3ba002af4d82916b56a7eacabd13152f_s

乳房再建や顔のキズを目立たなくするなど、患者さんに心から喜ばれる仕事として、形成外科への転職を考える看護師は多いです。

形成外科は「身体の表面の欠損」「変形した形態」を再建させる治療を行う領域です。外科や救命救急、ICUなどと比べると、患者さんの死に向きあう機会は少なく、仕事でのストレスは少なくて済みます。

その一方で、満足いく結果を得た患者さんからは感謝されることが多く、形成外科看護は大変やりがいを感じられる領域だといえます。

そこで今回は形成外科に興味のある方に向けて、形成外科看護師の仕事内容や給料、満足いく求人の見つけ方について述べていきます。

形成外科看護師の仕事内容

形成外科は、身体の表面にあるさまざまな部位の異常や欠損・変形を治療の対象としています。呼吸器や脳神経、消化器など特定の臓器にできた疾患が治療の対象というわけではありません。

まず、形成外科は一体どのような科であるのか、具体的にお話ししてきます。

形成外科とは、身体の表面の欠損や変形の治療を行うため、「身体の表面の外科」ともいわれています。さらに、形成外科には大きく分けて以下の2つの専門領域があります。

  • 再建外科
  • 美容外科

再建外科とは、組織の異常、変形や欠損などの疾患を対象として再建を行う治療になります。再建外科は、先天性、もしくは事故の外傷やガン手術などで欠損・変形した体の一部分を正常に近い状態に再建させ、QOL(クオリティ・オブ・ライフ:生活の質)を高めます。

一方で美容外科とは、疾患とはいえないけれど、患者さんが気にする細微な形態を外科の手を加えて修復し、美しく整える治療になります。美容外科も形成外科の領域の一つとされており、この治療を受けることで患者さん自身の満足度を向上させることができます。

このとき、形成外科医の治療・技術サポートを行うのが看護師の仕事内容となります。具体的な内容は、以下の通りです。

  • 術後の患者さんの観察
  • バイタルチェック
  • 術後患者さんの介助
  • 術前術後の説明
  • 外来の補助
  • 投薬
  • 採血・点滴 など

これらの仕事内容は他の病棟とあまり違いありません。ただ形成外科の場合、術後の経過観察や外来の補助業務などが主な仕事であるため、採血や点滴の機会は少ないのが特徴です。

しかし、形成外科では少し特殊な技術を用いることになります。そのため、形成外科へ転職を考えている場合は事前に内容を理解しなければいけません。

・形成外科では傷跡を最小限にする

形成外科の領域では交通事故等で顔に傷ができてしまった患者さんなどに対して、外科医とともに手術を行います。外科医が大きな傷の治療を行い、形成外科医が傷表面の修復を行います。

ただ、事故などでできてしまった傷の修復だけが形成外科医の仕事ではありません。形成外科医はガン専門医と一緒にガン治療のオペに参加し、ガン患者さんの腫瘍切除部分に、身体の別の一部の皮膚を移植し傷口を修復する施術も行います。

形成外科医の働きにより、本来であれば皮膚組織に生じるガン切除の欠損部分をできるだけ最小限にし、もとの皮膚状態に近づけることができるのです。

このように形成外科では、外科のように傷や疾患を治すという目的だけではなく、治療後の生活まで視野に入れ、本来の状態に修復する治療を行うという役割を担っています。

例えば、私がかつて手の手術を受けたときですが、形成外科は不在で手の専門医だけの執刀でした。手術を受けた箇所の機能は改善したのですが、手首に以下のような傷あとが残りました。

外科では、一般的な縫い合わせの手術は多くの場合、抜糸後に線路のような傷あとが残ります。これが顔にできた場合、傷跡が気になる人が多いです。この場合、後日レーザー照射などを行えば傷跡を薄くできるのですが、大変な手間と労力がかかり、完全な修復は見込めません。

一方で形成外科では、「中縫い」という縫合法を行い、最初の手術の段階から傷あとが残らないような縫合方法が選択されることが多いです。形成外科では外科のように上の層の表皮を糸で縫い合わせるのではなく、下の層から筋肉・皮下組織・真皮の組織をそれぞれ縫い合わせていきます。

例えば、以下では「顔にできた傷あとが目立たなくする施術」が行われていることが分かります。

引用:にじが丘皮ふ科形成外科

下層の真皮をしっかり縫い合わせているため、表皮は糸で縫わずテープを貼るだけにします。もし傷口が広くて糸で縫った方がいいと判断した場合でも細い糸を使い、5ミリ間隔で縫い合わせ、3~5日といった短期間で抜糸します。

このように形成外科の技術を駆使すれば、治癒したときに傷がほとんど目立たなくなります。

これをサポートするため、看護師は術前・術後の傷の治り具合を観察したり、異常があれば担当医師にすぐに報告したりします。その他にも、患者さんにリハビリを促し機能の改善維持を図ったり、地域連携室と退院後の連携をしたりする仕事もあります。

また入退院の短期化により、多くの患者さんは2~3日で退院していきます。そのため、入院の受け入れ業務が多いのも形成外科病棟で働く看護師の特徴です。

例えば、以下は県立広島病院形成外科病棟の看護部のモットーになります。

引用:県立広島病院 南6病棟

このように形成外科に勤める看護師は、患者さんの術後の経過を細かく観察し、異常の早期発見が重要な仕事となります。

・形成外科のすべての治療が保険適用ではない

ちなみに、総合病院や大学病院の形成外科は「美容」という言葉が付いていないので、健康保険の適用内の範囲でのみ治療を行うイメージがあるかもしれません。実際には大学病院や総合病院の形成外科でも、美容外科の範囲の施術を行っているところもあります。

しかし、形成外科が取り扱うすべての施術や治療が健康保険の適用というわけではありません。

例えば、先天性の病気による変形・欠損の再建治療や、ガン切除後の乳房再建術などは保険適用となります。一方、フェイスリフト、脂肪吸引、シワ・タルミとり術、豊胸術、脱毛術など、美容外科の要素を含む手術は自費診療になります。

同じレーザー治療でも、太田母斑、異所性蒙古斑、扁平母斑などは保険適用ですが、加齢性色素沈着(一般的な加齢によるシミ)や入れ墨などは自費診療となります。

さらに、ケンカや交通事故など第三者の行為によって起こったケガや、労災事故といわれる仕事上でのケガを形成外科で治療した場合も健康保険の適用外となります。

このように総合病院や大学病院の形成外科では、保険適用外の施術も実施しています。

形成外科クリニックの場合、オペ看護は必須

なお、個人経営の形成外科クリニックの看護師であれば、上記に加えて、さらにオペ室業務が加わります。例えば、以下は奈良にある形成外科クリニックの仕事内容です。

一言で手術介助といっても、オペの器械出し、オペ介助(医師に順番通りに器具を渡すなど)、オペの器械洗浄・殺菌など多くの業務が増えることになります。

私は眼科クリニックで手術介助につく業務がありました。そのとき、オペで使う器具名や器械を出す順番、器械の洗浄方法や清潔不潔操作など、覚えることがたくさんありました。毎日、寝る前に器具の写真をみて名前をすぐにいえる練習をしていました。

また個人クリニックであると、形成外科という看板は掲げていても美容整形・美容皮膚科などの美容関連の施術も行っているクリニックがほとんどです。以下は東京にある形成外科クリニックの看護師求人で、保険診療と自費診療の両方を手掛けています。

この場合、レーザー脱毛照射やシミ・しわ取りなど仕事は多岐に及ぶ場合があります。形成外科病棟よりも形成外科クリニックのほうが、様々な業務を任されるため、覚えることが多く最初は大変になる可能性が高いです。

ただ、将来的に美容外科や美容皮膚科といった美容クリニックへの転職を考えている方などであれば、形成外科での経験を活かすことができるため、おすすめです。

大学病院など総合病院では、形成外科は混合病棟のことが多い

また形成外科を希望する場合、注意してもらいたい点があります。それは多くの場合で、形成外科がその科だけの病棟というわけではなく、混合病棟となっている点です。そのため配属によっては、整形外科や口腔外科など他の科の勉強も必要となります。

例えば、以下は大阪にある急性期病院の看護師求人の一部です。

こちらの病棟では、整形外科や代謝内分泌内科、皮膚科と混合病棟になっています。

また別の求人をみてみましょう。以下は、千葉県にある総合病院の看護師求人です。

泌尿器科・内科・皮膚科と混合病棟になっている場合もあります。このように総合病院へ転職を希望する場合、形成外科だけというわけではなく、形成外科とは一見関係のなさそうな内科や泌尿器科の看護も勉強しなければなりません。

ちなみに総合病院では募集時に希望の科を一応聞かれることが多いですが、形成外科看護師の人数が足りていれば、他の科に回されることも多々あります。

特に診療科が多い病院の場合、形成外科への配属にならない可能性が高くなるため、事前に転職コンサルタント(転職エージェント)に希望を伝えて、採用担当者に念を押しておくことが大切です。

形成外科看護師の役割

形成外科の看護の対象は、皮膚の表面の治療や手術を受ける患者さんとなります。心臓外科や脳外科、消化器外科・内科などと異なり、さまざまな年齢層が対象となる科です。

形成外科に来院する患者さんの目的は、以下のとおりです。

  1.  傷や疾患の治癒
  2.  外傷やガン摘出などで失われてしまった機能の回復
  3.  外見上の修復・美容
  4.  傷や変形によって生じた精神的苦痛の解消

1.や2.といった治癒や機能回復の治療は、患者さん自身のゴールが明確で、数年で治療が終わることが多いです。外科手術は、内臓疾患手術が成功したかどうかは、患者さん自身は実際に目で確かめることができません。そのため、医療者である医師が術後のゴール(治療終了)を決めることができます。

一方で、3. や4.の美容や精神的苦痛の解消といった問題は、どこが治療のゴールか明確に決まっていないことが多く、患者さんが治療結果に納得しない限り、形成外科に何年も通院することも起こります。

そのため「術後にこんなになるとは思っていなかった」といったボディイメージ(本人が自分に抱く外見上のイメージ)に患者さんが不満をもてば、治療の目的を果たせなかったことを意味します。

患者さんが治療結果の説明を充分に理解・納得していなければ、せっかく形成外科手術を受けたにもかかわらず、「この手術は意味があったのか」と不安になる患者さんも出てきます。

例えば、乳がんのために乳房再建術を受けた患者さんの中で術後に不満をもつ方がそれなりにいます。これは、皮膚移植した腹部に自分が思っていた以上に大きな傷跡が残ってしまうためです。

引用:県立広島病院

乳房の再建は行えても、腹部に新しくできてしまった大きな傷に納得できないのです。

術前の説明をしっかり理解してもらっていなければ、患者さんは手術結果に不満を抱えてしまう可能性が高まります。すると、患者さんは新たな外見上の変化を受け入れられず、精神的に落ち込んでしまうことがあるのです。これでは何のための手術だったのか本末転倒になります。

形成外科では看護師の介入の仕方次第で、医療を施したことによって患者さんの自己概念が歪み、自尊心が低下してしまう可能性を秘めているのです。

そのため、患者さんの術後イメージに医療者側との相違がないよう、形成外科の看護師は術前術後の説明をしっかり行い、患者さんに「自分の思い描いているボディイメージをはっきりもってもらう」ことが大切になります。

さらに形成外科では、術前術後の患者さんに対して深い洞察力をもち、傾聴することで患者さんが術前術後に感じている悩みを把握し、精神的なサポートを行う看護が求められます。

患者さんは治療に関する悩みが解消したり、軽減したりすることで、術後の新しい自分を受け入れられる体制が徐々に整っていくのです。

このようなことから、形成外科の看護は、術前・術後の外科看護だけではなく、心身の回復(リハビリテーション)をサポートする看護が非常に重要な役割になります。術前・術後を通して、患者さんの身体面や精神面に対して、深い洞察力とケア技術のある看護を提供していきましょう。

形成外科看護師の年収・給料

それでは、形成外科の看護師ではどのような収入になるのでしょうか。まず総合病院などの形成外科であると、他の領域の看護師と給料は変わりません。年収にすると、看護師平均給与の480万円前後(夜勤あり)だとされています。

一方で形成外科クリニックの看護師の給料は、月に25万円前後となります。これは、一般のクリニックの給料と比べると高い傾向にあるといえます。その理由は、多くの形成外科クリニックが美容外科も並行して行っているためです。

美容外科が診療内容に加わると自由診療になるため、クリニックの収入は増えます。その結果、そこで働く看護師に給与として還元できるのです。例えば、以下は東京にある形成外科クリニックの看護師求人になります。

こちらの求人であると、毎週水曜と木曜が休みで、年間休日数が175日もあるにも関わらず、月収が26万円以上となっています。このように多くの形成外科クリニックの看護師求人は、看護師の給与を高く設定できたり、高待遇であったりすることが多いです。

ただ、美容外科クリニックの看護師給与と比較すると、形成外科クリニックの看護師の収入は下がります。美容外科クリニックの中にはインセンティブやノルマ達成手当などで月収30万円や40万円を越えるところもあるくらいです。例えば、以下のような美容クリニックです。

こちらは福岡にある美容クリニックで、月収は33万円となっています。

美容クリニックよりも、形成外科クリニックで保険診療の分野をメインに携わっていきたい方は、美容外科よりも収入は少ないことを念頭に置いておくと良いでしょう。

ただ、保険診療だけの形成外科クリニックの場合、看護師の給料はそれほど高く設定されていません。例えば、以下は福岡にある形成外科クリニックの看護師の給料です。

月給が22万円ということは、整形外科や内科、耳鼻科といった夜勤のない一般のクリニックと大差がありません。形成外科クリニックの看護師の給料は、自由診療を取り入れているかどうかで年収に大きな差が出てしまうのが特徴となります。

転職前に「どのような仕事内容なのか」「オペを行うのか」「保険診療・自由診療の両方を行うのか」など事前の情報を入手し、月収にどのように反映されるのか確認しておくことが大切です。

形成外科看護師の中途採用求人の探し方

では形成外科看護師求人の効率の良い探し方ですが、看護師転職サイトを利用することをおすすめします。

先述しましたが、総合病院の形成外科病棟は他の科との混合病棟であることが多いです。

また形成外科は、他の科と比べると緊急入院などの残業は少なく働きやすいため、診療科の中では人気が高く人手不足であることが少ないです。そのため形成外科を希望したとしても、自分の力だけで転職した場合、形成外科への配属は難しいです。

そこで大学病院や総合病院で形成外科を希望するのであれば、転職サイトを介して以下のような「形成外科・口腔外科など専門病棟をもつ病院」を紹介してもらうとよいでしょう。あなたの代わりに転職コンサルタントが病院側へ交渉してくれるので、面接前に希望する科への配属状況を教えてもらえます。

また、形成外科クリニックへ転職希望であれば、給与や待遇の差が大きいです。求人の診療科目に形成外科だけでなく美容外科などが含まれているか確認し、給与に反映されているか事前に確認してみましょう。

以下は東京にある形成外科の標榜を掲げたクリニック求人になります。

形成外科だけでなく、美容外科や皮膚科が診療科目に含まれているほうが、仕事に慣れるほど給料に反映されやすいため、やりがいを感じやすくなります。

ただ、このようなクリニックを個人で探す場合、仕事内容や人間関係が分からないことが多く、転職に失敗する可能性が高くなります。個人クリニックは院長の考え方次第で、看護師の働きやすさが全く異なるため、事前に詳しい内情を知っておく必要があります。

このように形成外科は総合病院でもクリニックでも他の診療科とは異なり、特殊な点が多いです。そのため、第三者である転職サイトのコンサルタントに仲介してもらい、転職を成功させるほうが効率的なのです。

そこで、プロの転職コンサルタントにあなたの希望を伝えておけば、形成外科だけの病棟をもつ病院を紹介してもらえたり、クリニックであれば給与交渉をしてくれたりします。

中には、募集を出していないクリニックに採用の交渉をしてくれたり、あなたを売り込んでくれたりする場合もあります。例えば、私が勤める病院には転職サイトから、以下のようなFAXが届きます。

このFAXには、転職希望の看護師の年齢や経験年数、就業状況などが記載されています。

私の勤めるクリニックでは、過去に妊娠している看護師が切迫早産で急に入院することとなり、緊急で看護師を充足しなければならなかったことがありました。そのとき、院長はこちらのFAXを持ち出し、転職サイトへすぐに電話をしていました。

タイミング次第では求人を出していなくても、転職サイト経由で病院やクリニックのほうから、声が掛かることがあるのです。看護師でも転職サイトの利用はすでに一般的になっており、プロの手によりマッチングしてもらうほうがより満足いく転職を実現できます。

口コミ・評判に優れた転職サイトに3社以上は登録し、形成外科へ転職する際の選択肢を広げておくとよいでしょう。

形成外科転職の成功は口コミを含めた情報集めが必須

形成外科へ満足する転職をするには情報収集を行い、転職後に「このようなはずでは無かった」という想定外の事態が起こらないように心がけることが大切です。

特に形成外科は勤め先によって、仕事内容や収入などが全く異なることが多いです。そのため、事前に情報収集を行っておくことが非常に重要になります。

情報収集の方法ですが、口コミ・評判に優れた転職サイトに頼めば、転職コンサルタントが直接そこで勤めている看護師や医師から話を聞いてくれます。仕事内容や給料だけでなく、人間関係や離職率など聞きづらい内容も転職コンサルタントが調べてくれるため、転職後に不都合な問題が起きにくくなります。

今回を最後の転職と考え、できる限りのことを実践して満足いく転職につながるよう心がけましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く