「看護師の腰痛」は職業病とされ、腰痛の有訴者率(病気やけがなどで自覚症状のある人の割合)は看護師の約5~7割と、他の医療スタッフよりも高い傾向にあります。

周囲の看護師の多くが腰痛もちであるため、「腰が痛くて仕事が難しい」とはいえず、座るなど休まずに無理をしてしまうことが多いのが看護の職場の実態です。

私の周囲でも、腰痛ベルトを毎日腰に巻いて仕事をしている看護師が多いです。私の勤める職場では「あ、ぎっくり腰になりそう」という予兆を感じる声が聞こえれば、とりあえずベッドに横になって冷湿布を貼り、楽な体勢を取ってもらうようにしています。

その後一旦落ち着いたと思ったら、仕事を再開してもらうのですが、傍から見ていても「まだ腰が痛そうだな」というのが分かります。私の勤める職場は患者さんの移乗などは少ないのですが、立ちっぱなしのことが多いため、腰への負担は大きいようです。

腰痛もちでも腰に負担をかけない職場に勤めることができれば、看護師として長く働くことができます。腰痛という爆弾が爆発してしまっては、治療に時間も費用もかかってしまいます。事前に対処することが肝心です。

そのため今回はそのような「腰痛もちの看護師におススメする転職先と注意点」について述べていきます。

腰痛もちの看護師におススメする職場

腰痛もちの看護師でも、腰に負担の少ない職場は多いです。まずは、腰に負担を感じさせない職場についてお話します。

眼科

眼科に来院する患者さんは目が不自由なだけで、自立している方がほとんどです。また、眼科での看護師の主な業務が検査と外来の補助業務です。

ただし注意したいのは、オペをしている眼科では看護師はオペ介助業務を担う必要があります。

外回りだと動き回れるので良いですが、器械出しの担当となると、数時間立ちっぱなしのこともあります。同じ姿勢でずっといると腰痛が悪化してしまう恐れもあります。

眼科希望で腰痛を悪化させたくない方は、オペの無い職場を選ぶと良いでしょう。

耳鼻科

耳鼻科の患者さんは耳や鼻の疾患で来院します。そのため耳鼻科の主な看護業務は、診療器具の準備、検査・診察の介助、吸入の指導といったものになります。患者さんを移乗するような業務はあまりありません。

ただし、大学病院などの規模の大きな医療機関の耳鼻科ですと重症度の高い患者さんが多いため、オペ前の介助や入院中の看護などもあります。介助をするのに、患者さんを持ち上げるといった業務も加わってくるため、腰を痛める恐れがあるので注意が必要です。

皮膚科

皮膚科の患者さんもまた、なんらかの皮膚トラブルで来院します。なかには車いすで来院し、検査のための検査台へ移乗することもありますが、一般的に皮膚科では腰を痛めるような業務は少ないといえます。

さらに美容皮膚科などですと、美容目的であるため、自立している方がほとんどです。美容皮膚科の看護師の仕事といえば、ケミカルピーリング・脱毛・シミやシワ治療の介助・点滴や注射などですので、さらに腰を悪化させるような要因は存在しません。

美容にも興味をもっているのであれば、美容皮膚科も選択肢の一つに加えてみることをおススメします。

小児科

小児科に来院する患者さんも高齢の患者さんよりは体重が軽いことが多く、腰への負担を軽減させることができます。

また乳幼児ですと保護者が抱っこしていることがほとんどですが、上の子の診察の間、看護師が泣く乳幼児を預かったり、診察を嫌がって逃げる子どもを押さえたりと、腰を使うこともあります。

ただ、私の小児科に勤める友人は、退院した男の子の患者さんが友人に会いに訪れたとき、いきなり後ろから飛びつかれ、ぎっくり腰になってしまいました。子どもはいきなり予想外の行動をとることがあるので、注意しながら仕事をすることが大切です。

NICU

NICUでの主な看護業務は新生児のモニター類の観察、バイタルサインのチェック、医療器械の管理、点滴、薬剤の投与などです。

立ちっぱなしの仕事にはなりますが、重い患者さんの移乗などがないため、コルセットの装着によって腰痛悪化の心配はないのであればNICUでの勤務も可能です。

ただし、NICUでの夜勤は72時間ルールの適用外であるため、夜勤時間が他の科の看護師より長めに設定されています。夜勤に自信がない方は、NICUの勤務は難しいかもしれません。

透析室

透析室の看護師の主な仕事は、来院した患者さんの体重測定、穿刺、機械まわしです。他には機械の片づけ、食事指導などであるため他の科と比較すると患者さんの側で座って行う仕事が多くあります。

私の友人も慢性期病棟に勤めていたのですが、腰痛が悪化し透析室に異動しました。すると腰を悪化させるような業務がないため、「腰痛の心配をする必要がなくなった」と喜んでいました。

ときどき座らせてもらえる外来・クリニック

患者さんが多くバタバタしているような外来やクリニックなどですと座って休むことはできませんが、予約制や患者さんが少ない外来やクリニックですと、空き時間があれば座らせてもらえることがあります。

看護師の間で噂になるのは「あそこの泌尿器科クリニックは『予約制』にしているから、患者さんが来院していないときは雑誌を広げて、となりの部屋で休憩しているらしいよ」「えー本当?あそこは給料もいいのに、羨ましいね…」といった会話です。

同じくらいの給与でも、ばたばたと忙しく走り回る職場もあれば、ときどき雑誌を見ながら休むことのできる職場もあります。休むことのできる職場の多くは、もちろん「人気求人」になります。

看護師同士の噂として飛び交うくらいですので、多くの看護師が狙っている求人といえます。

このような求人は募集人数が希少となるため、転職サイトに依頼して「非公開求人」になっていることがほとんどです。そのため転職サイトに登録して担当のコンサルタント(エージェント)に「非公開求人の有無」を尋ねてみるとよいでしょう。

もしいますぐ求人が無かったとしても、求人が出次第、このような人気のある楽な職場を紹介してもらうこともできるので、転職サイトに登録しておいて損はありません。

高齢者施設

高齢者施設と聞くと、一気に腰痛が悪化してしまいそうなイメージをもたれている方もいるでしょう。

しかし、介護施設やデイサービスなどでは介護のプロである「介護士」が在籍しています。そのため、看護師は介護業務の一環である高齢者の移乗や体位変換、おむつ交換などは行わなくても済む職場があります。

高齢者施設の看護師は看護業務であるバイタル測定や、レクリエーションの準備、食事介助などが主な仕事となります。

ちなみに介護施設より、デイサービスのほうが高齢者の自立度は高いため、看護師が移乗を手伝わなければならない場面に遭遇する可能性は少なくなります。

ただし施設によっては人手不足などで、入浴介助や移乗などを看護師も介護士と一緒になって行っていることもあるため、事前にチェックしておくことが大切です。

健診センター

健診センターでの看護業務は、主に健康な人の健康診断の介助です。採血などが主な業務になるため、座って仕事を行うことが可能です。

ただし、健診センターでの仕事といっても、1日に百人近く採血を行うような職場では、座ったまま前傾で採血を取り続けているうちに、腰がしびれてくることもあるので注意が必要です。

中には看護師は中腰で採血を行わなければならない職場もあるので、腰痛もちにとったら大変です。こちらも転職前に確認することが必要でしょう。

産業看護師

産業保健師は保健師の資格が必要ですが、産業看護師となると特に保健師の資格は必要ではありません。

産業看護師では、企業内での健康診断の実施、健康指導、健康教育やメンタルケアなどが主な業務です。規模の比較的大きい企業の医務室でのデスクワークが多くなります。

働いている人が相手ですので、介護業務などは無く、体力仕事も少ないため、腰痛もちの看護師にはおススメです。

ただし、こちらも人気のある求人ですので、求人が出てもすぐに埋まってしまう恐れがあります。転職サイトに登録して、「産業看護師の求人が出たらすぐに教えてもらえる」ようにしておくことが大切です。

CRC(治験コーディネーター)

こちらも一般企業での仕事となります。CRCは「新薬の臨床試験を実施したい製薬会社」と「新薬を使用し、安全性や有効性の治験研究が行われる患者さん」との間を橋渡しするのが主な業務です。

医師や患者さんに新薬の説明をしたり、レポートを作成したりするのが仕事ですので、デスクワークが多くなります。プレゼンなどが得意な腰痛もちの看護師にとっては、おススメの職場となります。

腰痛もちの看護師が日常業務で気を付けたいこと

次に、「腰痛もちの看護師が日常の業務で注意しておきたいこと」についてお話しておきます。

腰痛の発生要因は4つ

日本看護協会のサイトにも掲載されていますが、腰痛の発生要因については4つあるとされています。その4つとは「動作要因」「環境要因」「個人的要因」、そして「心理・社会的要因(ストレス)」です。以下に詳しい内容について記載しておきます。

動作要因 … 重量物の取り扱い、人力による人の抱え上げ作業、長時間の静的作業姿勢、不自然な姿勢、急激又は不用意な動作

要因  … 振動、温度等、床面の状態、照明、作業空間・設備の配慮、勤務条件等

個人的要因 … 年齢及び性別、体格、筋力等、既往症及び基礎疾患

心理・社会的要因 … 仕事への満足感や働きがいが得にくい、上司や同僚からの支援不足、職場での対人トラブル、過度な長時間労働、過重な疲労、心理的負担・責任

(厚生労働省「職場における腰痛予防対策指針 2013」)

このように腰痛では、原因をひとつには特定しづらく、さまざまな要因が重なり合って症状が出ています。また上の要因からも分かる通り、看護師は「腰痛になりやすい原因の仕事の多くを担っている職業である」といえます。

補助具をどの程度使用している職場か

日本看護協会の腰痛予防対策指針によると、「(事業主は)人力による人の抱え上げは行わせないこと」という原則になっています。患者さんの抱え上げは「リフトを使用する」のが望ましいのです。

しかし、実際の医療現場や福祉施設では腰痛予防教育・研修は行っていても、実際に「リフトやスライディングシートなどの補助具を利用している病院」は5割程度に留まっています。

私が以前勤めた病院ではリフトがありましたが、入浴時だけの使用でした。車いすへの移乗などは人力で行わなければならなかったため、腰を悪くする看護師が多くいました。リフトがあるからといって安心してはいけません。

腰痛もちの看護師は必ず転職前に職場見学をし、看護師はどの程度「移乗など、腰痛の発生要因になりそうな業務があるか」について確認することが大切です。

ボディメカニクスで腰痛予防

看護学校のときに習ったボディメカニクスを再度、復習しておきましょう。簡単に下記にボディメカニクスについてまとめました。

  1. 足を広げ、支持基底面を広く取り、身体を安定させる。
  2. 腰を落とし、重心を低くすることで姿勢を安定させる。
  3. 患者さんを上に持ち上げるのではなく、水平に移動させる。
  4. 患者さんと看護師の重心を近づける。
  5. 支点を意識して、てこの原理を使う。
  6. 患者さんの膝を折ってもらうなどし、小さくなってもらう。
  7. 大きな筋群を使うことを意識する。

患者さんの移乗や移動介助を行う際は、このボディメカニクスを意識すると腰への負担を軽くすることができます。

ただし、ボディメカニクスだけでは腰痛は予防できません。

自分の身を守るという点からも、腰の負担軽減のために福祉用具を活用するように心がけましょう。また、自分ひとりで患者さんを抱え上げようとせずに、患者さんのADL(日常生活での動作)や病状、状態を確認し、それに見合った補助用具を有効に使用しましょう。

そういった工夫をおこなっているうちに「寝たきりの患者さんが自力で車いす移乗ができるようになった」という報告もあります。

補助用具をどのように使えば、有効活用できるのかを理解し、看護師と患者さんの双方が補助用具の恩恵を享受できるようにしておくことが大切です。

ストレスとうまく付き合う工夫を

ストレスを受けやすい職場であると、腰痛になる可能性が高く、腰痛になったときの痛みも大きいのが特徴です。医療の現場は命と隣り合わせのストレスを受けやすい現場であるといえます。

休息と睡眠の確保を意識して行い、仕事で受けたストレスを必要以上にプライベートまで抱え込まないようにすることが大切です 。

運動を意識して行う

原因がいくつもあるような非特異的な腰痛であれば、過度に安静をとっていては、かえって腰痛を悪化させることがあります。腰痛だからといって、身体を動かさないでいると活動性が低下し、脊椎のスムーズな動作ができなくなり、背筋や脊椎の硬直化を招きます。

腰回りが固くなってしまえば、それによって痛みが増したり、腰痛が再発したりする可能性も高くなってしまいます。

ぎっくり腰など原因が判明している腰痛は、安静にしておくことが大切です。しかし、原因がいくつも考えらえる腰痛であれば、過度の安静は避け、適度な運動を心がけるようにしましょう。

仕事中はコルセットや腰痛ベルトを装着する

コルセットや腰痛ベルトを装着すると、腰へ過度な負担を与えないため、痛みが軽減することにつながります。

ドラッグストアなどにいくと、腰痛ベルトを売っています。整形外科にいくと、あなたの体格や痛みの具合に合わせたコルセットや腰痛ベルトを勧めてくれることもあるでしょう。

私の同僚も一日中、腰痛ベルトを着けていますが、「夏は暑くて蒸れるけれど、腰のことを考えると手放せない」といっています。腰痛ベルトを着けて仕事をすると、仕事が終わってからの腰の疲労感が全く違うそうです。

メッシュタイプ、温めるタイプ、磁気タイプなどさまざまなタイプの装着ベルトが売り出されているので、自分に合ったものを見つけるようにしましょう。

転職時、腰痛もちであることを伝え、必ず職場見学を

転職時に「腰痛もちであるかどうかを伝えるか」について、悩む人がいます。しかし、もしそこで「腰痛もちである」ことを隠してしまうと、入職後困るのは「あなた」です。

「腰痛もち」であることを告げたところ、その求人を「不採用」となったとします。しかし「腰痛もちだから不採用になった。人柄や看護スキル、知識を否定されたのではない」と考えることができるので、落ち込む必要がありません。

また、「あの求人は腰痛を悪化させる職場であった」ため、入職しなくて良かったのです。

仮に腰痛もちを隠して、「採用」されたとします。すると入職してから配属された職場では移乗や移動介助が多く、腰痛が悪化して困った事態になるかもしれません。

腰痛がひどくなったとしても、新人ですので「腰痛があるから移乗介助を変わってもらえませんか」とも言いづらい場面もあるでしょう。また入ったばかりの職場を腰痛のために、すぐに退職することになっては、採用側も「腰痛もちならば、早く言ってよ」ということにもなりかねません。

次に、面接時「腰痛があるので、患者さんの移乗などはあまりできない」と採用側に伝える場合の注意点を考えてみましょう。腰痛もちでも採用を前向きに検討してくれる職場は上記でも紹介したように多くあります。

しかし、採用担当者が「腰痛の大変さ」について経験したことがなければ、「あれくらいの介助業務であれば、腰を悪くすることはないだろう」と安易に考えることがあるかもしれません。

そして「まあ多少の腰痛であれば、誰でも抱えているものだから大丈夫だろう」などと思い、あなたに「業務の実態」を充分伝えない可能性もあります。

必ず「腰痛もち」であることを伝え、職場見学を行わせてもらうことが重要です。そして、「実際に行っている業務で腰を痛める行為はどの程度なのか」を自分の目で確かめ、事前に確認するようにしましょう。

腰痛は労災認定がとれることも

「日本看護協会:病院看護職の夜勤・交代制勤務等実態調査、(2010)」の看護師の腰痛調査によると、「腰痛があっても労災申請しない」と回答した看護師が8割を占めています。

これは、「腰痛で労災認定できる可能性がある」ことを知らない人が多いためです。実に勿体ない話なのです。

仕事が原因で腰痛になった場合、必ず労災認定される保障はありません。しかし、「看護師の腰痛が労災と認められる可能性」はゼロではありません。

もし日常行っていた業務が原因で腰痛になった場合は、まずは「整形外科」に受診することが大切です。

次に上司に「この度、職場で生じたこの腰痛は労災に当たるのかどうか」の確認を取るようにしましょう。そして必要に応じて、整形外科で診断書を書いてもらえば、良いのです。

労災認定がされたら、整形外科で受診した費用や休んだ日数分の給料などが支給の対象となります。

厚生労働省では、「労災認定される腰痛」の判断のために、「業務上腰痛の認定基準」を定めています。腰痛を「災害性の原因による腰痛」と「災害性の原因によらない腰痛」の2種類に区分しています。次に詳しい内容を抜粋しています。

「災害性の原因による腰痛」とは

① 腰の負傷またはその負傷の原因となった急激な力の作用が、仕事中の突発的な出来事によって生じたと明らかに認められること

② 腰に作用した力が腰痛を発症させ、または腰痛の既往症・基礎疾患を著しく悪化させたと医学的に認められること

「災害性の原因によらない腰痛」とは

突発的な出来事が原因ではなく、重量物を取り扱う仕事など腰に過度に負担のかかる仕事に従事する労働者に発症した腰痛で、作業の状態や作業期間などからみて、仕事が原因で発症したと認められるもの

厚生労働省「腰痛の労災認定」リーフレットより

上記を参考にして、あなたの腰痛がどちらの腰痛に分類されるか、判断してみてください。

「災害性の原因による腰痛」とは、例えば「患者さんを車いすに移乗してもらおうとして支えたところ、患者さんの力が入らなかったため、過度な負担がかかり腰痛を発症してしまった場合」などです。

ただし、繰り返すぎっくり腰などは、労災とは認定されづらいので注意が必要です。なぜなら、ぎっくり腰は看護業務に携わっていない日常生活の中でも発症する可能性のある疾患であるからです。もし勤務中にぎっくり腰になったとしても、「看護業務が原因」とは断定しかねるためです。

また、「災害性の原因によらない腰痛」とは、「筋肉疲労が原因となって、腰痛や骨が変化したことによる腰痛のこと」です。

この筋肉疲労が原因で発症した腰痛であれば3ケ月以上、骨の変化による腰痛であれば10年以上という年月の間、腰に負担のかかる看護業務に従事している場合、「労災」と認定されます。

まとめ

腰痛のある方に向けて「おススメの転職先」と「注意点」、「腰痛の労災認定のこと」について述べてきました。

一般病棟での勤務となると、体位変換や移乗などの介助でどうしても腰に負担がかかることが多くなるため、腰痛に不安をもっている看護師は避けたほうが無難です。

腰痛もちでも病棟でキャリアを積んでいきたいとされる方は、自分の腰痛経験を活かして、リフトやスライディングシートなどの補助具の使い方の専門的に勉強をし、職場で率先して活用してみてはいかがでしょうか。

多くの看護師が腰痛もちで仕事内容に不安を抱えています。あなたが「腰痛もち看護師の先駆者」として、自身の実体験を活かし多くの看護師の腰痛不安を解放していってもらえたらと思います。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く