70d8669dba77c8d383445dece66ef372_s

美容外科クリニックの志望動機の書き方は、医療系の病院への志望動機を書くときとは異なる「採用されるために必要な独特な書き方」があります。

なぜなら美容外科クリニック業界は、保険診療で行う医療系の病院やクリニックとは異なる自由診療の一面があり、クリニックごとに特徴が大きく異なるからです。

まず美容外科クリニックへの転職を希望する場合、「美容外科クリニック業界とはどのような形態があるのか」といった大きな枠組を知ることが大切です。

この業界は形態によって看護の捉え方が全く異なるため、形態を把握した上でキャリアを積んでいかなければ、転職後に「こんなはずではなかった」と後悔することになってしまうからです。

また、美容外科クリニック業界を知らないまま、ただ「美容に興味がある」「待遇が良く、高給与」といった志望動機では、採用側に「あまりこの業界やうちのクリニックについて研究していない」「好待遇や高給与といった理由だけだと、すぐに辞めてしまいそう」と思われる原因になってしまいます。

志望動機には、美容業界の中でも、どの形態の美容外科クリニックに関心を持っていて、そこで看護師としてのキャリアプランをどう考えているのかを履歴書や面接で採用側に伝えることが重要です。

さらに、他の医療機関と比べて、美容外科クリニックの方が高給与や好待遇は採用側も分かっていることなので、あえて志望動機に書く必要はありません。

以上のことを踏まえた上で、希望する各クリニックの特徴を研究し、自分の美容への興味や関心、強みを志望動機に書くことで採用されやすい志望動機になります。採用されやすい志望動機を下記にまとめます。

採用されやすい志望動機 = 美容外科クリニックの形態 + キャリアプラン + 各クリニックの特徴 + 美容への興味や関心 + 強み

これらの内容が志望動機所にすべて入っていると、採用側はあなたの志望動機をみて高評価を受けやすくなります。

さまざまな美容外科業界(美容外科クリニックの形態)のなかでも、「なぜそのクリニックを選び、そこでキャリアを積んでいこうと思ったのか」「なぜ美容に興味をもち取り組んでいきたいと考えたのか」を志望動機にまとめるのです。

そうすることで、「この業界のことまでよく勉強しており、熱意を感じる」「しっかりしたキャリアプランをもっているので、長く勤めてくれそう」と思わせることができるのです。

美容外科クリニックの志望動機の書き方を知っているのと知らないのでは、採用に大きな差が出てきます。ぜひ美容外科クリニックにおける志望動機の書き方の参考にして下さい。

美容外科クリニックの5つの形態

まず美容外科治療を行っている病院やクリニックには、下記にあげた5つの形態があります。

1.  個人クリニック

2. 熟練医グループクリニック

3. 医療系+美容クリニック

4. 大手美容外科クリニック

5. 大学附属病院

あなたの希望する美容外科クリニックはどの形態をとっているでしょうか。それぞれの特徴について解説していきます。

個人クリニックの特徴

個人クリニックとは、クリニック経営も治療も院長となる医師が1人で行っているクリニックです。〇〇美容外科、〇〇形成外科クリニック、〇〇形成外科医院など、〇〇の部分に院長の名前が入っていることがあります。

眼、鼻、美肌、脂肪注入などの施術を主に行っています。費用のかかる広告を行わないで、口コミやサイトなどからお客様を集めていることが多いのが特徴です。

院長の腕が良く、評判のいいところであれば、固定客となるリピーターが多くいます。そのため、長く続いている個人クリニックは、口コミからその技術の高さや良心的な診療姿勢が広まっており、信頼のおける美容外科クリニックといえます。

個人クリニックは看護師が1~3人在籍していることが多いです。待遇のいいクリニックは、なかなか看護師の求人が出ないことが多く、求人が出たとしてもすぐに埋まる可能性が高いです。看護師の応募年齢もお客様の層に合わせて、不問とすることが多いです。

個人クリニックの志望動機は、他の形態の美容外科クリニックと比べて何に興味を持っているのかを伝え、クリニックの特徴(院長の方針)と自分のスキル・強みがマッチしていることを伝える文章にすると採用されやくなります。

熟練医グループクリニックの特徴

熟練医グループクリニックとは、美容の中でもさらに特化した部門を持つ医師が複数いるクリニックになります。このクリニックには、さらに2つの形態があります。

ひとつは、美容外科医の院長が経営し、大学病院などの信頼できる医師を常勤や非常勤のスタッフにしているクリニックです。治療は院長もスタッフの医師も行います。チェーン展開はせずに、クリニックは一ケ所だけということが多いです。

もうひとつは、それぞれの美容部門に特化した医師が3~5人程度集まり、治療や施術を行うクリニックです。この場合、東京・名古屋・大阪など主要都市に4~5ケ所の拠点を持っていることがあります。

こちらのタイプの美容外科クリニックは、美容に特化した医師が複数在籍しているため、腕がよく信頼が高いといえます。個人クリニックとの異なる点は、複数の医師に各得意分野があるので、幅広い治療や施術が行える点です。

このクリニックの看護師として働くと、熟達した技術をもつ複数の医師のもとで、広い分野の美容看護を専門的に学んでいくことができます。

なお、こちらも看護師の求人が出にくい傾向にあります。できればオペ室や外科・形成外科での経験があると、専門性を重要視され採用に有利に働きやすいです。

このクリニックを希望する場合の志望動機は、熟練の技術を持つ医師のもとで自分の持つスキルや強みをさらに磨いていけるなどと共に、オペや外科の経験のアピール割合を多くするとよいでしょう。

医療系+美容クリニックの特徴

もともと美容とは違った分野、例えば「内科」「外科」「皮膚科」「産婦人科」などをしているクリニックが、これまでの専門の診療科に「美容外科」を増やして美容外科治療を行っているクリニックです。

美容専門のクリニックでは看護師が行っているレーザー治療(脱毛)やヒアルロン酸の注射について、この形態をとっているクリニックでは医師が行うことが多いです。

一般的な美容外科クリニックでは、メスを使わないレーザー治療やヒアルロン酸注射は簡単な施術と考えられていて、看護師が行うことが当たり前のようになっています。

しかし、実は簡単な研修しか受けていなかったり、経験の積んでいなかったりする看護師はあまり行わないほうが得策な施術です。なぜなら、どちらも美容外科専門の研修を受け、経験がかなり必要な施術になるため、皮膚に関する知識が豊富な熟達した医師が行うほうがよいのです。

レーザー治療は、黒い毛に吸収される波長のレーザーで毛根細胞にダメージを与え、毛が生えてこないようにする施術です。

ヒアルロン酸注射は、皮膚の組織にヒアルロン酸という異物を注射する治療です。美容外科で使われるコラーゲンやヒアルロン酸、レディエッセなどは、皮膚に半年から3年は残り、皮膚のしわやへこみを減らします。

しかし、量が多すぎると腫れあがり、少なすぎると効果がありません。これには熟達した技術が必要なのです。看護師が素人判断で行うと、あとでトラブルになりかねません。知識を持った医師がやるに越したことはないでしょう。

こちらは、もともと医療系のクリニックですので、看護師の求人があったとしても美容外科専門のクリニックと比較すると基本給は低いのが一般的です。しかしノルマや業績給(月ごとに売上に応じて支払われる報酬)がないため、営業が苦手という方にはこちらが向いています。

また、もし医療系の病院に転職し直したいと思い直したとき、「医療系+美容クリニック」に勤めていると看護技術を多く修得しているため、美容外科クリニックだけの看護師をしているより転職が有利に働くことが多いです。

また、美容にさらに興味をもち美容専門のクリニックに転職をしたいと思った場合であっても、レーザーや注射の準備などに携わっているため、志望動機や面接で具体的に美容に興味を持ったことを話すことができます。

「具体的に話せる」ということは入職後のイメージができることにつながり、採用側への説得力が増します。

こちらのクリニックの志望動機には、あえて美容クリニックのことには触れずに、メインで行っている科のことを書く方がよいでしょう。「美容診療を行っているからこのクリニックを選んだ」とすると、「中心に行っている科のことは興味がないのではないか」と思われてしまうからです。

大手美容外科クリニックの特徴

大手美容外科クリニックは、テレビCMやネット・雑誌などで大々的な広告を行い、全国に分院が20近くあるものが多いです。東京などの主要都市に行かなくても、自宅の近くでさまざまな最新の美容外科の治療が受けられることが特徴です。

ただ、あれだけ毎日のようにCMやネットでの広告が出ているため、売上に厳しく、スタッフにノルマや業績給などが課されているところが多いです。

医師一人が一日に得意・不得意に関わらず、10人以上の大小さまざまな施術のノルマを抱えて、美容手術を行っていることがあります。その負担は看護師にもまわってきます。

個人経営の美容クリニックの手術では一日に1~3人が限度ということを考えると、大手の数のこなし方が並大抵の労働力でないことが分かります。

新しい分院を次々に設立していたり、医師や看護師の出入りが激しいクリニックもあったりするため、看護師が在籍する人数は多いですが、常に求人を出していることが多いです。

ただ、ノルマや業績給を達成した場合は、個人クリニックよりも報奨金としてプラスで給料が多くもらえる仕組みになっています。

多くのお客様と出会うことで経験を増やしていきたい人や、さまざまな美容治療を幅広く勉強していきたいという人に向いているでしょう。個人クリニックと比較すると、さまざまな悩みを抱えた多くのお客様と接することができます。看護師の応募資格は30歳や35歳までとなっているところが多いです。

そのため大手美容外科クリニックの志望動機を書く場合は、幅広く美容について勉強できる点や接遇を身につけられるといった特徴をより具体的に書くようにするとよいでしょう。

大学附属病院の特徴

美容外科医療を行う大学附属の病院も大手美容形成外科と同様に増加しています。「形成外科」と看板を掲げており、そのなかで美容外科を含めた施術を行っているところが多いです。

しかし、一般医療でもいえることなのですが、「大学付属病院=最高の治療」というわけではありません。

大学附属病院は、「研究」「教育」「診療」の場です。そのため、治療法の確立していない病気の研究をするために治療をおこなっていたり、経験の少ない医師が研修の一環として先輩医師の指導を受けながら診療や施術をしたりすることもあります。

例えば、ある大学附属病院の美容外科では、脂肪細胞のもととなる「脂肪幹細胞」を移植する豊胸について研究しています。

つまり、大学付属病院で施術や手術に携わる看護師になるということは、「新しい治療の研究開発の一助を担っている」ということになります。

そのため、大学附属病院に転職を希望する場合の志望動機は、美容分野における新しい治療法の確立といった研究に携わっていける一面を盛り込むとよいでしょう。

大学附属病院には多くの科が存在するため、希望する科に空きがない場合は、美容外科や形成外科とは違う科に回されてしまう可能性があります。なぜあなたが美容外科を希望するのか、しっかり志望動機に記入することが大切です。

美容外科クリニック別の志望動機の書き方

では上記のことを踏まえた上で、どのような志望動機を書いていけばいいのか具体的に解説していきます。

先ほどの採用されやすい志望動機を再度確認しておきましょう。下記を見ながら、あなたの書いた志望動機に抜けはないかチェックしていくことをおすすめします。

また、面接では必ず志望動機を聞かれるため、必ず事前に確認するようにしましょう。

採用されやすい志望動機 = 美容外科クリニックの形態 + キャリアプラン + 各クリニックの特徴 + 美容への興味や関心 + 強み

美容外科クリニックの形態、キャリアプラン、各クリニックの特徴、美容への興味や関心、強みなどをできるだけ一文でまとめると、読みやすい文章になります。

個人クリニックの志望動機の書き方

個人クリニックの採用されやすい志望動機の書き方は、そのクリニックの特徴とあなたのスキルをマッチさせている文章にするとよいと先ほどの項目でお伝えしました。そのことを踏まえて、志望動機の例文を挙げてみます。

私は今まで精神科病棟で働いてきました。その中で、入院中で化粧をしない女性の患者様はあまり外に出たがらず、他人と交流を持ちたがらないことに気づきました。そこで私は、一人一人に合ったメイクを勉強し、メイク教室を開きました。

メイクをした患者様はとても活き活きとした表情になり、自信をもち人生が前向きになることを実感しました。(自分の強み

この経験により、一人一人の女性を美しくし、自信を取り戻し人生に前向きになってもらえる仕事にもっと携わっていきたいと思うようになりました。(美容への興味や関心

貴院では、それぞれの症状にあった治療法を患者様と相談しながら、各々のライフスタイルを重視し、無理をしない程度に食生活や運動を取り入れ、スキンケアの指導まで含めたトータルな美しさを提供しているとお聞きしました。(各クリニックの特徴

患者様にいくつも施術を勧めて美しくなっていただくよりも、一人とじっくり向き合い患者様の美しさをトータルに引き出していく、貴院の方針に共感しております。(美容外科クリニックの形態

私はそうした患者様の看護にあたることで、患者様に今を生きている喜びを享受できるお手伝いをしていきたいと考え、貴院で働きたく応募した次第です。(キャリアプラン

このようにすべてを盛り込むと、美容外科クリニックの全体像から各クリニックの詳細まで把握しているため、内容の深い文章になります。これが、履歴書や面接で採用されやすい志望動機といえます。

熟練医グループクリニックの志望動機の書き方

次に、熟練医グループクリニックの採用されやすい志望動機の書き方についての例文です。

こちらは、オペや外科などで働いてきた看護経験を活かした文章を盛り込むと専門性が活かされ、採用されやすい志望動機になります。それでは下記に挙げてみましょう。

私は、5年間オペ室に勤務をしておりました。緊張感のなかで、医師とともにチームワークを発揮して、先を予測しながらスムーズな手術介助を行ってきた看護業務にやりがいや楽しさを感じていました。(自分の強み

ただ、病院のオペ室勤務ですと患者様との関わりがあまりありませんでした。そこで、もともと興味のあった美容分野に携わり、患者様の手術前後もオペの不安を取り除いていきたいと考えるようになりました。(美容への興味や関心

貴院は熟練した医師が複数名在籍しており、看護師はそれぞれに特化したオペ手術の介助業務ができるとお聞きしております。(美容外科クリニックの形態

貴院はその中でも、特に乳房の美容全般に関して日本中から患者様が訪れ、笑顔になって帰られるといわれています。(各クリニックの特徴

今後、私はぜひ同じ女性の目線に立ち、貴院での手術説明やオペ介助、オペ後の患者様の笑顔を作るまでの一連の看護に携わりたいと考え、このたび応募させていただきました。(キャリアプラン

あなたが興味をもったクリニックの技術などを深く掘り下げると、「うちの病院のことについて興味を持っているな」と感じられます。大きな目線(美容外科クリニックの形態)と小さな目線(各クリニックの特徴)の二つを取り入れた志望動機にするとよいでしょう。

医療系+美容クリニックの志望動機の書き方

医療系+美容クリニックの採用されやすい志望動機の書き方ですが、メインで行っている科の志望動機を主に書いていく事が大切です。それでは例文を挙げてみましょう。

私は、幼いころからアトピー性皮膚炎を患っており、つらい思いをしてきました。何度も通院し、薬を服用しても皮膚の炎症を鎮めるだけで、周りの友人がもっているきめ細かな肌にはなりませんでした。

そんなとき、友人に貴院を紹介してもらい、薬だけではなく、食習慣やスキンケアなどのアドバイスをいただくことで、肌質が改善しつつあります。これはなにものにも耐えがたい喜びでした。(美容への興味や関心

看護師として現在は消化器外科に勤務していますが、貴院の「患者様自身の自己治癒力を引き出し、サポートしていく」という方針に共感をもちました。(各クリニックの特徴

また、保険診療と自由診療の二つによって、トータルで患者様を支える貴院でぜひ働きたいと思うようになりました。(美容外科クリニックの形態

私は、自分と同じで肌トラブルで悩んでいる患者様の気持ちがよくわかります。そんな患者様の立場に立った看護を行えると自負しております。(自分の強み

今後は、貴院に頼って来院された患者様が「悩んでいるのは一人ではなかった、相談してよかった」と思えるような看護を行っていきたいと考えています。(キャリアプラン

上記のように、あなたが実際に希望するクリニックで体験した話や知人から聞いた話をいれると、採用側に「他の病院(クリニック)ではなく、どうしてもここで働きたい」という熱意が伝わりやすくなります。

大手美容外科クリニックの志望動機の書き方

次に、大手美容外科クリニックの採用されるための志望動機の書き方です。こちらは、多くの患者様と接し、幅広く美容について看護が携われることを強調して書くと良いです。では下記に例文を載せます。

私は小児科の看護師として3年間勤務してきました。そこで、思春期特有の外見上の理由で不登校になったり、自分のことが嫌いになったりする患者様に多く接してきました。

私自身が高校生のとき、コンプレックスに思っていた一重の目に対してアイプチを使い二重にしたところ、人と目を見て話せるようになった経験があります。こういった経験を通し、「外見に自信がもてるようになると内面も変わってくる」と感じるようになりました。(美容への興味や関心

貴院は全国に数多くの分院を持っており、幅広い施術を行っていることで有名です。(美容外科クリニックの形態

CMなども多く流れており来院される方の数も多く、その分さまざまな患者様に接し、看護を行えることに大変魅力を感じております。(各クリニックの特徴

美容外科クリニックの看護師の経験はありませんが、以前の勤務先では患者様に失礼のない態度をとる接遇を心がけて行ってまいりました。そのため上司から接遇の高評価を得ております。(自分の強み

貴院は託児所などの福利厚生が整っているため、家事と仕事を両立させながら、美容外科クリニックの看護師としての能力を伸ばし、長く働かせていただきたいと考えております。(キャリアプラン

もし美容外科クリニックの経験が前職になかったとしても、上記のように今まで自分が行ってきた経験で「美容外科で活かせることはなかったか」を思い出してみましょう。

そうすることで、採用側に「過去の体験をうまく活かして、これから美容外科の看護師として頑張ってくれるだろう」という姿勢が伝わりやすくなります。

例えば、アイプチをしただけでも「自信がもてた」と思える人は、患者様の行った施術に対して、「雰囲気が明るくなった」など良い変化を感じ取ることができる人なのです。

たとえどんな小さな変化だとしても、患者様にとったら美容に興味をもった大切な一歩なのです。患者様の一歩を大切に思える看護師を採用側は雇いたいと考えます。

大学附属病院の志望動機の書き方

最後に、大学付属病院の採用に結びつく志望動機の書き方です。こちらは、「新しい治療法の確立」といった研究的な要素に携われることを主に書いていくとよいでしょう。そこで、以下のような志望動機を書くことができます。

私は今まで外科病棟に勤めてきました。乳がんで片方の乳房を失ったり、交通事故で顔面が変形したりして、夜間に泣かれている患者様を多く見てきました。

これらの経験を通し、体表の変形や欠損を修復し、再建を行っている貴院の形成外科での看護に携わり、患者様が前向きになれる看護を行っていきたいと考えるようになりました。(美容への興味や関心

そのため、新しい治療法を確立する貴院の医療に携わり、一人でも多くの患者様に希望の光を与えたいと思っています。(美容外科クリニックの形態

他の病院では無理といわれた再建手術が貴院では受け入れ可能のことが多くあるとお聞きしました。(各クリニックの特徴

外科での経験を生かして、患者様の痛みや苦しみという気持ちに寄り添い、一人でも多くの患者様の笑顔を見られるよう看護を行っていきたいと思っています。(自分の強み

今後は形成外科で看護の経験を積み、形成外科では誰にも負けないといえるくらいのキャリアを歩んでいきたいと考えています。(キャリアプラン

上記では、今までの看護師の経験を、次の新しい科でのキャリアアップにつなげていくという文章になっています。違う科での看護師の経験は決して無駄ではなく、そこから学んだことを次の科で活かしていく気づきを書いてみるとよいでしょう。

採用側はあなたのことを「看護を前向きに捉えている人」と考え、「少々つらいことがあっても辞めないで頑張ってくれるだろう」と思われやすい志望動機になります。

より具体的な志望動機を書くと採用が近づく

以上が、美容外科クリニックの形態に応じ、ポイントをおさえた志望動機の書き方になります。

美容外科クリニック業界の全体像を知り、その中でもそのクリニックを選んだということを、美容への興味関心やあなたの強み、経験を盛り込んで書くことで、内容が具体的になります。そうすることで、あなたのことがイメージしやすく採用されやすい志望動機になります。

もし「いざ美容外科クリニックの志望動機を書こうと思っても、どうしても筆が止まってしまう」と思われる方は、もしかすると希望するクリニックや病院の情報が足りていないのかもしれません。

なかなか情報を得られないで困っている場合は、美容外科専門の転職サイトがあるので利用してみるとよいでしょう。

転職コンサルタントに相談すると、希望する美容外科の情報だけでなく、その美容外科に応じた志望動機の書き方も教えてもらうことができます。

具体的な志望動機を書くことで、あなたの希望する美容外科クリニックの看護師に一歩近づくことができます。履歴書や面接で志望動機を伝えたとき、採用側が「あなたが患者様の悩みに向き合い、患者様の笑顔を引き出してくれるとイメージできる」ようにすることが大切です。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く