美容外科・美容皮膚科に勤務する看護師は、日々進歩する施術について勉強を深めていく事が大切です。知識の多い看護師は、患者さんに信頼され、頼られる存在といえるからです。

しかし学生時代や病棟勤務時代とは違って新しいことを覚えなければならず、戸惑ってしまうことが多くあります。これは、美容外科・美容皮膚科に足を踏み入れた新人看護師なら誰しも経験することです。

美容クリニックに転職すると「お勧めする施術は、本当にお客様の悩みを解決できるのか」「先輩看護師から簡単に行える施術と教えてもらったけれど、注意点はないのか」などの疑問が多々湧いてきます。これらの悩みは忙しい実際の現場ではなかなか聞きづらいのが現状です。

そこで、このような美容外科に入職したての新人看護師やこれから美容外科・美容皮膚科に転職を考えている看護師に対して、美容に関する勉強方法や美容医療でよく行われている施術の長所や短所についてお話しします。

美容外科の看護師がすべき即戦力になる勉強方法

美容外科では、新しい知識を山のように吸収しなければなりません。ただ、学生時代と違って仕事で分からないことがあっても、先輩看護師は忙しくて、何度も同じことを教えてもらえないときがあります。

新卒看護師と異なり中途採用の看護師は、未経験であってもできるだけ早く即戦力となる努力を怠らないことが大切です。そのような場合、美容外科の新人看護師として以下のような勉強方法を実践すると、仕事内容をより早く身につけられます。

  • こまめにメモをとる
  • ノートをその日のうちにまとめる
  • 器械や器具名は写真を撮って反復して覚える
  • 手術風景を動画に撮らせてもらい、器具を渡す順番を把握する
  • 施術のメリット・デメリットを知る
  • 自院の器械だけでなく、多くの美容器械について知る など

それぞれについて述べていきます。

・こまめにメモをとる

こまめにメモをとるのは、中途採用の新人看護師の鉄則です。教えてもらったときは理解できたつもりでいても、いざ自分が実践するとなると手が動かなくなることあります。そのようなときに、こまめに見返すことができるのがメモです。

毎日のルーティンワークであれば、頭ではなく体が覚えていってくれますが、ときどきしか行われない仕事であればメモをとり、見返すことが大切です。そのほうが記憶の定着が早くなります。

・自分ノートをその日のうちにまとめる

またメモにとっておいて分からないことがあれば、その日のうちに自分のノートや参考書に書き足しておくことが大切です。私はメモする内容が多かったので、小さなメモ用紙に自分の分かりやすいようにまとめて、参考書に貼っていきました。

勉強すればするほど、参考書が分厚くなっていくのが視覚的に分かるので、どれだけ自分が勉強してきたかが一目で分かります。

この参考書はもともとの厚さから2倍以上に膨れ上がりました。

この参考書を持ち歩くのは重いのですが、自分がつまずいた箇所をすぐに見返すことができるだけでなく、「大人になって、ここまで勉強する自分はすごい」と勉強を続けるモチベーションを保つのに役立ちました。

・器械や器具名は写真を撮って反復して覚える

また美容外科ではさまざまな種類の施術を取り扱うため、看護師はたくさんの器械や器具名を覚えなければなりません。しかし、なかなか一度では覚えきれないため、器具の絵を描いて覚えるのも一つの方法です。

しかし、その方法はあまり効率的ではありません。絵がうまい人であれば、描いたものから器具名を思い出すことができますが、絵が下手な人であれば、何の絵を描いたかの判別がつかず難しいからです。さらにいくら絵がうまい人でも器具を一つ一つ描いていては時間がかかります。

そこで手っ取り早い方法としては、スマホで器具を一つひとつ写真撮影して、空き時間にスクロールしながら覚えていくのです。

私自身、眼科クリニックで「入社後、1週間経つとオペの介助に就かなければならない」といわれ、寝る前にスマホを確認しながら器具を口に出して覚えました。白内障の介助だけでも覚える器具名は30くらいあり、眼科も手術介助も未経験であったため、必死で覚えました。

この方法により、30くらいの器具であれば短期間で簡単に記憶することが可能です。

新人看護師でも、オペの介助に遅かれ早かれ入らなければならない場面が訪れます。そのときに医師から器具名をいわれたら、未経験の新人であっても、さっと取り出せるように準備しておくことが大切です。

・手術風景を動画に撮らせてもらい、器具を渡す順番を把握する

手術には大体の手順があります。二重まぶた手術など頻繁に行う手術であれば、手順を覚えて、医師とあうんの呼吸で器具を渡すことができるように準備しておくことが大切です。

そのためには、オペ介助をしている先輩看護師の動画撮影をさせてもらうと良いでしょう。「手術で、どのように介助すればいいのか」を動画で確認するのです。

この方法で、手術手順を頭にたたき入れておくと、次にどの器具を渡せばいいのか分かるだけでなく、自分が介助するときのイメージトレーニングを行うことが可能になります。手術介助の手順を把握しておけば、実際に自分が介助を行うときもスムーズになります。

さらに、医師が「この器具が必要だな」と思ったときに、医師から指示されなくてもさっと取り出せるくらいの力が付けば、一人前のオペ看護師としてみなされます。

何度もいいますが、未経験だからといっても中途採用の看護師には即戦力が求められます。周囲が期待する以上の力を身につけ、早めに一人前になれるように努力することが大切です。

・施術のメリット・デメリットを知る

どのような施術にも、必ずメリット・デメリットがあります。施術のサポートを行う看護師がメリットしか知らないようでは、勉強不足です。メリット・デメリットのどちらも把握しておき、どちらの面も説明できるようにしておかなければなりません。

多くのお客様は、ネットなどで自分が受ける施術を調べて知識を入れています。その中で、「それでも分かりにくかったこと、理解できず不安になったこと」を看護師に尋ねます。「今から受ける施術に間違いはない」と納得した上で受けたいのです。

中には勉強不足であるにも関わらず、浅い知識で適当な受け答えをする看護師がいます。そのような看護師はすぐに知識の無さをお客様に見破られてしまい信頼を失うばかりか、クリニック自体の評判を下げることにつながります。

そのため、メリットだけでなく、デメリットについてもしっかり理解し、「この施術をお客様におすすめできる理由」を明確に述べられるようにしておきましょう。

例えば、美容外科で良く行われる「ヒアルロン酸注射」を例に挙げて、メリット・デメリットをどの程度、把握していればいいか述べてみたいと思います。

例:ヒアルロン酸注射で知っておきたいメリット・デメリット

気になる部分に不足したヒアルロン酸を注入し、肌の張りを保つのがヒアルロン酸注射です。以下は鼻とあごにヒアルロン注射を注入した事例です。

引用:城本クリニック

ヒアルロン酸注射は、ほうれい線を目立たなくするだけでなく、あごをシャープにさせたり、唇をふっくらさせたりするときにも使われます。ヒアルロン酸はもともと関節や皮膚など人体に広く存在している物質で、副作用が少なく安全性が高いのがメリットです。

また、万が一施術が失敗したとしてもヒアルロン酸を分解する酵素があるので、その酵素を施術部位に注入することで、数日で元に戻すことが可能です。

また効果は個人差があるものの、半年から1年の間は効果が持続します。時間とともに、ヒアルロン酸は体内に吸収されて無くなってしまいます。もし、ヒアルロン酸の効果を持続させたいのであれば、「半年~1年に一度」の注入が必要不可欠です。

これらのことからヒアルロン酸が安全で、しかも万が一入れすぎたとしても対処方法があるため安心といえます。

一方で間違えて動脈に注射してしまうと、ヒアルロン酸が血管に注入され、血管壁を圧迫してしまい、その部分の皮膚が壊死してしまうことになります。これを治療するには、自分の皮膚を移植するしか方法はありません。

また注入量が少ないと効果は見られず、反対に多すぎるとシワの部分が凹凸になってしまい不自然な見え方になってしまうこともあります。一見、簡単で単純な施術に見えるヒアルロン酸注入ですが、実は非常に繊細な作業で、医師の微妙な指先のコントロール力が必要となるのです。

施術を受けるお客様のなかには、過去に他院の美容外科で起こしたミスなどまで調べていて、不安になる方がいます。

そのような方に安心してもらうためには、before afterの写真などを提示して、皮膚が壊死していないこと、シワの部分が凹凸になっていないことを確認してもらいましょう。

「ヒアルロン酸注射は高度な技術を必要とするが、注射担当の医師は失敗したことがない」ことなどを告げ、お客様に安心してもらうよう心がけましょう。不安に的確に答えられる看護師ほど、お客様にとって心強いことはありません。

・自院の器械だけでなく、多くの美容器械について知る

またさらに一歩進んで、自院で扱っている器械だけでなく、他院で使っている美容器械などについても知っておくと、お客様は満足した施術を受けることができます。

例えば、私は以前、美容皮膚科クリニックでしみのレーザー除去を施術してもらったことがあります。その際、看護師に「レーザーでもヤグレーザーとルビーレーザーのどちらが効果的か」について質問したことがありました。

その美容皮膚科クリニックにはルビーレーザーしか置いていなかったのですが、そこに勤める看護師はヤグレーザーとルビーレーザーの長所・短所をわかりやすく教えてくれました。

おかげで私は納得してルビーレーザー治療を受けられただけでなく、「このクリニックを選んだ自分の選択は正しかった」と、施術に満足して帰ることができました。

ちなみにレーザー脱毛なども、各美容外科クリニックによって扱う器械が異なります。「なぜ、あなたのむだ毛除去には、ここに置いてあるマシンが最適なのか」の理由を説明できれば、お客様は費用以上の価値に納得でき、施術を満足して受けることができます。

さらに視野を広げて、他の美容外科クリニックで扱っている器械にも興味をもち、幅広い知識を獲得していきましょう。日々の小さな努力を積み重ねることで、一流の美容外科看護師へステップアップしていくことができるのです。

キャリアアップや研修制度のある求人へ転職する看護師は多い

なお、実際に美容外科クリニックの看護師へ転職するとき、教育制度・キャリアアップや研修制度が整っている職場を選ぶ場合が多いです。

例えば、プリセプター制度が整っていたり、外部・内部の勉強会を開催していたりする美容外科クリニックが該当します。これは、以下のような求人です。こちらは京都にある大手美容外科クリニックの看護師求人です。

研修やプリセプター制度が整っていれば、オペ室経験がなく美容外科未経験でも安心してステップアップしていくことが可能です。

新卒から一つの総合病院でしか働いたことのない看護師が転職時に間違いやすい考えのひとつとして、「どのような個人クリニックでも教育制度が整っていて一から教えてもらえる」ことが挙げられます。

総合病院はほとんどのところで、新人教育・研修制度が整っています。ただ個人クリニックでは教育制度が整っているところと、そうでないところが存在します。この場合、新人育成に関する考え方がまったく異なってきます。

美容外科クリニックの場合、全国展開している大手では教育制度・キャリアアップ制度が整っているところが多いです。

ただ大手の場合、マニュアルに沿った新人教育であることが多く、身についていない技術については、未経験であるにもかかわらず「机上のテストをして基準点に達したので修得した」などとみなすことがあります。

そのため大手の美容外科に転職希望であれば、どのような教育制度を採用しているのか、中身まで確認しておく必要があります。例えば、以下は美容外科グループの新人看護師教育の手順になります。

このように段階を追って少しずつ任される内容が増えていけば、無理なくステップアップしていくことができます。

一方、大手ではなく個人美容外科クリニックを希望する場合、まずは教育制度・研修制度があるかどうかを事前に確認しておきましょう。教育制度が整っていないクリニックであると、新人看護師は困難な状況に追いつめられる可能性が高いです。

例えば、私が以前勤めた眼科クリニックは、教育制度が全く整っていませんでした。新人看護師の教育はすべて看護師長に任されているだけでした。

出勤初日に、師長から「忙しいから一度しか言わない」と告げられ、オペの介助手順も器具の名前も本当に一度しか教えてもらえませんでした。

仕事をしていると、状況に応じて教えてもらった内容と違うことがあり、戸惑うことが多々出てきます。そのようなときは現状を説明して師長に尋ねるのですが「あのとき言ったでしょ」の一点張りで教えてもらえませんでした。

周囲のスタッフも師長の顔色をみて仕事をしているため、私が困惑した状況にあるのに気づいていても、教えてくれる気配はありませんでした。このような職場で長続きする新人看護師は少なく、2ケ月程度でみんな退職していました。私も6ケ月で辞めました。

一方、現在の職場も個人経営の内科クリニックですが、教育制度がしっかり整っています。小規模ながらプリセプター制度もあったので、新人は修得段階に応じて成長していくことができます。

例えば、以下は私の勤めるクリニックで使っている新人看護師チェックリストになります。

入職後、3ケ月と6ケ月ごろにプリセプターにチェックしてもらい、看護技術ができているかどうかを確認してもらえます。このチェックリストがあることで知識や技術があいまいなままであったり、自己流になったりすることがありません。

また週に1回、勉強会も開催されており、常に新しい看護の知識や技術をブラッシュアップしています。認定看護師資格取得の勉強会も看護師が自主的に開いています。さらに、外部の勉強会にも積極的に参加するよう促されます。

このようなことから、近隣のクリニックや医院の看護師よりも自分たちのほうが高い看護技術を身につけていると自負できています。

特に美容外科への転職においては、手術介助やレーザー照射脱毛、お客様への整形のメリット・デメリットの説明など、覚えることが多いため、教育制度が整っているところを選ぶことが大切です。

転職サイトを利用して美容クリニックの求人を探す

このとき、美容外科は人気のある求人ですので、転職サイトを必ず利用するようにしましょう。転職サイトからでないと、求人自体見つからなかったり、美容外科の内部情報を入手できなかったりするため、思うような転職を実現できません。

また、転職サイトでは、仕事内容や給与といった求人票に掲載されている情報以外にも、院長の人柄、ノルマの有無、離職率、勤続年数、スタッフの平均年齢なども教えてくれます。例えば、こちらは転職サイトに掲載されている岡山の美容外科求人のワンポイントメモになります。

美容外科への転職にあたり転職コンサルタントは、求人のメリット・デメリットの両面を教えてくれます。メリットだけでなく、デメリットをもあるということを知っておけば、入社後に戸惑うことが少なくなります。

このように自分が納得して行動に移すためには、「いかに多くの有益な情報を手に入れるか」が重要になります。これには複数の転職サイトに登録をして比較検討しながら、あなたの条件に合った求人を選ぶようにしましょう。

口コミで評判の美容外科転職サイト

それでは、研修制度があって勉強できる美容外科転職サイトを2社ほど紹介します。両社とも美容外科クリニック求人案件を多く抱える、口コミで評判の良いサイトです。

美容外科求人ガイド

応募対象 40歳以下の看護師・准看護師
対応地域 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)、中部(愛知)、関西(大阪)
雇用形態 正職員、常勤(非常勤・パートや派遣を希望する場合は不可)

美容外科で勉強を積み重ねて、一人前の美容外科看護師になりたいのであれば、こちらの美容外科専門の転職サイトに登録しましょう。

美容外科求人ガイドは、看護師の美容クリニックの転職支援が専門であるため、他社よりも圧倒的に内定率が高く85%となっています。

美容外科求人ガイドは名前の通り、美容外科転職のスペシャリストであり、あなたの条件に合った美容外科の選考ポイント対策を実施してくれます。こちらの転職サイトを活用して、あなたに合った美容外科求人を選ぶよう心がけましょう。

マイナビ看護師

マイナビ看護師は、美容外科求人ガイドのように美容外科に特化した転職サイトではありません。ただ、マイナビは他の医療職の転職支援を行っているため、他サイトと比較すると、美容外科や美容皮膚科クリニックの求人取扱件数が多いのが特徴です。

応募対象 看護師・准看護師・保健師・助産師
対応地域 全国
雇用形態 正職員、常勤(非常勤・パートや派遣を希望する場合は不可)

転職サイトにはその転職サイト独自の情報ルートがあり、先述した美容外科求人ガイドが取り扱っていない美容外科クリニック求人を保有していることがあります。そのため、マイナビ看護師の利用も必須です。

美容外科求人ガイドとマイナビ看護師の両方に必ず登録し、転職コンサルタントの意見を取り入れながら、あなたのイメージする将来像に向けて、転職先を選ぶようにしましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く