70d8669dba77c8d383445dece66ef372_s

美容クリニックは人気の看護師求人です。そのため、一つの採用枠に多くの応募者が殺到します。第一段階として、採用側は書類選考で履歴書にさっと目を通し、面接に進む人を判別します。履歴書の中でも特に重視されるのが学歴や職歴よりも、志望動機です。

志望動機を重視する理由は、「看護技術や知識に長けている看護師よりも、仕事・美容に対する意欲や関心をもっている看護師のほうが伸びしろがある」と感じ、一緒に働いていきたいと思うからです。

このとき美容クリニックにおける履歴書の志望動機では、医療系の病院への志望動機とは異なり、特別な書き方が存在します。

美容クリニックの志望動機では、「なぜ、この美容クリニックで働きたいのか」という具体的な理由を明確に述べなければ、他の応募者と差をつけて採用されることは難しいです。

そこで今回は、美容クリニックで好印象を与えやすい志望動機の書き方と例文について述べていきたいと思います。

美容クリニックのおける履歴書の志望動機の書き方

まず、なぜあなたは美容クリニック業界へ転職したいと思ったのでしょうか。

「高給与・好待遇」「美容に興味がある」「お客様だけでなく、自分もキレイになれそう」「夜勤がなく、残業が少なめ」など、さまざまな理由が考えられます。もちろん、志望理由の根底には「一般的な病院と異なり、職場環境が良く、働きやすい」という長所が挙げられるでしょう。

ただ、このような内容を書いたのでは、自分の都合ばかりを優先した志望動機とみなされ、採用からは遠のきます。美容クリニックでの履歴書の志望動機は、仕事や美容に対する熱意を非常に重視します。

美容クリニックは大変人気がある求人のため、場合によっては、1つの採用枠に10人以上の応募者が集まることがあります。その応募者の中で誰よりも仕事へ対する熱意をアピールし、「この看護師は他の応募者とは異なり、意欲に満ち溢れている。未経験でも伸びしろが感じられるので、一緒に働いてみたい」と思わせることが大切なのです。

そこで、あなたの仕事の熱意をアピールできる志望動機の書き方について述べていきます。

希望する美容クリニックの特徴について知る

まずは、希望する美容クリニックの特徴について知ることから始めましょう。あなたの希望する美容クリニックはどのような特徴をもつのでしょうか。

一言で美容クリニックといっても様々な特徴があります。例えば、以下のようなものです。

  • お客様へのカウンセリングを重視している美容クリニック
  • 数多くの施術を行って、幅広い悩みを解決している美容クリニック
  • 最新技術・機器を取り入れて、最先端の美容施術をおこなっている美容クリニック
  • 熟練した美容外科医が集結している美容クリニック
  • 全国にチェーン展開をしている美容クリニック
  • 自由診療だけでなく保険診療も取り入れている美容クリニック
  • 他美容クリニックと比較して施術金額を安価に設定している美容クリニック など

都心部であれば、美容クリニックはビルの各所に所狭しと点在しており、それぞれの特徴を出さなければ生き残りは難しいです。例えば、以下は東京都内のビルの看板ですが、いたるところに美容外科や美容皮膚科といった美容クリニックが点在しています。

そのため多くの美容クリニックでは、他のクリニックとは異なる色々な特徴を備えて開業しているはずです。希望する美容クリニックのホームページを検索して、どのような面に力を入れているのか確認してみましょう。

例えば、以下は東京都内にある美容クリニックのサイトからの引用です。

出典:自由が丘クリニック

「個人美容クリニックで一人の医師がすべての施術を行うのは不安。それぞれの専門医に任せたい」という要望をもっているお客様であれば、こちらの美容クリニックを選ぶことでしょう。

一方、こちらは東京都の新橋にある個人美容クリニックのホームページです。

出典:みやた形成外科・皮ふクリニック

「院長は指示を出すだけで、施術は経験の少ない若手医師に任せる。それでは不安」「美容クリニックで受ける費用が不明確。後から高額であった場合、困ってしまう。できれば事前に教えてほしい」という希望のあるお客様であれば、こちらのような美容クリニックを頼るでしょう。

このように美容クリニックのサイトを少し眺めただけでも、それぞれのクリニックによって特徴が異なるのは一目瞭然です。待遇面以外で、あなたはどのようなところに魅かれて、美容クリニックで働いてみたいと考えたのでしょうか。

自分の考えを深く掘り下げるためにも、希望する美容クリニックの特徴を明確に捉えておくことが大切です。そのためには、いくつかの美容クリニックと比較しながら長所・短所を探ると分かりやすいです。

自分の強みをどう活かせるかを考える

希望する美容クリニックの特徴について把握できた後は、その特徴があなたの強みによってどう活かせるのかを考えてみましょう。

「私は美容クリニック未経験で、看護師としての臨床経験も少ないから、特に強みが無い」と不安になる人がいます。それでは採用からは遠くなってしまいます。

美容クリニックのなかでも特に美容外科へ転職希望の場合、外科や手術室経験のある看護師のほうが有利に働きます。例えば、以下のような求人です。こちらは東京港区にある美容クリニックの看護師求人です。

「外科またはオペ室経験者募集」と記載がありますが、同時に「未経験OK」ともあります。外科やオペ室での勤務経験がある人は、そちらを強みとして履歴書に記載するようにしましょう。ただ、外科やオペ室、美容クリニックでの経験が無くても構わないという美容クリニックは非常に多いです。

そして、美容クリニック未経験や看護師としての臨床経験自体が少ないとしても、誰しも強みはあるので心配ありません。

例えば、あなたの強みとは以下のようなことです。

  • 美容への興味・関心が高い
  • 患者さんへの細かい配慮が行え、丁寧な看護を実践できる
  • 明朗活発で、ポジティブに物事を考えられる
  • 接遇に自信がある
  • 「自分自身、アトピーなどで悩んでいる」「昔、太っていた」などの悩みを抱えているため、患者さんの立場になれる
  • 大学病院で最先端看護を身につけてきた など

どれか当てはまるものがあれば、それをより具体的にして履歴書の志望動機欄に記載すればよいのです。

他にも自分では弱み(コンプレックス)だと思っていたことが、裏を返せば、実は強みであることがあります。例えば、「一つひとつの看護がゆっくりで時間がかかる」というのを弱みだと感じている人がいるとします。しかしこれは裏を返せば、「丁寧な看護を行っている」ことになるのです。

実際に自分の看護を振り返ってみたとき、「確かに仕事がゆっくりであるため、他の看護師に迷惑をかけてきたかもしれない。ただ、冷静に考えてみると、私はヒヤリハットやインシデントなどを起こして患者さんに重大な迷惑をかけたことはない。長い目で見れば、これは自分の強みだ」と思うことがあります。

このように、自分では弱みと思っていたことも、違う角度から眺めてみると実は長所であり、強みの可能性もあるのです。再度、自分の強みや良さについて考え、希望するクリニックでそれをどう活かしていけるのかを考えてみましょう。

条件面・雇用面については述べない

美容クリニックの看護師求人をみてみると、他の医療機関と比較してかなりの高待遇の内容が掲載されています。例えばこちらは、神戸にある美容クリニックの看護師求人です。

「月収32万円~、年間休日数も137日」と、一般の日勤だけの医療機関の待遇と比べると好待遇で、かなり魅力的であることがわかります。ただ、この内容をわざわざ志望動機に記載する必要はありません。

採用側は「待遇が良いから入職を希望している」ということは把握しています。そうではなくて、「あなたはこの美容クリニックで自分の強みを生かして、何を実現したいのか」ということを知りたいのです。待遇面などの内容は記載しないように心がけましょう。

コピペ・簡単なアレンジは厳禁

よくサイトなどで、美容クリニックの志望動機例が掲載されているのをそのままコピーして書き写す人がいます。これでは希望する美容クリニックへ入職したいという明確な内容になっていないため、採用側の印象には残りにくくなります。

私が採用担当者に聞いた笑い話ですが、一字一句同じ志望動機を提出した応募者が同時に二人いたそうです。もちろん、その応募者は面接まで進むことはありませんでした。

いまではコピペが社会問題となっていることもあり、各美容クリニックは、サイトからの志望動機の引用文などを把握しています。何度も同じコピペ文を見ることになるからです。

他にも「志望動機例文を簡単にアレンジすれば、コピペではないので採用側には分からないだろう」と軽率に考える人もいます。しかし、こちらも厳禁です。美容クリニックには多くの応募者がいます。簡単なアレンジでは他の応募者より優れた内容の文章となることはまずありえません。

私の大学時代の友人は、いくつかの美容クリニックへネットの志望動機例文を簡単にアレンジしただけで提出していました。

その友人は20代で容姿端麗、コミュニケーション能力に優れていて、オペ室勤務だったこともあり、どこかの美容クリニックには採用されると高をくくっていたようです。

しかし結果は惨敗でした。美容クリニックに勤めることはできず、結局いまは、中規模病院の手術室に勤務しています。志望動機を簡単にアレンジするだけでは、「なぜその美容クリニックに転職したいのか。自分は何ができるのか」という熱意が伝わってきません。そのことを採用側に見抜かれてしまったのです。

このようなことからコピペや簡単なアレンジはせずに、絶対に自分の言葉で書くことが大切です。

志望動機欄は200字前後で記載する

なお、実際の自己PRは端的に述べるようにしましょう。志望動機の欄は次のとおり、非常に狭いからです。

この欄に細かい字を書き、自分の伝えたい事柄を必死で伝えようとする人がいます。これは特に20代の女性看護師に多いです。ただ、細かい字で書き詰めることで採用への熱意が伝わるかといえば、そうではありません。自分本位な人物だと捉えられてしまいます。

例えば、上司に報告連絡相談をする際に、必要のない事柄まで含めて事細かに伝えたとしても、相手に内容は伝わりません。これは、志望動機でも同様です。

志望動機に関係のない事柄までだらだら書く必要はなく、200字前後で簡潔に分かりやすく書いたほうが採用側の印象に残りやすくなります。例えば、200字前後で志望動機を書いたとすると以下のような字の大きさになります。

こちらが191字です。これ以上の小さな文字で志望動機を記載すると、採用側は何を伝えたいのかが分かりにくくなります。

どうしても自分の伝えたい熱意が志望動機欄の中に収まらない場合は、志望動機欄を大きくとった履歴書が市販されています。希望する美容クリニックで特に履歴書の指定が無ければ、以下のように履歴書を探してみるのも一つの方法です。

美容クリニックでの履歴書の志望動機例文

ではこれらのことを踏まえて、美容クリニックでの履歴書の志望動機例文について挙げます。

美容クリニックには、大きく4つに分けることができます。それは以下のとおりです。

  • 個人の美容クリニック
  • 熟練医美容グループクリニック
  • 医療系+美容クリニック
  • 大手美容外科クリニック

さらに、それぞれのクリニックに様々な特徴があります。履歴書の志望動機欄では、希望する美容クリニックの特徴を把握していることを記載し、さらにその特徴を生かせる自分の強みについて書き進めるようにしましょう。すると、説得力のある文章に仕上がります。

そこで美容クリニックの形態ごとに、志望動機の例文を挙げていきたいと思います。

個人の美容クリニックの志望動機例文

個人経営の美容クリニックは一番、個性や特徴の出やすい求人となります。院長の腕が良く、評判の良い美容クリニックかどうかは、口コミなどですぐに検索することができます。

個人クリニックの場合、カウンセリングを重視するところが多いです。そのため未経験でもOKとするところが多く、応募者の技術やスキルよりも人間性を重視する傾向が高いです。

さらに個人クリニックの志望動機では、他の個人美容クリニックと比べて、志望先クリニックにどのような特徴があるのかを提示し、自分の強みがその特徴に合っていることを伝える文章にしましょう。

では、実際の個人の美容クリニックの志望動機例文をみてみましょう。

貴院は、「それぞれの症状に合った治療法によって患者様とじっくり相談しながら、トータルな美しさを提供している」ことを知りました。私は前職の精神科病棟で、メイク教室を開いたことがありました。そのときにメイクでキレイになった患者様の活き活きした表情から、美容の力を知りました。

これらの経験により、「一人一人の女性を美しくし、自信を取り戻して人生に前向きになってもらえる仕事」に携わりたいと思うようになり、貴院を志望した次第です。

こちらで211字になります。このような志望動機であれば、希望するクリニックの特徴を伝え、自分の強みとマッチした部分を伝えられています。

個人クリニックの場合、行っている施術や院長の方針などもバラバラです。そのため、それぞれのクリニックの特徴を盛り込んだ志望動機に仕上げるように工夫しましょう。

熟練医グループクリニックの志望動機例文

次に、熟練医グループクリニックの採用されやすい志望動機の書き方についての例文です。

熟練医グループクリニックとは、美容の中でもさらに特化した部門を持つ医師が複数在籍するクリニックになります。このクリニックには、さらに2つの形態があります。

ひとつは、美容外科医の院長が経営し、大学病院などの信頼できる医師を常勤や非常勤のスタッフに据えているクリニックです。治療は院長もスタッフの医師も行います。チェーン展開はせずに、クリニックは一ケ所だけということが多いです。

もうひとつは、それぞれの美容部門に特化した医師が3~5人程度集まり、治療や施術を行うクリニックです。この場合、東京・名古屋・大阪・神戸・福岡など主要都市に4~5ケ所の拠点を持っていることがあります。

こちらのタイプの美容外科クリニックであれば、美容に特化した各医師が複数在籍しているため、腕がよく信頼の置ける医院が多いです。先ほど紹介した個人クリニックと異なる点は、各得意分野をもつ複数の専門医が在籍しているため、高度で最先端の幅広い治療や施術が行える点です。

このような美容クリニックの看護師として働くと、熟達した技術をもつ複数の医師のもとで、広い分野の美容看護を専門的に学んでいくことができます。できればオペ室や外科・形成外科での経験があると、専門性を重要視され採用に有利です。

このクリニックを希望する場合の志望動機では、「熟練の技術を持つ医師のもとで自分の持つスキルや強みをさらに磨いていける」などと共に、オペや外科の経験のアピール割合を多くするとよいでしょう。

それでは以下に例文を挙げてみます。

貴院は熟練した医師が複数名在籍しており、看護師はそれぞれに特化したオペ手術の介助業務ができるとお聞きしております。私は、オペ室に5年間勤務し、医師とのチームワークを発揮しながら手術介助へのやりがいを感じていました

今回の部署異動を機に、もともと興味のあった美容分野に携わり、より高度で専門分野に特化した手術介助を行っていきたいと考えました。同じ女性の目線に立ち、一人でも多くのお客様を笑顔にしていきたいと思います。

こちらで207字です。

熟練医グループクリニックへの志望動機の場合、興味をもった技術や専門性について掘り下げ、看護力を磨いていきたいとすると、採用に近づけられます。

医療系+美容クリニックの志望動機例文

医療系+美容クリニックとは、もともと美容とは違った分野、例えば「内科」「外科」「皮膚科」「産婦人科」などをしているクリニックが、これまでの専門の診療科に「美容外科」を増やして美容外科治療を行っているクリニックになります。

こちらは医療系のクリニックですので、美容クリニックと比較すると基本給は低いのが一般的です。しかしノルマや業績給(月ごとに売上に応じて支払われる報酬)がないため、営業が苦手という方には向いています。

医療系+美容クリニックの志望動機には、あえて美容クリニックのことには触れずに、メインで行っている科のことを書く方がよいでしょう。「美容診療を行っているからこのクリニックを選んだ」とすると、「中心に行っている科のことは興味がないのではないか」と思われてしまうからです。

それでは例文を挙げてみましょう。

貴院には、「患者様自身の自己治癒力を引き出し、サポートしていく」という方針があります。私は、幼いころからアトピー性皮膚炎を患っており、ステロイド剤などを使っても改善はせず、つらい思いをしてきました。

そのようなときに友人に貴院を紹介してもらい、薬だけではなく、食習慣やスキンケアなどのアドバイスによって自己治癒力を高めることができ、肌質が改善しつつあります。私は皮膚疾患で悩む患者様の立場になり看護を行えると自負しております。

こちらで212字です。例文のように、あなたが実際に希望するクリニックで体験した話をいれると、採用側に「他の病院(クリニック)ではなく、どうしてもここで働きたい」という熱意が伝わりやすくなります。

大手美容クリニックの志望動機例文

次に、大手美容クリニックの採用されるための志望動機の書き方です。

大手美容クリニックは、テレビCMやネット・雑誌などで大々的な広告を行い、全国に分院が20以上あるものが多いです。東京などの主要都市に行かなくても、自宅の近くでさまざまな最新の美容外科の治療が受けられることが特徴です。

ただ、毎日のようにCMやネットでの広告が出ているため、売上に厳しく、スタッフにノルマや業績給などが課されているところが多いです。例えば、こちらは東京にある大手美容クリニックの求人広告になります。

この業績目標は看護師だけでなく医師にも設定されています。そのため、医師一人が一日に得意・不得意に関わらず、10件以上の大小さまざまな施術のノルマを抱えて、美容手術を行っていることがあります。その負担は看護師にもまわってきます。

個人経営の美容クリニックの手術では一日に1~3件が限度ということを考えると、大手美容クリニックの施術数のこなし方が並大抵の労働力でないことが分かります。

新しい分院を次々に設立しているため、看護師が在籍する人数は多いですが、常に求人が出ているので応募しやすいといえます。このような大手美容クリニックへ転職するメリットとして、ノルマや業績給を達成した場合は、個人クリニックよりも報奨金としてプラスで給料が多くもらえる仕組みになっています。

多くのお客様と出会うことで経験を増やしていきたい人や、さまざまな美容治療を幅広く勉強していきたいという人に向いています。個人クリニックと比較すると、さまざまな悩みを抱えた多くのお客様と接することができます。以下に例文を載せます。

貴院は全国に数多くの分院を持っており、幅広い施術を行っていることで有名です。来院されるお客様数が多く、様々な悩みを解決できることに大変魅力を感じております。

以前の勤務先では、患者様への丁寧な接遇を心がけており、担当となった患者様から「ありがとうございます」と感謝の声を頂けるのが何よりのやりがいでした。今後もお客様の目線に立ち、医師との間で橋渡しを行えるよう努力していきたいと考えています。

こちらで195字です。大手美容クリニックは、スタッフの出入りの激しい職場が多いです。人気求人の美容クリニックであるにも関わらず、常に求人が出ているところがあります。

このようなクリニックであると、転職しやすい反面、厳しいノルマが設定されることが多いため長続きできないといった側面もあります。転職前に待遇面だけでなく、ノルマの有無や人間関係、職場環境、院長の方針、看護師の離職率、平均年齢などの事前に詳しい内部情報を得ておくことが大切です。

より具体的な情報収集を行い、志望動機を完成させる

以上が希望する美容クリニックの特徴を押さえた志望動機例文になります。

美容クリニック業界の全体像を知り、その中でも「なぜ、そのクリニックへの転職を希望するのか」という点を深く掘り下げてみましょう。その上で、美容への興味・関心やあなたの強み、経験、専門性を盛り込んでいけば、志望動機の内容が具体的になります。

美容クリニックの志望動機を書こうと思っても、どうしても筆が止まってしまう方は情報が足りていないだけです。気になる美容クリニックの看護師求人があれば、できるだけ多くの情報収集を行うようにすれば、より具体的な志望動機に仕上げることができます。

なかなか情報を得られないで困っている場合は、美容クリニック求人を多くもっている看護師専用の転職サイトがあるので利用してみるとよいでしょう。

転職コンサルタント(転職エージェント)に相談すると、希望する美容クリニックの具体的な情報を教えてくれます。またそれだけでなく、その美容クリニックに好まれる志望動機になるよう、添削してもらうことも可能です。

そこで口コミで評判の美容クリニック求人案件をもつ転職サイトについて2社ほど紹介します。両方に登録して比較検討するほうが、より満足できる転職につながります。

・美容外科求人ガイド

美容外科求人ガイドは名前のとおり、美容クリニック専門の看護師転職サイトです。美容外科求人ガイドに相談すれば、美容クリニック関係の転職に関する具体的な情報を得ることが可能です。

この転職サイトをおすすめする理由は、なんといっても美容クリニックを専門に扱っている点です。そのため、他の転職サイトと異なり、美容系クリニックの情報量と質が異なります。

過去のデータや経験などから応募者一人ひとりに合った美容クリニックを紹介してくれるため、「このクリニックは私には合わなかった」という失敗が少なくなります。そのため、他社と比較して美容クリニックへの内定率が85%と突出して高く、利用満足度も93%となっているのが特徴です。

ただ、こちらのサイトでは年齢制限があります。40歳以下しか登録ができません。30歳や35歳であれば、美容クリニックへの転職は十分可能ですので、こちらに登録しておきましょう。ちなみに対象地域は東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪限定です。

・マイナビ看護師

マイナビ看護師は美容クリニック専門の看護師転職サイトではありません。ただ、数多くの転職サイトの中でも、美容クリニック求人案件を多く保有している転職サイトになります。

美容外科求人ガイドとは違った角度で美容クリニック転職についてのアドバイスを貰えるため、視野が広がります。また、マイナビ看護師だけがもっているレアな求人を紹介してもらえる可能性も高まります。

また先ほどの美容外科求人ガイドでは、応募条件に該当しなかった40代以上の方や該当地域以外で求人を探している方でも、美容クリニック案件を紹介してもらえます。

美容クリニックへ満足いく転職を実現したいのであれば、よりよい求人に出会うためにも、必ずこの2つの転職サイトには登録しておくようにしましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く