uriage

美容クリニック・美容外科は一般の医療機関と比べて、高収入であるため、看護師の間では大変人気のある求人です。

夜勤はなく、残業も少なく、有給が取りやすいといった仕事の待遇面が良いだけではなく、もともとの基本給が高く設定されている美容クリニックが多いため、美容クリニックへ転職を行うと、それだけで年収がアップする人がほとんどです。

しかし、年収が高くなる理由はそれだけではありません。基本給に加え、クリニックの売上が多かった月は業績給が追加されるところもあるのです。

さらに業績給とは異なり、看護師一人一人に別途毎月のノルマが設定されているクリニックがあります。その場合は売上ノルマを達成するとインセンティブ(臨時ボーナスや報奨金)がもらえるのです。

美容クリニックの看護師は平均年収500万円前後です。そして一握りですが、中には年収1000万円を超える看護師もいます

しかし「毎月ノルマを達成させる」となると、何となく「私には営業力がないから無理かもしれない」「ノルマが達成できないと居づらくなるのではないか」「新人は仕事に慣れていないから、ノルマ達成が難しいかもしれない」と思われている方もいるでしょう。

そこで今回は、新人で営業力がなくても美容クリニックでノルマを達成させ、年収をアップさせる秘訣についてお伝えしていきます。

美容クリニック看護師の年収が高い理由

まず、美容クリニックの看護師の年収はどうして高いのか、その理由について解説していきます。

美容クリニック(美容外科)は自由診療である

一般的な病院を受診する場合は「保険診療」といい、国が診療で必要だったお金を補助し、私たちは診療にかかったうちの1~3割を支払う仕組みになっています。風邪や胃腸炎など病気で診療を受けた場合は、保険診療となります。

一方、この保険診療が適用されない診療のことを「自由診療」といいます。自由診療とは、病気ではない健康な人が、何らかの診療や施術を受けることをいいます。

これは美容整形や美容皮膚科などの美容クリニックだけでなく、歯列矯正、自然分娩、人間ドッグなどもこの自由診療に当たります。自由診療を受けた費用は全額自分で賄う必要があります。

美しくなることが目的の美容クリニックや美容皮膚科での治療は、基本的には全額自己負担です。病気で来院したわけではないからです。

自由診療であるということは、美容クリニックが施術にかかった費用を自由に決めることができる決まりになっています。そのため、一般的に美容皮膚科でかかった金額は、一般的な医療皮膚科で受診するより高額な料金設定になっています。

自由診療であるため、美容外科や美容皮膚科は一般の医療皮膚科よりも収入を得やすい仕組みとなっているのです。

もちろん一般の皮膚科と比較すると美容の専門性が高く、新しい医療技術を取り入れ、最新の医療設備を導入しているところが多いです。そのため、質の高い医療を受けることができるというのが美容クリニックのメリットです。

例えば、一般的な保険診療の皮膚科でもニキビ治療は行われます。しかし保険の範囲内の治療では、いま起こっているニキビの炎症を鎮静化させることが主な目的となります。塗り薬や飲み薬で毛穴の詰まりを取り除くのが一般的な治療方法になります。

一方、美容クリニックのニキビの治療方法は、今できているニキビを根本から治していくだけでなく、炎症後の治療や生活習慣・食生活を直し、医師の勧める化粧水を使用するなどトータルサポートを行ってくれる場合が多いです。

ニキビを治したあとの「美肌を手に入れる」という観点から、お客様一人一人のニーズに合わせて肌の悩みを解決していきます。さらに、新しい診療技術に加えて最新の医療機器を導入しているところが多く、美肌に対しての幅広い施術が行えるため、お客様の満足度を高められるのが魅力的です。

看護師が美容の施術を行う場合がある

美容皮膚科の看護師は、一般の病院では行わない「レーザー脱毛」や「ケミカルピーリング」などの施術を行うことがあります。

もちろん「レーザー脱毛」や「ケミカルピーリング」といった施術を行う際は、専門的な知識や技術が必要となります。これらの施術を看護師が行うクリニックは、基本給が高く設定されていることが多いです。

都内の某有名美容外科クリニックでは、レーザー脱毛は両わき5回で15,000円前後です。ケミカルピーリングは一般的な美容クリニックだと1回につき、大体10,000~20,000円の相場となっています。

この一部の施術費用が、看護師に還元されるというわけです。もし高収入を狙った転職を考えている看護師は、上記の施術を看護師が行い、給料にそのことが反映されている美容クリニックを選ぶとよいでしょう。

業績給が達成されると、全員の給料に反映される

業績給とは、美容クリニック全体のノルマ(最低限クリアしなければならない売上金額)のことをいいます。

これは美容クリニック全体のノルマであるため、医師・看護師・受付・カウンセラーが一緒になって頑張り、達成させる売上金額のことです。この目標が成し遂げられると、美容クリニック全員の給料に反映される職場があります。

例えば、全国展開をしている某美容整形外科は、毎月各分院の売上目標金額が設定されています。

分院ごとに売上を競争しており、売上達成率が上位となった分院は月ごとに表彰され、一定の金額が報酬として貰えます。

この美容整形外科は売上目標が90%以上に達したら、看護師を含めスタッフ全員に一定の報酬が支払われます。この金額は月5~10万円以上になることもあります。以下のような表が作られています。

売上目標達成率 月給にプラスされる分
90% 10%
100% 20%
110% 30%
120% 40%

この表の見方ですが、ある月のクリニック全体の売上目標が1億円だとします。その場合、以下のようになります。

例1 : 売上目標の100%(1億円)が達成された場合、基本給30万円の看護師で、どのくらいの金額が月給にプラスされるのか計算してみましょう。

売上目標の100%が達成=基本給の20%が月給にプラスされます。

基本給30万円×20%=6万円

この月の給料は「30万円+6万円=36万円」という計算になります。

例2 : 売上目標の120%(1億2000万円)が達成された場合だとどうなるのでしょうか。基本給30万円の看護師で計算し直してみましょう。売上目標の120%が達成=基本給の40%が月給にプラスされます。

基本給30万円×40%=12万円

この月の給料は「30万円+12万円=42万円」という計算になります。

上記はある月の一例です。クリニック全体での売上目標を達成することで看護師の給料にも反映されるために、他のスタッフとも組んで売上を伸ばしていけるように頑張ります。

注意していただきたいのは、毎月この売上目標が達成される分院はなかなかありません。どこの分院も平均すると年間で3回程度です。ただ、このように年に3回も売上を反映してくれる職場は、一般病院にはなかなかないでしょう。

さらに、あなた個人の頑張りを給与に反映させたいのであれば、さらに個人的なノルマが設定されている美容クリニックを探すといいです。

個人的なノルマを達成すると、個人の給料に反映される

美容クリニックや美容外科では、クリニック全体に加え、看護師個人にノルマが設定されている場合があります。看護師がノルマを達成することで個人の給料に反映されます。これは業績給よりも金額が大きいです。

看護師が達成すべきノルマといえば、「手術件数」「施術件数」「化粧品販売」などの営業を行い、売上を上げた分の数%が「ノルマ達成金額」として給料にプラスされることがあります。

ノルマ達成で得られる金額は、平均すると10~20万円ほどです。お金を稼ぎたいという方にとっては、頑張ったら頑張った分だけ給与がアップする仕組みになっています。

以上のように、美容クリニックや美容外科は高収入を得やすい職場であるといえるのです。

看護師にノルマがあるデメリット

しかし、ノルマが設定されている美容クリニックで働くには、それなりの報酬に合ったデメリットも存在します。

達成できないと責められる

まず一つ目は、ノルマが設定されているため、売上を達成することができなければ上司や先輩から責められる可能性があるということです。

日々、売上の数字を確認し、来院された方に営業を行っていかなければなりません。もし毎月達成できない月が続くと、その職場に徐々に居づらくなってしまう可能性が出てきてしまいます。

人間関係が悪い可能性がある

ノルマが設定されているクリニックでは、職場の同僚がライバルになり、「売上を上げられる人」「売上を上げられない人」がどうしても出てきてしまいます。

これは「仕事ができる」「仕事ができない」に直結し、成績が悪いと足手まといだとされ、人間関係が悪くなってしまう可能性があります。

さらに個人の売上が低いと、クリニックの売上の足を引っ張ってしまうため、営業成績が悪い人は美容クリニックに馴染めないと感じることが多くなってしまいます。

美容外科でノルマを達成させる5つの秘訣

美容クリニックでノルマを達成させれば、上記の項目で挙げた「責められて職場に居づらくなったり、人間関係で悩んだりすること」は少なくなるでしょう。

そこで美容クリニックでノルマを達成させる秘訣について解説していきます。

目標を細かく具体化する

まずはあなたに課せられたノルマに対して目標を立て、細かく具体化していく事が大切です。

設定された大きな月単位のノルマにやみくもに取り組んでも、なかなかゴールが見えません。ノルマを小分けにして、設定された売上目標に向けて、行動を起こし取り組むようにしましょう。

つまり、いきなり大きな目標に取り掛かるのではなく、ノルマを細かく分けて具体的に行動に移すことが大切なのです。

例えば、あなたに月80万円のノルマが設定されているとします。この金額は一週間にすると20万円です。週休2日ですと、一日4万円の売上が必要になると分かります。

一日4万円の売上を確実に達成していくことを考えると、どのように行動すればいいのか見えてきます。目標を細分化することで、おのずとノルマを達成するためにやらなければならないことが分かってきます。

また小さい目標を設定するほうが、一日一日の達成感を味わうことができ、ノルマを達成するモチベーションアップにもつながっていきます。

達成できなかったときの言い訳を考えない

ただ、設定された目標をなかなか達成できないことがあります。そのとき、あなたの脳裏には以下のようなことが浮かんでいないでしょうか。

・ノルマの設定が高すぎる

・他のスタッフとの協力がうまくいかなかった

・体調が悪かった

・クレーム対応で必死だった

・美容クリニックの看護師としての経験が少ない

このような理由だったら、目標を達成できないのも仕方ないと考えることもあるでしょう。ただ、あなたとほぼ同じ条件にもかかわらず、売上目標を達成している看護師がいるのも確かです。

事前に失敗したときの言い訳を考えている人は、「自分が悪いわけではない」と自分に対する評価を甘くする傾向にあります。しかしそれでは何も改善せず、売上を上げることはできません。

「言い訳を考えてしまう」ことは、ほぼ無意識に行っている場合が多いです。目標達成できなかったときは、その日のことを振り返り反省してみましょう。

そのときに自分が無意識に言い訳を考えていると分かったら、その言い訳に対する対策を考え直してみることが大切です。

・ノルマの設定が高いのは、私がそれだけ「できる看護師」だと思われているからだ

・他のスタッフと、どのように協力していけばいいのだろうか

・体調が悪かった分はどこで取り戻すことができるのだろうか

・クレーム対応に時間を取られたから、今後の計画を立て直そう

・美容クリニックの看護師として経験が少ないこと逆手にとって活用できないだろうか

ノルマを達成できるかどうかは、実はあなたが行動を起こす前から決まっています。言い訳ばかり考えているようではノルマを達成させることはできません。

なぜなら、あなたは「自分で売上を上げているイメージ」ができていないからです。その結果、自信なさそうにお客様に説明することになります。

一方でノルマを達成できる看護師は、売上を達成するイメージをもって日々動いているので、お客様にも自信をもっておすすめの施術を提案することができます。

あなたも自信のない人から何かを勧められても、それを買いたいとは思わないのではないでしょうか。しかし、自信をもって商品を勧めている人であると、「自分もその商品を使ってみたい」と思ってしまいます。

女性があこがれる女性を目指す

ただ、中には「私は美人ではないから、女性があこがれる女性にはなれない」と思われる方がいるでしょう。

しかし、圧倒される美人をみても、一般の人は「自分はこんな風には決してなれない」と最初から諦めてしまい、憧れを持ちません。

例えば、モデルのような人から「あなたも頑張れば私のようになれますよ」といわれても何も響きません。それは、「あなたのような美人だからできたのだ」と考えてしまいます。

ただ、お世辞にもキレイとはいえない人の写真を見せられ、その後に「実は3年前の私はこんな姿でした」という言葉を投げかけられるとどうでしょうか。そこに立っているのが普通の顔立ちの看護師でありつつも、雰囲気の良い人であれば、お客様は「自分もこの人のようにかわれるかもしれない」と思ってくれます。

美容クリニックの看護師は美人しか採用されないという噂がありますが、けっしてそんなことはありません。この人は美人ではないけれど、「私も頑張ったら、この人みたいになれるかな」くらいの雰囲気美人のほうが実は男性にも女性にも万人受けするのです。

雰囲気美人とはどういう人をいうのか下記を参考にしてみてください。あなたの周りにいる雰囲気美人もこのような方が多くいるのではないでしょうか。そんな人を真似してみましょう。

・清潔感がある

・ナチュラル志向(濃いメイクや派手な服装を好まない)

・自分を大切にしている

・いつも楽しそうにしている

・感謝の気持ちや優しさであふれている

・笑顔が素敵(口角が上がっている)

・焦っていない

美人は顔だけではありません。みんなに愛される雰囲気美人は、あなたの努力次第で今からすぐに手に入れられるものなのです。

お客様があなたを見て「この人の勧める施術なら効果がありそう。やってみたい」と思ってもらえるような人になることが大切です。

お客様の立場に立って考える

ノルマを達成するために営業をしなければなりません。一方で、誰でもいいので手当たり次第に営業を行ったとしても、お客様の心は掴めません。

カウンセリングのときにお客様となにげない会話をして、ちょっとした表情やしぐさなどから他に悩みを抱えていないかリサーチしてみるとよいでしょう。

そして施術を勧める営業のタイミングは、簡単な施術(またはお試しの施術)を行ったあとがおすすめです。

施術前は、いまから受ける施術のことで頭がいっぱいになっています。しかし、施術後は「もっとキレイになるにはどうしたらいいのか」という気持ちに切り替わっていることが多いからです。

お客様が「改善できたら嬉しい」と思っているコンプレックスをカウンセリングで事前にそれとなく聞いておきましょう。そして、施術が終わったあとの緊張がほぐれたころを見計らって、「コンプレックスを改善させるには、うちのクリニックにはこういったおすすめの方法がある」といったアドバイスをするとよいでしょう。

私も10年くらい前に、「顔にできたホクロを取るかどうか」を悩んでおり、美容外科に相談しに行ったことがあります。ホクロ除去の説明をするために、美容外科の看護師がカウンセリングを行いました。

初対面であるにもかかわらず、その看護師はホクロ除去の説明などはあまり行わず、私の眉間を指さして「ここに小さいシワがあるけど、ヒアルロン酸を注入したら6ケ月くらい経過すると取れるから通ったらどうか」と、本来の目的とは違う施術を勧められました。

私はホクロの除去の相談で来院したにも関わらず、自分があまり気に留めていなかった眉間の小さいシワを指摘されて、少し嫌な気分になったことがあります。

できればもう少し会話をはずませ、ホクロ除去を行った後で、次にコンプレックスに思っていることを「こんな方法で取り除ける」と教えてくれたら、次の行動に起こせたのではないかと思います。

お客様の立場に立ってみたら、あなたが起こす行動がおのずと分かってきます

また勧誘を行ってみて、新しい施術を勧められるのを嫌がるお客様も多くいます。そのような場合は強引に勧めるのではなく、すぐに勧誘を止めましょう。

そして素敵な笑顔でお客様を見送り、いい気持ちで満足して帰ってもらうことが大切です。満足して帰っていくお客様のほうが新たな施術を求めて戻ってくる可能性が高くなります。

先輩や上司に相談できる人間関係を作る

やはり自分自身ではなかなか上手くいかず困ったときは、職場内にすぐに相談できる人間関係を築いておくことが大切です。

美容クリニックや美容外科では、年齢や臨床経験の年数、どこの職場で勤務していたかはあまり関係なく、入職した時期によって先輩後輩が決定します。転職したばかりのあなたにとっては職場のみんなが先輩に当たります。

「前の病院ではこうだった」という以前の経験を必要以上に持ち出さず、真摯な態度で素直に行動することが重要です。

美容クリニックで売上を出している先輩や上司の接客・施術を見ていて、「いいな」と思ったところは、真似をしてみましょう。

それでもうまくいかない場合は、売上のコツやポイントを先輩から素直に聞いて、自分の営業方法を見直すのもノルマを達成する一つの方法です。

またカウンセラーや医師、受付も自分の味方として動いてくれるよう、周りに気を配り、配慮しておくことが大切です。

このときは前述の通り、仕事で周りに迷惑をかけてしまったときに言い訳はせず、素直に謝り、反省することが大切です。

例えば、「あなたが来るまでこんなミスは誰もしていなかった」とミスを押し付けられることがあります。これは看護師の世界ではよくあることです。しかし、いちいち言い返していてはトラブルのもとになります。新人のうちはしっかり謝ってから、あなたの言い分を伝えるように気をつけましょう。

ノルマはコツを掴めば達成できる

一見ノルマを達成するのは難しいと思われている方も多いと思います。ノルマには良いイメージはあまりありません。

しかし一度、営業のコツを掴んで軌道に乗り始めると、頑張ったら頑張った分だけ給料に反映されるのもまたノルマ制度がある美容クリニックなのです。

営業がうまくいきはじめると、「一般の病院には戻れない」「やりがいを感じて楽しい」と思えてくる美容クリニックの看護師が多いのも事実です。

美容クリニックに入って誰でも一度は、あなたと同じように営業がうまくいかないためノルマを達成できず、行き詰まりを感じてしまうことがあったでしょう。

しかし、その人たちはみな、自分なりに営業の試行錯誤を繰り返し、自分に合った方法を見つけ、ノルマを達成していくことができているのです。営業成績を上げることで、給料にすぐに反映されるのも美容クリニックならではの喜びといってもいいでしょう。

先輩や上司が築き上げてきた先例を見習いつつ、あなたらしく楽しくノルマを達成していけるようにこの記事を参考にしていただけたらと思います。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く