受け入れてもらえると思ったからです。

それを見た患者さんは「わざわざ重いのに、私のためにここまでしてくれて…… 」と涙を流し、はじめて足浴を受けてくれました。終始、患者さんは「すまないね。ありがとね」と申し訳なさそうに言っていました。

それから間もなくその患者さんは息を引き取りました。物品庫に置いてある足浴セットを見るたびに、その患者さんの笑顔を思い出し、胸が締めつけられます。

このように親しくなった患者さんが亡くなるたびに、看護師は喪失感を何度も経験しなければなりません。医療には限界があることは頭で分かっていても、死を受け入れられない場面に多々遭遇してしまうのが看護職といえるのです。

女性とうつ病の関係

看護職は男性が進出してきたといっても、まだまだ女性の多い職場です。女性ということもまた、うつ病と深く関係があるのです。実は、女性のほうが男性より2倍、うつ病になりやすいとされています。全国的にもうつ病患者数は100万人存在し、そのうち7割が女性です。

これには以下のようないくつかの理由が挙げられます。

・女性ホルモンとの関係

女性にうつ病が多い理由のひとつとして、女性ホルモンとの関係があります。うつ病の発症原因として脳内の神経伝達物質のバランスが崩れることが挙げられます。

女性は2種類の女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)の分泌バランスにより、下図のような月経のサイクルを繰り返しています。

PMS(月経前症候群)に代表されるように、ホルモンバランスが乱れ、イライラや不安感を強く覚える女性がいます。また、頭痛や倦怠感など身体的な症状が現れる女性もいます。

PMSが日常会生活にまで大きな支障をきたす場合は、PMDD(月経前不快気分障害)と診断されます。

自覚症状がなく、PMDDに悩んでいた看護師Aさんの事例を次に挙げます。

小児科で働く30代半ばのAさんは、外来での看護の仕事と育児との両立に奮闘していました。しかし半年ほど前から、月経前になると耐えられないほどの倦怠感や頭痛を強く感じることがありました。

家族だけではなく同僚との会話にもイライラしてしまうため、仕事では必要最低限のことしか話さないようにしていました。しかし、ついに自分の感情を抑えきれずに後輩看護師を厳しく叱責してしまうことがありました。

Aさんは家に帰っても自分の行為を悔やみ、涙が止まらなくなったそうです。夫もどうしていいか分からず途方にくれてしまいました。

「月経前に調子が悪くなる上司のBさんがPMSで薬を飲んでいる」ことを思い出したAさんは、婦人科を受診することにしました。すると、Aさんの場合は症状が強く現れることから、PMSではなくPMDDとの診断を受けました。

PMDDの場合は、うつ病の薬が有効とされています。うつ病の薬と聞くと、抵抗をもっている方がいると思います。しかし、うつ病の症状が現れる時期を予測して、その前後にだけ薬を服用する治療が行われる場合もあります。

まずは信頼できる医師をみつけることから始めてみると良いでしょう。

・女性のライフサイクルとの関係

女性は、初潮・結婚・妊娠・出産・更年期など、女性ホルモンと密接にかかわるライフイベントに多く遭遇します。これらのライフイベントにはホルモンだけでなく、社会的要因も関わってきます。

結婚前に不安になるマリッジブルーや産前産後のうつ、更年期うつなど、女性に関わるうつ病はさまざまです。

結婚や出産はライフイベントの中でも大きな喜びですが、これまでの生活が大きく変化することによってストレスがかかりやすくなり、うつ病を発症する危険が高くなります。

また、女性特有のうつ病としては「産後うつ病」があります。ホルモン変化だけでなく、育児の負担がのしかかるなど、うつ病を発症しやすくなります。これは産後すぐに起こる「マタニティーブルー」とは異なります。

マタニティーブルーも産後うつ病も、症状は同じで「気分の落ち込み」「強い不安感やイライラ感」「倦怠感」「不眠」「情緒不安定」などが挙げられます。

しかし、マタニティーブルーは女性ホルモンの変動に伴う一時的なものであるのに対し、産後うつ病は放っておくとうつ病に発展していく可能性が高いので注意が必要です。

次の通りグラフにまとめたので、参考にしてください。

マタニティーブルー 産後うつ病
発症期間 産後2~3日後から1週間以内 産後2~3週間後から3ケ月以内
経過 数日から数週間で自然に回復 数週間以上続く
症状 比較的軽い 強く現れる

産後うつ病には薬が有効とされています。ただし授乳中であれば、赤ちゃんに影響を及ぼすリスクがあるため、服薬中は母乳を中断しなければなりません。

また産後うつ病を一回経験してしまうと、次の妊娠や出産に不安を感じやすくなります。再発しないよう、産婦人科医に相談しておくと良いでしょう。

他にも、女性には更年期うつもあります。

更年期うつは、閉経期のホルモンバランスの崩れにより発症します。イライラや不安、不眠などの症状を「ただの更年期のせいだろう」と見過ごすことが多く、注意が必要です。気分の変調で日常生活に支障をきたしてしまうようであれば、専門医に相談することをお勧めします。

・女性のほうがセロトニンが少ない

また男性より女性のほうがうつ病を発症しやすいとされていますが、これは神経伝達物質セロトニンとの関係が深いとされているからです。

セロトニンは心を穏やかに保つ神経伝達物質で、男性のほうが女性よりも52%多いといわれています。うつ病はセロトニンバランスの崩れによって発症しやすいことから、セロトニンの少ない女性のほうがうつ病を発症するリスクが高くなります。

女性特有のいじめが起きやすい

なお、看護職はどうしても女性の多い職場であるので、女性特有のいじめや陰口などがつきものです。

当サイトの管理人である私は30代後半で看護師になって、人生で初めて陰湿ないじめというものを受けました。それまで世間では過酷といわれるテレビ局で働いていたのですが、陰湿ないじめは受けたことはありませんでした。

しかし、看護師になってからいじめを経験することになりました。

私は2度目に転職したあるブラック眼科クリニックで、陰口や無視は当たり前、オペ着は隠される、昼休憩のテーブルを一人だけ離される、仕事は取り上げられ、カルテも見てはいけないなどと、様々な嫌がらせを受けました。

このように医療現場は閉鎖された職場環境であることが多く、いじめを受けても逃げ場が少ないのが特徴です。

「自分一人 対 その他、既存のスタッフ」といった閉鎖環境に身を置いていると、自分で自分を追い込み「何が正しく、何が間違っていて、自分はどのように対処すればいいのか」といったことが分かりにくくなります。

この状態が悪化してくると、逃げ場を見つける力すら沸いてこなくなることがあるので、注意が必要です。

ハラスメントを受けやすい職場

看護師は患者さんの療養上の世話が主な仕事であるため、ハラスメントを受けやすい職であるといえます。ハラスメントとは「嫌がらせ」のことです。パワーハラスメントやセクシャルハラスメントが代表的なものです。

看護職員の労働実態調査「報告書」によると、セクハラを受けたことがあるとする看護師は12.7%、パワハラを受けたことがあるとする看護師は25.6%でした。セクハラを受けた相手は患者72.4%と増加傾向にあります。また医師からも24.2%となっています。

パワハラを受けた相手としては、看護部門の上司が55.2%、医師が44.3%、患者が17.9%とこちらも増加傾向にあります。

ハラスメントの内容としては次のようなものが挙げられています。

  • 患者・家族:「暴力行為・罵声」「言葉によるセクハラ」「胸やお尻を触るセクハラ行為」など
  • 医師:「威圧的な言動」「おまえ呼ばわり」「患者の前での罵声」など
  • 看護部門の上司:「暴言」「差別的対応」「休暇を取得させない」「夜勤免除させない」「時間外労働の賃金を請求させない」など

セクハラやパワハラは犯罪です。セクハラやパワハラを受けた場合は、一人で抱え込まず、早急な対応が望まれます。「自分一人が我慢すればいい」と考えていると、それが大きなストレスとなって、心の健康を損ねる危険があります。

セクハラやパワハラは、新人看護師の離職理由の大きな要因の一つとされています。

医療人であるという弊害

「医者の不養生」という言葉があります。これは医師だけでなく看護師にも当てはまる言葉です。患者さんの健康状態には注意するのにもかかわらず、自分の健康には無頓着な看護師が非常に多いのです。

慢性的な倦怠感や睡眠不足が続き体調が悪くなっているとしても、医療知識をもつ看護師であるからこそ「これらの症状は些細なことなので、受診などしたら騒ぎすぎだと思われる」「医療知識をもっているので、ある程度は自分で対処しないといけない」などの気持ちが働きます。

本来、うつ病の初期症状があれば専門医に相談し早めに対処するのが望ましいにも関わらず、初期症状だけでは受診しづらいのが医療人である看護師なのです。

また、うつ病の初期症状に気付き、自院で受診すると、周囲にすぐに知れ渡ってしまう恐れがあります。職場に「あの人はうつ病になった」と知れ渡っていれば、受診の翌日に出勤すると変に気を使われるなど、仕事をしにくくなるのは容易に想像できます。

さらに、医療知識のある看護師だからこそ「うつ病の初期症状くらい自分でなんとかできる」と考えてしまいやすい傾向にあります。新人看護師であれば、上司にある程度は相談しやすいですが、働き盛りの中堅看護師であれば、自分の評価が下がることが気になり、なかなか相談しづらくなってしまいます。

そのほかにも、専門医から抗うつ薬などが処方されたとしても、医療知識をもつ看護師であれば「この薬は常習性があるから飲まないほうがいい」「この薬には重篤な副作用があるから怖い」と自己中断してしまうことがあります。薬の自己中断は、回復までに時間がかかってしまうこともあります。

このような場合は初診の段階で、信頼できる医師や薬剤師に相談することが大切なのですが、なぜかその部分は省いてしまう看護師が非常に多いのです。これもまた「自分には医療知識がある」と思っているからこそ生じる「看護師の不養生」といえます。

このように医療知識をもっているからこそ、看護師の場合、うつ病への対処が遅れる人が多いのです。

うつ病と看護の仕事の両立方法

ではうつ病だと判明した場合、看護の仕事とどのように両立していけばいいのでしょうか。

うつ病の症状が強く現れたときは、働きながらの治療は困難となります。なんとか症状がもち直したようにみえても、再発を繰り返してしまうことが多いのです。

うつ病の患者さんは仕事に対しても真面目な人が多く、休職するとなるとかなり抵抗をもつ人もいるでしょう。休養しても、看護師キャリアのレールから外れたような気がして取り残された気持ちになることもあります。また、再度復職できるかどうかも不安だと思います。

しかし一時的にでも仕事から離れ、休養をとったことでうつ病の症状が改善して、無事に職場復帰できる人は多いのです。

うつ病の人は、「どのくらい自分の症状がひどいか」を分かっていないことがあります。「このくらいいつものことだ」と軽く考えていて、実は取返しのつかないほど、回復に時間がかかってしまう人がいるのです。

まずは、心療内科やメンタルクリニックなど信頼できる専門医を見つけ、「自分自身、どのような症状が現れて苦しいのか、どのようなことで仕事に支障が出ているのか」などを相談するとよいでしょう。そのうえで、医師が「休職したほうがいいのかどうか」の判断を下します。

ただし、休職となったとしても職場との連絡は必ず取り続けるようにしましょう。そのほうがあなたにとっても、職場に戻りやすくなります。職場と完全に切り離された状態であると、一層の不安を感じやすくなります。また家に一人でいると孤独感を覚えてしまう人もいるでしょう。

そのような心理的なマイナス面を軽減するためにも、定期的な連絡は必要です。月1回程度は日にちを決めて連絡を取り続けるように心がけましょう。

復職後は上司に報・連・相をする

うつ病から復職した際は信頼できる上司に対して、日々の出来事の報告・連絡・相談をしておくと、心身のストレスがかなり軽減します。もし職場内で、あなたのうつ病の噂話がたったとしても、あなたのことをカバーしてくれやすくなります。

私の看護師の友人に、メンタル面の不調から一時的に休職した人がいました。そのときの上司が、仕事の引継ぎなどで不満を漏らすスタッフに友人のことを「家でもいろいろなことがあったため、かなり疲れているようで少し休むことになった」などとソフトに伝えてくれました。

そのような上司の配慮により、病気に関する変な噂は立たず、引継ぎもスムーズに進みました。

その友人が復職した際も、毎日のように上司に報告をしたそうです。そのような友人の姿に上司は親身になってさまざまなフォローを行ってくれたため、友人はスムーズな復職を果たすことができました。

このように復職後には上司と密に連絡をとっておくと、フォローアップを行ってくれるため、通常勤務に戻りやすくなります。

うつ病の経過を知る

うつ病は治療により、治癒する可能性の高い疾患です。しかし、うつ病をこじらせてしまうと、重症になりやすく、治りにくくなることがあります。

治療経過は一人ひとり異なることから、「なぜ自分は一向に良くならないのか」と不安になることはありません。

次のように、うつ病の回復過程では気分の波が生じやすくなります。

回復期は気分の変調が起きやすく、激しい変動があります。例えば、ある日は快調であっても、翌日は落ち込んで布団をかぶって寝ている状態を交互に繰り返します。

悪い状態のときは、本人も家族も「一生このままなのではないか」と不安が強まることがあります。しかし、「この前の落ち込みのときよりは期間が短くなった」など、小さな進歩を認めて、そこに希望を見出していくことが大切です。

もし不調の波が来そうな予測があれば、無理をしないように上司に早めに伝えておくと良いでしょう。

復職が難しければ転職も視野に

基本的にうつ病の場合は、休職する前の職場に戻ります。馴染みのある職場であれば、仕事を新しく覚える必要がなく、人間関係も把握できているため、ストレスが少なくて済むからです。

しかし、あなたが今回うつ病を発症した原因が、上記で挙げたように「夜勤が続き、慢性的な倦怠感を覚えている」「人間関係に疲れている」「いじめを受けている」「時間外労働が多い」など職場に関して思い当たるふしがあれば復職したとしても、うつ病を再発してしまう恐れがあります。

そのような場合は、思い切って転職するのも一つの方法です。「日勤だけの仕事へ移る」「人間関係のゆったりした職場に変わる」「時間外労働の少ない求人を選ぶ」など、うつ病になった原因をもとから断ち切ればいいのです。

しかし、転職するというのは、知らない職場に移ることから不安を抱えやすいといえます。その不安を軽減してくれる方法の一つに転職サイトのエージェント(転職コンサルタント)に頼るという方法があります。

転職のプロであるエージェントは、あなたの事情を考慮し、あなたに合った求人を紹介してくれるだけでなく、人間関係や仕事内容、時間外労働時間などまで調べて教えてくれます。

少なくとも2~3社に登録し、あなたに合った転職エージェントを探し、二人三脚で転職活動を行うと良いでしょう。

まとめ

看護職はうつ病になりやすい多くの原因に囲まれています。ただ、これらの原因を取り除き、労働環境を改善している職場もたくさんあります。日勤だけで時間外労働が少なく、人間関係の良い職場は存在します。

せっかく取得した看護師免許です。看護の仕事は過酷で大変ではありますが、やりがいもまた大きい職業といえます。

あなたは人の苦しみや生きる辛さを分かってあげられる看護師です。退職してはもったいないのです。

あなたがあなたらしく働ける職場を見つけることができれば、きっと多くの患者さんや利用者さんを笑顔にしていけるはずです。ゆっくり焦らず仕事をしていけるよう、良い職場を見つけることがなにより大切です。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く