看護師の腰痛は職業病とされており、腰痛の自覚症状のある人は看護師の約5~7割となっています。当然、他の医療スタッフよりも高い傾向にあります。

周囲で働いている看護師の多くも、腰痛もちの場合「腰が痛くて仕事が難しい」とはいいにくいです。そのため、休まずに無理をしてしまうケースが多いのが看護現場の実態です。ただ、ぎっくり腰やヘルニアを含め、腰を痛めてしまっては仕事ができません。

そうしたとき腰痛もちでも腰に負担をかけない職場に勤めれば、看護師として長く働くことができます。腰痛が悪化してしまっては、治療に時間も費用もかかってしまいます。サポートベルトを装着してもその場しのぎにしかならないため、腰に負担のかからない職場へ転職するのが基本です。

ただ、看護師にとって腰に負担の少ない職場には何があるのか把握する必要があります。そこで、「腰痛もちの看護師におすすめの転職先と注意点」について述べていきます。

腰痛だと働けない!辞めたいと考える退職理由に腰痛は十分

医療従事者だと、どうしても避けられないのが腰への負担です。体力勝負になる場面がどうしても出てくるようになり、これには患者さんに対する移乗や体位変換などの作業が存在するからです。

例えば、以下は病院のリハビリテーションでの様子です。

こうしたとき、たとえ老人であっても大人なので体重があります。そのためどうしても腰痛もちでぎっくり腰を発症したり、ヘルニアが悪化したりするのは普通です。私も看護師として働いていますが、高校生のころから毎年1回はぎっくり腰を発症しており、正常に歩けない状態が何日も続くことがあります。

ぎっくり腰やヘルニアを発症したことのある人でしか、このつらさが分からないのが実情です。ただ実際のところ、ぎっくり腰やヘルニアが悪化したら看護師として働けないほど仕事がつらくなります。

そのためいまの仕事を辞めたいと考えるには十分といえるほどの退職理由であり、実際のところ腰痛を理由に転職する看護師は非常に多いです。

腰痛ベルト・コルセットなどの補助具使用はその場しのぎ

ちなみに日本看護協会の腰痛予防対策指針では、「(事業主は)人力による人の抱え上げは行わせないこと」という原則になっています。患者さんの抱え上げはリフトを使用するのが望ましいのです。

しかし医療現場や福祉施設では腰痛予防教育・研修を実施していても、実際はリフトやスライディングシートなどの補助具を利用する機会は限られます。

例えば私が以前勤めた病院ではリフトがあったものの、入浴時だけの使用でした。車いすへの移乗などは人力で行わなければならなかったため、腰を悪くする看護師が多くいました。リフトがあるからといって安心してはいけません。

もちろん看護学校のときに習ったボディメカニクスを実践するにしても限界があります。毎日のおむつ交換や入浴介助、体位変換、車椅子移乗をしていれば、どれだけ注意しても腰を悪くするのは当然だといえます。

そこで腰痛ベルト・コルセットを利用すればいいと考える人もいるでしょう。もちろん、こうした器具はぎっくり腰の予防やヘルニア悪化防止に役立ちます。ただ「腰に負担がかかる」という根本原因が取り除かれているわけではないため、結局はその場しのぎにしかなりません。

ぎっくり腰やヘルニアありでも負担の少ない中途採用募集

ちなみに私については、腰痛が悪化してからは整形外科や整骨院へかなりの頻度に通い、腰のケアをしていました。もちろん就業中は腰痛ベルト・コルセットを活用し、腰への負担をできるだけ軽減させていたわけです。

ただ、いまはクリニックで勤務していますが、総合病院で働いていたときのような腰痛は感じません。つまり、職場が変わったことで腰痛が改善されたのです。

病気が退職理由になるケースはよくありますが、腰痛・ヘルニアも立派な病気の一つのため、腰痛が原因で辞めたいと考えるのは普通です。そうしたとき、腰痛もちやヘルニアの人に最適な中途採用募集には以下があります。

  • 眼科はオペなしの職場がおすすめ
  • 皮膚科・耳鼻科のクリニックは移乗がない
  • 入浴介助・移乗のないデイサービス
  • 健診センターは座っての作業が多い

腰痛もちの看護師でも、腰に負担の少ない職場は探せばあります。ただ同じ科であっても、職場によっては腰に負担をかけることがあるため、それぞれの注意点について解説していきます。

眼科はオペなしの職場がおすすめ

眼科に来院する患者さんは目が不自由なだけであり、自立している方がほとんどです。また、眼科での看護師の主な業務は検査と外来の補助です。重いものを運ぶことがないため、あらゆる科の中でもトップクラスで腰への負担が少なくなります。

ただ注意したいのは、オペを実施している眼科では、看護師はオペ介助業務を担う必要があります。このときオペなしだと患者さんの相手でずっと動き回れるので良いですが、器械出しの担当となると、数時間立ちっぱなしとなる場合もあります。同じ姿勢でずっと立っていると腰痛が悪化してしまう危険性があります。

また、眼科病院など規模が大きくなると、入院ありの手術を行うことになります。以下のような眼科病院がこれに該当します。

そこで眼科希望で腰痛を悪化させたくない方は、オペのない職場を選ぶといいです。もちろんオペとはいっても、白内障など10~30分ほどで終わる簡単な手術ばかりなら問題ないですが、高度な手術だと腰に負担をかけてしまうリスクがあるのは理解しましょう。

皮膚科・耳鼻科のクリニックは移乗がない

他にも移乗なしなど体への負担が少ない職場として、皮膚科や耳鼻科のクリニックが知られています。例えば皮膚科の患者さんだと、皮膚トラブルで来院します。車いすで来院し、検査のための検査台へ移乗するケースはほとんどありません。

同じことは耳鼻科にもいえます。耳鼻科の患者さんは耳や鼻の疾患で来院します。そのため耳鼻科の主な看護業務は、診療器具の準備、検査・診察の介助、吸入の指導になります。患者さんを移乗する業務はほぼありません。

そこで、以下のようなクリニックの求人へ応募しましょう。

兵庫にある耳鼻科クリニックですが、内科や整形外科など他の科はなく、あくまでも耳鼻科のみの診察になっています。

もちろん大学病院などの規模の大きな医療機関の皮膚科や耳鼻科だと、重症度の高い患者さんが多いため、オペ前の介助や入院中の看護などもあります。介助のときに患者さんの持ち上げといった業務が加わるため、腰を痛める恐れがあります。

看護師としてのスキルを磨きたい場合、もちろん大病院での看護師業務は優れています。ただ知識やスキルを磨くのもいいですが、腰が悪ければそもそも看護師として働けないため、今後のことを考えて身体に負担がかかる作業のないクリニックへ転職するのが最適です。

入浴介助・移乗のないデイサービス

高齢者施設で働くとなると、一気に腰痛が悪化してしまいそうなイメージをもってしまいます。しかし介護施設の中でも、デイサービス(通所介護)などではバイタル測定やレクリエーションの準備、食事介助などが主な仕事となります。

そうしたときデイサービスによっては、入浴サービスを提供している場合がよくあります。ただこのとき、介護士が入浴介助を実施し、看護師は入浴介助に関与しないケースもあります。

さらにデイサービスだと、一般的な介護施設に比べて高齢者の自立度は高いです。また要介護度の低い職場であれば、看護師が移乗を手伝わなければならない場面はありません。当然、介護業務の一環である高齢者の移乗や体位変換、おむつ交換などは行わなくてもいいです。

例えば東京から出された以下のデイサービス求人がこれに該当します。

デイサービスなので、施設によってはある程度の介助が発生する可能性があります。ただ介護度の低い人だと、むしろ介助されるのを嫌がり、自分で行おうとするのが基本です。また求人には「基本的に入浴介助なし」とあることから分かる通り、入浴サービスは実施するものの看護師は入浴介助に関与しません。

もちろん施設によって状況は異なるため、実際に中途採用求人へ申し込む前に仕事内容を確認したうえで応募しましょう。

健診センターは座っての作業が多い

また健診センターで看護師業務に従事しても、ぎっくり腰になりにくく、ヘルニア悪化も防げます。健診センターでの看護業務は主に健康な人の健康診断の介助だからです。採血などが主な業務になるため、座って仕事を行うことが可能です。

このとき大型機器を取り扱う場合があるにしても、一般的な病院に比べて看護師が移乗を含めた関与をすることはありません。患者さんが勝手に機器に乗って体勢を整えてくれるからです。

ただ健診センターでの仕事といっても、1日に百人近く採血を行うような職場では、座ったまま前傾で採血を取り続けているうちに、腰がしびれてくることもあるので注意が必要です。中には看護師は中腰で採血を行わなければならない職場もあるので、腰痛もちにとっては大変です。

そのため健診センターでの求人なら全く問題ないわけではなく、看護師の仕事内容がどのようになっているのか転職前に確認する必要があります。

小児科など、予想外に腰にくる職場がある

なお中には、上記に挙げた職場以外でも問題ない科が他にもあるように思うかもしれません。ただ、意外とそうでもないことは多いです。

例えば小児科に来院する患者さんであれば、高齢の患者さんよりは体重が軽い場合が多く、腰への負担を軽減できるように思ってしまいます。確かに乳幼児だと、保護者が抱っこしているケースがほとんどです。

ただ、ある程度まで年齢の大きい子は診察の間、診察を嫌がって逃げることがあります。そうした子供を捕まえるとき、腰を使うことがあります。

他には、例えば私の小児科に勤める友人だと、男の子からいきなり後ろから飛びつかれてぎっくり腰になってしまいました。子供はいきなり予想外の行動をとることがあるので、小児科が腰にやさしいかというと、必ずしもそういうわけではありません。

このように、予想外に腰に負担がかかってしまう科は存在します。腰痛もちの人がよく職場を調べずに転職すると、後で後悔することになります。どのような仕事内容となり、腰への負担はどうなのかについて慎重に調べなければいけません。

転職時は腰痛もちであると伝え、職場見学を実施する

そのため転職時は、必ず腰痛もちやヘルニアありだと伝えるようにしましょう。「腰痛もちである」ことを隠してしまうと、入職後困るのはあなたです。

腰痛もちと告げたところで、転職で不利になることはありません。もちろん規模の大きい病院や老人施設など、履歴書や面接で腰痛があることを告げると「なぜこの職場に申し込んだのだ?」と疑問をもたれることになります。

ただ、ぎっくり腰やヘルニア悪化をなくすための転職のため、現実的にはそうした職場の求人へ応募する看護師はいないと思います。そのため、実際に応募する医療機関に腰痛があることを伝えても何も問題なく、むしろ転職時は積極的に伝え、腰に負担のない職場かどうか面接時の職場見学で積極的に質問するようにしましょう。

もちろん、面接時に「腰痛があるので、患者さんの移乗などはあまりできない」と採用側に伝えるのは何も問題ありません。腰に負担がないことを条件に転職しなければいけないからです。

もし不採用になっても問題なく、不採用の職場は「移乗など腰に不安のかかる作業の多い求人だった」といえます。そうした中途採用は不採用のほうが好都合のため、できるだけあなたの要望を伝え、ぎっくり腰やヘルニア悪化とならない求人を探しましょう。

ぎっくり腰などの腰痛は労災認定を取れない

なおいま重い腰痛であるなら、労災認定を取れるように思ってしまいます。特にぎっくり腰やヘルニアで働けないほどなら、なおさらだといえます。

ただ腰痛には「災害性腰痛」「非災害性腰痛」があり、労災認定には災害性腰痛である必要があります。このとき災害性腰痛では転倒・転落など明らかな事故である必要があります。ぎっくり腰など、日々の疲労の蓄積による腰痛は非災害性腰痛となり、労災認定は下りません。

つまり腰への負担が大きい医療機関で働き続けたとしても、あなたの腰痛が改善することはなく、さらに労災認定も利用できないと考えましょう。

そのため腰痛がつらい状態のまま働き続けたとしても、状況が改善することはまずありません。これも、根本原因をなくすために転職を考える看護師が多くなる理由の一つです。

退職理由が腰痛・ヘルニアなのは普通

実際のところ、腰痛は非常につらいです。私も毎年のようにぎっくり腰を発症し、そのたびに数日ほど歩行障害に陥っていました。もちろんヘルニアのある人についても、腰痛悪化は非常に大きな問題です。

腰痛のある人でなければ、このつらさは分かりません。また腰痛のために職場を辞めたいと考える看護師が非常に多いのも事実です。

実際のところ、看護師の退職理由で腰痛が理由になるケースは多いです。この場合、根本原因を取り除くために転職を考えます。そうしたとき、どのような職場が腰痛もちの看護師にとって優れているのか解説してきました。

リフトやスライディングシートなどの補助具を使うとはいっても限界があります。そこで腰痛に悩まない求人を探し、職場見学や仕事内容の確認を通して、腰痛の問題から離れられる中途採用募集へ申し込むようにしましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く